ラジオNIKKEI賞 2020 最終予想【混戦模様!展開と馬場読みは必須】

お疲れ様です。

この記事では宝塚記念の最終予想を行います。よろしくお願いします。

各馬細かい適性や能力に関する見解は全頭診断の記事で配信しているので、まだの方は下記リンクよりお願いします。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

中間流れる展開から持続力が問われます。

その為追走力や機動力も必要とされます。

 

 

2.馬場状態

土曜は開幕週で重馬場開催でしたが、イン前有利の傾向でした。

4角出口で射程圏に入れた馬が馬券に絡んでいました。

日曜は15時ごろまでは天気が持ちそうなので、急な崩れがない限り前日同様の傾向になるかと思います。

想定では稍重辺りまで回復すると読んでいるので、道悪適性の重要度は低めで、展開予想でも話しますが、馬場傾向もありますしとにかくポジションを取れる馬を重視したいです。

 

 

3.展開予想

前走逃げた馬が6頭と多数いる今回のメンバー構成。

テンのスピードだと、逃げ候補はベレヌス・アルサトワ・パンサラッサ辺りが有力かと思います。

「逃げ先行馬が多数+開幕週で騎手心理が前+前半流れやすい福島1800m(過去10年の平均だと前傾-0.4秒)」

このことからペースはハイペース寄りを想定します。

馬場状態を含めて考えた場合、端争いする集団の後ろで構えられれる先行馬で、且つポジションを取りに行ける枠+先行力+追走力のある馬を重視。

機動力があれば尚良しといった考えで印を回したいと思います。

 

 

4.最終予想

 ◎  サクラトゥジュール

全頭診断で距離延長をマイナス視しました。

これは気性面的に距離延長だと掛かる可能性を考慮してのことですが、今回内目の枠で前壁を作れることや、ペースが流れそうなので気性面は抑えられると予想します。

ちなみにこの馬が気性難を見せたのは中山1800mで前半(12.7 – 12.9 – 13.1 – 12.6 )の辺りです。

その後ペースアップしある程度落ち着きました。

つまり掛かったレースは極端に遅いラップでした。

ラジオNIKKEI賞の中間の平均ラップは12.3秒。今回馬場が影響するとは言えペースはハイペース寄りを想定しているので、掛かったレースよりも確実に中間流れます。

そして内目の枠から先行集団を確保できる先行力と枠を確保し、且つ追走力を機動力を兼ね備えた馬です。

スロー競馬や中間緩まない限り好走可能と予想し本命とします。

 

 

 〇  バビット

2走前の福島で終始端を取り切れず並んで逃げれ、4角でペースアップし突き抜ける競馬をしています。

かなりストレスの溜まる競馬でしたが、それでもラストの手ごたえは十分でした。

このことから逃げなくても能力は出し切れると思いますし、機動力+持続力+先行力を兼ね備え絶好枠を確保。

追走力に関してはこれまで以上に求められるので、その点対応できるか鍵ですが、この枠ならある程度カバーできるかと思います。

 

 

 ▲  ルリアン

これまで中間緩んだ流れしか経験していないので、追走力という点で対応が鍵となりますが、能力と先行力でカバーできると踏んで3番手評価。

追い切りや中間内容はメンバー上位だと思いますし、最終追い切りも馬場の悪い坂路を馬なりで加速ラップの好時計。

走法的にもトビは小さめで回転力のある感じなので、道悪は問題ないと思います。

先行力はあるのでポジションさえ取れれば。

 

 

 ☆ アルサトワ

逃げ候補のベレヌスとパンサラッサの陣営から逃げに対する積極的なコメントが出ていないため、枠的に端をきれる可能性が高いです。

全頭診断で話した通り、逃げてこそ力を発揮できる馬だと思うので、逃げる可能性を考慮して抑えます。

 

 

5.買目

5 – 1.3.12 ワイド3点
混戦模様でオッズ均衡+小頭数なので、無理に買目を広げずワイド絞って当てに行きます。(3連複だと絞り切れないです)
あくまで私の予想と買目なので、参考程度によろしくお願いします。
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG