秋華賞 2020 最終予想【本命は逆らわず。対抗は大穴で勝負!】

お疲れ様です。

この記事では秋華賞の最終予想を行います。よろしくお願いします。

各馬細かい適性や能力に関する見解は全頭診断の記事で配信しているので、まだの方は下記リンクよりお願いします。

 

1.コース解説・ラップ分析

求めれられる適性(展開予想パターン)
①持続力
②追走力
③機動力

 

2.馬場傾向

先週同様外差し馬場で、内はかなり嫌われている様子。

雨の影響もあり、時計も結構掛かってました。

当日は晴れですが気温は20度前後なので、乾いても稍重までだと思います。

先週をイメージすると分かりやすいですが、先週も土曜雨→日曜晴れで馬場が稍重まで回復。

日曜は外差し馬場に変貌していましたね。

土曜の段階でこれだけ嫌われているので、日曜少し乾いた程度では内の回復は見込みずらい。

日曜は稍重開催。稍時計の掛かる外差し馬場。という予想で組立ます。

 

 

3.展開予想

逃げ馬不在。

可能性が高い順にウインマリリン、アブレイズ、リアアメリア、マルターズディオサこの辺りでしょうか。

①ウインマリリンとアブレイズに関しては、溜める競馬よりも流してタフ寄りにしたい馬

②京都内回り2000mのコース形態的に、初角まで短く、G1本番ということもありポジション争いは忙しくなる。

③そのポジションを取りたい馬が大外に2頭いるので、初角までに隊列はきまらなさそう→ペースはある程度流れる可能性が高い

これらの理由から、展開は例年通り流れミドル前後を想定します。

 

 

4.最終予想

◎ ⑬デアリングタクト

内枠なら切り。外枠なら本命。で考えていました。

特に語ることはないと思います。

ここは逆らわず。

 

 

〇 ⑪フィオリキアリ

全頭診断で述べたように、前走は不利+適性違い

桜花賞は負けて強しの内容で、ゴール後デアリングタクトに並んでいます。

2走前の西海賞の内容がベストで、その時はスローロンスパ戦でしたが、とにかくギアチェンが効かないので持続力勝負でないと勝負になりません。

タフな馬場や道悪は桜花賞で証明済み。

明日は気温20度前後なら稍重まででしょうし、今日の時計の掛かる外差し馬場は継続されそうです。(先週も同じ状況でした)

今回外枠からスムーズに加速できますし、馬場もタフで外に向いているのは大幅プラス

持続力や機動力が問われる舞台も適性条件です。

追い切りは特別高い評価はできませんが、状態は維持してるので問題ないです。

日曜の日付が替わった段階で、単勝180倍前後16番人気なら狙うしかない。

 

 

 ▲ ⑰ウインマリリン

これまで勝ち方は強くないですが、立ち回り型や万能型は買わないと損するので抑えます。

以前ヴィクトリアマイルのサウンドキアラで後悔したので。

フレグモーネの影響は最終追い切り見てる限り問題ないですし、ここは3番手に。

 

 

 △ ⑤ウインマイティ―

枠がちょっと内に行った感はありますが、前走の内容はバイアスや仕掛けの関係があったにしては強い内容でした。(詳しくは全頭診断で)

とにかく追い切りが絶好調で、適性あってこの内容では、人気でも抑えるべきだと判断しました。

前走は出負け→挟まれてポジションを取れませんでしたが、そもそも点はそこまで遅くないので、五分に出て好位中団競馬ができれば。

 

 

5.買目

13 – 5.11.13 馬連3点
13 – 11   ワイド1点
あくまで私自身の予想・買目になるので参考程度にお願いします。
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG