中山金杯2020 全頭診断【今年1発目の重賞!】

お疲れ様です。

この記事では中山金杯の全頭診断をします。

京都金杯に関しては下記URLからお願いします。

京都金杯2020 全頭診断【今年も混戦模様!適性を見抜きます】

ここでは馬の能力や適性に関しての話となるので、枠順、追い切り、馬場状態を踏まえた最終予想は日曜朝までに最終予想として配信します。

 

 

 

1.コース解説

1800mのスタート地点から200m下がった位置がゲートとなり、最初のコーナーまでの距離が長い為テンの2F目に激しい先行争いが起きる傾向だが、その後1コーナーを過ぎると上り坂なども影響しペースは落ち着く。

ゴール前の急坂を2度超えるためタフさや持続力が求められる

枠順は内枠有利で下記の通り7.8枠が壊滅状態です。
7.8枠の成績0-1-0-41

A→Cコース替わりの影響もあり内でロスなく立ち回れる内枠有利です。

脚質的には先行~中団有利。逃げ馬は過去10年で2頭しか馬券になっておらず、逃げ馬から勝ち馬は出ていない。中団の馬は最終コーナーでポジションを上げていける機動力と持続力がないと厳しい。

 

過去10年の平均ラップ
12.4-10.9-12.9-12.0-12.6-12.0-11.8-11.7-11.6-12.0

1000m通過後からラスト1Fまで加速ラップか続く。コースレイアウトもあってラップを見ても持続力が求められることがわかる。

過去10年で瞬発力勝負となったのは1度だけで、その時は極端なスローペースだった。基本的にスローで各馬直線入るまで仕掛けなければこの現象は起きやすいが、今回まくる競馬を得意としているクレッシェンドラヴがいるので例年通り持続力勝負の可能性が高い。

 

2.全頭診断

アンノートル

持続力の適性はありますがこの相手では能力的に厳しいと判断し軽視します。

 

 

イレイション

能力適性共に厳しいと判断し軽視します。

 

 

ウインイクシード

TVh賞 3着
12.5 – 11.3 – 11.7 – 11.8 – 11.9 – 11.8 – 11.4 – 11.6 – 12.4
ミドルペースでタフな流れから直線は持続力で3着と好走。

オールスターJ第2戦 1着
12.8 – 11.6 – 12.3 – 12.2 – 12.3 – 11.8 – 11.9 – 12.2 – 11.9 – 13.4
ややハイペースの持続力勝負。この時斤量58キロでのパフォーマンスだったので評価できます。

福島記念 4着
12.3 – 11.3 – 11.5 – 12.1 – 12.0 – 12.3 – 12.1 – 12.1 – 11.7 – 12.1
ミドルペースからの持続力勝負。4着と敗れましたが大外枠から先行しスタートで脚を使った分直線で交わされてしまいました。

この3走からわかるようにタフな持続力勝負が得意なので、適正を評価して内枠なら穴として狙いたいと思います。

ちなみに中山内回りは1-3-1-1と得意舞台です。

 

カデナ

基本的に後方一気の瞬発力勝負で好走してきた馬なのでこの舞台適性は低いと判断し軽視します。

 

 

ギベオン

今年に入って成績を落としていますが敗因は明確ですのでそこまで評価落ちはしません。

チャレンジC:直線挟まれる不利

毎日王冠:相手関係もそうだが着順に関しては出遅れてスタート脚を使った分アエロリットのペースにやられて着順を落としました。

鳴尾記念:出遅れた分終い追い込みますが1歩届かず。

金鯱賞:相手関係が強すぎた。

今年の4/5レースに関して敗因は仕方ないので度返しできますが、問題はダービー卿5着に関してです。

ダービー卿 5着
12.1 – 10.8 – 11.0 – 11.2 – 11.4 – 11.4 – 11.6 – 12.2
タフな消耗戦。位置取りは問題なかったですが直線伸びず5着と凡走。消耗戦に対応できなかった可能性もありますが、急坂など中山が合わなかった可能性があります。

また初めての中山だったセントライト記念では、大逃げがあった関係でハイペースとなりましたが、位置取りは最内から経済コースを離れた4番手で追走と問題なく、2200mの距離にスタミナキレを起こした可能性があります。

今回は中山2000mとなりますが、坂2回のタフなコースなので中山適性は疑った方が良いかもしれません。

個人的には軸にはリスキーだと思うので抑えの評価が妥当かと思います。

 

クレッシェンドラヴ

中山内回り2-1-0-1と好相性。近走の重賞を見ていきます。

※福島競馬場はコースレイアウト上、前傾ラップとなりやすいので極端にハイペースではない点抑えておきましょう。

七夕賞 2着
12.2 – 11.0 – 11.1 – 11.9 – 11.8 – 12.1 – 12.0 – 12.2 – 12.3 – 13.0
タフなコースレイアウトにラスト4Fが消耗ラップなのでかなりタフなレースでした。最終コーナーで大外をまくっていき、かなりロスのある競馬でしたが上がり最速で追い込み2着と好走。

福島記念 1着
12.3 – 11.3 – 11.5 – 12.1 – 12.0 – 12.3 – 12.1 – 12.1 – 11.7 – 12.1
七夕賞と同じコースでの好走。七夕賞と同じく最終コーナーで大外をまくって着差0.2秒の快勝。2.3着馬と斤量差はあったものの、ロスのある競馬で着差も離せたので十分な内容です。

中山内回りを得意としているだけあってこの2走見て分かるように、まくる競馬を得意としていて自分から動いて持続力を発揮できます。なので今回の舞台適性も高いですし、あまり枠にも左右されない馬です。

唯一の不安点は斤量。今上に書いた重賞2勝はどちらも斤量55キロでの好走。今回は2キロ増の57キロでの出走となります。それに加え直線に急坂のある中山なので斤量の影響は少なからずあるとは思います。

馬券は堅いと思いますが、この不安点がどうしても引っかかるので、枠や追い切りを見て最終判断したいと思います。

 

ザダル

セントライト記念 3着
12.5 – 11.0 – 12.1 – 12.2 – 12.0 – 11.9 – 12.0 – 11.9 – 11.9 – 12.0 – 12.0
中間緩まず流れたミドルペースからの持続力勝負。直線内で揉まれ抜け出しが遅れた関係で、上がりタイムや勝馬との着差が出てしましましたが、タフ馬場での好走や前が開いてからの伸びなどは十分評価できます。

プリンシパルS 1着
12.7 – 11.2 – 11.7 – 12.1 – 12.4 – 12.1 – 11.9 – 11.4 – 11.1 – 11.7
高速馬場で行われたスローからの瞬発力勝負。直線レターオンザサンドにぶつけられますが、そこからの伸びが凄いです。

この2走を見る限り馬場や展開に影響されないバランスのある馬で、揉まれてもぶつけられても伸びてこれる精神面の強い馬だと感じました。

前走の菊花賞は長距離という点と関東馬は輸送の関係で厳しいレースなので度返しできます。

外枠はマイナスですが内枠なら上位の印を打つ予定です。

 

シャイニープリンス

能力適性共に厳しいと判断し軽視します。

 

 

タニノフランケル

昨年3着に着ていますが今年は明らかに出来落ちしており、似たような適性が問われる七夕賞の掲示板を外しているので、今年は軽視します。

 

 

テリトーリアル

持続力の適性はありますがこの相手では能力的に厳しいと判断し軽視します。

 

 

トリオンフ

チャレンジC 2着
12.5 – 11.3- 13.0 – 12.6 – 11.8 – 11.9 – 11.6 – 11.1 – 11.3 – 12.0
スローからの稍持続力勝負。長期休養明けでしたが逃げて2着と好走しました。スロー逃げでしたし内有利の馬場だったので、その点展開や馬場の有利があったので評価としては平凡です。

京都小倉での好走が目立つので、小回り平坦がベストだと思われます。今回は急坂2回のタフな中山なので適性面の評価は低いです。前走長期休養明けでの好走を見込んで能力は評価しますが、人気するなら高い印は内ずらい馬です。

 

 

ノーブルマーズ

持続力という点では能力があるので適性は高いと思いますが、7歳で能力が落ちてきているので軽視します。

せめて小倉や京都の平坦コースなら可能性はあったかもしれませんが、タフな中山2000mは厳しいと思います。

 

 

ブラックスピネル

能力適性共に厳しいと判断しているので軽視します。

ただ逃げ馬候補なので枠順には注目したいです。この馬が逃げるときは淡々と流れず中間緩む傾向です。

 

 

マイネルサーパス

能力適性共に厳しいと判断しているので軽視します。

 

 

マイネルハニー

能力適性共に厳しいと判断し軽視します。

 

 

メイショウエイコウ

能力適性共に厳しいと判断し軽視します。

 

 

レッドローゼス

福島記念 5着
12.3 – 11.3 – 11.5 – 12.1 – 12.0 – 12.3 – 12.1 – 12.1 – 11.7 – 12.1
ミドルペースからの持続力勝負。最後方競馬で大外を回して上がり最速の5着。着差こそ0.5秒離されましたが、これは位置取りの差が原因です。

そもそも中山内回りは3-3-2-1と得意舞台で、馬券外になったレースは道悪前有利の展開だったので仕方ないです。

福島記念の時のように後方一気競馬では届きませんが、しっかり中団からまくる競馬ができれば馬券内の期待値は高い一頭です。

>馬ノスケの予想理論を格安で販売中!

馬ノスケの予想理論を格安で販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「レース歴とその内容」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しております。
価格も負担になりにくい税抜きワンコイン以内で設定し、中身の詰まった内容をお届けしています。

主に初心者~中級者へ向けた、競馬予想における回収率向上を目的とした内容となっていますので、興味のある方はご検討いただけると幸いです。

CTR IMG