ラジオNIKKEI賞 2020 全頭予想【人気馬に不安要素多々あり】

お疲れ様です。

この記事では宝塚記念の全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

中間流れる展開から持続力勝負となります。

追走力や機動力も要求されるレースです。

 

 

2.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

※あくまで枠順や追い切り確認前の私個人の評価ですので参考程度までに。

評価の内容
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価
A評価は高いが抜けてはいない
B可もなく、不可もなく
C低評価
能力または適性が未知数

※除外対象馬に関しては確定次第追記します。

 

アールクインダム

デイリー杯 9着
12.1 – 11.0 – 11.2 – 11.4 – 12.0 – 11.9 – 12.7 – 11.7
ハイペースの持続力勝負。大逃げした馬が後退したためラスト2F目で大きくラップが減速していますが、後続のペースは緩んでいないのでスピードと持続力が問われ、離れた先行集団も展開的に厳しく差しが決まったレース。1着のミヤマザクラは先行競馬でしたが能力が抜けてましたし、3着のセイウンヴィーナスも道中ポジションを下げて上手く乗ったので、前目の競馬でも結果を残しています。アールクインダムは先行競馬の外々を回されたので消耗が激しかったのが敗因かと思っています。
菜の花賞 1着
12.5 – 11.3 – 12.2 – 12.4 – 12.2 – 12.0 – 11.9 – 12.3
ミドルペースの持続力勝負。中間12.4秒と流れたレースを道中ポジションを上げながら、4角で出口で捲って射程圏まで押し上げ抜け出した形です。馬場が外差しだったとはいえ、追走スピードや機動力、持続力などを評価できる良い内容でした。

札幌2歳Sは前半ハイペースを番手競馬して展開不利。3.4角で全く仕掛けず直線でも追っていないので度外視します。

デイリー杯では結果が残せませんでしたが、展開やポジション的に厳しい立ち回りでした。

ただし菜の花賞では今回求められる追走スピードや機動力、持続力と言う面で評価できる内容だったので適性はあると思います。

ただ中間の調整が緩いのと能力面でどこまで通用するか。

適性評価:A
能力評価:B
適性評価:B

 

 

アルサトワ

1勝クラス 1着
12.7 – 11.1 – 12.3 – 12.3 – 12.6 – 12.7 – 12.1 – 11.7 – 11.1 – 11.7
スローからの持続力勝負。残り4Fでいっきにペースアップ。コーナー加速も問われてるので、機動力も求められています。ただしイン前有利の馬場を最内からスロー逃げなので、高く評価できる内容ではない。
未勝利戦 1着
12.4 – 10.9 – 12.5 – 12.6 – 12.4 – 12.1 – 12.4 – 12.4 – 12.4 – 13.0
道悪開催でかなり時計の掛かる馬場でした。逃げて4角の下り坂でペースアップして突き放すと言った内容。道悪で残ったというより、機動力の高さを証明できたレースだと思います。

ゆりかもめ賞は距離ではなく瞬発能力でキレ負けしたと思うので、この馬は持続力タイプで小回りや内回りでは機動力を武器に立ち回れます。

福島1800mは4角がスパイラルカーブの下り坂なので、この機動力はプラスだと思います。

ただし内回りで持続力勝負になった若葉の内容は評価できないので、自分のペースで逃げてこその馬かと思います。

今回キメラヴェリテ回避は非常にプラスですが、他にも逃げたい馬が数頭いるので枠や他の逃げ馬次第。

適性評価:A
能力評価:B
適性評価:A

 

 

グレイトオーサー

1勝クラス
12.9 – 11.6 – 12.3 – 12.7 – 12.7 – 12.3 – 12.0 – 11.0 – 11.0 – 11.7
ドスロー瞬発力勝負。小頭数で逃げて着差0.2秒。展開や馬場が味方したとはいえ、高い瞬発能力だったと思います。
未勝利戦 1着
13.0 – 11.5 – 12.4 – 12.5 – 12.3 – 12.2 – 11.8 – 11.4 – 11.9
スローの持続力勝負。持続力が問われた内容での勝利は評価したいですが、このレースの出走馬は未だに未勝利を勝ち上がれていないメンバーなので、相手関係的には恵まれた一戦。

未勝利戦は低レベルメンバー相手に着差なしで差し損ねる可能性もありました。

これは中間が流れた為直線競馬となりこの着差になったと思います。

つまり追走力が低く、得意条件はスローの瞬発力勝負です。

今回求められる適性は追走力+持続力なので適性違いですし、東京で連勝してきた馬が初の右回り+小回りに対応できるか。

鞍上込みで人気すると思いますが、個人的には嫌いたい一頭です。

適性評価:B
能力評価:A
適性評価:B

 

 

コスモインペリウム

1勝クラス(2走前) 2着
12.9 – 11.6 – 12.3 – 12.7 – 12.7 – 12.3 – 12.0 – 11.0 – 11.0 – 11.7
ドスロー瞬発力勝負。小頭数で楽に行ったグレイトオーサーに逃げ切られましたが、前有利の展開を後方から上がり最速33.3秒で追い込んでの2着なら十分評価でしますし、ペースがもう少し流れていれば着差は縮まったかと思います。
1勝クラス(前走) 1着
12.9 – 12.2 – 12.5 – 12.8 – 12.9 – 12.7 – 12.8 – 12.0 – 11.9 – 13.2
不良馬場で行われたレースを番手から抜け出し、上がり最速を使って着差0.3秒。前に行った馬が有利だったので道悪には助けられた印象ですが、ラスト3Fでメンバー上位の時計も出ていますし、道悪も熟せる印象。

基本的に道悪も高速馬場でもそれなりのパフォーマンスを発揮していますが、ほとんど中間が緩んだレースなので、良馬場だと条件的には厳しくなると思います。

福島1800mも(1-0-1-0)と好走歴がありますが、どちらも中間極端に緩んでいるので同じ舞台でも中身違い。

ただし今週雨予報なので、馬場が悪化したら前で残す可能性は考慮したほうが良いです。

適性評価:B
能力評価:B
適性評価:B

 

 

コンドゥクシオン

青葉賞 12着
12.3 – 10.8 – 12.2 – 12.6 – 12.5 – 12.5 – 12.2 – 11.7 – 11.6 – 11.6 – 11.5 – 11.5
ミドルペースの持続力勝負。スピード勝負の5Fロンスパ戦。中団~後方に展開が向いたレースでの先行競馬でしたが、先行集団の中では一番下の順位なので、能力面もあるがここは適性違いだった可能性。

勝ち上がった2戦は中山と福島で、どちらも極度の道悪でした。

特に山桜賞では道悪馬場を4角6番手からの差し切り勝ちと、それなりに適性は示したと思います。

良馬場では買えませんが馬場が悪化するなら軽視禁物か。

適性評価:B
能力評価:B
適性評価:B

 

サクラトゥジュール

1勝クラス(前走) 1着
12.4 – 10.7 – 11.2 – 11.2 – 11.5 – 11.2 – 11.3 – 12.2
ミドルペースからの持続力勝負。中間流れたレースを番手追走から抜け出し着差0.4秒。相手も弱かったですが、末の持続力という点で高く評価できる内容です。
1勝クラス(3走前) 2着
12.7 – 12.9 – 13.1 – 12.6 – 11.8 – 11.8 – 11.7 – 11.3 – 12.1
スローの持続力勝負。ポジションは完璧でしたが、道中掛かり通しで消耗は激しかったと思います。勝馬ウインカーネリアン(皐月賞4着馬)に着差0.4秒離されますが、折り合っていればもう少し詰められていたかと思います。

末の持続力や機動力、追走力などメンバー内では非常に高い能力を持っていると思います。

ただ唯一不安なのが気性面。

直近2つの東京1600mは中間かなり流れたので大丈夫でしたが、距離延長は間違いなくマイナス要素です。

能力を出し切れれば上位争い必須だと思うので、気性面はポイントだと思います。

適性評価:B
能力評価:S
適性評価:A

 

 

ディープキング

1勝クラス(前走) 2着
12.6 – 11.5 – 12.2 – 12.0 – 12.1 – 12.1 – 11.7 – 11.7 – 11.8 – 12.3
ミドルペースの持続力勝負。イン前有利の馬場傾向でパンサラッサに単騎逃げされて捉えられずといった内容ですが、3着以下は1.2秒と突き放しています。負けはしましたが中間流れたレースで持続力や機動力はある程度証明できたと思います。

今回小回り1800mに舞台が変わりますが、内回りで中間流れた前走で高いパフォーマンスを見せているので対応可能かと思います。

あとは道悪をこなせるかどうか。

適性評価:B
能力評価:B
適性評価:B

 

バビット

未勝利戦 1着
12.8 – 11.3 – 12.0 – 12.0 – 12.4 – 12.4 – 12.3 – 12.3 – 11.7 – 12.0
ミドルペースの持続力勝負。逃げの手をうちますが終始内の馬に行かせてもらえず嫌な競馬を、4角で一気に加速して突き放し着差0.4秒離したのは強い内容でしたし、機動力という点で福島の適性は高く評価して良いと思います。

前走1勝クラスを逃げて勝ちましたが、この時は単騎ドスロー逃げだったので評価はしていません。

ただ未勝利戦で見せた持続力と機動力はプラス要素ですし、実際に福島で好走歴があるので舞台適性は高いと思います。

適性評価:A
能力評価:B
適性評価:A

 

 

パラスアテナ

未勝利戦 1着
12.4 – 11.2 – 12.0 – 13.1 – 13.1 – 12.6 – 12.2 – 12.3 – 11.8 – 12.0
ミドルペースの持続力。中間かなり緩んだため同じ福島の舞台でも内容が違います。先行競馬をして直線で突き放す内容なので、機動力というよりもとのスピード能力がが高く能力で押し切ったような内容です。
1勝クラス 1着
12.6 – 10.9 – 11.4 – 11.8 – 12.2 – 12.4 – 11.9 – 11.3 – 11.4
ミドルペースの瞬発力勝負。中間緩んだ内容でラスト3Fの上がり33.3秒を計測して後方から追い込み着差0.3秒の快勝でした。

未勝利戦の内容と1勝クラスの内容から、瞬発力勝負がベストだと思います。

今回のレースは中間流れて持続力が問われるので適性違いですが、あとは能力でどこまでカバーするか。

個人的に人気するなら嫌いたいタイプです。

適性評価:B
能力評価:A
適性評価:B

 

 

パンサラッサ

1勝クラス(前走) 2着
12.6 – 11.5 – 12.2 – 12.0 – 12.1 – 12.1 – 11.7 – 11.7 – 11.8 – 12.3
ミドルペースの持続力勝負。イン前有利の馬場傾向で単騎逃げの内容なので高くは評価できず。

溜めてキレるタイプではないので、前走のように流れた展開を逃げられる展開がベストです。

京都や阪神の内回りで好走しており、小回りに関しては問題ないと思いますが、ここまで負かしてきた相手は弱いので評価は難しいです。

渋った馬場や前走+10キロの成長分など買い要素もありますが、馬場が悪化してタフな条件が一番合いそうです。

適性評価:B
能力評価:B
適性評価:B

 

 

ベレヌス

ひめさゆり賞 1着
12.0 – 11.8 – 12.0 – 12.9 – 12.8 – 12.1 – 11.4 – 11.8 – 11.4 – 12.5
スローの持続力勝負。前後半3F後傾0.1秒ですが1000m通過61.5秒。そして前半遅すぎで中間も緩んでいるので逃げたべレヌスはかなり楽してます。

流石に今回のレースではここまで楽できないので、適性面や能力面は疑って掛かりたいです。

適性評価:B
能力評価:C
適性評価:C

 

 

ルリアン

1勝クラス 1着
13.1 – 11.7 – 12.5 – 12.3 – 12.6 – 12.3 – 11.9 – 11.9 – 11.5 – 11.8
スローの持続力勝負。イン前有利の馬場状態を番手から抜け出し快勝。強い内容ではないですが、まだ底を見せていない内容です。

内回り実績はありますが、ここまで緩んだ流れしか経験していないので、前傾ラップで中間も流れる福島の適性に関しては推す材料が少ないです。

ただまだ底を見せていなかったり、新馬戦でマイラプソディと着差0.1秒と接戦を演じていたりと、ポテンシャルはメンバー上位だと思います。

適性評価:B
能力評価:S
適性評価:A
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG