オールカマー 2020 全頭診断【展開や馬場次第で大きく変わりそうなレース】

お疲れ様です。

この記事ではオールカマーの全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

展開から想定される求められる適性
①持続力+スタミナ
②後方の馬は機動力
③追走力
例年通りの適性
①前の馬はギアチェンジの質(瞬発力)
②後方の馬は機動力+持続力
③トップスピードの質

※今回は前者の適性を優先で評価していきます。

 

2.総合S評価成績

 

 

3.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

あくまで枠順や追い切り確認前の私個人の評価ですので参考程度までに。

評価の内容
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価
A評価は高いが抜けてはいない
B可もなく、不可もなく
C低評価
能力または適性が未知数

※除外対象馬に関しては確定次第追記します。

 

アウトライアーズ

小倉記念 3着
12.0 – 10.8 – 11.3 – 11.8 – 12.2 – 12.2 – 12.0 – 11.5 – 11.7 – 12.0
ハイペースの持続力勝負。後方に大きく向いた展開で、後方から大外を通って追い込み3着。機動力も行きましたが末の質は評価できる内容です。ただし展開利の好走なので強い内容ではない

今年の七夕賞は苦手な道悪で荒れた内側を通ってしまった為度外視可能。

この馬は機動力+持続力タイプで、後方から捲っていくようなタイプ。

なので機動力を活かせる福島や小倉での成績はそれなりに着をまとめています。

ただしテンが遅いため展開利は必要で、前走の小倉記念がまさにそれでした。

今回は機動力を活かせる舞台ですが、後方からまとめて交わすには、相手関係が強くなる上に前半スローになりやすいコース形態。

馬場が外差しに一変し、良馬場開催で中団に付けられればチャンスですが、それを望むには条件が厳しいと思います。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

オウケンムーン

セントライト記念 5着
12.4 – 10.9 – 12.3 – 12.4 – 12.9 – 12.0 – 11.5 – 11.2 – 11.6 – 12.3 – 12.6
ミドルペースの消耗戦。後方からの競馬となり展開利で追い込んだ5着といった内容。追走力や機動力を評価できる内容でもなく評価としては難しい

長期休養明けで適性に変化がある可能性は高いですが、共同通信杯やセントライト記念の内容から機動力のいらない舞台が合う印象です。

先行力もイマイチで、今回初の古馬混合ですし能力的にも足りないので今回は低めの評価です。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

カレンブーケドール

紫苑S 3着
12.2 – 11.1 – 12.2 – 12.3 – 12.7 – 11.8 – 12.0 – 11.5 – 11.0 – 11.5
スローからの瞬発力勝負。1.2着はパッシングスルー、フェアリーポルカと瞬発力勝負を得意としない格下相手にキレ負けする内容。
秋華賞 2着
12.3 – 10.7 – 11.6 – 11.8 – 11.9 – 12.7 – 12.5 – 12.0 – 12.3 – 12.1
ハイペースの持続力勝負。後半タフな持続力勝負でクロノジェネシスには負けましたが、タフさや持続力は評価できる十分な内容だったと思います。

秋華賞や紫苑Sの内容から、この馬は持続力タイプだと思います。

タフな馬場での好走歴もあり、週末の天気や馬場にも左右されないと思いますし、タフな持続戦の適性は高く評価します。

ただし7ヶ月空いているので状態面は注目です。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

クレッシェンドラヴ

七夕賞 1着
12.6 – 11.9 – 12.1 – 12.4 – 12.3 – 12.1 – 11.8 – 12.1 – 12.2 – 13.0
ミドルペースの消耗戦。トラックバイアスが外差しに向いたなか内枠からでしたが、上手く悪い馬場を避けながら乗った好騎乗もあったと思います。それでも2着のブラヴァス(新潟記念1着馬)相手に着差0.2秒付けられたのは、能力と適性の高さだと思います。
福島記念 1着
12.3 – 11.3 – 11.5 – 12.1 – 12.0 – 12.3 – 12.1 – 12.1 – 11.7 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。七夕賞で負けたミッキースワローを下しての勝利ですが、この時ミッキースワローは斤量58.5キロ、2着のステイフーリッシュは57.5キロ、クレッシェンドラヴは斤量55キロだったので、斤量的な有利はありました。ただそれでも着差0.2秒離しているので、上位3頭は能力が抜けていた印象です。

七夕賞や福島記念の内容から、タフ寄りの持続力勝負の適性は高いです。

ただし、ゲート難があるのでその点は割引。

昨年のオールカマーはトップスピード戦になったので度外視できますし、タフな展開になれば好走可能かと思います。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

 

サンアップルトン

日経賞 4着
6.9 – 11.2 – 11.7 – 12.9 – 12.6 – 13.2 – 12.7 – 12.0 – 11.3 – 11.8 – 12.4 – 11.7 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。テンが遅く置いて行かれ、結果的に差し届かないレース内容でしたが、負けた相手は天春の2.3着と宝塚3着馬なので、十分能力の高さは示したと思います。

日経賞の内容は持続力や機動力を評価できる良い内容だったのですが、追走力や先行力の低さは目立ちます

後半タフになるにしても中間の追走力は必要ですし、スローで後半スピードが求められたらタフさに適性が寄っているので後方からだと差し切れない可能性が高いです。

あとは休み明けなので動くかどうか。追い切りにも注目です。

能力面は評価しているので、追い切り内容とオッズ妙味次第で印は考えます。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

ジェネラーレウーノ

セントライト記念 1着
12.4 – 10.9 – 12.3 – 12.4 – 12.9 – 12.0 – 11.5 – 11.2 – 11.6 – 12.3 – 12.6
ミドルペースの消耗戦。中間の速いペースに対応し番手から抜け出しての勝利。レイエンダにも着差0.2秒離した内容で、追走力・機動力・持続力・タフさにおいて高く評価できる内容だったと思います。

ピッチ方法ですが、消耗戦になったセントライト記念や皐月賞で好走しているように、かなりスタミナに寄ったタイプだと思います。

今回単騎逃げが叶うメンバーなので、道中の下り坂辺りで速めていって後半タフな展開に持ち込めれば十分やれると思います。

その点で言うと、先週のバビットのような逃げがベストです。

あとは長期休養明けなので、状態面のチェックはしたいですね。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

ステイフーリッシュ

AJCC 2着
12.8 – 12.0 – 12.9 – 12.3 – 12.4 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 12.1 – 12.1 – 12.5
スローの持続力勝負ですが、馬場悪化で後半はタフな展開になりました。3.4着馬が不利を受けた中の2着ですが、外伸びの馬場を荒れた内で粘れた内容は評価して良いと思います。

好走条件はタフな持続力勝負や消耗戦。馬場が渋っても問題ありません。

その展開なら前目からしっかり粘り込めるので、展開次第では前残りに期待できますが、トップスピード戦になったら切れ負けすると思います。

良馬場開催でも、トラックバイアスが前に向くなら抑えておきたい馬だと思います。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

 

センテリュオ

マーメイドS 2着
12.4 – 11.2 – 12.7 – 12.5 – 12.0 – 12.1 – 11.7 – 11.4 – 12.2 – 12.9
ミドルペースの消耗戦。内のバイアスが強かったレースで、中団後方からのインベタ競馬で直線もそのままインをつく内容残り100m辺りで伸び2着になった辺り、外を回していたらロスを考慮すると届かなかったと思います。

ギアチェンジが遅い典型的な持続力タイプ。

機動力は低いと思うので、前走のようにある程度ロスを省く競馬はしたいです。

タフな展開は大丈夫ですが、個人的には広いコースのトップスピード寄りの持続力勝負がベストかと思います。

先行力と機動力がないので、後半追い込み切れないような形になると想定しています。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

ミッキースワロー

オールカマー 2着
12.6 – 11.2 – 12.8 – 12.6 – 12.6 – 12.2 – 12.2 – 11.8 – 11.2 – 11.0 – 11.8
スローからの瞬発力勝負。中間も緩み上がり最速33.4秒と、後半でトップスピードの質も求められたレース内容。その上がり最速を計測し、しっかり後方から機動力を活かして差し切れたのは評価できる内容です。
AJCC 4着
12.8 – 12.0 – 12.9 – 12.3 – 12.4 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 12.1 – 12.1 – 12.5
スローの持続力勝負。馬場悪化により後半時計の掛かる展開でした。4角で後退してきた馬の不利をモロに受けて、ラストドラフトと一緒に外へ膨れてしまいました。ミッキースワローより外を回したラストドラフトに差されましたが、4角で捲ってきたミッキースワローは不利馬の影響でブレーキがかかっています。逆にラストドラフトはブレーキは入らず外へ膨れる不利だけで済んでいます。つまり、捲り途中にブレーキを踏むことになったミッキースワローの方が不利が大きいです。着順に関しては度外視可能です。

トップスピード戦でも戦えますし、タフな展開になっても戦えるタイプなので、今回展開に左右されないのは強みです。

適性的にも中山巧者なのは明確で、機動力と持続力に優れた中山向きのタイプかと思います。

ただし良馬場がベストなのは間違いないので、その点週中の雨量や先週の馬場に加え、週末の天候が大きく影響する可能性もあり、今回はS評価見送りとしました。

適性評価:A
能力評価:S
総合評価:A
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG