新潟記念 2020 全頭診断【難解な一戦!今年も大荒れな気がする】

お疲れ様です。

この記事では新潟記念の全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

求めらる適性

①瞬発力
②トップスピードの質
③追走力

 

2.総合S評価成績

 

 

 

3.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

あくまで枠順や追い切り確認前の私個人の評価ですので参考程度までに。

評価の内容
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価
A評価は高いが抜けてはいない
B可もなく、不可もなく
C低評価
能力または適性が未知数

※除外対象馬に関しては確定次第追記します。

 

アールスター

英彦山特別 1着
12.6 – 10.6 – 11.8 – 12.7 – 12.3 – 12.1 – 12.3 – 11.8 – 11.4 – 11.8
ミドルペースの持続力勝負。残り600m付近で外からポジションを上げてそのまま押し切るといった内容で、一見強そうに見えますが、中間ラップ 12.7-12.3-12.1-12.3)とかなり緩んでいるので脚は溜まっている状態でした。なので特に推せる要素はないです。
小倉記念 1着
12.0 – 10.8 – 11.3 – 11.8 – 12.2 – 12.2 – 12.0 – 11.5 – 11.7 – 12.0
ハイペースの持続力勝負。前が総潰れとなったレースで、好位のインで立ち回りそのままインを突いて快勝しました。4角で順位は落としてますが、外の各馬が捲りを仕掛けただけで機動力不足ではありません。このレースで評価できる項目は追走力と機動力だけで、勝てた一番の要因はポジションでしょう。斤量も53キロと恩恵があったので、高い評価は難しいです。

小倉記念を快勝しましたが、ポジションと機動力が勝った内容で、馬自体の能力や新潟記念への適性には繋がりにくいです。

今回斤量56キロで前走から+3キロとなります。

56~57キロは条件戦で背負い慣れてますが、3勝クラスはまだ突破できておらず、+3キロで重賞となると荷が重い印象です。

得意条件は機動力+持続力の活かせる舞台だと思うので、適性はここではないと思います。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

 

アイスストーム

メイS 1着
12.6 – 11.0 – 11.5 – 12.1 – 11.5 – 11.3 – 11.2 – 11.3 – 11.8
稍スローの持続力勝負。ラスト5Fのロンスパ戦。前がラスト1Fでバテ、内をロスなく立ち回りインを突いて差し切り勝ち。どちらかというと、前で上がりを使って粘り込んだ2着のソーグリッタリング、最後方集団で大外回して上がり最速で追い込んだ3着のザダル。この2頭の方が斤量が重かった点やレース内容含め評価をしたいので、このレースでアイスストームを特別高い評価はできません。

その他、好走したメイSや中日新聞杯、垂水Sは何れも持続力勝負です。

特にメイSは4Fのロンスパ持続力勝負でかなり流れが速かったので持続力の適性がかなり求められたレース。

瞬発力に関して推せる材料がありません。

またアイスストームはタフな馬場は合わない印象で、好走歴を見ても高速馬場で結果を残しています。

今の新潟馬場は時計が掛かっているので、馬場的にもベストな舞台とは言えないでしょう。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:B

 

 

アイスバブル

目黒記念 2着
7.4 – 11.1 – 11.4 – 12.3 – 12.0 – 11.7 – 11.8 – 12.0 – 12.0 – 12.0 – 12.0 – 11.8 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。ワンペースの持続力ラップで、東京2500mは坂スタートで後半上がりの掛かるタフなレース。その舞台を2年連続で2着好走しているので、ワンペースのタフな持続力勝負が得意条件でしょう。

この独特な目黒記念の適性を活かすとすれば中長距離のタフな持続戦。

新潟記念はタフさが求められず、トップスピードの質と瞬発力。

今回前傾ラップになれば話は変わってきますが、過去10年で前傾戦は1回のみ(前傾0.1秒)

そして、メンバー見渡してもペースを流してくるタイプも見当たらず、前傾戦の可能性は薄いです。

アイスバブルの得意条件とは真逆になるので、今回は適性違いかと思います。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:B

 

インビジブルレイズ

白富士ステークス 1着
12.5 – 11.1 – 11.5 – 12.2 – 12.4 – 12.5 – 12.2 – 11.7 – 11.1 – 11.9
ミドルペースの瞬発力勝負。前半3Fが速く中間で一息ついたので先行馬には厳しい流れ。瞬発力勝負で勝ち切れたことは評価できますが、好位のインで立ち回り直線真ん中へ出すロスのないレース運びも大きかったと思います。相手関係的にも重賞で好走できてないレベルなので、展開利もあって高い評価は難しいです。
新潟大賞典 5着
12.4 – 11.0 – 11.7 – 12.1 – 12.5 – 12.0 – 11.5 – 11.2 – 11.4 – 12.8
ミドルペースの持続力勝負。同じ新潟2000mの舞台ですが、ラスト4Fの持続力勝負となった為、想定される新潟記念の適性とは違う適性が求められたレース。インビジブルレイズは瞬発力タイプだと思うので、ここでの着差や凡走は度外視できます。

前走のエプソムカップを大敗してますが、イン前決着の後方競馬+不良馬場で度外視可能。

となると、瞬発力が活かせる今回の舞台で巻き返しは考えられます。

これまでのレースで能力の裏付けはありませんが、適性があって想定18番人気130倍なら抑えても面白いかもしれません。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

ウインガナドル

関越S 2着
12.5 – 10.5 – 11.0 – 11.6 – 11.8 – 11.8 – 11.7 – 12.1 – 12.3
ミドルペースの持続力勝負。と言いたいところですが、このレースはプロディガルサンが大逃げしたレースで、レースラップはあまりあてになりません。ウインガナドルの個別ラップを計測したところ、ラスト3Fから約1秒の加速ラップが踏まれており、瞬発力を武器に好走しています。
むらさき賞 1着
12.9 – 11.1 – 11.9 – 12.4 – 12.0 – 11.8 – 11.2 – 11.2 – 11.5
スローの瞬発力勝負。途中から逃げて3F瞬発力勝負に持ち込みそのまま押し切った内容。イン前有利のトラックバイアスは味方したものの、前半端を奪うのに脚を使っているので、それなりに評価できる内容です。

逃げて瞬発力勝負に持ち込むのがお決まりのパターン。

瞬発力を活かす競馬をしてくるので、そこまで飛ばすタイプではないです。

新潟は(2-1-1-2)と好相性で、馬券外は新馬戦と2017年の新潟記念で、どちらも4着と着順はまとめています。

新潟の舞台は合いますし、瞬発力勝負も問題ありません。

今回他に逃げたい馬も見当たらず、自分のペースで逃げれると思うので、差し有利のトラックバイアスとは言え警戒は必要かと思います。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

 

カデナ

大阪杯 4着
12.9 – 11.7 – 12.3 – 11.9 – 11.6 – 12.1 – 11.7 – 11.3 – 11.2 – 11.7
スローからの持続力勝負。大阪杯らしいスローロンスパの流れで前有利の展開を、後方12番手から上がり最速33.5秒で差し切り好メンバー相手に4着と健闘しました。後方インを立ち回って直線インを突いたので、ロス自体は少なかったものの、この展開でもしっかり追い込めたことはトップスピードの質と持続力を評価できる内容です。
小倉大賞典 1着
12.2 – 11.6 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 12.1 – 12.0 – 11.9 – 12.0
ミドルペース持続力勝負。後方インで溜め直線外へだし鮮やかに差し切って快勝。他馬との斤量差を考えても強い内容だったと思います。ただ直線競馬で差し切ったので、機動力不足です。

大阪杯4着時も機動力不足が浮き彫りになり足りず、小倉大賞典も機動力不足で直線競馬でした。

このことから、機動力があまり求められない新潟の舞台は合います。

新潟記念の適性も評価でき、トップスピードの質が問われた大阪杯や、トップスピードと瞬発力が問われた昨年の新潟記念で高いパフォーマンスを発揮しています。

先週の差し有利な馬場も踏まえると適性はそれなりに高いでしょう。

ちなみに前走の宝塚記念の大敗は、直線で馬場の悪い内側に進路を取ったことと、トップスピードの質が求められないタフなレースになった為、後方有利の展開でも追い込めなかったと思います。

あとは状態面とトップハンデがどこまで影響するか。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

ゴールドギア

目黒記念 5着
7.4 – 11.1 – 11.4 – 12.3 – 12.0 – 11.7 – 11.8 – 12.0 – 12.0 – 12.0 – 12.0 – 11.8 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。ワンペースの持続力ラップで、東京2500mは坂スタートで後半上がりの掛かるタフなレース。5着と負けましたが、位置取りが後ろ過ぎました。着差詰めて追い込めているので、持続力に関して高い評価をして良いと思います。
緑風S 1着
12.7 – 11.9 – 12.6 – 12.5 – 12.0 – 11.8 – 12.2 – 11.8 – 11.5 – 11.1 – 11.4 – 12.3
スローの持続力勝負。出遅れますが、道中ポジションを上げてそのまま上がり最速で押し切る強い内容。

緑風Sや目黒記念の内容から、ロンスパ持続力勝負が得意条件だと思います。

瞬発力勝負ではここ最近サンプルがないので、なんとも言えませんが、トップスピードの質は高いので、適性はある程度あると思います。

ただ得意条件はロンスパ持続力勝負なので、若干適性違いだと思います。

溜めたらギアチェンの質で届かない可能性があるので、ある程度早めの仕掛けがベスト。

緑風Sのように道中から動いて行ってロンスパ戦を仕掛けたいですが、

新潟だと急なスパイラルカーブで捲ったら外へ膨れロスになりますし、内だと詰まって出せない+馬場が悪いので、何かと条件が食い違う馬だと思います。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

サトノガーネット

小倉記念 2着
12.0 – 10.8 – 11.3 – 11.8 – 12.2 – 12.2 – 12.0 – 11.5 – 11.7 – 12.0
ハイペースの持続力勝負。前半ハイから中間緩み先行馬総崩れの展開。後方に展開が向きすぎた為、機動力よりも末の爆発力が求められたレース。後方待機したこの馬には展開が非常に向きました。復調という点ではプラスに捉えますが、展開利があったレースなので高い評価はできず

この馬の好走条件は機動力のいらない舞台での持続力勝負です。

勝った中日新聞杯や、トラックバイアスにないたエリザベス女王杯は、どちらもロンスパ戦持続戦で高いパフォーマンスを発揮しています。

その為瞬発力勝負になった府中牝馬Sで、速い上がりを計測するも届かずの内容でした。

なので瞬発力勝負が想定される今回の舞台では、追走力も低いので直線競馬となり、加速部で置いていかれ差し切れない可能性もあります。

ただし新潟はトップスピードの質が求められる+機動力のいらない舞台なので、適性が全くないわけではないです。

あとは今の稍タフな新潟馬場は高速馬場巧者のこの馬には合わない可能性と、間隔詰まった輸送競馬なので、状態面と馬場は鍵でしょう。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

サトノクロニクル

復帰してからは能力不足否めず。斤量56も恩恵なし。

もともとトップスピードの質は高い方ではない機動力タイプなので、ここの適性も低いと思います。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

サトノダムゼル

佐渡S 1着
12.5 – 11.4 – 11.8 – 12.2 – 12.3 – 11.9 – 11.8 – 11.5 – 12.3
ミドルペースの持続力勝負。重馬場でしたが内外フラットな状態でした。最内枠から先行インで追走しそのまま抜け出しての勝利。相手関係的には評価できず、2着フィニフティ、3着オメガラヴィサンは重賞大敗。3勝クラスでも掲示板に入れていないので、高評価は難しい。
初音ステークス 2着
12.6 – 11.3 – 12.3 – 12.4 – 12.1 – 12.1 – 11.3 – 11.7 – 12.4
スローからの瞬発力勝負。ただし1.2着馬のみ持続力勝負。というのもサムシングジャストと サトノダムゼルは3~4コーナーで11番手から6番手まで位置を上げており、この時雨の影響で内が嫌われ、インで運んでいたこの2頭はポジションを上げられるスペースがあった為、他馬よりも長く脚を使わされています。結果的にこの2頭のワンツーで決まり、持続力が問われた内容でした。内が若干荒れ気味だったので、内で粘り結果首差付けられたのは強い競馬でした。そして上位2頭はスピードよりもスタミナ的要素が問われています。ちなみにこの時の勝馬サムシングジャストはクイーンSを9着に凡走。

初音Sの内容から、この馬はタフな持続力勝負に適性が高いと思います。

また、初音Sで競り勝ったサムシングジャストが、次走トップスピード戦のクイーンSで負けているように、この馬2頭はタフな持続戦が合うでしょう。

前走勝ちはしましたが、相手関係的に高い評価はできず。

過去に1勝クラスの新潟で瞬発力勝負を勝ちましたが、ここの組は未だに1.2勝クラス止まりで、中間も12.7まで緩んでいるので参考にはできず。

雨が降って結構タフな条件になれば評価を上げても良いですが、今週は晴れ予報なので適性面は推せません。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

サンレイポケット

下鴨S 2着
12.4 – 11.7 – 12.8 – 12.9 – 12.8 – 12.2 – 11.6 – 11.3 – 11.0 – 11.3
スローからの持続力勝負。緩みっぱなしでラスト4Fのロンスパ戦。勝馬は七夕賞4着のヒンドゥタイムズですが、斤量2キロ軽い状態で着差0.2秒付けられているので、能力差は出た印象。
栄特別 1着
12.7 – 11.4 – 13.1 – 12.9 – 12.3 – 12.3 – 11.9 – 11.6 – 11.3 – 11.7
スローからの持続力勝負。こちらも緩んでからの4F持続力勝負。

この2走の内容から、前半~中間緩んだ流れのロンスパ戦が得意な印象です。

1勝クラスで新潟2着となっていますが、この時も持続力勝負で瞬発力は求められず、相手関係的にも評価できるレースではないです。

今回斤量54キロですが、能力不足と適性違いで低めの評価です。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

ジナンボー

大阪杯 6着
12.9 – 11.7 – 12.3 – 11.9 – 11.6 – 12.1 – 11.7 – 11.3 – 11.2 – 11.7
スローの持続力勝負。イン前有利の展開と馬場で先行するも4着のカデナに着差0.3秒付けられました。有利を受けた割に離された内容なので、高い評価はできず、トップスピードも足りなかったと思います。
新潟記念(2019) 2着
12.7 – 10.9 – 11.3 – 11.7 – 12.0 – 12.5 – 12.0 – 11.3 – 11.1 – 12.0
ミドルペースの瞬発力勝負。内枠からインをロスなく先行し直線スムーズに外へ出しての2着。瞬発力勝負に対応できた点は評価しますが、立ち回りや斤量54キロの恩恵込みの好走だったと思います。

どちらかと言うと持続力タイプかと思いますし、トップスピードの質も足りないと思います。

今年は斤量56キロになるのでその点もマイナス。

ただし、昨年恩恵があったにせよ好走していますし、七夕賞はタフなレースで適性違い。

中間内容見ても状態は良さそうなので、完全軽視は若干怖いです。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

ピースワンパラディ

湘南S 1着
12.6 – 11.3 – 12.1 – 11.6 – 11.6 – 11.2 – 11.1 – 11.7
スローからの持続力勝負。稍重でしたが馬場はそこまで重くなく、Fロンスパ戦での勝利。持続力を高く評価できる内容でした。
精進湖特別 3着
13.5 – 13.3 – 12.7 – 12.5 – 12.4 – 12.4 – 12.0 – 11.1 – 10.6 – 11.5
ドスロー瞬発力勝負。上がり最速32.7秒を繰り出せていますが、エンジンの掛かりが遅いように見えました。確かに内先行馬が圧倒的有利な展開でしたが、ギアチェンが上手く効けば差し切れていたように思います。
青葉賞 3着
12.7 – 11.2 – 11.9 – 12.1 – 12.0 – 11.8 – 12.3 – 12.2 – 12.5 – 11.6 – 11.8 – 12.9
ミドルペースの瞬発力勝負。先行集団と追走集団が離れ、ピースワンパラディは4角6番手(追走集団の先頭)で5馬身ほど離されていました。そのまま前が残ったレースの中3着だったので、一見ポジションが影響したように見えますが着差は詰められていません。残り400mで追い出しましたが、伸びだしたのは200m手前です。つまりギアチェンが騎手の指示したタイミングで効かず、着差縮められなかったのだと思います。

湘南Sの5Fロンスパ持続力勝負で結果をだし、精進湖特別と青葉賞でギアチェン効かず差し遅れたところを見ると、この馬は持続力タイプの馬かと思います。

ギアチェン遅い馬は直線長い方が合いますが、瞬発力で置いて行かれる可能性もあるので、適性は違うと思います。

ただしトップスピードの質はある程度高いので、仕掛け次第では能力で誤魔化せる可能性はあります。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

ブラヴァス

新潟大賞典 4着
12.4 – 11.0 – 11.7 – 12.1 – 12.5 – 12.0 – 11.5 – 11.2 – 11.4 – 12.8
ミドルの持続力勝負。前傾戦でラスト1Fが結構掛かり最後はタフになったレースです。そのレースでラスト脚を伸ばして僅差の4着に粘り込めたのはタフなレースに適性があり、追い込めたのが後半で差し切れなかったのは、トップスピードの質が足りなかった為だと思います。
七夕賞 2着
12.6 – 11.9 – 12.1 – 12.4 – 12.3 – 12.1 – 11.8 – 12.1 – 12.2 – 13.0
ミドルペースの消耗戦。七夕賞らしく前傾ラップからタフな展開。この展開が大好物なクレッシェンドラヴ相手に着差0.2秒に迫る2着だったのは評価できますし、斤量差があったとはいえ、 クレッシェンドラヴよりもだいぶ外を回したロスを考慮すると強い内容だったと思います。

新潟大賞典と七夕賞のパフォーマンスから、持続力タイプで、タフなレースの方が合う印象です。

条件戦で上がり33秒台を計測していますが、何れも中間が緩んだ展開でした。

今回は中間緩まない流れの中、トップスピードの質が問われるので、適性は少し違うと思います。

好走するとしたら七夕賞のようなタフなレースか、新潟大賞典のような展開が望ましいですが、その展開はあまり期待できないので適性面の評価は低めです。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

プレシャスブルー

新潟大賞典 3着
12.4 – 11.0 – 11.7 – 12.1 – 12.5 – 12.0 – 11.5 – 11.2 – 11.4 – 12.8
ミドルペースの持続力勝負。ラスト4Fのロンスパ戦になり前有利の中後方10番手から上がり最速で追い込み3着。トップスピードの質と持続力を高く評価できる内容でした。
初富士S 1着
12.5 – 12.7 – 12.3 – 12.7 – 12.1 – 12.3 – 11.8 – 11.1 – 11.9
ドスロー瞬発力勝負。前半~中間緩み稍重の中山でしたが瞬発力が問われたレース内容。2着のトーセンスーリヤは新潟大賞典の勝馬ですが、楽に差し切りれた点で瞬発力は評価できる内容です。

これまでのレースを見る限り瞬発力やトップスピードの質は高いと思います。

前走の函館記念はタフさ×持続力勝負なので、トップスピードと瞬発力が売りのこの馬にとっては適性違い。

タフな馬場にも適性があり、差し馬場ならこの馬にとって追い風です。

想定17番人気で130倍なので、荒れる新潟記念なら妙味的にも狙いたい一頭です。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

メートルダール

新潟大賞典(2019) 9着
12.6 – 11.4 – 12.2 – 12.4 – 12.2 – 12.2 – 11.9 – 11.1 – 11.1 – 11.5
スローの瞬発力勝負。3着馬に着差0.7秒つけられる切れ負けです。

瞬発力勝負になったAJCCや2年前の新潟記念で好走しているので、ここと金鯱賞の凡走は評価できません。

能力の劣化を疑いたいですが、それ以降のレースは全て持続力勝負で適性違いだったので、凡走理由はハッキリしています。

適性違いの条件でそれなりに着順はまとめているので、条件替わりならまだ期待は残っていると思います。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

リープフラウミルヒ

クイーンS 7着
12.1 – 11.2 – 11.5 – 11.5 – 11.9 – 11.7 – 12.0 – 12.0 – 12.0
ミドルからの持続力勝負。着順ほど負けていませんが、同じく大外を回したビーチサンバに完全に切れ負けしました。

機動力+持続力を活かす競馬が得意なので新潟記念の舞台はプラスにはなりません。

トップスピードの質もクイーンSで敗れた通りなので、そこまで負けてはいないものの高い評価はできず。

また持続力勝負なら少し評価は上げられますが、瞬発力勝負が想定されるので適性面も低めの評価です。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

ワーケア

ダービー 8着
12.6 – 11.3 – 12.9 – 12.6 – 12.3 – 11.8 – 12.2 – 12.3 – 11.8 – 11.3 – 11.3 – 11.7
スローからの瞬発力勝負。好位のインで追走し直線もスムーズに追い出せましたが、伸び切れず凡走。道中折り合ってましたし、直線は失速ではなく切れ負け。なので、距離の問題ではなく瞬発力で劣ったと私は考えます。
アイビーS 1着
13.2 – 11.6 – 11.5 – 12.5 – 12.5 – 12.8 – 11.7 – 11.1 – 11.2
ドスロー瞬発力勝負。上がり最速33.3秒を計測しました。この日は重馬場でしたが、速い時計の出る馬場状態でした。この日の12R(2勝クラス)を勝ったレッドベルローズはスロー瞬発戦を上がり33.0秒で快勝。ただし昇級後は掲示板すら入れていません。つまり溜めたら溜めただけ時計が計測できる馬場状態でした。もちろん当時2歳馬のワーケアと4歳馬を比べるのは酷ですが、アイビーSに出走した馬は重賞では通用せず、ようやく1勝クラスを勝ち上がれるような馬が集まった低レベル戦でした。
ホープフルS 3着
12.6 – 11.5 – 12.4 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。スタート後挟まれ後方からとなり、機動力不足で追い込み3着でした。ただし機動力不足だけなら直線脚を余したように猛烈に伸びるはずですが、ヴェルトライゼンデとの差は詰められず、上がり3Fもヴェルトライゼンデより0.1秒劣っています。脚は最後まで衰えなかったので持続戦不足ではなく、中間流れた関係で追走でいっぱいになって後半の脚に影響したのではないかと推測します。

ホープフルSの推測ですが、ダービーのラップで確信に近づきました。

ダービーは前半スローですが、中間は比較的流れています。

なので追走力も求められたレースです。

ホープフルSで最後差を詰められなかったり、ダービーでキレ負けした原因は追走力だと私は思います。

新潟記念は速いペースで中間流れるため、追走力不足だとダービーのように弾けずキレ負けする可能性が高いです。

また、これまでの負かした相手が弱いので能力の裏付けも取れていない状態です。

溜めて弾けるタイプだと思うので適性違い。人気では手が出しずらいと思います。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:B
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG