ラジオNIKKEI賞 2020【コース解説・ラップ分析・過去10年の消去データ】

お疲れ様です。

この記事ではラジオNIKKEI賞の使用コースやラップなどを考察していきます。

全頭診断は7/3(木)の朝までに配信予定ですので、是非そちらもよろしくお願いします。

 

 

1.コース解説

福島競馬場

ローカル小回りの中でも最初のコーナーまでの距離が長く、前半3Fは速くなる傾向。

ローカル小回りと言えば小倉ですが、福島は道中の勾配が多々ありスタミナが求められやすい。

34角はスパイラルカーブで出口に下り坂があるので、機動力も求められる。

ラジオNIKKEI賞は初週に行われるため、雨で極端に内が荒くなければ基本内枠の逃げ先行がそのまま残りやすいです。

 

 

2.ラップ分析

ラジオNIKKEI賞 過去10年の平均ラップ
前後半3F(35.2 – 35.6)
12.4 – 10.9 – 11.9 – 12.3 – 12.3 – 12.1 – 11.9 – 11.7 – 12.0

中間12.3秒と淀みなく流れ、ラスト4Fでは持続力が求められるコース。

ここに出走してくる馬は、条件戦組の3歳馬が中心なので、これまで緩んだ流れを瞬発力で好走してきた馬が多いです。

なので強い勝ち方とは言え、緩んだ流れを瞬発力で勝ってきた人気馬には注意が必要。

前傾ラップから中間流れるので、狙いは追走Sの持続力+L4持続力のある馬です。先行力があれば尚良し。

 

 

3.過去10年のデータ

枠順

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠1-1-1-155.6%11.1%16.7%
2枠2-3-3-1011.1%27.8%44.4%
3枠1-1-2-145.6%11.1%22.2%
4枠0-1-0-180.0%5.3%5.3%
5枠1-1-1-175.0%10.0%15.0%
6枠1-2-0-175.0%15.0%15.0%
7枠2-0-1-1710.0%10.0%15.0%
8枠2-1-2-1510.0%15.0%25.0%

 

 

脚質・上がり

脚質・上り着別度数勝率連対率複勝率
逃げ0-1-3-70.0%9.1%36.4%
先行4-5-2-2910.0%22.5%27.5%
中団5-2-1-449.6%13.5%15.4%
後方1-2-4-422.0%6.1%14.3%
マクリ0-0-0-10.0%0.0%0.0%
3F 1位2-3-3-220.0%50.0%80.0%
3F 2位4-1-0-636.4%45.5%45.5%
3F 3位2-1-2-914.3%21.4%35.7%
3F ~5位2-2-2-159.5%19.0%28.6%
3F 6位~0-3-3-910.0%3.1%6.2%

 

 

人気

人気着別度数勝率連対率複勝率
1番人気2-3-0-520.0%50.0%50.0%
2番人気3-1-1-530.0%40.0%50.0%
3番人気2-0-0-820.0%20.0%20.0%
4番人気0-1-0-90.0%10.0%10.0%
5番人気2-0-2-620.0%20.0%40.0%
6番人気0-0-2-80.0%0.0%20.0%
7番人気0-0-1-90.0%0.0%10.0%
8番人気1-1-0-810.0%20.0%20.0%
9番人気0-2-2-60.0%20.0%40.0%
10番人気0-0-0-100.0%0.0%0.0%
11番人気0-0-0-100.0%0.0%0.0%
12番人気0-0-1-90.0%0.0%10.0%
13番人気0-1-0-80.0%11.1%11.1%
14番人気0-1-0-70.0%12.5%12.5%
15番人気0-0-0-80.0%0.0%0.0%
16番人気0-0-1-70.0%0.0%12.5%

 

 

4.過去10年の消去データ

・単勝オッズ50倍以上(0-0-1-28)

・関西馬で当日7番人気以下(0-1-0-33)

・ハンデ52kg以下(0-0-0-26)

・前走500万下で5番人気以下(0-0-0-11)

・前走ダート(0-0-0-8)

・間隔2週以内(0-0-0-10)

・間隔10週以上(0-0-0-15)

>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG