エリザベス女王杯 2020 最終予想【波乱期待!】

お疲れ様です。

この記事ではエリザベス女王杯の最終予想を行います。よろしくお願いします。

 

1.コース解説・ラップ分析

求めれられる適性
①持続力
②機動力
③タフさ(展開次第でトップスピード)

 

2.馬場傾向

土曜の阪神は高速馬場。

ある程度のペースでは前が止まらなく、イン前有利のバイアスとなっています。

ただしハイペースになれば外差しは効くので、展開予想と紐付けて考えていきたいと思います。

 

 

3.展開予想

正直開けてみないと分かりません。

可能性としてはミドルペースが一番高いと思います。

高速馬場のイン前有利で騎手心理は前

加えて下り坂スタートで、初角までポジションを取りたいラッキーライラックやウインマリリンが外枠なことを踏まえるとスローは可能性薄とみて、ミドルペースを想定します。

馬券としては、前で競馬できる馬は能力が足りずとも目を付けておきたい。

 

 

4.最終予想

 ◎ ⑬サラキア

 〇 ⑧センテリュオ

 ▲ ⑭サトノガーネット

 △ ④ソフトフルート ⑫ウインマリリン ⑰エスポワール

各馬の適性や能力に関する見解は、全頭診断の記事で配信しているので下記リンクよりお願いします。

 

5.買目

13 – 4.8.12.14.17 ワイド5点
あくまで私自身の予想・買目になるので参考程度にお願いします。
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG