日経新春杯 2020 最終予想【1番人気に不安要素あり⁉本命は馬場を味方に付けられるあの馬から】

お疲れ様です。

この記事では日経新春杯の最終予想を行います。

細かい適性や能力に関しては全頭診断んでお伝えしましたので、そちらを参照ください。

日経新春杯2020 全頭予想【タフ馬場の京都で適性の高い馬は?】

 

1.馬場状態

現在の京都は時計の掛かるタフな馬場です。

基本的に内先行有利は変わらずですが、ペース次第では外の差しも届く馬場へなってきました。

展開次第でガラッと変わる馬場ですが、それでもラチ沿いは伸びているので、その点は踏まえて予想をしていきます。

 

 

2.展開予想

恐らく逃げるのはサイモンラムセスだと思います。

この馬は極端に大逃げする可能性もあるので、その点は頭に入れておきたいです。

この馬が休み明けで無理しないようなら、エーティーラッセンかロードヴァンドールが端を主張してくるでしょう。

この3頭の枠が外目に並んでしまったので、端争いするようならハイペースもあり得ます。

個人的な結論ですが、スローの線は薄く平均~ハイペースで流れると予想して、強力な先行馬と差し馬中心に馬券を組み立てていきます。

 

 

3.最終予想

◎ レッドレオン

現在の京都馬場に一番合う馬です。

タフな馬場は向きますし、内先行有利で3枠確保は絶好枠です。

位置取り的にはサイモンラムセス、エーティーラッセン、ロードヴァンドールの後ろインコースにつける感じでしょう。

この3頭がハイペースにしたときに付いていかなければ問題ないと思っています。

仮にサイモンラムセスが単騎大逃げを仕掛けたとしても、展開向くのは離されて追走する先行集団ですから問題ないでしょう。

しがらき帰りで追い切り見ても力は出し切れる状態だと判断したので本命とします。

ただしソラを使う場面が若干見られますので、その辺の甘さで頭取りこぼす可能性もあると考えてはいます。

不安点は1つだけ。鞍上が北村友一騎手です。今年まだ勝鞍なく不調続きです。

 

 

〇 タイセイトレイル

平均からハイペースになったとき後方差しで評価したいのはこの馬。

戸崎騎手の好騎乗があったとはいえ出世レースのアルゼンチン共和国杯で2着の実績もあり実力上位

タフな馬場は札幌開催やタフだったグリーンSやサンシャインSで好走歴があるので問題ないでしょう。

ここ最近後方一気が目立ちますが、先行中団からの競馬もできるのでポジション次第では勝ち負けまであると思います。

枠も丁度良く内の先行馬はレッドレオンだけなので、この馬に付ける形でポジションが取れれば理想です。

 

 

▲ レッドジェニアル

高橋義忠厩舎で武豊乗り替わり

これは去年このレースで同じ高橋厩舎のメイショウテッコンが武豊に乗り替わったときと同じパターンです。その時メイショウテッコンは+10キロで太め残しの叩き台でした。

つまり今回のレッドジェニアルも叩き台の可能性が高く、実際に陣営も「目標はまだ先で完調手前」と言っています。

ただし追い切りは評価に値する内容。仕上がりとしては7~8割だと個人的に判断しています。

この仕上がりで勝ち負けするかと問われると、適性は高いですが能力が抜けて強いわけではないので、今回は叩き台ということで評価は下げたいと思います。

ただし鞍上と枠、7~8割程度の仕上がりを評価して3番手評価。

軸で考えている人は、当日の馬体重に注目したほうが良いかもしれません。

 

 

△ サトノガーネット

全頭診断で離した通り瞬発持続ともに対応できるバランスタイプなのでそれなりの評価はします。

前走の2000mで追走力が低いことがわかったので距離延長は向くと思う。その点も踏まえ京都外回り適性はある程度あると思います。

ただし、ここまで大外ぶん回しの後方一気競馬をやってきた馬なので、今回それで通用するかと問われるとまず厳しいです。

展開とポジション一つで頭まで取れる能力はあると思いますが、条件的に厳しめなので今回は紐の扱いに留めます。

 

 

△ メロディーレーン

全頭診断で伝え忘れましたが、この馬坂が苦手で坂路調教でも動きません

その点京都替わりは向くと思いますし、京都と言えば菊花賞5着の成績もあります。

後方からなのは間違いないので、枠を行かしてインを突ければ展開次第でチャンスありといった評価です。

 

 

△ モズベッロ

出遅れるかどうか。それ次第だと思います。

出遅れたらハイペースで展開が味方するのを待つしかないですが、他にも後方待機の強力な差し馬がいるので、スタートが順位にそのまま影響しそうです。

私は抑えの評価が妥当かと思います。

 

 

☆ マスターコード

持続ラップに適性が高く展開次第では一発のありそうな穴馬。

タフな馬場は熟せますし、京都2400m(1-1-0-0)と舞台適性もある。

内枠も確保できた点もプラスです。

上位馬との差を縮めるには位置取りでカバーしたいところなので幸さんの腕次第。

>馬ノスケの予想理論を格安で販売中!

馬ノスケの予想理論を格安で販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「レース歴とその内容」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しております。
価格も負担になりにくい税抜きワンコイン以内で設定し、中身の詰まった内容をお届けしています。

主に初心者~中級者へ向けた、競馬予想における回収率向上を目的とした内容となっていますので、興味のある方はご検討いただけると幸いです。

CTR IMG