桜花賞 2020 全頭診断【例年と違ってハイペース+持続力勝負の可能性】

お疲れ様です。

この記事では桜花賞の全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

併せてLINE@の友達募集しています!

こちらでは無料で平場の推奨馬や買目など配信していますので、下記リンクより是非ご登録お願いします。

友だち追加

 

 

 

1.コース解説・ラップ分析

桜花賞 2020【コース解説・ラップ分析・過去10年の消去データ】

こちらのリンク先で詳しく配信しています。

今回はレシステンシアの関係でハイペース+持続力勝負の展開が予想されるので、その辺りの適性を全頭診断で解説していきます。

 

2.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

※枠順や追い切り確認前の評価です

 評価の内容総合評価
能力単純な能力評価 
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価 
   
Sメンバー内で抜けていると評価1着まで期待できる
A評価は高いが抜けてはいない馬券内の期待値が高い
B可もなく、不可もなく紐~3列目後補
C低評価消し候補
能力または適性が未知数 

 

インターミッション

アネモネS 1着
12.3 – 11.1 – 11.3 – 11.8 – 11.8 – 12.3 – 11.9 – 13.0
ハイペースの持続力勝負。中団インで追走し直線外に出して差し切り勝ち。道中のポジションが完璧でしたし、展開利もあったので強い勝ち方とは言えません。

菜の花賞 3着
12.5 – 11.3 – 12.2 – 12.4 – 12.2 – 12.0 – 11.9 – 12.3
ミドルペースの持続力勝負。先行馬が壊滅した後方有利の展開を先行して3着に残す強い内容。しかも終始外を回される厳しい競馬でした。

菜の花賞の内容は評価できますが、ここまで相手関係が弱かったので、格上挑戦となる今回は能力面で通用するかと言ったところ。

また高速馬場への対応や初輸送も課題となります。

 

適性評価:C

能力評価:B

総合評価:C

 

 

ウーマンズハート

新潟2歳S 1着
12.5 – 11.1 – 12.5 – 13.0 – 12.3 – 11.0 – 11.0 – 11.6
ドスロー瞬発力勝負。上がり最速32秒台を計測。ただし、今後のレース内容からわかりますが、この馬は溜めないと切れないタイプ。このようなスロー瞬発力戦が最も得意だと思います。

阪神JF 4着
12.2 – 10.5 – 11.0 – 11.8 – 12.0 – 11.2 – 11.5 – 12.5
ハイペースの持続力勝負。(逃げたレシステンシアだけ瞬発力戦をしている)この時先行競馬をして4着に残していますが、3着馬との差は0.4秒と離される内容。先行競馬や速いペースで脚のたまらない展開は厳しかったです。ウーマンズハートは内でロスなく立ち回ったのに対し、2着のマルターズディオサは同じく先行競馬で外を回して好走したので、ウーマンズハートは脚の溜められない展開は厳しいと予想します。

チューリップ賞 6着
12.2 – 11.2 – 11.7 – 12.0 – 12.2 – 11.3 – 10.9 – 11.8
スローからの瞬発力勝負。内先行有利の馬場状態+前有利の展開を後方から大外回したので厳しい条件でした。上がりは使えているので、やはり脚の溜まる展開の方が合いそうです。

ベストは脚の溜まる展開からの瞬発力勝負だと思うので、レシステンシアやスマイルカナがいる舞台では厳しい可能性が高いです。個人的には距離延長で狙っていきたいと思っています。

 

適性評価:B

能力評価:A

総合評価:B

 

 

エーポス

フィリーズレビュー 1着
12.0 – 10.4 – 11.0 – 11.6 – 11.5 – 12.0 – 12.5
ハイペースの持続力勝負。終始ロスなく内で脚を溜めて直線抜け出した内容。展開利や馬場有利もあったので内容は強く評価できません。

新馬戦は中山勝ちで、京都2走で凡走していることから坂への適性は高いと思いますが、バテ差しできる舞台がベストだと思うので1400mの方が合う印象です。スプリントとかも面白そうですね。

相手関係も格段に上がり距離も延長となるので評価はあまり高くありません。

 

適性評価:C

能力評価:B

総合評価:C

 

 

クラヴァシュドール

サウジアラビアRC 2着
12.3 – 10.8 – 12.0 – 12.1 – 12.0 – 11.2 – 10.8 – 11.5
スローの瞬発力勝負。朝日杯を圧勝したサリオスと直線で叩き合い、サリオスと同じ上がり最速33.1秒を使っての2着は評価できる。

阪神JF 3着
12.2 – 10.5 – 11.0 – 11.8 – 12.0 – 11.2 – 11.5 – 12.5
ハイペースの持続力勝負。(逃げたレシステンシアだけ瞬発力戦をしている)レシステンシアが強すぎたので勝馬はシカトします。最後マルターズディオサを差し切れませんでしたが、内先行有利の馬場状態を外を回して追い込み上がり2位の35.5を計測できたので内容としては十分。

チューリップ賞 2着
12.2 – 11.2 – 11.7 – 12.0 – 12.2 – 11.3 – 10.9 – 11.8
スローからの瞬発力勝負。クラヴァシュドールは内枠から終始内を回して直線でインを突く競馬。勝ったマルターズディオサは外枠から外目を回して競り合いを制しました。マルターズディオサは前半ポジションを上げるために脚を使っていますし、マルターズディオサの方が強い競馬でした。

能力の裏付けは十分ですし、レシステンシアの流れにも対応済みで持続力勝負も問題ない。ただマイルでマルターズディオサと比較すると劣ってしまう印象ですし、賞金加算の為前走メイチ仕上げだったので、どこまで状態を維持できているか鍵となりそうです。

とにかく折り合いが効く馬なので、距離延長で狙いたいです。

 

適性評価:A

能力評価:A

総合評価:A

 

 

ケープコッド

重賞で通用しておらず能力的に厳しいかと思います。

フィリーズレビューは大外を回したので届かないのもわかりますが、ファンタジーSは能力負けなのでここでは厳しいと思います。

 

適性評価:C

能力評価:C

総合評価:C

 

 

サンクテュエール

シンザン記念 1着
12.5 – 11.1 – 11.8 – 12.6 – 12.2 – 12.2 – 11.5 – 12.0
ミドルペースの瞬発力勝負。最内枠から終始内をロスなく回った形。内先行有利の馬場状態と展開を踏まえるとレース内容としては強くないですが、きさらぎ賞の勝馬コルテジアに勝利したりと相手関係は強かったので能力はそれなりに評価できます。

アルテミスS 2着
12.8 – 11.5 – 12.0 – 12.1 – 12.2 – 11.4 – 11.0 – 11.3
ドスローの瞬発力勝負。番手で運び展開の有利はもろに受けましたが、後方のリアアメリアに上がり最速で差し切られ完敗。瞬発力ではリアアメリアには劣ることがわかりました。

今回鍵となるのはレシステンシアが作るペースと持続力勝負への対応。シンザン記念で前傾ミドルペースには対応できましたが、今回はもっとペースが上がりますし、これまでのレースっぷりから瞬発力タイプだと思うので、持続力勝負では劣る印象。

ここまで強い内容で勝ったレースがなく能力の裏付けができないので、人気するなら私は嫌いたいですが、鞍上ルメール+シンザン記念の2着以内の牝馬は近年出世傾向にあるので、ある程度の人気は背負いますし、完全軽視は禁物かと思います。

 

適性評価:B

能力評価:A

総合評価:A

 

 

スマイルカナ

赤松賞 5着
12.4 – 11.4 – 12.2 – 12.2 – 12.3 – 11.1 – 11.3 – 11.5
ドスローの先行競馬。終始掛かり通しで逃げないと厳しい馬だとわかるレース内容

フェアリーステークス 1着
12.1 – 11.1 – 11.7 – 12.1 – 12.0 – 11.8 – 11.2 – 12.0
ミドルペースの瞬発力勝負。単騎逃げで完全にスマイルカナのペース。やはり逃げると強い

チューリップ賞 7着
12.2 – 11.2 – 11.7 – 12.0 – 12.2 – 11.3 – 10.9 – 11.8
スローからの瞬発力勝負。逃げずに先行競馬をしましたが、やはり道中掛かり通しで競馬になってませんでした。

この3走見ればわかる通り、逃げないと掛かって自滅するので、逃げれるか逃げれないか。それ次第だと思います。

チューリップ賞では試したかったのか簡単にレシステンシアに端を譲りましたが、本番では簡単には譲らないかと思います。

ただレシステンシアと端争いしれペースが上がった場合、レシステンシアは(33.7-35.2)前傾1.5秒のハイペースでも上がり最速を使ってくる化物なので、端争いしても逆にスタミナ切れで自滅する可能性が高いです。

 

適性評価:B

能力評価:B

総合評価:B

 

 

 

チェーンオブラブ

チューリップ賞 7着
12.2 – 11.2 – 11.7 – 12.0 – 12.2 – 11.3 – 10.9 – 11.8
スローからの瞬発力勝負。前有利の展開だったので着順に関しては仕方ないところですが、それにしても切れ味で劣った印象。せめて上がり33秒台は計測してほしかったと思います。

フェアリーSはインで脚を溜めて4角で大外へだし差してきた内容。道中ロスを省いて溜めた分弾けた感じですね。展開が向いたことも大きかったので、評価としては平凡です。

今回レシステンシアが速いペースで逃げて前が潰れる展開になればチャンスはありそうですが、マルターズディオサやクラヴァシュドールが潰れる可能性はあまり高くないですし、前走を評価できないので厳しい感じがします。

 

適性評価:B

能力評価:B

総合評価:B

 

 

デアリングタクト

エルフィンS 1着
12.3 – 10.9 – 11.5 – 11.6 – 12.2 – 12.0 – 11.7 – 11.4
ミドルからの持続力勝負。馬場傾向や展開が少し向いたとはいえ直線での末脚は驚異的でした。道中緩まない流れからラスト4Fは加速ラップで終えるという、まだまだ底が見えませんね。

このレース相手関係が意外と強く、3着のスマートリアンはチューリップ賞5着ながら着差0.3秒とまとめている。4着のエーポスはフィリーズレビュー勝馬。この相手に直線の末脚だけで着差0.7秒離せれば十分能力は証明できたと思います。

今回初の阪神となるので坂への対応はありますが、直線長いのは合いそうなのでそこまでマイナス視はしません。

課題としては高速馬場+高速決着への対応ですね。ここさへ対応できれば終いの脚でどこまで上位勢に迫れるか楽しみな一頭です。

 

適性評価:B

能力評価:A

総合評価:A

 

 

ナイントゥファイブ

ハイペースだったフィリーズレビューを先行して3着に残していますが、馬場の助けで先行勢は意外と垂れていない為評価としては平凡。

前回以上にペースはきつくなり、距離延長も踏まえるとここでは厳しいと思います。

 

適性評価:C

能力評価:C

総合評価:C

 

 

ヒルノマリブ

紅梅Sは低レベルな一戦で、ドスローを内先行して直線も内が開く楽な内容。

評価はできないので軽視します。

 

適性評価:C

能力評価:C

総合評価:C

 

 

フィオリキアリ

適性的には時計の掛かるの方が合いますね。

前走アネモネSでは結構な末脚を披露していましたが、展開や馬場に恵まれたこともありました。

出遅れ癖がある馬なので、能力が足りていない以上この癖は大きなマイナスかと思います。

 

適性評価:C

能力評価:B

総合評価:C

 

 

マジックキャッスル

デイリー杯 2着
12.1 – 11.0 – 11.2 – 11.4 – 12.0 – 11.9 – 12.7 – 11.7
ハイペースの瞬発力勝負。このレースは大逃げした馬がいましたが、後続は直線入るまで脚を溜めていたので、瞬発力が求めたレース内容でした。後続のペースはほぼ一定だったので、勝馬のミヤマザクラは番手追走で一番有利なポジションでしたが、それに比べマジックキャッスルは413番手から上がり33.4秒で差し切り着差なしの2着。位置取りの差で負けた形なので、力関係はこのレースだけでハッキリとはできない。

その前のファンタジーSでもレシステンシアと着差0.2秒まで詰めいますし、サフラン賞ではマルターズディオサと着差なしの接戦を演じているので能力の裏付けは十分取れます。

展開ひとつですが、スローの前有利はないと思うので、後方過ぎなければ十分チャンスはあるかと思います。

速い流れもファンタジーSやデイリー杯で経験済みですし、持続力勝負も瞬発力勝負も対応できると思うので、人気がないのなら穴として期待値は高いです。

 

適性評価:B

能力評価:A

総合評価:A

 

 

マルターズディオサ

阪神JF 2着
12.2 – 10.5 – 11.0 – 11.8 – 12.0 – 11.2 – 11.5 – 12.5
ハイペースの持続力勝負。(逃げたレシステンシアだけ瞬発力戦をしている)レシステンシアのペースで先行勢が厳しい中、先行競馬で終始外を回されても最後クラヴァシュドールを抜かせなかった点は高く評価できます

サフラン賞 1着
12.2 – 11.2 – 11.9 – 12.4 – 12.3 – 11.8 – 11.1 – 11.4
スローからの瞬発力勝負。2着のマジックキャッスルはファンタジーSとクイーンCの2着馬。その馬に着差なしとは言え上がり最速33.8秒を繰り出して差し切れたのは強い。

チューリップ賞 1着
12.2 – 11.2 – 11.7 – 12.0 – 12.2 – 11.3 – 10.9 – 11.8
スローからの瞬発力勝負。2着のクラヴァシュドールは最内枠から終始インをロスなく回りましたが、マルターズディオサは大外枠から外々を回され厳しい競馬でした。直線での競り合いを制し勝利したのは強い内容だったと思います。

これまでの内容が成績以上に強いと評価していますし、実際にレシステンシアのペースを先行して2着に残した実績があるので、持続力など適性はかなり高いと思います。

能力面も十分裏付けられるので高評価の1頭です。

 

適性評価:S

能力評価:A

総合評価:A

 

 

ミヤマザクラ

デイリー杯 2着
12.1 – 11.0 – 11.2 – 11.4 – 12.0 – 11.9 – 12.7 – 11.7
ハイペースの瞬発力勝負。このレースは大逃げした馬がいましたが、後続は直線入るまで脚を溜めていたので、瞬発力が求めたレース内容でした。後続のペースはほぼ一定だったので、内枠から番手追走したこの馬がポジション的には一番有利でした。なので評価としては平凡です。

京都2歳Sではマイラプソディに完敗しましたが、マイラプソディが次走共同通信杯を4着に凡走しており、これまでのレース内容から能力の裏付けはあまり取れない。

あとはレシステンシアのペースに付いていけるかという点が鍵になると思いますが、持続力勝負は十分対応できると思うので人気がないのなら抑えてたい馬です。

 

適性評価:A

能力評価:B

総合評価:B

 

 

ヤマカツマーメイド

フィリーズレビュー 1着
12.0 – 10.4 – 11.0 – 11.6 – 11.5 – 12.0 – 12.5
ハイペースの持続力勝負。馬郡で脚を溜めて直線抜け出すもゴール前でエーポスに交わされました道中インで脚を溜めてインを突けただけ弾けたのがエーポスだったので、最後交わされたのは仕方ないかなと思います。エーポスより速めに動き最後まで甘くならなかった点で持続力は評価できます。

阪神JF 2着
12.2 – 10.5 – 11.0 – 11.8 – 12.0 – 11.2 – 11.5 – 12.5
ハイペースの持続力勝負。(逃げたレシステンシアだけ瞬発力戦をしている)上位3頭に能力の差は見せつけられてしまいましたが、道中インでごちゃついてポジションを下げてしまいロスに繋がりました。2.3着馬に着差離されてしまいましたが、道中のロスを考えたら着差以上に評価できる内容です。

持続力勝負は問題ないですが、能力差はあるのでロスを省いた完璧な立ち回りができれば3着~掲示板のチャンスはあると思います。逆に瞬発力勝負では厳しいでしょう。

 

適性評価:B

能力評価:B

総合評価:B

 

 

リアアメリア

阪神JF 6着
12.2 – 10.5 – 11.0 – 11.8 – 12.0 – 11.2 – 11.5 – 12.5
ハイペースの持続力勝負。(逃げたレシステンシアだけ瞬発力戦をしている)この日は折り合っていましたが、終始大外を回されたのがかなり響きました。この日は内先行有利の馬場状態だったのでポジションは致命的でした。それでも414番手から6着まで追い上げているので能力の高さは評価できます。

この馬のベスト条件はスローからの瞬発力勝負だと思います。なのでレシステンシアのペースで脚が溜められない点や持続力勝負になる点で適性は少し低いと思います。

ただそれでもレシステンシアが逃げた阪神JFでの追い上げはかなりのものだったので、完全軽視は難しいかと思います。

できるだけロスを省き、中団馬郡で折り合えれば3着までといった見立てです。

 

適性評価:B

能力評価:S

総合評価:B

 

 

レシステンシア

阪神JF 1着
12.2 – 10.5 – 11.0 – 11.8 – 12.0 – 11.2 – 11.5 – 12.5
ハイペースの瞬発力勝負。レースの展開を作ったのはレシステンシア。確かに馬場は味方したとは言え、直線で垂れるのが普通ですが圧勝。

道中も最高12.0秒と緩まず、極め付けはL4(12.0-11.2-11.5-12.5)でラスト3F-0.8秒の加速ラップを踏んでいる。普通1.5秒の前傾ラップを逃げたら、-0.8秒幅の加速ラップは踏めないしかも上がり最速で着差0.8秒差での圧勝。

比較材料としてスマイルカナがフェアリーSを逃げてL4(12.0-11.8-11.2-12.0)を刻んだが、この時は前後半3F-0.1秒の前傾ラップ(ミドルペース)L4-0.6秒の加速ラップを踏んでいます。

つまり前傾1.5秒とフェアリーSよりもハイペースの阪神JFで、スマイルカナ以上の加速ラップを踏んだことになります。このことからスマイルカナ以上の内容であり、非常に強い競馬だったことがわかります。

 

チューリップ賞 3着
12.2 – 11.2 – 11.7 – 12.0 – 12.2 – 11.3 – 10.9 – 11.8
スローの瞬発力勝負。前走怪物級のパフォーマンスをした馬なので、ファンとしては正直勝ち方まで拘って欲しかったですが、予想家としては収穫の大きかったレース。と言うのも、このレース内容は同じ逃げでも阪神JFの時と真逆の展開を演出しています。

阪神JFはハイペースですがチューリップ賞ではスローペースで、直線途中ギリギリまで溜めるに溜めた競馬をしています。結果3着に負けてしまいますが、スローで溜めて瞬発力勝負はこの馬向きではないことがわかったので、今回は阪神JFの時同様ハイペースで後続に脚を使わせる逃げをしてくると思います。

逃げ馬候補で他にスマイルカナがいますが、能力の違いから端争いをしてもスマイルカナが自滅するだけなので特に問題視していません。

阪神JFのパフォーマンスから能力面で抜けていると思っているので取りこぼしは考えづらいかと思います。

 

適性評価:A

能力評価:S

総合評価:S

>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG