クイーンステークス 2020【コース解説・ラップ分析】

お疲れ様です。

この記事ではクイーンSの使用コースやラップなどを考察していきます。

 

※告知

7/30(木)21:00~(1時間ほど)

「夢色グラス」さんのYouTubeにて行われるライブ配信にゲストとして出演します!

登録者数4万人規模の有名な方にお誘い頂けるなんて夢のようです!

当日はクイーンSに関してお話しさせて頂きますので、お時間のある方は是非足を運んでみてください!

その為、全頭診断は7/30(木)の夜(ライブ配信後)に配信予定ですので、是非そちらもよろしくお願いします。

 

夢色グラスさんのYouTubeチャンネルは下記ボタンをタップ!

 

 

1.コース解説

札幌競馬場

1コーナーまでの直線距離は185mと短いため、前半はハイペースになることは少ない。(クイーンSでも過去10年で1回だけ)

函館と違ってコーナーが緩く設定されているため、機動力と小回り適性を武器に立ち回るのが有利な函館とは違い、札幌ではある程度外からの差しが決まりやすい。

またコーナーが緩い関係上、中間は淀みなく流れ追走力が求められやすいです。

脚質的には過去10年で先行馬の複勝率29.7%と高く、開催2週目の馬場も影響し前有利ですが、意外にも差しが決まっており、中団からの差し馬は複勝率31.4%と先行馬より高い数字になっています。

ただし勝率ベースだと先行13.5%、中団差し5.9%ということで、差し切れず2.3着というレースが多いです。

なのでトラックバイアスや展開と合わせ脚質面は見た方が良いかもしれません。

 

 

※函館競馬場と札幌競馬場の違い

同じ夏競馬で洋芝の北海道開催という点で、初心者の方は函館と札幌で問われる適性が似ているとお考えの方もいると思うので、少々説明させていただきます。

結論、求められる適性は全然違います。

①函館の特徴と適性

・小回りでコーナーがきつい
→ スピード能力は重要ではなく、コーナリング技術やコーナー加速できる機動力が必要。その他先行力など。
・同じ洋芝でも路盤の作りが違います。水分を含むと札幌よりもタフな馬場になりやすい。
→ 札幌と比べてタフな馬場になりやすい。

求められる適性:先行力 & 持続力 & 機動力 

 

 

②札幌の特徴と適性

・コーナーが緩い
→ 函館よりもスピードが出やすいコース形態なため、スピード能力や道中の追走力が必要。
・函館の路盤よりタフになりにくい
→函館よりスピードが出やすい馬場。

求められる適性:追走力 & トップスピードの持続力

※基礎的なスピード能力が求められるので、函館よりも能力差が出やすい競馬場です。

 

 

2.ラップ分析

クイーンS 過去10年の平均ラップ
前後半3F(35.6 – 35.3)
12.3 – 11.4 – 11.9 – 12.1 – 12.0 – 12.0 – 11.8 – 11.6 – 11.9

基本的に中間淀みなく流れるワンペースの持続力勝負となりやすいレースです。

ラスト1Fも減速しないため、スピード能力も問われます。

また過去に2回瞬発力ラップになったレースがありますが、どちらも中間12.5秒以上緩んだレースでした。

今年はハイペース逃げを得意とするコントラチェック

他にもモルフェオルフェ、ナルハヤ、タガノアスワドといった逃げ馬が揃っているので、瞬発力勝負になる可能性は極めて低いです。

逆にハイペースによる消耗戦まで視野に入れたいほどのメンバーですね。

ただ終始平坦で消耗戦になりにくいコースですし、持続力+追走力+スピード能力という点で適性評価を行います。

消耗戦になった時の対応力=「スタミナ」という点は、あれば尚良しという判断とします。

 

 

3.過去10年のデータ

枠順

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠0-1-1-80.0%10.0%20.0%
2枠3-2-1-430.0%50.0%60.0%
3枠1-0-1-146.3%6.3%12.5%
4枠0-2-2-140.0%11.1%22.2%
5枠1-2-2-135.6%16.7%27.8%
6枠1-0-2-165.3%5.3%15.8%
7枠2-1-0-1710.0%15.0%15.0%
8枠2-2-1-1510.0%20.0%25.0%

 

 

脚質・上がり

脚質・上り着別度数勝率連対率複勝率
逃げ1-0-0-910.0%10.0%10.0%
先行5-4-2-2613.5%24.3%29.7%
中団3-5-8-355.9%15.7%31.4%
後方1-1-0-313.0%6.1%6.1%
3F 1位2-5-2-415.4%53.8%69.2%
3F 2位1-1-1-414.3%28.6%42.9%
3F 3位2-1-2-815.4%23.1%38.5%
3F ~5位1-1-4-135.3%10.5%31.6%
3F 6位~4-2-1-725.1%7.6%8.9%

 

 

人気

人気着別度数勝率連対率複勝率
1番人気4-3-1-240.0%70.0%80.0%
2番人気3-0-1-630.0%30.0%40.0%
3番人気0-1-1-80.0%10.0%20.0%
4番人気0-1-2-70.0%10.0%30.0%
5番人気0-1-0-90.0%10.0%10.0%
6番人気0-2-2-60.0%20.0%40.0%
7番人気1-0-0-910.0%10.0%10.0%
8番人気0-0-1-90.0%0.0%10.0%
9番人気1-0-1-810.0%10.0%20.0%
10番人気0-2-0-80.0%20.0%20.0%
11番人気1-0-1-711.1%11.1%22.2%
12番人気0-0-0-80.0%0.0%0.0%
13番人気0-0-0-80.0%0.0%0.0%
14番人気0-0-0-60.0%0.0%0.0%

 

 

前走着順

前走着順着別度数勝率連対率複勝率
前走1着3-1-1-2111.5%15.4%19.2%
前走2着0-1-4-40.0%11.1%55.6%
前走3着1-1-1-98.3%16.7%25.0%
前走4着1-1-0-225.0%50.0%50.0%
前走5着1-0-0-516.7%16.7%16.7%
前走6~9着3-3-3-258.8%17.6%26.5%
前走10着~1-3-1-342.6%10.3%12.8%

 

 

4.過去10年の消去データ

・前走G3以下の芝1800m以下で3着以下(0-0-0-19)

・前走2勝クラス(0-0-0-13)

・単勝オッズ100倍以上(0-0-0-14)

・3.4歳馬で当日7番人気以下(0-1-0-19)

>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG