中山芝コース【距離別コース解説】

お疲れ様です。

この記事は東京芝の各コースレイアウトと枠順、脚質の関連性についてまとめたものです。

競馬予想においてコースレイアウトを理解することは重要です。ここを理解すれば有利な枠や脚質を根本から理解することができます。根本が理解できれば応用も効きます。

この記事ではそういったコースレイアウトやデータを丸暗記しなくても、この記事を見ればわかるよう作成しました。

もちろんこれだけのデータでは勝てません。その日の馬場状態(トラックバイアス)や展開等で色々変わってくるのが競馬です。

あくまで予想の基盤としてご活用ください。

 

 

1.中山芝1200m(外回り)

中山競馬場

枠番着数勝率連対率複勝率
1枠18-25-14-2246.4%15.3%20.3%
2枠12-20-22-2414.1%10.8%18.3%
3枠15-23-22-2474.9%12.4%19.5%
4枠21-18-26-2556.6%12.2%20.3%
5枠24-21-18-2627.4%13.8%19.4%
6枠40-20-24-24412.2%18.3%25.6%
7枠15-21-19-2754.5%10.9%16.7%
8枠21-19-21-2706.3%12.1%18.4%
脚質着数勝率連対率複勝率
逃げ25-22-8-11115.1%28.3%33.1%
先行70-74-73-40211.3%23.3%35.1%
中団57-53-59-7536.2%11.9%18.3%
後方14-17-26-7511.7%3.8%7.1%

外回りの向こう正面に入った坂の頂上部分からスタート。

3コーナーまでの距離が短くカーブが緩いためテンの2F目は速くなりやすい。

直線が短い為逃げ先行が圧倒的有利なのは数字が物語っているが、ハイペースで飛ばした馬は急坂で脚が止まりバテ差しを狙われる。なので他場のスプリントをスピードだけで押し切ってきた馬は中山の急坂でやられたりする

 

 

 

2.中山芝1600m(外回り)

中山競馬場

枠番着数勝率連対率複勝率
1枠26-28-30-3765.7%11.7%18.3%
2枠37-51-38-3607.6%18.1%25.9%
3枠35-37-34-3967.0%14.3%21.1%
4枠39-38-41-4057.5%14.7%22.6%
5枠35-33-33-4416.5%12.5%18.6%
6枠37-34-35-4426.8%13.0%19.3%
7枠45-30-33-4498.1%13.5%19.4%
8枠33-38-42-4545.8%12.5%19.9%
脚質着数勝率連対率複勝率
逃げ41-41-32-22912.0%23.9%33.2%
先行109-122-87-70510.7%22.6%31.1%
中団101-91-114-11936.7%12.8%20.4%
後方31-29-49-11832.4%4.6%8.4%

スタートして2コーナーまで緩やかな下り坂に加え2コーナーまでの距離が240mと短いため、外枠に入った馬は外々を回らされることが多く、多頭数になればなるほど外枠は不利となる。

脚質的に前で運んだ馬の成績が良いが、直線入り口でポジション上げてきた馬の成績も良い。

ただし無理して後方からポジションを上げようとして脚を使うと直線の急坂で失速するので注意が必要。

 

 

 

3.中山芝1800m(内回り)

中山競馬場

枠番着数勝率連対率複勝率
1枠14-17-18-1826.1%13.4%21.2%
2枠21-23-9-1968.4%17.7%21.3%
3枠24-20-18-2128.8%16.1%22.6%
4枠23-14-21-2387.8%12.5%19.6%
5枠20-25-23-2426.5%14.5%21.9%
6枠25-22-28-2507.7%14.5%23.1%
7枠22-22-29-2636.5%13.1%21.7%
8枠24-32-27-2607.0%16.3%24.2%
脚質着数勝率連対率複勝率
逃げ21-19-23-11511.8%22.5%35.4%
先行86-79-60-39014.0%26.8%36.6%
中団53-59-65-6586.3%13.4%21.2%
後方9-11-21-6591.3%2.9%5.9%

最初のコーナーまでが205mと短いが、スタート後すぐに急坂を上がるため速いペースにはなりにくい。なので前で運べる逃げ先行馬の成績が高い

また直線の急坂もあり上がり競馬にはなりにくく、小回りをクリアし前で運んだ馬が馬券に絡む傾向にある。

枠順の数字はほぼフラットだが、急坂2回にコーナーを4つ回るので終始外を回されるとスタミナのない馬には響くコースとなっている。

 

 

 

4.中山芝2000m(内回り)

中山競馬場

枠番着数勝率連対率複勝率
1枠23-31-30-2796.3%14.9%23.1%
2枠24-31-32-2906.4%14.6%23.1%
3枠26-24-30-3166.6%12.6%20.2%
4枠29-18-34-3367.0%11.3%19.4%
5枠34-28-24-3467.9%14.4%19.9%
6枠24-36-26-3565.4%13.6%19.5%
7枠36-38-37-3927.2%14.7%22.1%
8枠42-32-27-4268.0%14.0%19.2%
脚質着数勝率連対率複勝率
逃げ25-25-17-1859.9%19.8%26.6%
先行108-106-83-56912.5%24.7%34.3%
中団78-83-108-10276.0%12.4%20.8%
後方20-17-25-9232.0%3.8%6.3%

1800mのスタート地点から200m下がった位置がゲートとなり、最初のコーナーまでの距離が長い為テンの2F目に激しい先行争いが起きる傾向だが、その後1コーナーを過ぎるとペースは落ち着く。

ゴール前の急坂を2度超えるためタフさや持続力が求められる

枠の有利不利はなく、脚質的には先行馬が強い傾向

 

 

 

5.中山芝2200m(外回り)

中山競馬場

枠番着数勝率連対率複勝率
1枠6-4-10-905.5%9.1%18.2%
2枠7-9-10-925.9%13.6%22.0%
3枠11-7-4-999.1%14.9%18.2%
4枠10-14-7-987.8%18.6%24.0%
5枠10-7-15-1017.5%12.8%24.1%
6枠14-6-6-11310.1%14.4%18.7%
7枠9-13-12-1176.0%14.6%22.5%
8枠6-13-9-1313.8%11.9%17.6%
脚質着数勝率連対率複勝率
逃げ7-10-1-618.9%21.5%22.8%
先行30-29-27-16112.1%23.9%34.8%
中団26-22-37-3086.6%12.2%21.6%
後方6-8-3-3011.9%4.4%5.3%

スタートして1コーナーまでの直線距離は432m。外回りを使用するため2コーナー以外は緩いカーブなので、平均ペースになりやすい。

向こう正面が下り坂なので道中のペースが落ちにくく、中団後方の馬は3コーナーから仕掛けられる機動力があると良い

脚質的には先行馬が有利下級条件では逃げ残りが目立つが、高級条件になると逃げ切りは難しくなる

基本的に持続力が求められるコース形態だが、ドスローになると瞬発力勝負になることもしばしば。

 

 

 

6.中山芝2500m(内回り)

中山競馬場

枠番着数勝率連対率複勝率
1枠7-4-5-4511.5%18.0%26.2%
2枠6-4-6-469.7%16.1%25.8%
3枠4-7-5-545.7%15.7%22.9%
4枠5-9-7-546.7%18.7%28.0%
5枠5-8-6-646.0%15.7%22.9%
6枠7-8-6-668.0%17.2%24.1%
7枠5-3-11-745.4%8.6%20.4%
8枠10-6-3-7510.6%17.0%20.2%
脚質着数勝率連対率複勝率
逃げ3-3-4-435.7%11.3%18.9%
先行25-23-18-10614.5%27.9%38.4%
中団15-19-21-1636.9%15.6%25.2%
後方4-3-6-1582.3%4.1%7.6%

外回りの3コーナーからスタートし道中はスローで流れることが多いが、残り1000m辺りからペースアップし直線は持続力を求められる展開となりやすい。

枠順と脚質的にはコーナーを6つ回る関係で、ロスなく立ち回れる内枠先行馬が有利な傾向

 

 

 

7.中山芝3600m(内回り)

中山競馬場

枠番着数勝率連対率複勝率
1枠2-0-1-916.7%16.7%25.0%
2枠0-2-1-130.0%12.5%18.8%
3枠2-0-1-1411.8%11.8%17.6%
4枠1-1-2-155.3%10.5%21.1%
5枠2-3-1-1310.5%26.3%31.6%
6枠0-1-1-170.0%5.3%10.5%
7枠1-2-3-145.0%15.0%30.0%
8枠2-1-0-1710.0%15.0%15.0%
脚質着数勝率連対率複勝率
逃げ0-1-0-130.0%7.1%7.1%
先行6-6-1-1819.4%38.7%41.9%
中団4-3-5-397.8%13.7%23.5%
後方0-0-3-410.0%0.0%6.8%

ステイヤーズSのみ使用されるコースで、最初のコーナーまでは340mで内回りコースを2周する。

JRA最長の距離で基本的にはスローペース。コーナーを8回通過するため器用さも問われ、残り1000mからペースアップし直線は持続力勝負となりやすい

枠順の有利不利は特になく、脚質的には先行有利で逃げ馬を残すのは難しい。後方からだと届かないので、残り1000m時のペースアップでいかにポジションを確保し直線に入れるかが重要となる。

>馬ノスケの予想理論を格安で販売中!

馬ノスケの予想理論を格安で販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「レース歴とその内容」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しております。
価格も負担になりにくい税抜きワンコイン以内で設定し、中身の詰まった内容をお届けしています。

主に初心者~中級者へ向けた、競馬予想における回収率向上を目的とした内容となっていますので、興味のある方はご検討いただけると幸いです。

CTR IMG