札幌記念 2020 最終予想【信頼できるS馬から勝負】

お疲れ様です。

この記事では札幌記念の最終予想を行います。よろしくお願いします。

各馬細かい適性や能力に関する見解は全頭診断の記事で配信しているので、まだの方は下記リンクよりお願いします。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

求めれられる適性
①持続力
②追走力
③トップスピード(最終的な決め手として、①②の方が重要)

 

2.馬場傾向

Cコース替わり初週で速い時計が出ていました。

内外フラットで稍内優勢。

上がり最速馬の好走が目立ち、札幌記念当日も同様の馬場を想定します。

 

 

3.展開予想

逃げ馬候補はトーラスジェミニ。

その後ろにトーセンスーリヤ、カウディーリョ、ドレッドノータス、ラッキーライラック辺りが付けると思います。

今回逃げ候補のトーラスジェミニは大外枠12番。

小頭数ですが、テンの速いトーセンスーリヤ、カウディーリョ辺りを交わして端を奪いに行くため、前半はそれなりに速くなると思います。

また、トーラスジェミニ自身速いペースで逃げる馬なので、そのままミドルペースくらいで流してくると思います。

なので、例年通り前半速く中間緩まないワンペースのレースが予想されます。

 

 

4.最終予想

 ◎  ノームコア

今回のS馬。

距離や舞台に関する適性は全頭診断で話した通り問題なく、

追い切り内容も問題ないので、前哨戦とはいえ力は出せる状態だと思います。

若干ネックなのは今回最内枠を引いた点。

久々の距離延長になるので、前壁作れる内枠は良いのですが、最内となると出遅れた場合それなりのロスに繋がる可能性があります。

ただこのメンバーなら中団は確保できそうですし、若干出負けしてもVM時のようにカバーできる脚はあるので、乗り慣れてる鞍上ですし問題ないという結論になりました。

理想は中団待機でラッキーライラックの後ろを取れれば。

勝ち負けまで期待します。

 

 

 〇  ブラックホール

この馬の得意舞台は東京・札幌、あと恐らく京都外回りも合うと思います。

なので、まず単純に札幌戻りはプラスとして捉えて良いです。

今回初の古馬相手となりますが、ダービーでサリオスと同じ上がり時計を計測するなど、能力はそれなりに証明しています。

そして斤量54キロの恩恵は大きいと判断しています。

追い切り内容も問題なく、中間内容からしっかり作り込まれていて、全体的に良い内容です。

ただ、ネックなのは先行力が低いので、最後方から大外を捲るロンスパ戦になり、ロスのある競馬になってしまうと思います。

その場合届くかどうか正直微妙ですが、2~5着辺りなら可能性は高いと思っているので、位置取りひとつで好走確率は上がると思います。

 

 

 ▲ ペルシアンナイト

まず昨年5着はハイレベルなメンバー相手に差のない競馬で、イン前決着を大外回しての内容だったので十分内容でした。

それでいて現在7番人気は少し舐められすぎかなと思います。

恐らく、休み明けや近走成績が嫌われ人気ないものだと思いますが、

宝塚記念は距離違い、安田記念は1400質マイルで適性違いと、ここの惨敗は適性外で度外視可能です。

また休み明けに関してですが、そもそも前哨戦で挑む相手がいつも強すぎるので、着順以上に悪くない競馬が出来ています

今回の追い切りもいつも通り走れているので、特別推す材料もありませんが、特別マイナス視する内容でもなく、昨年並みの出来はあると思います。

昨年は枠の差だったと思うので、今年は内枠を引いてそのリスクは軽減されますし、

単純に能力の差が出やすい札幌競馬場+定量戦なので、能力や実績は素直に評価します。

 

 

5.買目

1 – 2.7 ワイド2点
あくまで私自身の予想・買目になるので参考程度にお願いします。
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG