大阪杯 2020 全頭予想【求められるのはスピード+持続力+先行力】

お疲れ様です。

この記事では大阪杯の全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

併せてLINE@の友達募集しています!

こちらでは無料で平場の推奨馬や買目など配信していますので、下記リンクより是非ご登録お願いします。

友だち追加

 

 

 

1.コース解説・ラップ分析

大阪杯 2020【コース解説・ラップ分析・過去10年の買い&消しデータ】

こちらのリンク先で詳しく配信しています。

 

 

2.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

※枠順や追い切り確認前の評価です

 評価の内容総合評価
能力単純な能力評価 
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価 
   
Sメンバー内で抜けていると評価1着まで期待できる
A評価は高いが抜けてはいない馬券内の期待値が高い
B可もなく、不可もなく紐~3列目後補
C低評価消し候補
能力または適性が未知数 

 

カデナ

中山金杯 11着
12.6 – 11.1 – 12.8 – 11.7 – 12.0 – 11.8 – 11.7 – 11.7 – 11.4 – 12.7
スローからの持続力勝負。凡走の理由は展開が向かず圧倒的先行馬有利の展開になったことです。全頭の上がりタイムを見ればわかりますが、掲示板以内の馬から上がり3位以内の馬はいません。そして後方から上がりが使えた馬は全く勝負にならなかった。そんなレースです。これでは上がり最速を計測したカデナでもまず無理なので、着順に関しては無視して良いと思います。

小倉大賞典 3着
12.2 – 11.6 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 12.1 – 12.0 – 11.9 – 12.0
ミドルペースの持続力勝負。差し有利の展開+外差し馬場の恩恵はありましたが、展開次第では終いの脚は確実なことはわかりました。

小回りの持続力勝負やペースが流れた競馬を経験しているのでその点はプラスですが、この舞台は先行有利になりやすく、端から飛ばす馬もいないので展開は味方しなさそうです。

中山金杯のように上がりは使えたけど負けてしまうような展開になる可能性が高いので、展開待ちか積極的に好位からの競馬をするしかないですが、カデナに積極策を求めるのは厳しい気がします。

 

適性評価:B

能力評価:B

総合評価:B

 

 

クロノジェネシス

桜花賞 3着
12.2 – 11.1 – 12.1 – 12.3 – 11.7 – 10.8 – 11.0 – 11.5
ドスローからの瞬発力勝負。直線馬郡の中にいた影響で抜け出しに遅れるが、抜けてからはキレ味十分の上がり32.9秒。強い内容の3着だったと思います。

エリザベス女王杯 5着
12.7 – 11.6 – 13.3- 12.7 – 12.5 – 12.8 – 12.3 – 11.6 – 11.5 – 11.4 – 11.7
スローからの持続力勝負。直線の進路カットと2~5着まで混戦だったことを考えるとスムーズだったら馬券内に好走していた可能性。

京都記念 1着
13.0 – 11.4 – 12.4 – 12.3 – 12.0 – 12.6 – 13.1 – 12.7 – 12.4 – 12.2 – 12.3
ミドルペースの持続力勝負。超ピッチ走法で道悪のタフな馬場も熟しました。

成績を見ても時計の掛かった秋華賞と京都記念で1着。時計の出る馬場だった阪神JF、桜花賞、オークス、エリ女は(0-1-2-1)と勝ち切れていません。恐らく超ピッチ走法なことが原因かと思います。

今週は晴れ予報なので馬場は渋りそうにないですが、時計が掛かる馬場であればそれだけ評価は上がります。

また道中からのペースアップ→持続力勝負に対応できるかが鍵となりますが、京都記念は中間緩み過ぎですし、秋華賞はラスト4Fからペースアップをしています。

スピード勝負で参考になるのはオークスですが、この時内枠から完璧な立ち回りで直線伸びを欠いて3着だったことを考えると、今回想定される5F目からのペースアップに対応できたとしても、オークスの内容と超ピッチ走法なことを踏まえると直線で伸びを欠く可能性はあります。

ただし時計の出る馬場だった場合でも、瞬発力+持続力どちらも熟せるバランスタイプの馬は軽視禁物です。

 

適性評価:B

能力評価:A

総合評価:A

 

 

 

サトノソルタス

金鯱賞 2着
12.9 – 11.8 – 13.2 – 13.0 – 12.7 – 12.4 – 11.8 – 11.2 – 11.1 – 11.5
ドスローの瞬発力勝負。3番手好位追走の完璧な立ち回り。展開も味方したので強い内容ではない。

ノーベンバーS 1着
13.4 – 11.6 – 11.7 – 11.9 – 12.4 – 12.1 – 11.9 – 11.2 – 11.1 – 11.7
ドスローの瞬発力勝負。相手関係や展開含め評価できる内容ではない。

基本的にスローの瞬発力勝負が得意条件なので、今回の持続力勝負+スピード勝負は分が悪いです。

またこの馬は体質が弱い馬でレース後の反動が大きいとのことです。

実際に休み明け(1-2-0-0)、叩き2戦目(0-0-1-3)と成績からも明白。

今回は金鯱賞から中2週なので、この馬の好走パターンには該当しません。

狙いたい人は追い切り内容と当日の馬体重は最低限確認したほうが良いと思います。

 

適性評価:C

能力評価:B

総合評価:C

 

 

 

ジナンボー

小倉大賞典 3着
12.2 – 11.6 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 12.1 – 12.0 – 11.9 – 12.0
ミドルからの持続力勝負。外枠ですが楽にポジション確保し好位からの競馬。4角で先頭に立つも直線2頭に交わされ、カデナとは着差0.3秒離される内容でしたが、後方有利の展開を先行勢で唯一粘り残しており、休み明け+20キロの前哨戦仕上げ。内容としては一番強い競馬だったと思います。

ジャパンC 13着
12.8 – 11.3 – 12.3 – 12.2 – 11.7 – 12.2 – 12.1 – 12.0 – 12.1 – 12.4 – 12.2 – 12.6
そもそも距離が長く、道悪+外枠+内有利の馬場状態だったことを踏まえると度返し可能

この馬の距離適性の話ですが、東京2400mで行われた南武特別では好位からの競馬でしたが、ラスト1Fでこの馬だけ失速しているように2400mでは距離が長かったです。

今回距離は1F延長の2000mですが守備範囲ですし、小回り+持続力+流れた展開は小倉大賞典で強い内容で好走しています。

また今回先行有利の舞台で逃げ馬不在と、前半スロー濃厚なので、逃げor先行できるこの馬にとって展開も向きます。

前走とジャパンCで人気を落とすなら、穴として十分狙えると思うので1発に期待します。

 

適性評価:A

能力評価:B

総合評価:B

 

 

ステイフーリッシュ

福島記念 2着
12.3 – 11.3 – 11.5 – 12.1 – 12.0 – 12.3 – 12.1 – 12.1 – 11.7 – 12.1
ミドルペースからの持続力勝負。勝馬と着差0.2秒ですが斤量差2.5キロを考えると十分な内容です。3着のミッキースワローは同コースで開催された七夕賞の勝ち馬ですが、斤量が1キロ軽かったとはいえこの馬に抜かせなかった点は評価できます。

函館記念 3着
12.7 – 11.7 – 11.9 – 11.7 – 11.8 – 11.9 – 12.0 – 12.0 – 11.6 – 12.3
マイスタイルがミドルペースで引っ張るタフな流れの持続力勝負。57.5キロを背負った状態でタフな流れの中、持続力を活かし最後まで足が止まらなかった点評価できるレースです。

鳴尾記念 3着
12.5 – 11.5 – 12.2 – 12.2 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 11.5 – 11.5 – 12.3
こちらも函館記念のようなタフな流れの持続力勝負を休み明けながら3着と好走しています。

京都記念 3着
13.0 – 11.4 – 12.4 – 12.3 – 12.0 – 12.6 – 13.1 – 12.7 – 12.4 – 12.2 – 12.3
ミドルからの持続力勝負。離された番手競馬。直線でクロノジェネシスとカレンブーケドールに交わされました。斤量差があったとはいえ着差離されたので、ここは能力差と見るのが妥当ですが、持続力勝負では崩れないですね。

基本的に先行して持続力で粘るタイプ。なのでこの舞台の適性は評価できます。

早い流れも函館記念や鳴尾記念で経験済みなのでその点もプラスです。前走で力関係はハッキリしましたが、適性はあるので人気がなくても軽視禁物な馬だと思います。

 

適性評価:A

能力評価:B

総合評価:B

 

 

ダノンキングリー

皐月賞 3着
12.3 – 10.5 – 12.0 – 11.8 – 12.5 – 12.1 – 12.2 – 11.7 – 11.6 – 11.4
ミドルからの持続力勝負。瞬発力ラップにも見えますがラスト6Fからゴールまで加速ラップが刻まれたので持続力勝負です。ダノンキングリーはインで脚を溜め直線もインに潜り込み着差なしの3着。戸崎騎手の好騎乗あっての着差だったと思います。

マイルCS 5着
12.5 – 11.2 – 11.6 – 11.9 – 11.6 – 11.5 – 11.0 – 11.7
稍スローからの持続力勝負。スタートで若干後手を踏みましたが追い上げ中団インを追走。直線もインを突きましたが伸びを欠いて5着。敗因は伸びない内+稍時計の掛かる馬場だったこと+テンで脚を使ったこと。ダノンキングリーはマイルCS以前に時計の掛かるタフな馬場を経験しておらず、好走時は何れも速い時計の出る馬場状態でした。このことから高速馬場巧者だと推測します。

中山記念 1着
12.4 – 11.8 – 11.8 – 11.8 – 11.5 – 11.7 – 11.9 – 11.3 – 12.1
ミドルの瞬発力勝負。離れた3番手追走から直線抜け出し快勝。2着ラッキーライラックには着差0.3秒離したが上がりは同タイム。つまり位置取りと枠の差が出ただけで、力関係はまだハッキリしていない点には注意

速いペースや持続力勝負には対応可能。能力も申し分ない。素直に本命候補です。

不安点は2つ。
①このレース関東馬が成績を残せていない点
②前哨戦に強い萩原厩舎。

特に②に関しては、ダノンキングリー自体前哨戦となった毎日王冠、中山記念、共同通信杯で強い勝ち方をしています。そして本番は(0-1-1-1)と勝ち切れていません。

本番の方が相手関係が強くなるので成績落ちるのが当たり前ですが、ダノンキングリーはこの傾向が強く出ていますし、厩舎もそういう特徴なので、プラスには捉えられません。

追い切り内容には要注目です。

 

適性評価:A

能力評価:S

総合評価:A

 

 

ブラストワンピース

優勝したAJCC、札幌記念、有馬記念には共通点があります。

それはある程度上がりの掛かるレースだったということ。

つまりこの馬はタフで上がりの掛かる馬場でこそ力を発揮する馬です。

また距離延長時は(1-0-0-4)に対し短縮時は(4-0-0-1)なので距離短縮の今回はプラス材料。

次に昨年の大阪杯を考察していきます。

大阪杯 6着
12.6 – 11.1 – 12.7 – 12.7 – 12.2 – 12.4 – 11.8 – 11.4 – 11.6 – 12.5
スローの持続力勝負。ラップ云々抜きに単純に馬場差が明暗を分けたレースでした。このレースは内を回ったアルアイン、キセキ、ワグネリアンで決着し、外を回したブラストワンピースとペルシアンナイトは伸びを欠いて掲示板以下

ちなみにこの後ブラストワンピースもペルシアンナイトも重賞で好走しますが、そのペルシアンナイトより伸びて勝馬と着差0.3秒まで詰めたことは高く評価できます。

ただ昨年の大阪杯は馬場がタフだったので、その点今年とは馬場が違うので注意が必要です。

適性面ですが持続力はあります。むしろ瞬発力勝負では不向きな馬ですが、+スピードが要求されるので適性とは少し外れています。馬場がタフになれば評価を上げますが、時計の出る馬場なら抑えまでと言った評価です。

 

適性評価:B

能力評価:A

総合評価:B

 

 

マカヒキ

ジャパンC 4着
12.8 – 11.3 – 12.3 – 12.2 – 11.7 – 12.2 – 12.1 – 12.0 – 12.1 – 12.4 – 12.2 – 12.6
ミドルペースの持続力勝負。後方インで脚を溜めて直線弾けた内容。追走経路が完璧だったので直線弾けたのも頷けます。内容としては平凡。

この馬の得意条件の話ですが、過去3年で馬券内を確保したレースが京都記念と札幌記念、加えて4着だった大阪杯とジャパンCには共通点があり、どのレースも時計の掛かる馬場だったということ。

つまり時計の掛かる馬場や道悪などパワーが要求されるレースでこそ力を発揮する馬です。

昨年の大阪杯では最内枠から終始インを回して直線で外に出す内容。上がり最速を使って4着と負けはしましたが、ペースへの対応はできました。

ただブラストワンピースで述べたときと同様、昨年の馬場は時計が掛かっていて、且つ内有利でインを追走したので、かなり好走条件の揃ったレースでした。

馬場次第では昨年ほどのパフォーマンスは出せないと思うので、その点は注意が必要です。

 

適性評価:B

能力評価:B

総合評価:B

 

 

ラッキーライラック

エリザベス女王杯 1着
12.7 – 11.6 – 13.3 – 12.7 – 12.5 – 12.8 – 12.3 – 11.6 – 11.5 – 11.4 – 11.7
スローの持続力勝負。内有利の馬場状態で最内枠からインを追走、直線もインを突く競馬で枠や馬場には味方されましたが、上がり最速32.8秒で着差0.2秒付けたので文句なしの内容です。

中山記念 2着
12.4 – 11.8 – 11.8 – 11.8 – 11.5 – 11.7 – 11.9 – 11.3 – 12.1
ミドルの瞬発力勝負。道中離れた4番手で追走し2着。3番手追走のダノンキングリーにはラスト3F地点で約3馬身差。そしてラスト3Fの上がりタイムがダノンキングリーと同タイムの34.2秒。つまりこの2頭に関しては枠と位置取りの差が明暗を分けたレースでした

ちなみに着差は0.3秒。1馬身0.1~2秒と言われているので、枠と位置取りが逆か同じなら恐らく勝てていた内容です。ただこれはあくまで理論上の推測にすぎませんが。

またラッキーライラックは右回りの直線で内にもたれる癖が以前ありそれが致命的でしたが、中山記念では急坂でもまっすぐ走っており、成長が感じられるレースで前哨戦としては十分な内容です。

適性面ですが、エリザベス女王のラップが大阪杯と似ており(前半緩む→道中ペースアップ→持続力勝負)このラップに対応して上がり最速を出せた点と、エリ女は緩み過ぎですが中山記念の道中11秒台のペースに対応できた点で、大阪杯の適性も高いと思います。

恐らく前走のレースからダノンキングリーが人気すると思いますが、中山記念では力関係ハッキリしていないと思っていますし、斤量もキングリーと2キロ差に広がるので逆転まで期待したいです。

あとは内枠取れれば完璧。

 

適性評価:A

能力評価:S

総合評価:S

 

 

レッドジェニアル

得意条件は京都の持続力勝負。持続力が求められる大阪杯では適性は低くないです。

過去に阪神で走ったアザレア賞では4着でしたが、終始外を回し道悪で内有利の馬場。上がりは使えており3着馬を捉える勢いはありました。

ダービーでも前有利の後方競馬で展開不向き。それでも上がり2位を使えていたりと決して弱い競馬で負けたわけではありません。

前走の日経新春杯でも陣営が完調手前と言っていましたが上がり最速を計測。着順は落としましたが出遅れ後方競馬だったので展開負けです。

このように負け方が弱いわけではなく、終いの脚は伸ばしてくる馬なので完全軽視は少し危ないかもしれません。

ただ出遅れ癖や能力面で全く通用しない可能性もありますし、ベストは京都なのでその点で割引は必要です。

それと阪神2000mは忙しいかも。

 

適性評価:C

能力評価:B

総合評価:B

 

 

ロードマイウェイ

ポートアイランドS 1着
12.5 – 10.6 – 11.2 – 11.5 – 11.6 – 11.7 – 11.2 – 12.4
ハイペースの持続力勝負。速い流れを先行して押し切る強い内容。しかも重賞勝馬のサトノアーサーを抜かせませんでした

チャレンジC 1着
12.5 – 11.3 – 13.0 – 12.6 – 11.8 – 11.9 – 11.6 – 11.1 – 11.3 – 12.0
スローの持続力勝負。内先行有利の馬場状態を終始外を回し、4角も大外を捲っての勝利。逃げて2着のトリオンフよりも断然厳しい競馬をしており、着差以上に評価できます。そのトリオンフも次走京都金杯を制しており、相手関係が弱かったわけではない。

金鯱賞 10着
12.9 – 11.8 – 13.2 – 13.0 – 12.7 – 12.4 – 11.8 – 11.2 – 11.1 – 11.5
ドスローの瞬発力勝負。圧倒的先行有利のレースで出遅れ+スタート後にぶつけられ後方競馬。どちらかと言うと持続力タイプの馬なので展開とポジションを考えると仕方なかったと思わせるレース。ただ直線で全く伸びてこなかった点は違和感。

どちらかと言えば持続力タイプの馬ですし、チャレンジCでは同じ舞台を経験し、ラップも道中ペースアップからの持続力勝負で大外捲って勝ったので、前走で人気を落とすなら巻き返しに期待したです。

ただし、前走10着以下(0-0-0-24)、前走着差1秒以上(0-0-0-27)、前走G2以下+7着以下(0-0-0-31)

自力不足だと思うので、適性だけでこの3つのデータを巻き返せるか。

 

適性評価:B

能力評価:B

総合評価:B

 

 

ワグネリアン

大阪杯 3着
12.6 – 11.1 – 12.7 – 12.7 – 12.2 – 12.4 – 11.8 – 11.4 – 11.6 – 12.5
スローの持続力勝負。内有利の馬場状態で終始インを追走しインを突く競馬。上がりは使えていますがこれだけロスを省けば当然の内容。枠が外なら厳しかったと思います。強い内容の3着ではないですね。

ジャパンC 3着
12.8 – 11.3 – 12.3 – 12.2 – 11.7 – 12.2 – 12.1 – 12.0 – 12.1 – 12.4 – 12.2 – 12.6
ミドルからの持続力勝負。終いは伸びましたがG1にしてはレベルの低いメンバー相手に3着。道悪もありましたが、内有利で内枠でしたしポジションも悪くなかったことを考えると、もう1段階上の内容が欲しかったです。

最近のレースで強い内容だったレースが見当たらず、馬の特徴としては中団で溜めて直線でそれなりに伸びてくる馬

つまり勝ち切るキレ味はないが対応力がありそれなりに好走してくるタイプ

抜群の先行力があるわけではないので、内枠確保すれば今年も2.3着が限界かと思っています。

適性的にはどちらかと言うと瞬発力タイプだと思っているので、昨年同様インで脚を溜める競馬ができないと馬券を取りこぼす可能性まで考慮します。

 

適性評価:B

能力評価:A

総合評価:B

>馬ノスケの予想理論を格安で販売中!

馬ノスケの予想理論を格安で販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「レース歴とその内容」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しております。
価格も負担になりにくい税抜きワンコイン以内で設定し、中身の詰まった内容をお届けしています。

主に初心者~中級者へ向けた、競馬予想における回収率向上を目的とした内容となっていますので、興味のある方はご検討いただけると幸いです。

CTR IMG