関屋記念 2020 最終予想【例年の馬場と違う点、注意が必要】

お疲れ様です。

この記事では関屋記念の最終予想を行います。よろしくお願いします。

各馬細かい適性や能力に関する見解は全頭診断の記事で配信しているので、まだの方は下記リンクよりお願いします。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

求めれられる適性
①追走力
②先行力
③持続力

 

2.馬場状態

土曜は雨が降る予報でしたが良馬場で終えています。

ただし新潟の芝は週中に降った雨の影響か、先週の高速馬場から一変して、時計は標準値。

例年のような高速マイルとはならなそうです。

傾向的には内が荒れ気味で、フラット稍外優勢。

ペース次第では、中団で運んだ馬の外差しが効いている印象。

 

 

3.展開予想

逃げ候補はトロワゼトワル。

恐らくいつも通り速いペースを刻む可能性があります。

プロディガルサンはテンで負けいますが、前走のように出していって絡んでいく可能性もあり。

展開的にはミドル~ハイを想定します。

馬場傾向と合わせて、中団からの差し馬に注目して予想を組み立てたいです。

 

 

4.最終予想

 ◎ アンドラステ

土曜の馬場は時計が掛かっており、この馬向きの馬場になっています。

コーナリングが上手くない+持続力があるので、新潟の舞台は合うと思いますし、

追い切り内容も、終い重点ですが十分動けているので、状態面も問題ないと思います。

 

 

 〇 グルーヴィット

高速馬場なら軽視しましたが、時計の掛かる馬場であれば好走可能と見ます。

傾向的には中団からの外差し優勢の馬場なので、高松宮記念のような末脚が使えればと思います。

追い切り見ても状態面が非常によく、中間と最終で自己ベスト更新しており、状態面は高く評価しています。

若干距離が長い点だけ不安ですが、左回りは得意ですし、この状態なら熟せる可能性はあると思います。

 

 

 ▲ ミッキーブリランテ

中京記念の内容から、スピードの持続力は高いですし、その長所は新潟の長い直線で活かせると思います。

馬場は特別渋りそうなので、その点もプラスだと思います。

状態面も終い重点で文句なしだったので、ここへ向けて上積みがある内容でした。

配当妙味も含め期待の一頭です。

 

 

 △ 紐

プリモシーン

メイショウグロッケ

アストラエンブレム

ミラアイトーン

クリノガウディー

サトノアーサー

 

 

 

5.買目

3 – 8.16 – 1.4.6.8.10.11.16.17
3連複 13点
あくまで私自身の予想・買目になるので参考程度にお願いします。
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG