中山記念 2020 全頭予想【豪華4強!鍵となるのは持続力】

お疲れ様です。

この記事では中山記念の全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

併せてLINE@の友達募集しています!

こちらでは無料で平場の推奨馬や買目など配信していますので、下記リンクより是非ご登録お願いします。

友だち追加

 

 

 

1.コース解説・ラップ分析

中山記念 2020【コース解説・ラップ分析・過去10年のデータ】

こちらの記事で詳しく説明しています。

今年もマルターズアポジーがいるのでこの馬の出方次第ですが、持続力を重視して予想をしていきます。

 

 

 

2.全頭診断

インディチャンプ

東西マイル王に輝いた馬。実績通り強いです。

高速ピッチ走法ですが持続ラップにも対応できる能力の高い馬ですが、今回は舞台適性を嫌いたいと思います。

安田記念 1着
12.2 – 10.9 – 11.4 – 11.3 – 11.2 – 11.1 – 11.2 – 11.6
ミドルからの持続力勝負。中団インで構える完璧な位置取りからの勝利。確かに位置取りや馬場で有利はありましたが、しっかりと持続力勝負や高速馬場に対応している点評価できます。

マイルCS 1着
12.5 – 11.2 – 11.6 – 11.9 – 11.6 – 11.5 – 11.0 – 11.7
スローからの持続力勝負。先行して完璧な位置取りからダノンプレミアムを交わしての勝利。稍時計の掛かるタフな馬場にも対応。

馬場問わずマイルで持続力勝負になれば底なしといった印象ですが、走法とは裏腹に瞬発力戦で結果を残せていません。以下瞬発力勝負になったレースです(重賞のみ)。

マイラーズC(4着):ドスロー瞬発力勝負

アーリントンC(4着):ミドルからの瞬発力勝負

毎日杯(3着):スローからの瞬発力勝負

この通り意外にも瞬発力勝負で結果が残せておらず、仮にマルターズアポジーが逃げないでスロー瞬発力勝負になった場合取りこぼす可能性はあります。

また今回1番の問題であるのが中山1800mです。

走法からして小回りは熟せると思いますが、1800mはインディチャンプには長く、加えて直線の急坂もあるので脚が止まる可能性が高いです。

この馬の1800m実績は3着2回と馬券内は残せていますが、毎日杯では直線抜け出すもゴール手前で3頭に交わされ3着毎日王冠では直線でアエロリットを捉えるもゴール手前で失速し3着。このことからベストは1600mだと判断。今回は直線急坂もあるので止まる可能性は高いです。

追い切りでは十分動けていますが、舞台適性と距離適正、マルターズアポジーが逃げなかった場合の瞬発力勝負まで想定して本命はマイルまで取っておく方向です。

 

 

ウインブライト

中山記念2連覇中で中山実績は(5-2-0-2)の中山巧者で特に内回りが得意。

特に舞台適性に関して話すこともないので、今回はローテに注目して話します。

昨年、一昨年に勝った時のローテはどちらも中山金杯からの参戦です。しかし今年は香港Cからの参戦となる点例年とは違うローテで間隔も空きます。

以前香港のクイーンエリザベス2世カップへ出走後間隔を空けて中山のオールカマーに出走しましたが、その時は2番人気9着でした。内容的にはスローを先行し直線伸びずに失速という形で敗因は状態面ではなく距離だったと思います

なので例年とは違う流れでも追い切り内容など状態が良ければ高い評価をすべき馬かと思います。

ただ今回鞍上はいつもの松岡騎手ではなくミナリク騎手に乗り替わるので、少し割引も必要です。

 

 

エンジニア

能力値が3勝クラスレベル。OPやリステッドでも厳しいのでここは軽視。

 

ゴールドサーベラス

エンジニアと同じく能力値が3勝クラスレベル。OPやリステッドでも厳しいのでここは軽視。

 

 

ソウルスターリング

エプソムCと府中牝馬Sを取り消しとなり、ヴィクトリアマイルから約9か月ぶりの参戦となり、今回が引退レースとなります。

3年前のオークスを勝って以来、ほとんど掲示板を外しており馬券内になったのはクイーンCのみ。能力は全盛期と比べ明らかに劣っており休み明けで割引も必要。

適性的にも大箱向きで小回りはどうか。

あとは追い切りで判断するしかないですが、軽視する方向です。

 

 

ダノンキングリー

皐月賞 3着
12.3 – 10.5 – 12.0 – 11.8 – 12.5 – 12.1 – 12.2 – 11.7 – 11.6 – 11.4
ミドルからの持続力勝負。瞬発力ラップにも見えますがラスト6Fからゴールまで加速ラップが刻まれたので持続力勝負です。ダノンキングリーはインで脚を溜め直線もインに潜り込み着差なしの3着。戸崎騎手の好騎乗あっての着差だったと思います。

共同通信杯 1着
13.1 – 11.7 – 12.3 – 12.4 – 12.0 – 12.0 – 11.2 – 11.0 – 11.1
ドスロー瞬発力勝負。国内G1を2勝し海外G1でも勝ったアドマイヤマーズに着差0.2秒と快勝。

基本的に瞬発力持続力共に優れた馬だと過去のレースから判断します。

次にマイルCSの敗因を探っていきます。

マイルCS 5着
12.5 – 11.2 – 11.6 – 11.9 – 11.6 – 11.5 – 11.0 – 11.7
稍スローからの持続力勝負。スタートで若干後手を踏みましたが追い上げ中団インを追走。直線もインを突きましたが伸びを欠いて5着。伸びなかった理由はテンで脚を使ったこともありますが、そこまで使わさた訳ではなく経済コースを追走できたことを考えると他に理由があると考えます。結論馬場状態が影響したと私は考えます。

内があまり伸びていないことも関係していると思いますが、それ以上にダノンキングリーはマイルCS以前に時計の掛かるタフな馬場を経験しておらず、好走時は何れも速い時計の出る馬場状態でした。このことから高速馬場巧者だと推測します。

マイルCSの馬場自体タフな馬場とまでは行きませんが、これまで走ってきた馬場よりも時計は掛かっており、テンで脚を使ったことも合わさり伸びを欠いたと予想します。

なので開幕週となりますが、馬場状態に関しては注目したいと思います。

舞台適性や距離に関しては問題ないと思うので、馬場が問題なければ高い印を打つ予定です。

ただし最近の出遅れ癖は気になる。

 

ペルシアンナイト

関西圏(2-2-0-1)と安定しますが関東圏だと(0-2-0-7)と安定しませんが、中山は2回走り皐月賞2着と出遅れた中山記念5着だけとそこまで負けてなく、基本的に左回りの東京で成績を落としがちです。

今回重要なのは中山適性ではなく、海外ローテと休み明けです。

能力面を見るために、まずは昨年のレース内容を振り返ります。

金鯱賞 4着
12.7 – 10.8 – 12.1 – 12.5 – 12.9 – 12.3 – 12.2 – 11.6 – 11.3 – 11.7
スローからの瞬発力勝負。直線の追い比べを瞬発力でキレ負けした形です。着差こそ離されましたが、メンバーレベルや海外帰りで前哨戦仕上げだったことを考慮すると、叩き台としては良い内容だったと思います。

大阪杯 11着
12.6 – 11.1 – 12.7 – 12.7 – 12.2 – 12.4 – 11.8 – 11.4 – 11.6 – 12.5
スローの持続力勝負。叩き2戦目で得意の関西圏と人気を背負いましたが11着と大敗。敗因は馬場です。このレースは極端な内枠有利な前残りの展開+馬場状態で、ペルシアンナイトは大外を回し直線へ。これだけ馬場差があったので外差し組は総潰れでした。途中からミルコが追うのをやめたくらいでしたので着順に関しては度返し可能。

札幌記念 5着
12.6 – 11.0 – 12.5 – 12.0 – 11.8 – 12.1 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 12.2
ミドルからの持続力勝負。2000mでは相手関係的に分が悪かったです。それでも3.4着馬のフィエールマンとワグネリアンに着差0.1秒の5着は十分走れたかと思います。

マイルCS 3着
12.5 – 11.2 – 11.6 – 11.9 – 11.6 – 11.5 – 11.0 – 11.7
稍スローからの持続力勝負。スタート出遅れ脚を使い中団馬郡へ、直線は伸びるも出遅れが響き3着と内容的には強かったです。しっかり位置取りが出来れいればダノンプレミアムは交わせていたと思います。

振り返ってみると今年に入っての敗因が、海外帰りの前哨戦や距離、馬場差、関東開催など敗因は明確で、意外にも負けすぎていないので能力面の評価はできます。特に持続力勝負には強いですね。

冒頭で話した通り、問題は適性や能力ではなく海外ローテの休み明けです。

昨年の金鯱賞が良い例で海外明けの一発目でそれなりに着順はまとめています。休み明けでしたが全く走らなかったわけではないですし、得意でない瞬発力勝負でキレ負けした形なので内容は悪くない

なのでしっかり追い切りと、輸送も絡むので当日の状態を見て判断していくべきかと思います。状態が良ければ十分馬券内のチャンスありで、海外ローテ+休み明け+関東開催でオッズは落ちると思うので妙味もあります。

 

 

マルターズアポジー

2年前の中山記念を逃げて残している通り適性はありますが、昨年の中山記念は逃げて7着。その後は2桁着順が続き能力的には限界かと思います。

ただしこのレースの鍵を握る馬でもあります。

この馬が逃げるときはペースを流して持続力勝負に持ち込むことが特徴です。引退レースということもあり、見せ場は作ると思うので、例年通り逃げて自分の競馬をしてくることが予想されます。

そうなるとペースは流れ例年通り持続力勝負の展開が予想されるので、逃げるかどうかには注目したいと思います。

馬場状態や陣営のコメントまで追ってここは判断したいと思います。

 

ラッキーライラック

もともとマイル路線の馬でしたが、馬格も大きく成長し中距離向きにシフトしてきた感じがしますが昨年の2着馬。適性は高いと思います。

府中牝馬S 3着
12.4 – 10.9 – 11.6 – 11.8 – 11.6 – 11.9 – 11.3 – 11.2 – 11.8
ミドルからの瞬発力勝負。休み明けで馬体重+16と増やしての出走。大外枠から終始外を回された分ゴール前で甘くなり3着。休み明け叩き台としては十分な内容だったと思います。

エリザベス女王杯 1着
12.7 – 11.6 – 13.3 – 12.7 – 12.5 – 12.8 – 12.3 – 11.6 – 11.5 – 11.4 – 11.7
ドスローからの持続力勝負。クロコスミア単騎逃げ切るかと思いましたが上がり最速で追い込み交わしました。先行有利の展開を4角8番手から差してこれた内容は高く評価して良いと思います。またこれまで先行粘り込みのような競馬をしていましたが、中団後方で溜めて弾ける競馬が出来た点非常に収穫もあったかと思います。

昨年秋から馬体の成長と共に成績も安定し、昨年の中山記念でもマルターズアポジーのペースで2着と好走しており舞台適性も高いです。

追い切りを見て状態面をしっかり判断し、問題なければ当然上位の評価とします。

>馬ノスケの予想理論を格安で販売中!

馬ノスケの予想理論を格安で販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「レース歴とその内容」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しております。
価格も負担になりにくい税抜きワンコイン以内で設定し、中身の詰まった内容をお届けしています。

主に初心者~中級者へ向けた、競馬予想における回収率向上を目的とした内容となっていますので、興味のある方はご検討いただけると幸いです。

CTR IMG