オークス 2020 最終予想【本命は3強以外から!】

お疲れ様です。

この記事ではオークスの最終予想を行います。よろしくお願いします。

各馬細かい適性や能力に関する見解は全頭診断の記事で配信しているので、まだの方は下記リンクよりお願いします。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

下記リンクより詳しく説明しています。

近年は中間12秒台前半と速い流れから、ラスト4.5Fで持続力が問われる傾向。

 

 

2.馬場状態

週中雨が降りましたが良馬場開催で、相変わらずの高速馬場。

内外フラットで展開次第では外差しも決まる傾向でした。

全体的に上がり勝負となりやすい土曜の馬場傾向でした。

 

 

3.展開予想

スマイルカナの単騎逃げを想定しています。

逃げないと自滅するタイプなのは陣営も鞍上もその点は理解していると思うので、この大舞台は是が非でも逃げると思いますし、他もそれをわかってると思うので、無理に端争いを仕掛けて消耗するなら、先行集団で追走がベターだと思います。

どの馬も距離延長ですし、無理はしてこないと思います。

想定は平均前後のペース。

中間12秒台前半、1000m通過60秒台前半辺りのペースで逃げると思います。

仮に距離を考慮して前半スローに落としても、ラスト4.5Fで後続に脚を使わして持続力勝負に持ち込むスマイルカナの好走パターンにはめてくると思うので、平均ペースからの持続力勝負を想定します。

 

 

 

4.最終予想

 ◎ ミヤマザクラ

滅茶苦茶悩みましたが、こちらを本命に取ります。

まず前走の桜花賞でクラヴァシュドールの不利は有名な話ですが、ミヤマザクラも致命的なところで大きなロスをしています。(全頭診断で解説)

それでいてクラヴァシュドールと0.1秒差、スマイルカナと0.3秒差まで詰められた点は大きいですし、十分強い内容だったと思います。

スローからの瞬発力勝負ならポジションを取らない限り多分切れ負けしますが、今回展開を中間12秒台前半からの4.5F持続力勝負と想定しているので、その点もこの馬にはベストな展開ですし、テンも速いので良いポジションで運べると思います。

追い切り見ても状態良く、折り合い面やこれまでの内容から距離延長は歓迎でしょう。

 

 

 〇 クラヴァシュドール

悩んだ末の対抗評価。

まずは絶好枠ですね。内側がデゼルなのでスタート出れば楽にポジションを確保してコーナーに入れるため、1枠という見た目以上にプラス要素が大きいと思います。

折り合い面も優秀でストライドのゆったりした走法なので距離も熟せると思います。

対抗評価に下げた理由は当日の状態不安。

チューリップ賞の時は結構入れ込んでいて、ゲートがいつもより若干遅くなっていました。

結構入れ込むことが多いようで、一度経験している長距離輸送とは言え不安は残ります。

また鞍上がミルコなので、入れ込みも合わさって最悪中団からの競馬も想定しての評価下げです。

ただ不安視していた状態面は問題なく、調教後馬体重はしっかりプラス馬体に回復し追い切り内容も良かったので状態面は大丈夫でしょう。

勝ち切るイメージはないですが2.3着なら十分可能性は高いと思います。

 

 

 

 ▲ デアリングタクト

揉まれ弱い馬なので内枠は個人的にマイナス視しています。

変に出して揉まれるなら馬のリズムで走って直線外に出す競馬に徹したほうがいいと思いますし、松山君もそういうタイプの騎手なので後方競馬になると予想しています。

となると土曜の馬場傾向がフラットになった点は非常にプラスです。(日曜も継続されるかはわかりませんが)

ただしある程度のロスは考慮しなくてはいけない点と、超ピッチ走法で馬場を叩いて掻くような走法なので、高速馬場への対応とラストまでスピードを維持できるかという点は課題だと思います。

これらのことが頭にあるので、今回は3番手評価とします。

 

 

 ☆ ホウオウピースフル

フローラSの内容はオークスに近いものがありましたし、距離延長も向く内容。

鍵となるのは折り合い

フローラSでも行きたがっていたように折り合い面に難のあるタイプ。

距離延長で折り合いを欠くと致命的なので、その点テン乗りで内田さんなのはあまり良くは思えない。

ただ先行力もあり前走の内容は非常に強い内容なので、先行して折り合いさえ問題なければ穴を開ける可能性はあると思います。

 

 

 ☆☆ マルターズディオサ

恐らく前走大敗やワンパンチ欠ける点、大外枠ということで人気を落としていると思います。

ただ阪神JFやチューリップ賞ではクラヴァシュドールより強い内容なので単純に評価して良いと思います。

桜花賞の大敗は道悪が影響したのか、道中掛かってばかりで消耗が激しかった点と体調が万全でなかったことが敗因。

もともと折り合いを欠くタイプではないので、前走の内容は度外視可能ですし、折り合いだけで言ったら距離延長という点はプラスに捉えて良いです。

 

 

 △ デゼル

スタートは上手くないのでレーンですが後方競馬になるでしょう。

馬場状態がフラットになって上がり勝負の馬場になったのは救いですね。

前走の末脚は持ちタイム以上に評価できる内容ですが、ドスローの瞬発力競馬で末脚が爆発したので、今回流れた展開で脚が溜まらず不発。もしくは持続力不足で伸び足りなくなる可能性もあります。

ただ中2週の状態不安はなく、中間もかなり攻めてきてるのでその点は問題ないと思います。

 

 

 △ ウインマリリン

スロー瞬発力勝負なら厳しいと思いますが、流れた展開からの持続力勝負ならチャンスはあると思います。

ただテン乗りの典さんなので、中団より後ろの競馬も想定できます。

積極的に出していければ話は変わりますが、控える可能性のほうが高いと思ってます。

 

 

 △ スマイルカナ

全頭診断で話した通りマイラーだと思いますが、高速馬場を活かして後続に脚を使わせる展開に持ち込めば残す可能性はあるかもしれません。

枠も問題ないですし他に逃げたい馬もいないので、自分のペースで逃げられる点は非常にプラスです。

 

 

 △ リアアメリア

土曜の馬場が上がり勝負の馬場になっていたので急遽抑えまで。

脚が溜められない展開を想定しているので、末脚不発になる可能性も考慮していますが、折り合って対応してきた場合東京の高速馬場でこの馬の末脚は怖いので抑えます。

ハマれば頭まで。

 

 

 △ サンクテュエール

土曜の馬場傾向がそのままなら買えませんが、前有利の馬場に戻るならこういった立ち回り型の馬は外枠でも抑えます。

能力評価はしていないので、当日の馬場傾向次第では切ります。

>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG