ローズS 2020【コース解説・ラップ分析】

お疲れ様です。

この記事ではローズSの使用コースやラップなどを考察していきます。

※今年は中京2000mでの開催となり、過去のデータがないので、コース解説・ラップ分析のみとなります。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

中京競馬場

ローズS 過去10年の平均ラップ
今年は中京2000m開催の為なし

今年はラップデータがないので、コースの特徴を踏まえて適性を予測していきます。

中京2000mは上り坂スタートから、徐々に坂を上って後半は下り坂が続くコーナー4つのコースです。

なので、前半はペースが落ち着きやすく、残り1000mの下り坂から徐々に加速ラップ。

逃げ先行馬の仕掛け次第ですが、スローからの瞬発力or持続力勝負となる可能性が高いです。

前半スローということは、瞬発持続どちらの勝負になっても後半のスピードは必須なので、トップスピードの質は重要です。

またコーナー4つに加え、3.4コーナーがスパイラルカーブになっているので、機動力も必要です。

 

求められる適性
①トップスピードの質

②機動力
③瞬発力 or 持続力(逃げ先行馬次第で変わります)
※③について
今年の逃げ馬候補はチャイカ、シャムロックヒル、エレナアヴァンティ辺り。
3頭とも元は逃げ馬ではないので、スロー逃げの可能性が高いです。
ただし前半スロー=瞬発力と決めつけるのはまだ早く、
チャイカは前走、小倉でスローからの5Fロンスパ戦で振り切っているので、機動力+持続力型。
仮にチャイカが逃げた場合、溜めても味が出ないので、残り1000mの下り坂から仕掛けてくる可能性はあります。
なので、陣営のコメントなどもチェックしておきたいですね。
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG