セントライト記念 2020 最終予想【安定のS馬から相手絞ります!】

お疲れ様です。

この記事ではセントライト記念の最終予想を行います。よろしくお願いします。

各馬細かい適性や能力に関する見解は全頭診断の記事で配信しているので、まだの方は下記リンクよりお願いします。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

求めれられる適性
①持続力+スタミナ
②追走力
③後方の馬は機動力

 

2.馬場傾向

日曜は内外フラット。

展開次第では差しも届き、特にバイアスは出てない。

夜に雨がふったらしいが、芝ダート共に良スタートなので、バイアスはそこまで変わらない想定です。

 

 

3.展開予想

逃げ馬はバビット。

ペースとしてはスロー~ミドルのロンスパ戦を想定します。

コース形態通り、ロンスパ戦持続力タイプを評価していきたいと思います。

 

 

4.最終予想

◎  ⑨サトノフラッグ

全頭診断のS馬。

持続力+機動力が武器で中団からの捲り競馬が得意なこの馬にとって、中山外回り2200mは適性舞台です。

皐月賞は仕掛けどころや、弥生賞のダメージなどで力を出し切れず、ダービーは瞬発力勝負を後方から差し遅れる形。

そもそも東京では機動力は活かせないので、クラッシク2つは弱い内容ではないと思ってます。

追い切りはいつも良く見せる方ですが、良く見せるということは良い意味で状態は問題なし。

巻き返しに期待したい。

 

 

〇 ⑥バビット

前走はトラックバイアス+単騎逃げがハマった圧勝劇で、必要以上に高い評価はしませんが、

機動力+持続力を兼ね備えた馬で、今回も単騎逃げが叶うメンバーとなると前走を再現する可能性は高い。

日曜の段階で馬場は内外フラットだが、自分のペースに持ち込めれば前残りは期待できる。

 

 

☆ ⑪ココロノトウダイ

重賞を2戦負けていますが、これはトップスピード戦で負けただけであって、トップスピードが問われないこの舞台では巻き返し可能です。

機動力+持続力タイプなので、今回の重賞では巻き返しに期待でき、馬場も時計が掛かっているのでその分も期待値は上がる。

追い切りでも中間で自己ベスト更新していたりと、状態は整っているように見えます。

重賞で負け人気の盲点になっている今回は狙い目と見て穴で期待します。

 

 

5.買目

9 – 6.11 ワイド
あくまで私自身の予想・買目になるので参考程度にお願いします。
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG