大阪杯 2020 最終予想【5強から選ぶ本命馬はあの馬!】

お疲れ様です。

この記事では大阪杯の最終予想を行います。よろしくお願いします。

各馬細かい適性や能力に関する見解は全頭診断の記事で配信しているので、まだの方は下記リンクよりお願いします。

大阪杯 2020 全頭予想【求められるのはスピード+持続力+先行力】

 

 

1.コース解説・ラップ分析

下記リンクより詳しく説明しています。

大阪杯 2020【コース解説・ラップ分析・過去10年の買い&消しデータ】

 

 

2.馬場状態

先行有利の馬場状態でしたが、ラチは伸びていないのでその点は注意が必要。

馬場が伸びているのは真ん中(内から2~3頭の位置辺り)、逃げは苦しみ好位からの先行差し馬が中心。

時計は平均からやや速めに出ています。

 

 

3.展開予想

逃げ候補はロードマイウェイ、サトノソルタス、ジナンボー。

この3頭から押し出される形で端をきる馬が出てくると思います。

逃げたい馬がいないだけにペースとしてはスロー。展開的にはスローから道中(5F目辺り)ペースアップの持続力勝負。

馬場状態で話した通り、ラチが伸びておらず逃げも苦しんだ土曜の阪神馬場。

狙い目は先行~中団の好位に付けた馬を狙っていきたい。

 

 

4.最終予想

◎ ラッキーライラック

まず枠ですが5枠5番と内目が欲しかったのでOKです。

最終追い切りもCW(81.7-12.6)ゴール前だけ軽く追った内容でしたが好時計

全頭診断で述べたようにダノンキングリーとの力関係は前走の内容だけではまだハッキリしていませんし、斤量も2キロ差に広がるのでその点もプラス材料

直線内にもたれる癖も前走見る限りでは直っており、道中ペースアップからの持続力勝負はエリ女で対応済み。速いペースも中山記念で経験しているなど、適性も高く評価できる。

前走叩いて距離延長という抜群のローテと十分評価できる前哨戦の内容から今回本命とします。

 

 

〇 ダノンキングリー

負けたマイルCSは理由が明らかですし、毎日王冠や中山記念では強い内容。単純に能力評価して良いと思います。

ペースにも対応できるスピードを持っているので適性面も高いと予想しています。

ただ前哨戦の方が強い厩舎の特徴や成績。中山記念の内容と斤量からラッキーライラックに逆転されてもおかしくないので、今回はラッキーライラックを上に取りましました。

ただ土曜の阪神はディープインパクト産駒祭りでこの産駒が好走しまくってましたし、このレースはディープインパクト産駒がよく走るので、やはり軽視は禁物。

能力や適性で言ったら勝ち負けレベルだと思います。

 

 

 

▲ クロノジェネシス

全頭診断で適性に関して若干の不安は書かせてもらいましたが、距離短縮となる阪神2000mなら能力でカバーできる。

時計の掛かる馬場の方が良いタイプという点で今回は3番手評価。

追い切りが抜群でCW(68.7-11.6)外のリヌルージュ(中山牝馬2着馬)が一杯で併せて馬なりで先着する内容で文句なしの状態。

バゴスイッチがいつ発動するかその点だけ気がかりですが、この追い切りを見せられたら今回は大丈夫そうです。

 

 

 

△ ワグネリアン

昨年と同じく絶好枠を確保しました。

全頭診断で話した通り、勝ち切るには切れ味ひとつ足りないですが、この枠からなら道中脚を溜めて直線は伸びてくると思います。

ただやはり勝ち切るイメージは個人的に持てないので、良くて2.3着止まりだと予想します。

この馬もディープインパクト産駒ですが、切れ味などディープっぽくない馬なので、一概にディープ産駒だからといって評価は上げません。

 

 

 

△ ブラストワンピース

得意条件は時計の掛かるパワー馬場

今年の大阪杯は少し適性と違うので5強のなかでは1番評価はしていませんが、追い切り内容的にも状態は良いので能力を見込んで抑えまで。

 

 

 

☆ ジナンボー

前走の小倉大賞典は高く評価していますし、格上挑戦のジャパンCは条件的に度返しできるので穴で一考

枠は外目ですし追い切りは平凡ですが、それで人気を落とすならむしろ良い。

今回逃げ馬不在でスロー濃厚なので、先行力のあるこの馬には展開が向く。

>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG