関屋記念 2020 全頭診断【今年は横一線で難解レース】

お疲れ様です。

この記事では関屋記念の全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

求められる適性は
①追走力
②先行力
③持続力

 

2.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

※あくまで枠順や追い切り確認前の私個人の評価ですので参考程度までに。

評価の内容
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価
A評価は高いが抜けてはいない
B可もなく、不可もなく
C低評価
能力または適性が未知数

※除外対象馬に関しては確定次第追記します。

 

アストラエンブレム

谷川岳S 1着
12.5 – 11.0 – 12.1 – 12.1 – 12.0 – 11.1 – 11.1 – 11.6
スローからの瞬発力勝負。中団で脚を溜めて、上がり3F33.2秒の脚を使い差し切りました。7歳馬ですが、相手関係的にも能力値は評価して良い内容だったと思います。
東風S(2019) 2着
12.4 – 11.5 – 11.7 – 11.8 – 11.9 – 11.5 – 11.5 – 11.9
ミドルペースの持続力勝負。インを追走し4角で外へ出していましたが、だいぶ外に振られていました。勝馬のジョーストリクトリは内で立ち回っていたので、4角での距離ロスがなければ逆転は可能だったと思います。持続力という点でも高いパフォーマンスを発揮していました。

かなり柔軟性のあるタイプで、上記のように異なる適性が求められたレースを高いパフォーマンスで好走。

2走前の東風S、3走前の洛陽Sはタフな馬場を苦にせず持続力を武器に好走しているように、どんな条件でも対応できる万能型です。

1600~1800mで使われてきた馬なので、今回良馬場で求められる中間11.5秒という高速ラップは未経験ですが、マイル実績は(5-3-2-3)で掲示板を外したことがないマイル巧者です。

また中間11秒台のレースでもラストまで脚色が衰えない持続力を持っているので、新潟の高速マイルには対応可能かと思います。

今週馬場が渋っても、その点問題なく熟せるタイプなので、休み明けで状態面問題なければ高い評価をして良い馬かと思います。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

アンドラステ

エプソムカップ 4着
12.5 – 11.2 – 11.6 – 11.9 – 11.9 – 12.1 – 11.8 – 11.9 – 12.8
前傾1.2秒の速いペースで、不良馬場のイン前決着になったレースを、中団外から上がり最速で詰めてのハナさ4着は道悪適性や能力面を高く評価できる内容です。

これまでのレースで高速馬場の経験がなく、いずれも道悪や時計の掛かる馬場でのレースで上位入選してきています。

その為、瞬発持続のタイプ判別に決め手がなく、まだ掴みきれてない馬ですが、

パールSの瞬発力勝負で上がり最速の1着、2勝クラスの内容やエプソムカップの内容なども加味すると、現段階では瞬発持続どちらにも適性はあると考えています。

コーナーワークがあまり上手ではないので、新潟の舞台は合うと思いますが、不安点は芝の高速決着です。

これまで時計の掛かる馬場で好走連発していたように、高速マイルでは忙しい可能性もあり未知数です。

馬場が渋った際のポテンシャルは高いので、渋ればその分評価は上がります。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:A

 

 

エントシャイデン

中京記念 3着
12.3 – 10.5 – 11.2 – 11.8 – 11.7 – 11.3 – 11.4 – 12.5
ハイペースの消耗戦。後方競馬でバテ差しといった形。消耗戦且つラスト1Fの掛かり具合からスタミナ的要素が問われたレース内容です。
安土城S 1着
12.1 – 11.2 – 11.7 – 11.6 – 11.7 – 10.9 – 12.1
ミドルペースの瞬発力勝負。1400mにしては前半~中間で緩んだ関係でラスト瞬発力も求められています。勝はしましたが、エンジンの掛かりが遅いタイプに見えます。
谷川岳S 2着
12.5 – 11.0 – 12.1 – 12.1 – 12.0 – 11.1 – 11.1 – 11.6
スローからの瞬発力勝負。アストラエンブレムに詰めるもハナさ差し切れずの内容でしたが、上がり最速で追い込めており位置取りの差で負けたようなものなので、勝馬同等の評価をして良いと思います。ただエンジンが掛かるのが気持ち早ければ差し切れていたとは思います。

エンジンの掛かりが遅く、中京記念や安土城Sの内容から、速い展開をバテ差しするのが一番合うかと思います。

つまりスタミナのあるタイプで、1400mのような高速決着気味なレースが合う印象です。

また、それと真逆のスロー瞬発になった谷川岳Sを着差なしに追い込めたのはポテンシャルの高さかと思います。

ただし舞台は新潟なので、ハイペース寄りになるか上手く立ち回らないと、先行力がなくエンジンの掛かりが遅い馬なので、差し損ねる可能性がある点注意が必要かと思います。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

クリノガウディー

CBC賞 12着
12.0 – 10.7 – 10.8 – 11.1 – 11.7 – 12.4
コーナーでの手ごたえが良かったものの、前が壁になってそのまま伸びずといった形でした。平均よりか若干ストライドよりなので、走法的に再加速は厳しかったのだと思います。それとスプリント適性は若干疑ってます。
高松宮記念 4着
12.1 – 10.8 – 11.3 – 11.4 – 11.2 – 11.9
前傾0.3秒とスプリントにしては流れなかったレースで前有利の馬場と展開を、楽に前のポジションを取って好走。降着がなければ1着だったレースですが、かなりもたれていたので、左回りに若干の不安が残る内容でもあります。

高松宮記念で力は発揮しましたが、スプリントよりも1400m寄りの流れだったことから、恐らくスプリントよりも1400mがベストかと思います。

なのでトロワゼトワルがペースを流して、高速マイルのような流れになればチャンスはあると思います。

メンバー的にも先行してポジションは取れそうなので、先行力や持続力はアドバンテージになると思います。

前走の敗因も明確なので、ここで人気を落としてくれればありがたい。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

グルーヴィット

高松宮記念 6着
12.1 – 10.8 – 11.3 – 11.4 – 11.2 – 11.9
出負けして後方競馬となり直線競馬で差し切れず。ただ直線外に出して上がり33.2秒で追い込み6着。同じく後方から馬券に食い込んだグランアレグリアは上がり最速33.2秒。ハイペースで後方に展開が向いたとはいえ、重馬場でグランアレグリアと0.1秒差の上がりを使えた点は評価できますし、位置取りの差だと考えて良い内容です。
京王杯 3着
12.4 – 11.5 – 11.3 – 11.5 – 10.9 – 10.9 – 11.3
ドスロー持続力勝負。展開含め前有利の展開でそのまま前決着となったレース。馬場が渋ったものの速い時計が出ていたので、後半特化のスピード勝負ではグルーヴィットには分が悪かったと思います。

今回スピード決着となる場合、高松宮記念で追走力を欠いたように、ここでも厳しいですが道悪で時計が掛かるなら歓迎でしょう。

道悪の中京記念で勝っていますし、重馬場の高松宮記念でもしっかり追い込めています。ダートでも経験があるようにパワー馬場はプラス。

今回はメンバー的にも好位は確保できそうですし、左回り1600mで高速決着にならなければ、十分好走条件にハマると思います。

その為にはまず時計が掛かる馬場は大前提なので、馬場や天候は鍵となります。

良馬場なら適性面は評価できないので、良馬場想定で適性はB評価まで。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

サトノアーサー

東京新聞杯 4着
12.4 – 10.9 – 11.4 – 11.6 – 11.8 – 11.5 – 11.6 – 11.8
ミドルペースの持続力勝負。先行競馬で直線キレ負けした内容。敗因は隣の枠のレイエンダはともかく、その隣のクルーガーもスタートを決めてしまい、サトノアーサーもいつもより良いスタートをしてしまいました。その結果最初は横一線になり前傾ラップの前半で脚を使ってしまいます。そのまま先行して中間も緩まず流れた為脚が溜まらない状態で、それがラストの伸びに影響したと思います。ただ同じく先行したクルーガーやレイエンダに先着しており、持続力は評価できる内容です。
ポートアイランドS 2着
12.5 – 10.6 – 11.2 – 11.5 – 11.6 – 11.7 – 11.2 – 12.4
ハイペースの持続力勝負。勝馬のロードマイウェイはその後チャレンジCで勝ちましたが、その馬と着差なしの2着。上がり2位の34.4秒を計測していて、終始3頭分外を回され4角もぶん回したので、このロスがなければ差し切れていたと思います。

以前瞬発力勝負になったメイSをキレ負けして3着に敗れていることと、東京新聞杯やポートアイランドSの内容から、この馬は持続力タイプだと思います。

ただし高速マイルだとキレ負けすると思うので、時計の掛かる馬場を好位から粘り込む様な競馬が今のベストかと思いますが、先行力はそこまで高くないので位置取り次第と言ったところ。

時計の掛かる馬場になった場合、抑える価値はあるとは思いますが、それでも先行力が微妙なので高い評価はしにくいです。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

ジャンダルム

ダービー卿 10着
12.2 – 11.1 – 11.0 – 11.1 – 11.7 – 11.6 – 12.0 – 12.1
ハイペースの消耗戦。出遅れて脚を使い先行集団に加わった関係で後半ガス欠といった形。追走力や機動力の高さは見せたが、前半のロスが致命的になった内容。

中山巧者で消耗戦などタフなラップが得意な馬です。

スタミナや機動力があるので、中山や福島なんかは合いそうな馬ですが、新潟では機動力という武器は全く活きません。

ここは適性違いかと思います。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

トロワゼトワル

ヴィクトリアM 4着
12.0 – 10.9 – 11.3 – 11.4 – 11.1 – 11.2 – 11.1 – 11.6
ミドルペースの持続力勝負。中間も淀みなく流して4着に逃げ粘る内容。確かに前残り馬場でしたが、高速馬場で高速ラップを踏むことができ、それがG1でも通用することが分かりました。
中京記念 17着
12.3 – 10.5 – 11.2 – 11.8 – 11.7 – 11.3 – 11.4 – 12.5
ハイペースの消耗戦。ヴィクトリアMで結果を残した後のレースで大惨敗しましたが、稍時計の掛かる馬場で、スピードが求められたヴィクトリアとスタミナが求められた中京記念では求められる質が違います。度外視可能です。

この馬は高速馬場の京成杯を逃げてレコード勝ちしているように、とにかく高速馬場でスピード勝負を逃げると強いです。

逆に中京記念のように、時計が少しでも掛かったり、スタミナが求められるレースだともろいです。

なので、スピード持続力勝負で逃げ残りが起こる舞台+逃げ馬が他にいない今回の舞台は絶好でしたが、雨の影響が大きくマイナスです。

木曜の段階では土曜が確実に降る予報なので、日曜に回復してもパンパンの高速馬場は期待できなさそうです。

正直、パンパンの良馬場で高速馬場だったら総合S評価でしたが、今回は天気に恵まれなさそうなので評価下げてます。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

ドーヴァー

京王杯 13着
12.4 – 11.5 – 11.3 – 11.5 – 10.9 – 10.9 – 11.3
スローの持続力勝負。道悪ながら時計が出たレースだったので、ここは分が悪かったです。

キャピタルSの内容から、馬場が渋ってめちゃくちゃ時計の掛かる条件の方が合う気がします。

ただし、先行力が低く新潟の舞台なので、馬場が渋っても後方から差すのは、能力的にも舞台的にも厳しいかと思います。

馬場問わずここは軽視します。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ハーレムライン

谷川岳S(2019) 1着
12.2 – 11.1 – 11.7 – 12.0 – 11.7 – 11.0 – 10.8 – 11.8
谷川岳S(2020) 4着
12.5 – 11.0 – 12.1 – 12.1 – 12.0 – 11.1 – 11.1 – 11.6

2年続けて谷川岳S(新潟マイル)を掲示板に好走していますが、どちらもスロー瞬発力戦。

持続力勝負では分が悪いので、ここは適性違いかと思います。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ブラックムーン

マイラーズC 8着
12.3 – 11.3 – 11.7 – 11.9 – 11.4 – 11.3 – 10.9 – 11.6
スローの持続力勝負。後方一気で上がり33秒を計測しますが、展開的に前の馬も同じような上がりタイムを繰り出していたので、位置取りの差による敗戦だったと思います。

持続力はありますが、基本的に後方一気しかしないので、ある程度条件がハマらないと厳しいです。

新潟は直線が長いですが、意外にも前が有利になるコースなので、超ハイペースにならない限り厳しいと思います。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

プリモシーン

ダービー卿 5着
12.2 – 11.1 – 11.0 – 11.1 – 11.7 – 11.6 – 12.0 – 12.1
ハイペースの消耗戦。プリモシーンの大得意な前傾ラップの消耗戦の展開でしたが直線伸びずに5着。申し訳ないですが敗因は明確には分かりません。前日の雨が残った馬場が敗因だったと言うなら、昨年の中京記念の方が馬場は重かったのに伸びていましたし、舞台適性的にも2年前のダービー卿で2着に好走し、この時も同じように外を捲って直線入りしてたので、舞台適性や捲る競馬で直線伸びなくなるということはこの馬にはないです。斤量56キロも前走の東京新聞杯で勝っていますし。昨年勝ってる条件と内容で負けているので能力落ちの可能性があります。
ヴィクトリアM 8着
12.0 – 10.9 – 11.3 – 11.4 – 11.1 – 11.2 – 11.1 – 11.6
ミドルペースの持続力勝負。得意舞台で条件も揃いましたが結果8着。確かに前有利の展開を出遅れたのは致命的ですが、上がりタイム33.4秒でビーチサンバと同タイムで評価できず、昨年上がり33秒で2着している舞台で物足りない内容でした。ただこの時、追い切り本数少な目で急仕上げ感があったので、状態面の問題もあったと思います。

この馬の得意条件は、前傾ラップの消耗戦or持続力勝負。

速い展開を非常に好むタイプで、2年前の関屋記念でも前傾ラップの持続力勝負となり1着と結果を残しています。

なので、トロワゼトワルが速いペースで逃げた場合、条件的には合うのですが、

2走前のダービー卿が個人的に評価できず、ヴィクトリアMも本数少なかったとはいえ、わざわざレーンに乗り替わさせて臨んだG1ですから、全く勝負気配がなかったとは思えません。

能力の劣化は疑っているので、今回は抑えまでで考えています。人気もしますし。

また馬場は良馬場の方が良いので、道悪になったらもう少し評価を落とすかもしれません。

適性評価:S
能力評価:B
総合評価:B

 

 

プロディガルサン

関越S 4着
12.5 – 10.5 – 11.0 – 11.6 – 11.8 – 11.8 – 11.7 – 12.1 – 12.3
ハイペースの消耗戦。自ら逃げてバテ合いに持ち込みましたが、最後交わされ4着に敗れました。脚質転換と言うよりは、ここのところ成績がさっぱりだったので、なにかキッカケを掴みたかった内容に思えました。

昨年までは新潟で上がり32秒台を計測するなど、それなりの末脚能力を秘めていましたが、現在ではワンパンチ足りない印象。

足りないというよりか、もともとソラを使ったりと最後まで集中して走れない馬なので、取りこぼして掲示板というのが多いのだと思います。

今回どういった手を打ってくるか分かりませんが、中1週で大逃げした疲れも残っているとは思うので、状態面はひとつ鍵

正直、適性面の問題よりも馬の問題の方が多いと思うので、完全軽視は怖い気もします。

ちなみに、馬券内にギリギリ通用する程度の持続力はあると思います。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

ペプチドバンブー

ダートでの活躍や不良馬場での勝利など、馬場は悪化してパワーが求められたほうが向くと思います。

ただ、それでもこのメンバー相手では能力的に厳しいと思います。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ミッキーブリランテ

米子S 3着
12.4 – 10.5 – 12.2 – 11.5 – 11.4 – 11.2 – 11.1 – 12.4
ミドルペースの持続力勝負。スマイルカナの逃げで先行勢がバテタところを後方から追い込み3着。展開利はありましたが、持続力がなければあそこまで追い込めていなかったので、持続力という点では評価できる内容だったと思います。
中京記念 5着
12.3 – 10.5 – 11.2 – 11.8 – 11.7 – 11.3 – 11.4 – 12.5
ハイペースの消耗戦。前が潰れ後方差し決着になったレースで、後方待機組に展開が向いたレースですが、1000m通過前辺りから一気にポジションを上げて、3角9番手→4角3番手で直線入り。普通なら早々にバテておかしくない早仕掛けでしたが、最後まで粘って3着馬と着差0.2秒は評価できる内容でした。このレースの評価ポイントはスタミナですが、ミッキーブリランテに限っては、ポジションを上げていったラップ(11.7-11.3-11.4)のところをオーバーペースで走っていたため、スピードの持続力という点で高く評価できる内容です。

前走の内容は能力面やスピードの持続力を高く評価できる内容でした。

今回コーナー角が厳しい新潟なので、中京記念のように道中からポジションを上げていく競馬は難しいですし、同じことをしたらラスト確実にバテるので、前走のようなレースは期待していません。

穴を開けるとしたら中団より前でポジションを確保し、スピードと持続力で粘り込む様な競馬です。

良馬場なら穴として積極的に狙っていきたいと思います。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

ミラアイトーン

巴賞 2着
12.6 – 12.1 – 12.2 – 12.2 – 11.9 – 11.9 – 11.6 – 11.5 – 11.9
スローからの持続力勝負。4角回った順で決まったレースで、展開と馬場の恩恵をモロに受けたレースだったと思います。良くも悪くも評価できるレースではないので無視します。

以前気性面の問題でスプリントへ短縮し、再度距離延長して成績を残している点、折り合いという点では成長はあると思います。

ただし延長してからの3戦で、特に推せる内容のレースはなく、展開利があっての好走でどれもワンパンチ足りない内容です。

先行力を武器に立ち回れる馬なので完全軽視はできませんが、前で運んで粘り込み以外で好走するイメージが湧きません。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

メイケイダイハード

中京記念 1着
12.3 – 10.5 – 11.2 – 11.8 – 11.7 – 11.3 – 11.4 – 12.5
ハイペースの消耗戦。関係者の方が「なぜ好走したかわからない」と言ったように、大穴を開けたレースです。後半でタフな消耗戦になったので、スタミナ的な能力が高かったものと思われます。

前走見る限り、得意条件は消耗ラップ。

スピードが求められるレースでは惨敗続きだったので、ここは適性違いだと思います。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

メイショウグロッケ

ターコイズS 5着
12.4 – 10.5 – 11.0 – 11.5 – 11.9 – 11.8 – 11.1 – 12.0
ハイペースの持続力勝負。コントラチェックが速いペースで逃げ、後続は持続力が問われたレース内容。5着と敗れるも後半時計の掛かる捲り差し有利の展開で、終始先行してシゲルピンクダイヤと着差なしに粘れている点、時計の掛かる条件で粘り込みは得意だと思います。

京都牝馬Sは好位競馬から粘り込み3着と、タフな重馬場でも好走していますが、ピッチ走法なので道悪は熟せるタイプなのかと思います。

前走の中山牝馬Sでは不良馬場で道中垂れていましたが、ここは距離の問題もあったかと思ってます。

ターコイズSや京都牝馬Sの内容から、タフな条件を先行して粘り込む競馬が得意条件だと思うので、良馬場のスピード勝負になったらキレ負けする可能性があります。

まずは馬場が渋って、時計の掛かる条件になればチャンスありと言った評価です。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG