NHKマイルカップ 2020 全頭予想【今年も波乱?上位人気からS評価1頭でました!】

お疲れ様です。

この記事ではNHKマイルの全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

併せてLINE@の友達募集しています!

こちらでは無料で平場の推奨馬や買目など配信していますので、下記リンクより是非ご登録お願いします。

友だち追加

 

 

1.コース解説・ラップ分析

コース解説・ラップ分析は上記の記事で詳しく解説しています。

速い流れから持続力が問われるので、その辺りの適性を中心に考察していきます。

 

 

2.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

※枠順や追い切り確認前の評価です

評価の内容総合評価
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価1着まで期待できる
A評価は高いが抜けてはいない馬券内の期待値が高い
B可もなく、不可もなく紐~3列目後補
C低評価消し候補
能力または適性が未知数

 

ウイングレイテスト

デイリー杯 2着
12.5 – 11.0 – 11.8 – 12.5 – 11.9 – 11.4 – 11.4 – 12.0
ミドルペースの持続力勝負。中間は12.5秒と緩んだ内容です。勝馬のレッドベルジュールと共に4角でインを付き切れ負けしての2着。着差0.2秒、上がり3Fの時計0.4秒差は素直に能力差として捉えていいでしょう。
NZT 3着
12.3 – 10.9 – 11.0 – 11.7 – 11.7 – 11.7 – 11.9 – 11.8
ハイペースの持続力勝負。展開が流れたことにより後方外差しが効いたレースですが、4角で勝馬のルフトシュトロームが膨らみ、その影響で1番外に押し出されてしまいます。それでいてルフトシュトロームと着差0.1秒。上がり3Fの時計0.1秒差に詰めた内容は評価できます。ちなみに2着のシーズンズギフトはこの2頭より楽な形で直線に入り、上がり34.5秒なのでこの馬よりかは強い競馬をしています。そして何より中間11秒台の速い流れから持続力を活かせた点は評価高いです。

デイリー杯の内容はそこまで評価の高いものではありませんが、どちらのマイル重賞も持続力勝負での好走。

そしてNZTは中間11秒台の流れたレースで末脚を発揮し、勝馬と同等、2着馬よりも強い3着なので、この内容は高く評価しています。

朝日杯で完敗していますが、これはハイペースで先行勢とその後ろに付けた集団がサリオス以外壊滅しているので、展開不利による凡走です。サリオスがおかしいだけなので度返し可能だと思います。

距離的にも1600m~2000m辺りがベストだと思っているので、中距離適性が問われやすいこの舞台は合うと思います。

馬場的にも速い時計の出たNZTで結果を残せてるので問題ないと思います。週末雨が降ったとしてもパワーのいる馬場は走法的に対応できると思うので、急な悪天候にも対応できますね。

予想オッズの段階ですが、NZTで同等の競馬をしたルフトシュトロームが単勝5倍に対しウイングレイテストは単勝37倍と全く人気がないので、穴として十分狙えると思います。

ただし血統的にはタフな馬場の中山が合う印象で、東京替わりでどこまでポテンシャルを上げてこれるかが問われます。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:A

 

 

 

ギルデッドミラー

アーリントンC 2着
12.4 – 10.8 – 10.9 – 11.6 – 11.9 – 11.7 – 12.1 – 12.9
ハイペースの持続力勝負。かなりタフな展開を外回して厳しい競馬となりましたが、ゴールまで踏ん張り2着と好走。タイセイビジョンに着差0.3秒付けられましたが、勝馬は中団馬郡で脚を溜め直線でインを突いた文句なしの競馬だったので、道中の位置取りと外を回した分着差が出ただけで、能力で差が出た印象は少ないです。(こういったかなりタフなレースは、追走経路や直線入りで距離ロスを省いた馬が単純に有利です)

この馬の特徴はどんな展開でも終いの脚はしっかり使ってくるタイプ。

前走タフなレースをゴールまでしっかり脚を伸ばせていた点は持続力やスタミナという点で評価が高いですし、今回人気のタイセイビジョンとの能力差もそこまでないと思ってます。

グランレイに快勝した2走前の内容からも良馬場の方が切れ味が活かせますし、中間11秒台の競馬をアーリントンCで経験し好走できたのも高評価です。

輸送を経験している点や、ゲートが上達した点も含め穴で十分警戒しなくてはいけない一頭かと思います。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

 

サクセッション

スプリングS 3着
12.8 – 12.1 – 12.6 – 13.0 – 12.7 – 12.3 – 11.8 – 11.1 – 11.4
ドスロー瞬発力勝負。相手関係も皐月賞3着のガロアクリーク、ホープフル2着のヴェルトライゼンデが相手だったのでレベルの高いレースでした。敗因は瞬発力で置いてかれた形だったので、瞬発力に劣ったことが敗因だと思います。
デイリー杯 6着
12.5 – 11.0 – 11.8 – 12.5 – 11.9 – 11.4 – 11.4 – 12.0
ミドルペースの持続力勝負。番手追走から残り800m地点で仕掛けラスト残す脚がなくなって凡走。一見敗因が早仕掛けだと思われますが、同じ位置から同じ仕掛けをしたペールエールは3着に残していますし、道中もインを追走したロスのない形だったので能力差が出た印象です。

ジュニアCは大外捲って強い勝ち方でしたが、相手関係的に評価は平凡ですし、これまでのレースを振り返っても、中団で脚を溜めて3,4角で捲り直線前目から押し切るといった競馬合う印象なので、東京替わりというのはひとつ課題でしょう。

持続力という点では評価できますが、走り方を見る限り中山巧者という感じがするので、東京でイメージするなら、デイリー杯のようにゴール前で交わされてしまう印象があります。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

 

サトノインプレッサ

毎日杯 1着
12.9 – 11.1 – 11.4 – 11.9 – 12.3 – 12.1 – 11.7 – 12.1 – 12.4
ミドルペースの持続力勝負。ある程度時計の掛かる馬場にしては流れたレースを、直線は鞭一発で上がり35.3秒を出し、重賞でも好走を続けているアルジャンナを楽に離して勝っているので、能力はかなり高いものかと思います。

これまで道悪で時計の掛かる馬場しか経験がないですが、走法的にもトビが大きい走りですし、血統的にも高速馬場は合う印象。

むしろ高速馬場でこそ力を発揮しそうなタイプだと思いますし、毎日杯や走法を見ても外回りや大箱の方が合う印象なので、東京の末脚勝負+持続力勝負は如何にも得意そうなタイプだと私は思います。(瞬発力勝負では話が変わってきますが)

またこのレース距離短縮組の好走率が高いレースという点でもポイントです。

レシステンシアが引っ張る流れからの持続力勝負で、展開や馬場的にも後方差しに展開が向く想定なので、この末脚があれば後方からまとめて交わせる能力はあると思います。

ちなみにこれまでのレースで着差離したレースはありませんが、能力の高いアルジャンナやギルテッドミラーを後方から楽々差し切っているので、着差以上に強い競馬をしている印象です。

適性評価:A
能力評価:S
総合評価:S

 

 

 

シャインガーネット

ファルコンS 1着
12.1 – 10.7 – 11.0 – 11.7 – 12.1 – 11.5 – 12.2
ハイペースの持続力勝負。道悪でタフなレース内容。相手関係的にも評価がしづらく、ラスト1Fで0.7秒減速ラップが刻まれたレースなので、この組から距離延長が向くイメージは個人的には薄いです。

如何にも1400mのパワーが必要とされるレースを得意としている馬なので、東京マイル適性はあまり高くないと思います。

能力的にもスマイルカナやチェーンオブラブが出走したフェブラリーSで4着に負けていますし、勝った赤松賞のレベルも低いのでここでは足りないと思います。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:B

 

 

 

シャチ

未勝利を勝ち上がるまでに9戦掛かり、その後連勝しましたが相手関係的に恵まれたレース。

その後NZTで大敗したように能力値が足りないので軽視します。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

 

ジュンライトボルト

適性面は速い流れをフローラルウォーク賞で経験しているので、低くはなと思いますが、それ以上にアーリントンCと朝日杯の内容からここでは能力不足かと思います。

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:C

 

 

 

ストーンリッジ

毎日杯 6着
12.9 – 11.1 – 11.4 – 11.9 – 12.3 – 12.1 – 11.7 – 12.1 – 12.4
ミドルペースの持続力勝負。道悪にしてはある程度流れたレースで、ラスト1Fまでの伸びは良かったですがラストまで持たず凡走。

きさらぎ賞で2着に好走していますが、このレースはドスロー瞬発力勝負でした。

毎日杯の持続力勝負でラスト脚がなくなったことを踏まえると、この馬は瞬発力タイプなので今回求められる適性とは違ってきます。

適性面や能力面ひとつ足りない点で今回は軽視します。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

ゼンノジャスタ

ここまでの成績的に能力不足なので軽視します。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

 

ソウルトレイン

NZTでこの馬より外を回した3頭に着差離されての着順なので、能力的に足りない印象です。

ある程度好位に付けられる馬ですが、今回はレシステンシアがいるのでその積極性は裏目に出そうです。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:C

 

 

 

タイセイビジョン

アーリントンC 1着
12.4 – 10.8 – 10.9 – 11.6 – 11.9 – 11.7 – 12.1 – 12.9
ハイペースの持続力勝負。着差こそ離しましたが、道中のポジションやロスなくインを突けた点で2着のギルテッドミラーとは着差ほど能力差が出た印象はなく、3着のプリンスリターンはハイペースの番手粘り込みなので、2,3着馬の方が評価したい内容です。ただしタイセイビジョンもこの流れから上がり最速をマークし、上がりタイムでギルテッドミラーに0.6秒差を付けたので決して弱い内容ではないです。
朝日杯 2着
12.2 – 10.5 – 11.1 – 11.6 – 11.8 – 11.8 – 11.6 – 12.4
ハイペースの持続力勝負。サリオスに離されましたが相手が化物なので無視します。後方に展開が向き上がり3位のタイムで差し切り2着。今となってはレースレベルも疑問で、3着のグランレイや4着のタガノビューティーはその後重賞では通用せず、5着のプリンスリターンも勝ち切れていない。

どちらのレースも速い流れから持続した上がりを使えた点は高く評価して良いですが、展開利や内容を踏まえると抜けて強い競馬をしたイメージが湧きません。

また京王杯で東京の速い流れを経験していることや、朝日杯とアーリントンCの内容から速い流れへの適性は高いと思いますが、どのレースもラスト1Fで大きく減速ラップを踏んだ上がりの掛かるレースだったので、上がり勝負となった場合キレ負けする可能性まで考慮すると適性は疑問です。

なので好走しても不思議ではありませんが、逆に凡走しても不思議はないと私は思います。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:A

 

 

 

ニシノストーム

連勝して臨む一戦ですが、完全にスプリント型だと思うので、この舞台は合わないと思います。

このレース距離延長組には厳しいですし、能力的にも足りません。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ハーモニーマゼラン

ソウルトレインと全く同じ見解です。

NZTでこの馬より外を回した3頭に着差離されての着順なので、能力的に足りない印象です。

ある程度好位に付けられる馬ですが、今回はレシステンシアがいるのでその積極性は裏目に出そうです。

距離は1400mの方が合うと思います。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:C

 

 

 

プリンスリターン

アーリントンC 3着
12.4 – 10.8 – 10.9 – 11.6 – 11.9 – 11.7 – 12.1 – 12.9
ハイペースの持続力勝負。タフな展開で後方有利を番手追走し3着に粘れた内容は評価できます。

アーリントンCの内容は評価できる強い内容ですが、先週の東京馬場は日曜から外差しが目立っており、馬場傾向的に向かない可能性が高いです。

今回逃げ馬にレシステンシアという強力な馬がいるので、先行勢はこの馬に付いて行ってラスト1Fで厳しくなると思います。

前走の内容からあっけなく垂れていくことは想像できませんが、粘りながらも最後は外差しの餌食になりそうなイメージが強いです。

馬場傾向が変わらない限り良くて3着までといった評価です。

ちなみに適性でいったらタフな馬場で、距離は1400mの方が合うと思います。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

 

ボンオムトゥック

アーリントンC 4着
12.4 – 10.8 – 10.9 – 11.6 – 11.9 – 11.7 – 12.1 – 12.9
ハイペースの持続力勝負。掲示板を確保した中で一番外を回した馬ですが、3着のプリンスリターンと着差なしの競馬をしています。上がり時計もギルテッドミラーより0.1秒速いタイムを計測するなど、終いの脚は活かせるタイプです。

これまでスロー瞬発力勝負しか経験してこなかった馬ですが、アーリントンCで速い流れに対応し大外回した分届かずといった内容を踏まえると、今回も十分狙えるかと思います。

上がり性能に関しては高速馬場の阪神で33秒台を計測するなど十分性能は高いですし、ペースが流れても終いは使えるので、外差し傾向の馬場が継続されるようであれば大穴を開けるチャンスはあると思います。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

 

メイショウチタン

距離延長はマイナスですし、能力的にも足りないので軽視します。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

 

ラインベック

重賞での内容を見る限り、着順はまとめていてもそれ以上に着差をまとめきれておらず、単純に能力不足かと思います。

上がり性能でも劣りますし、前半緩まないとこの馬にとって厳しいので、舞台適性も低いと思います。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

 

ラウダシオン

ファルコンS 2着
12.1 – 10.7 – 11.0 – 11.7 – 12.1 – 11.5 – 12.2
ハイペースの持続力勝負。道悪でタフなレース内容。相手関係的にも評価がしづらく、ラスト1Fで0.7秒減速ラップが刻まれたレースなので、この組から距離延長が向くイメージは個人的には薄いです。2着に敗れた敗因は斤量と道悪が効いての事だと思います。

今回馬場は前走より軽くなる点はプラスに捕らえて良いですが、やはり距離延長はこのレース嫌いたいですし、ファルコンSのラップからも距離延長でパフォーマンスを上げてくる可能性は低いと思います。

またレシステンシアのペースで先行して残せるかと問われるとマイルでは疑問です。

良馬場で枠と追い切りが良くてギリギリ3列目までといった評価です。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:B

 

 

ルフトシュトローム

NZT 1着
12.3 – 10.9 – 11.0 – 11.7 – 11.7 – 11.7 – 11.9 – 11.8
ハイペースの持続力勝負。展開が流れたことにより後方外差しが効いたレースですが、4角でルフトシュトロームが膨らんだことにより、外に押し出されたウイングレイテストに対し着差も上がりタイムも0.1秒しか離せなかった点で過剰評価はできません。※この馬自体も4角で不利を受けたので、差し切った点は評価していますが、それ以上に不利を受けたウイングレイテストを評価したいということです。

前走の内容から人気を背負うなら嫌いたいタイプの内容ですし、東京適性は疑いたいです。

血統的にもキンシャサノキセキ産駒という点や、中山3戦3勝という成績から小回りパワータイプという点で中山巧者の匂いがします。

東京の末脚勝負をするには上がり性能も足りない印象で、これまでの計測した上がり時計は全て34秒台。

鞍上強化+3連勝の勢いで人気を背負うことになると思いますが、前走の内容からルフトシュトロームを評価するならウイングレイテストを評価したいですし、東京適性にも疑問なので今回は抑えの評価までとします。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

レシステンシア

阪神JF 1着
12.2 – 10.5 – 11.0 – 11.8 – 12.0 – 11.2 – 11.5 – 12.5
ハイペースの持続力勝負。レースの展開を作ったのはレシステンシア。確かに馬場は味方したとは言え、直線で垂れるようなハイラップを刻みましたが上がり最速のおまけ付きで圧勝。この馬にとっては一番得意な流れなのかもしれません。
チューリップ賞 3着
12.2 – 11.2 – 11.7 – 12.0 – 12.2 – 11.3 – 10.9 – 11.8
スローの瞬発力勝負。このレース内容は同じ逃げでも阪神JFの時と真逆の展開を演出しており、溜めてキレるタイプではないことが分かりました。
桜花賞 2着
12.4 – 11.2 – 11.3 – 11.6 – 11.5 – 11.7 – 12.6 – 13.8
ハイペースの消耗戦。ハイペースながら道悪も影響し前有利の展開。展開は向いたとはいえ道悪に対応できた点は評価でします。デアリングタクトに最後交わされてしまいますが、勝馬は走法からコテコテの道悪巧者だと思っているので、良馬場の高速馬場なら逆転できたと今でも思っています。

この馬の得意な展開はハイペース逃げからの持続力勝負。

溜めてキレるタイプではないことはチューリップ賞の内容からも明らかなので、今回も速い流れで逃げてくることが想定されます。

その点において速い流れから末脚勝負となりやすいNHKマイルは高適性だと思いますし、能力面においても文句なしです。

ただし先週の日曜から外差し馬場に変わってきた影響が、どこまでこの馬を苦しめるかが一つ目の不安材料です。

高速馬場は得意中の得意なので、そのまま能力とスピードで押し切ってしまうことも考えられますが、当日のトラックバイアスは気にしたほうが良いです。

もう一つの不安材料は遠征競馬。

今回初輸送となります。若駒牝馬の初長距離輸送というだけでやはり不安はありますし、最終追い切りも軽すぎました。

追い切りに関しては最終予想で詳しく触れますが、輸送を含めた状態面は疑って掛かりたいと思います。

昨年も単勝1.5倍のグランアレグリアが飛んだように、このレースは荒れやすい傾向ですので、能力適性は抜けていても状態面と馬場の不安を考慮しS評価は回避します。

適性評価:S
能力評価:S
総合評価:A
>馬ノスケの予想理論を格安で販売中!

馬ノスケの予想理論を格安で販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「レース歴とその内容」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しております。
価格も負担になりにくい税抜きワンコイン以内で設定し、中身の詰まった内容をお届けしています。

主に初心者~中級者へ向けた、競馬予想における回収率向上を目的とした内容となっていますので、興味のある方はご検討いただけると幸いです。

CTR IMG