中山金杯 最終予想【本命は鉄板だと思います!】

お疲れ様です。

この記事では中山金杯の最終予想をお伝えします。

能力や適性に関しては全頭診断でお伝えしましたので、下記リンクよりお願いします。

中山金杯2020 全頭診断【今年1発目の重賞!】

 

1.馬場状態

先週の中山は暮れの中山らしく稍時計の掛かるタフな馬場でした。例年通りです。

今週からCコースに替わるので、内の痛みも少し軽減されます。

コースレイアウトも含め先行~中団有利中団の馬は直線入り口までに位置を上げられないと厳しいので、その点踏まえて評価していきます。

 

2.展開予想

内からブラックスピネル、トリオンフ。

外からタニノフランケル、イレイション。

この辺りが逃げ馬候補となりますが、是が非でも逃げたい馬は見当たらず、急坂2回の中山2000mを考えると平均~スローを想定しています。

基本的に例年通りの展開を想定して予想します。

 

 

3.最終予想

◎ クレッシェンドラヴ

絶好枠ですね。舞台適性、能力ともに問題ないです。

斤量57に関しては以前背負っていた経験もありますし、福島記念でも着差0.2秒あるので、もしあの時斤量57キロでも2.3着争いはできていたはず。となると高いメンバーレベルで十分評価できます。

また過去10年で1番人気の複勝率が80%というのも追い風データです。

ここは勝ち負けまで期待します。

 

〇 レッドローゼス

全頭診断でお伝えした通り舞台適性が高く枠も良いところです。

前走のように最後方から競馬をしたら届かない可能性が高いですが、中団からの競馬もできるので、しっかりとしたポジションで競馬が出来れば期待値は高いです。

 

▲ ウインイクシード

中山適性も高いですし福島記念は不利な大外枠出走から前半脚を使わされた分ラスト甘くなっただけなので、

今回4枠から出走できるのは非常にプラスです。

斤量55もおいしい。

 

△ トリオンフ

中山よりも平坦コースの方が合う印象ですが、前走長期休養明けで好走した能力を見込んで印を打ちます。

斤量が58で前走から+2キロとなるので、ここを熟せるかどうか

 

 

△ ギベオン

中山適性は疑いますが、念のため抑え評価。

>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG