新潟記念 2020 最終予想【難解!大混戦!】

お疲れ様です。

この記事では札幌記念の最終予想を行います。よろしくお願いします。

各馬細かい適性や能力に関する見解は全頭診断の記事で配信しているので、まだの方は下記リンクよりお願いします。

また危険な人気馬コーナーも行っています。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

求めれられる適性
①瞬発力
②トップスピードの質
③追走力

 

2.馬場傾向

内が荒れ外伸び傾向。

直線では内を開けて各馬ポジションをとっていました。

時計は昨年と比べると、標準から稍掛かっているレベルで高速馬場ではない

この場合、内枠の馬がスパイラルカーブの4角で中~外へ進路を求めるので、外枠の馬は弾かれロスになります。

ただ、今日の新潟外回り3戦とも8枠が馬券に絡んでいました。

ロスを考慮すると、真ん中あたりの枠がいいですが、騎手の腕や隊列なども頭に入れたほうがいいです。

 

 

3.展開予想

逃げ候補はウインガナドル。

ジナンボーも候補に入れようかと思いましたが、逃げ馬不在の大阪杯で逃げれず、前走も出遅れ気味でした。

昨年先行競馬で押し切って2着した実績もあり、無理に競り合って消耗するのは避けたいはず。(ただでさえ直線長いので)

となるとスロー~ミドルを想定します。

 

 

4.最終予想

◎ ウインガナドル

まず一番推せる材料は、単騎逃げが叶う条件であることです。

逃げを主張したい馬が他にいなく、強いて言うならジナンボーですが、この馬よりも外の枠を取れたのは幸いです。

外から被されるように絡まれるのが一番嫌でしたので。

トラックバイアスが外差しに向いているので、騎手意識も前には行きにくく、出遅れなければ楽に単騎スロー逃げが叶いそう。

外差し馬場と言っても、土曜の新潟外回りはスロー戦で前は普通に残っていました。

なので、出遅れor他馬に絡まれてペースが速くならない限り、展開>トラックバイアスという考えで残せると考えます。

状態面も良く、適性のある舞台で単騎逃げが叶う条件が揃ったので、2桁人気ですがここは本命に。

 

 

〇 カデナ

能力はG1で通用するものを持っていますし、昨年3着で舞台適性は問題ない。

前走の負けも全頭診断で話した通り度外視可能で、雨も降らないのなら好条件。

ただし展開と斤量を考えると、差し損ねるリスクはあるのでそのリスクを考慮して対抗評価。(展開>トラックバイアス)

 

 

▲ ゴールドギア

持続戦タイプですが、トップスピードの質+斤量53+外枠は魅力

恐らくラスト3~2F目で大幅な加速ラップが踏まれると思いますが、そこに対応出来れば脚は最後まで衰えないと思います。

展開がスローでも自ら動いていける馬なので、4角でロスしてでも早い段階からギアを入れてトップスピードに入れられれば、持ち味は出せると思います。

その為、外枠でスムーズに加速できるのはプラスです。

 

 

☆ メートルダール

今回の大穴。

得意条件は瞬発力勝負ですが、ここ最近は適性外のレースが続いています。

それでも着順はなんとかまとめていて、まだ自力は衰えていないと願います。

得意条件は瞬発力勝負だと思っていて、2年前の新潟記念同様にスロー瞬発力戦を想定しているので、条件は揃うと思います。

追い切り内容も良く、条件替わりで巻き返しに期待の大穴です。

 

 

5.買目

10.14 – 6.10.13.14 ワイドフォーメーション 5点
あくまで私自身の予想・買目になるので参考程度にお願いします。
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG