クイーンステークス 2020 全頭予想【S馬1頭います!】

お疲れ様です。

この記事ではクイーンステークの全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

適性面は持続力+追走力が求められ、能力面はスピードが問われるレースです。

 

 

2.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

※あくまで枠順や追い切り確認前の私個人の評価ですので参考程度までに。

評価の内容
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価
A評価は高いが抜けてはいない
B可もなく、不可もなく
C低評価
能力または適性が未知数

※除外対象馬に関しては確定次第追記します。

 

アロハリリー

小倉日経オープン 1着
12.5 – 11.1 – 12.0 – 11.7 – 11.6 – 11.7 – 11.9 – 11.6 – 12.3
ミドルペースの持続力勝負。前有利の馬場と展開を内枠から2.3番手追走して押し切りました。先行力や機動力、持続力という点で評価できる内容ですが、相手関係や馬場と展開、枠の恩恵を考慮すると強い内容ではなく、ラスト1Fの減速や前走の博多S(小倉)が消耗ラップでの勝利を考慮すると、スピードタイプではなくスタミナに適性が寄っている印象
福島牝馬S 11着
12.4 – 10.7 – 11.7 – 12.6 – 12.2 – 11.8 – 11.9 – 11.7 – 11.8
ミドルペースの持続力勝負。前半3F前傾ラップから中間緩んだ影響と中外有利の馬場にだった影響で、先行集団には厳しい競馬。ラスト4Fは11秒台の持続力勝負でスピードも問われたレース。小倉日経の見解で述べたようにスピードが求められるレースは合わない印象です。ただし、機動力のある馬が4角で手ごたえが劣っていた点を考慮すると状態面の問題もあったかもしれません。

まずアロハリリー適性面ですが、この馬の得意条件はスタミナが問われる小回り持続力勝負です。

上記2レースで考察したようにスピード勝負のレースは若干適性がずれる可能性がありますし、今回機動力が求められないので適性違いかなと思っています。

仮にハイペースになってスタミナが問われる展開になっても、脚質的に不利を受ける形になるのでプラスにはなりにくいです。

ただし昨年小倉で2連勝上げた点や、近走凡走時の中間内容などを考慮すると、この時期に状態を上げてくる可能性が高いです。

中間内容もここ最近と比べると内容がいいので、夏馬という可能性は買い要素となります。

ちなみに7~8月の成績は(2-1-1-1)です。

個人的には函館で買いたかった馬なので、状態面でどこまで通用するかといった評価までとします。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:B

 

 

オールフォーラヴ

京都金杯 9着
12.1 – 11.0 – 11.8 – 12.2 – 11.9 – 11.9 – 11.4 – 11.7
ミドルペースの持続力勝負。前有利の展開で内枠からインの中団をロスなく追走するも直線でキレ負け。4着のソーグリッタリングと着差0.2秒を考慮すると3着以降は横一線な内容で着順ほど負けてはいません。先行出来ずキレ負けといった形だったので、前目で粘り込むような走りが合う印象です。
府中牝馬S 4着
12.4 – 10.9 – 11.6 – 11.8 – 11.6 – 11.9 – 11.3 – 11.2 – 11.8
ミドルペースの瞬発力勝負。ただし中間11秒台で流れているため追走力や直線でも持続力的要素が問われたレース。先行インを追走しロスをなくす立ち回りでの4着でしたが、メンバーもハイレベルで3着のラッキーライラックが本格化前とは言え着差0.1秒に詰められたのは評価して良い内容です。このレースからは、スピード能力や追走力という点が収穫できました。
米子S 1着
13.1 – 11.8 – 11.7 – 11.8 – 11.4 – 11.0 – 11.3 – 12.6
スローからの持続力勝負。テンの1Fが極端に緩みましたが、その後は終始11秒台のラップで、追走力やトップスピードの持続力が求められたレース内容でしっかり結果を残しています

金杯はキレ負けしましたが、府中牝馬と米子Sではしっかり前目からの競馬ができ、追走力や持続力に加えスピード能力も評価できる内容です。

これらの点からクイーンSの適性は高いと判断します。

先行して持続力で粘り込みがベストかと思うので、その競馬ができれば大穴を開ける可能性はあると思います。

ただしハイペースに呑まれる可能性もありますが。

あとは京都金杯からの休み明けとなるので、状態面はひとつ鍵となります。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

カリビアンゴールド

クイーンS(2019) 3着
12.2 – 11.9 – 12.1 – 12.2 – 12.2 – 11.9 – 11.5 – 11.1 – 11.9
スローからの持続力勝負。大外枠から中団待機し大外回して着差なしの3着。4角回した分ロスが響きましたが、相手関係は秋華賞2着・阪神牝馬1着のミッキーチャーム。府中牝馬1着・阪神牝馬2着のスカーレットカラーと着差なし。後続にサトノガーネットやフロンテアクイーンなど重賞で成績を上げている好メンバーだったのでレベルの高いレースでした。
洛陽ステークス 2着
12.3 – 11.1 – 11.5 – 12.1 – 12.1 – 11.7 – 11.3 – 12.1
前傾ラップ、ミドルペースの持続力勝負。逃げ馬を番手でピッタリマークし完璧な競馬でしたがヴァルディゼールに交わされ2着。それでも前傾ラップの経験と最後まで脚を残した点は持続力を評価できる内容。また時計の掛かるタフな馬場を熟せた点も評価できます。

クイーンSのようなスロー持続力勝負でトップスピードが求められたレースでしっかり結果を残し、洛陽Sのような中間流れた前傾ラップのレースでも持続力を武器に好走しています。

そして清水Sのような瞬発力勝負でも着差0.3秒で快勝していることから、どんな展開でも対応でき、福島牝馬Sで4着、巴賞3着の実績と内容から小回りも問題なく熟せるバランスタイプかと思います。

特筆すべきは夏場の北海道競馬(1-3-3-1)と抜群の成績で、札幌実績もクイーンSを3着してる他、勝利実績もある為舞台適性抜群です。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

 

コントラチェック

ターコイズS 1着
12.4 – 10.5 – 11.0 – 11.5 – 11.9 – 11.8 – 11.1 – 12.0
ミドルペースの持続力勝負。楽な単騎逃げでラスト3~4Fで溜めも効き、そのまま加速して圧勝でした。秋華賞やフラワーC、ヴィクトリアMもそうでしたが、この馬は自分のペースで逃げてこそ力を発揮するタイプです。

他馬を気にして力んでしまうため、逃げてこそ本領発揮出来る馬で、逃げられればハイペースからでもラスト4Fで加速ラップが踏める強い馬です。

故に逃げられるか否かが重要。逃げられなかったり、絡まれてペースを乱したりするともろいです。

今回は逃げ馬が他に3頭いるので、枠や他馬の兼ね合いになります。

スピード能力や持続力の高い馬なので、舞台適性は問題ないと思います。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

サムシングジャスト

初音ステークス 1着
12.6 – 11.3 – 12.3 – 12.4 – 12.1 – 12.1 – 11.3 – 11.7 – 12.4
スローからの瞬発力勝負。ただし1.2着馬のみ持続力勝負。というのもサムシングジャストと サトノダムゼルは3~4コーナーで11番手から6番手まで位置を上げており、この時雨の影響で内が嫌われ、インで運んでいたこの2頭はポジションを上げられるスペースがあった為、他馬よりも長く脚を使わされています。結果的にこの2頭のワンツーで決まり、持続力が問われた内容でした。内も荒れ気味で外差しが目立った開催日だったので、内で粘り結果首差付けられたのは強い競馬でした。そして上位2頭はスピードよりもスタミナ的要素が問われています
新春S 3着
12.6 – 12.0 – 12.7 – 13.0 – 12.3 – 11.7 – 11.0 – 11.5
ドスロー瞬発力勝負。初音Sよりも相手関係的に楽でしたが、3着と負けています。枠やポジション、状態面的にも特にこれといって引っかかる要素がなく、単純に後半のトップスピードの質で劣ったものと判断しています。
君子蘭賞 2着
12.4 – 10.9 – 11.5 – 12.2 – 12.2 – 12.2 – 11.3 – 11.8 – 12.3
ミドルペースの瞬発力勝負ですが、ラスト2Fから大きく減速し上がりも少し掛かっているので、直線の途中からスタミナ的要素も問われたレース。そのレースを終始外を回してフェアリーポルカに着差0.1秒詰めよれた点は評価できます。

上記の初音Sでは持続力の評価に繋がりますが、初音Sでの内容と新春Sと君子蘭賞の内容からトップスピード戦だと評価は落ちます。

なので例年通り持続力+追走力+トップスピードの質が問われるレースになった場合、適性面では推せません。

ただし今年は逃げ馬多数でコントラチェックがいるので、ハイペースで後続がバテ、後半上がりの掛かるレースになる可能性も考えられます。

そうなった場合、スタミナ的要素が問われた初音ステークスと君子蘭賞で好走しているように条件は向くと思うので、チャンスかもしれません。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

シャドウディーヴァ

常総ステークス 1着
12.7 – 11.7 – 11.8 – 11.9 – 12.0 – 12.2 – 12.0 – 11.5 – 11.9
ミドルペースの持続力勝負。勝ちはしたものの内へ内へもたれていて、右回りは苦戦傾向。ここの3勝クラスでは何とかなりましたが、その後阪神牝馬Sでも内へもたれて勝負になってないので、右回り適性は低い可能性

右回りだと内にもたれる癖があり苦戦傾向。

近2走は得意の左回りで凡走していますが、理由は明らかで。

ヴィクトリアM → 追走力の低さから距離が合わず。(1400m質のスピードが求められた)
エプソムカップ → イン前にいた馬だけ上位入選で後方競馬。
※私の予想法では不良馬場は度外視します。

と敗因は明らかなので、最近の成績は特に問題ないと思います。

スピードや持続力はありますが、今回は右回りで適性面ではあまり推せないです。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:B

 

 

スカーレットカラー

クイーンS(2019) 2着
12.2 – 11.9 – 12.1 – 12.2 – 12.2 – 11.9 – 11.5 – 11.1 – 11.9
スローからの持続力勝負。前半落ち着いた関係である程度前にいたカリビアンゴールドとミッキーチャームが1.3着と好走した中、4角10番手から上がり最速で追い込んだのがスカーレットカラー。インでロスを削れた影響もありますが、それにしても後方からぶち抜いたのは強い内容でした。追走力や持続力、トップスピードの質という点で適性面高く評価して良いです。
阪神牝馬S 2着
12.3 – 10.8 – 11.4 – 12.0 – 11.9 – 11.2 – 11.7 – 11.6
ミドルペースの瞬発力勝負。中間も流れ前有利の展開を後方15番手から馬郡を割って上がり最速でぶち抜きました。クイーンSと同じく追走力やトップスピードの質が求められたレースで前有利を馬郡を割っての2着は非常に強い内容ですし、ヴィクトリアMの2着馬サウンドキアラより斤量1キロ重い状態で、着差0.2秒まで詰められている点も評価できます。

この馬の得意条件はトップスピードの質が問われるレースです。

タイプ的には瞬発力タイプですが、ある程度の追走力と持続力も兼ね備えているため、トップスピード戦になれば問題なく好走してきます。

これを前提とすると、ヴィクトリアMの敗因は明確で、1400m質のスピード(追走力)が問われたレースで、追走でいっぱいになってしまったので、東京マイルに対する適性面が低かったこと+出遅れから前に出して掛かってしまったことが敗因なので度外視可能です。

クイーンSは昨年2着しており、この時は前半スローを後方からぶちぬき。

中間12秒台で流れた阪神牝馬も後方ぶち抜きと、コントラチェックがペースを流してくるのは問題なく、むしろ展開が後方に抜くなら好都合です。

適性評価:S
能力評価:S
総合評価:S

 

 

タガノアスワド

西部スポニチ賞 1着
12.8 – 12.0 – 12.8 – 12.2 – 11.9 – 11.2 – 11.3 – 11.2 – 12.1
ドスロー持続力勝負。前半~中間ドスローの単騎逃げを最内枠からしているので、かなり楽をできたレースです。ラスト4Fから11秒台前半で走れたことも頷けますし、もちろん好走したことも頷けます。高い評価はできません。

前走3勝クラスを突破しましたが、こちらも単騎逃げ+道悪で前有利が重なっての勝利で能力面の評価には繋がりません。

垂水Sは他馬に一瞬端を競りかけられオーバーペースとなり直線失速。

寿ステークスもミスディレクションに端を奪われレースにならずと、楽に自分のペースで逃げてこその馬かと思います。

ただ今回コントラチェックやナルハヤ、モルフェオルフェなど、同じ条件の馬が揃いすぎたので、楽に逃げられる可能性は低いです。

ちなみにタイプ的にはコントラチェックとは違います。

コントラチェックはハイペース逃げのタイプですが、タガノアスワドはスロー逃げで粘り込むタイプです。

あと中2週の輸送競馬となるので、その点状態面の確認も必須かと思います。

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ナルハヤ

パールS 2着
12.3 – 11.5 – 12.3 – 12.6 – 12.6 – 12.1 – 11.1 – 11.0 – 12.0
ドスロー瞬発力勝負。前半~中間でかなり緩んでいるので逃げたナルハヤが残しても不思議ないレースです。高い評価はできません。
マーメイドS 4着
12.4 – 11.2 – 12.7 – 12.5 – 12.0 – 12.1 – 11.7 – 11.4 – 12.2 – 12.9
ミドルペースの持続力勝負。イン前有利の馬場を内枠から単騎逃げという理想の形でしたが4着。斤量51キロだったことを踏まえると高い評価はできません。

タガノアスワドと同じく逃げてこその馬で、スロー逃げタイプ。

この馬に関しても逃げられるか否かで決まると思うので、楽に行けなければ厳しくなると思います。

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ビーチサンバ

ローズS 2着
12.8 – 11.2 – 11.4 – 11.7 – 12.2 – 11.7 – 11.0 – 10.5 – 11.9
スローの瞬発力勝負。ですがビーチサンバに関しては残り1200m通過後からポジションを上げ続け、中団8番手辺りから3角2番手→4角1番手と位置を上げていることから、この馬だけロングスパート戦をしており、着差なしの2着に粘り込んでいる為持続力という点で高く評価できる内容でした。
秋華賞 5着
12.3 – 10.7 – 11.6 – 11.8 – 11.9 – 12.7 – 12.5 – 12.0 – 12.3 – 12.1
ハイペースの持続力勝負。コントラチェックと端争いを激しくやってしまったのでラスト差し馬に交わされましたが、3着馬と着差0.1秒に粘れており、能力面や持続力という点で高く評価できる内容です。

この2走の内容からビーチサンバは持続力タイプかと思います。

ただしトップスピード質というよりか、ワンペースの速いスピードを持続力する能力に長けている印象です。

言い換えるとワンパンチ足りない為前目で粘り込むタイプ。

なのでトップスピードがある程度求められる今回の舞台において後方競馬では届かない可能性が高いので、後方過ぎなければチャンスはあると思います。

また大トビで馬郡を捌く能力と再加速する能力が低いので、内枠はマイナスだと思っています。

それが顕著に表れたレースが阪神牝馬Sですね。

今回ペースは速くなると思うので、真ん中~外目の枠から中団より前をスムーズに追走するのが理想です。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

フェアリーポルカ

福島牝馬S 1着
12.4 – 10.7 – 11.7 – 12.6 – 12.2 – 11.8 – 11.9 – 11.7 – 11.8
ミドルペースの持続力勝負。前傾ラップから中間緩み中団後方差しに展開が向いたレース。フェアリーポルカは4角9番手で直線入りしましたが、コーナー加速が完璧で、直線入りしてすぐに先頭との差を詰めています。つまり機動力+持続力という点で高く評価できる内容です。

中山牝馬Sも雪で見にくかったですが、しっかりコーナー加速できており、愛知杯も同じくコーナー加速ができています。

愛知杯4着は上位3頭より外を回したポジションの関係で4着と負けていますが、内容は悪くなかったです。

つまり機動力+持続力に長けており、好位からコーナー加速して押し切ることが得意な馬

そしてトップスピードの質という点においては若干足りない印象です。

なので札幌ではなく函館に適性があると思うので、適性評価は低めに設定します。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

モルフェオルフェ

2勝クラス 1着
12.5 – 11.3 – 11.3 – 11.2 – 11.3 – 11.2 – 11.6 – 12.5
ミドルペースの消耗戦。11秒台前半の速いラップを刻み逃げ切り勝ち。スタミナ的要素が問われた内容でした。
立志S 1着
12.2 – 11.1 – 11.4 – 11.7 – 11.7 – 11.8 – 11.5 – 12.7
ハイペースの持続力勝負。前も後ろもバテバテの展開になり、ハイペースながら後方差しが届かず、上がり最速35.5秒と結構時計が掛かり前が粘り残したレースを番手から抜け出し好走しました。スタミナの評価に繋がるレース内容でした。

適性的にはスタミナ的要素が問われるレースに適性がある為、スピードの質が問われる札幌は適性違い。

超ハイペースを離れた番手に付けるか、自ら逃げて得意の展開に持ち込むしかないですが、今回逃げ馬が4頭。

となると前者の超ハイペースを期待するしかないです。(立志Sのようなレース)

舞台適性的には中山や福島が合うと思うので、できればそっちで狙いたいです。

ただ追い切りが抜群に良いので、内枠取ったら少し考えます。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

リープフラウミルヒ

藻岩山特別 1着
12.4 – 11.4 – 11.8 – 12.1 – 12.0 – 11.8 – 11.7 – 11.7 – 11.8
ミドルペースの持続力勝負。クイーンSと似たようなラップ構成のレースを好走しているので単純に評価して良いです。この時3着が新潟大賞典勝馬のトーセンスーリヤですが、斤量差4キロで着差0.3秒ですから、重賞勝馬と同等の内容だったと思います。
福島牝馬S 2着
12.4 – 10.7 – 11.7 – 12.6 – 12.2 – 11.8 – 11.9 – 11.7 – 11.8
ミドルペースの持続力勝負。機動力を武器に立ち回ったというよりか、直線入りしてからのスピードと持続力を評価できる内容です。というのも4角で外に振られコーナー加速はそこまで出来ず、加速したのは直線入ってからだったので、小回り適性や機動力ではなくスピードと持続力を評価できる内容だったと思います。

トップスピードの質が比較的高いわけではないですが、G3重賞なら十分通用するものを持っていると思います。

加えて持続力もあるので、舞台適性は高いと思います。

それを後押しする材料として、札幌は(2-0-0-1)で成績の裏付けあり。

また夏場に成績が集まる馬なので警戒必要です。

ちなみに前走の凡走はイン前有利を後方からの競馬になってしまったので度外視可能です。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

 

レッドアネモス

白百合S 1着
12.9 – 11.3 – 12.1 – 13.0 – 12.5 – 12.0 – 11.6 – 10.7 – 11.5
ドスロー瞬発力勝負。モズベッロ(本格化前)に着差0.1秒付けており、相手関係的にも評価できる内容ですが、ドスロー瞬発力勝負なのでクイーンSとは問われた適性が真逆です。
マーメイドS 8着
12.4 – 11.2 – 12.7 – 12.5 – 12.0 – 12.1 – 11.7 – 11.4 – 12.2 – 12.9
ミドルペースの持続力勝負。イン前有利をインの4番手で立ち回る絶好のポジションでしたが、直線伸びを欠いて凡走。揉まれ弱い馬ですが、特に揉まれたレースではなく直線もスペースに出せたので、敗因はここではないと思います。

上記2走を見て分かる通り、得意条件はスローの瞬発力勝負だと思うので、適性面は低めの評価です。

揉まれ弱いので、ベストは東京や新潟、関西外回りなどの広いコースかと思いますし、札幌はコーナー緩いですがそれでもローカル小回り。

最低限外枠ならある程度力を出せそうですが、内枠だと力を出し切れず。といった形になりそうです。

京都外回りで行われた白百合Sでモズベッロに勝つなど、本質的には外回り等の広いコースでスロー瞬発力勝負がベスト。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:B
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG