クイーンステークス 2020 最終予想【全頭診断のS馬軸でいきます!】

お疲れ様です。

この記事ではクイーンSの最終予想を行います。よろしくお願いします。

各馬細かい適性や能力に関する見解は全頭診断の記事で配信しているので、まだの方は下記リンクよりお願いします。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

①持続力

②追走力

③トップスピードの質

以上3点がが求められる適性です。

 

2.馬場状態

内外フラット稍内有利で展開次第では差しの決まる馬場状態。

上がり最速を使った馬は全部馬券内に好走しており、後半のスピードが求められる馬場状態。

展開面も合わせて考えていきたい。

 

 

3.展開予想

逃げ馬候補は4頭。

中でも主張する可能性が高い馬はコントラチェック、ナルハヤ、モルフェオルフェ。

ただあまり展開を読み過ぎても本末転倒になりかねないので、ここはミドル~ハイペースと大まかに予想。

馬場状態も踏まえて、逃げ馬以外は脚質不問で上がり最速を計測しそうな馬やトップスピードの質が高い馬を狙っていきます。

 

 

4.最終予想

 ◎  スカーレットカラー

全頭診断総合S評価馬。

そもそも出していくと掛かる馬なので、乗り慣れている岩田康成への乗り替わりは非常にプラス

内枠ですが岩田×スカーレットならインを捌けると思います。

と言うのもスカーレットカラーはピッチ寄りの走法ですし、実際に昨年のクイーンSや阪神牝馬Sでは馬郡割って好走していますから、騎手の技術含めある程度は問題ないと思います。

この馬が頭を外す可能性は3つ。

①コントラチェックが楽逃げした場合、恐らく位置取りの問題で捕まえられないと思います。

②レース中の不利。インにスペースが全くなかった等。

③実は状態面が酷かった場合。(追い切り見る限り問題ないですが、当日までにアクシデントがあった可能性が無きにしも非ず)

以上3つあげましたが、どれも可能性は薄いと思うので、連は外さないと見て馬券を組み立てようと思います。

 

 

 〇  ビーチサンバ

外目の枠を引けたのは大幅プラス。

大トビで馬郡を捌く能力や再加速能力が低いので、外目をスムーズに追走できるこの枠はプラス材料。

ワンペースの持続力が持ち味で末の爆発力は若干不足していますが、もともと上がり33秒台を繰り出せていますし、過去にクイーンSで32秒台を計測しているので、メンバー内では高いレベルのトップスピードを持っていると思います。

最近スタートが若干怪しいですが、このメンバーなら逃げ4頭以外そんなに速くないので、普通に出れれば中団は確保できるはずです。

ここは巻き返しに期待。

 

 

 ▲ カリビアンゴールド

昨年3着は外を回しての結果で内容十分な1戦。

昨年と展開が変わりそうな点注意が必要ですが、全頭診断で述べたように様々な展開に対応できる万能型。

ワンパンチ足りないのですが、昨年と違って枠が外枠に行かなかったので、パンチ不足は枠とポジションで補いたいところ。

夏の北海道開催は非常に強いですし、追い切り見ても状態が上がってきていることが分かります。

パンチ不足なので、逃げ4頭の後ろの集団で競馬ができれば十分チャンスあり。

 

 

 ☆ リープフラウミルヒ

理想は内目の枠でしたが、適性の高さと追い切り評価で穴で期待しています。

ここなら通用するだけのトップスピードはあると思いますし、夏馬で札幌実績ありなので警戒必要。

後方からまとめて交わす爆発力はないと思うので、中団より前のポジションを取れるのが理想。

 

 

5.買目

2 – 6.9.10 馬連3点
2 – 9 ワイド1点
あくまで私自身の予想・買目になるので参考程度にお願いします。
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG