シルクロードS 2020 最終予想【混戦模様⁉例年とは違う傾向になる可能性!】

お疲れ様です。

この記事ではシルクロードSの最終予想を行います。

 

1.馬場状態

今週からBコースに替わり先週以上に内有利かと思いきや土曜は差し有利の馬場傾向と一変しました。

ラチ沿いを追走した馬や、直線内側を走った馬は皆外差しの餌食となった土曜の京都。

ハイペースとなった5R目は仕方ないとして、ミドルで流れた6.9R。稍スロー寄りの10Rにおいても内は伸びず外差しが決まった内容です。

芝1200mのレースはなかったですが、このレースでも同じ傾向が続くことが予想されます。

7R目に芝1200mがあるので、念のため明日の馬場は確認したほうが良いかもしれません。

 

 

2.展開予想

モズスーパーフレアが引っ張る流れになり、

その後ろにセイウンコウセイ、ラブカンプー辺りが付けると思います。

モズが端を切った場合、それなりにペースは流れミドル~ハイペースが予想されます。

そうなったときに有利になるのは先行稍後ろ~中団からの差し

また4角でカラクレナイが早仕掛けして先行勢を潰しに行く可能性もありますので、例年とは違い前に行ける馬ではなく、先行集団より稍後ろ4~8番手辺りから運べる差し馬を枠順込みで評価していきたいと思います。

イメージとしてはモズが逃げて差し馬が雪崩れ込んだ阪急杯のような感じです。

 

 

3.最終予想

◎ アウィルアウェイ

中団後方からになるので、ごちゃつかずスムーズに位置取りができる点かなり良い枠に入ったと思います。

直線は持続力でじわじわと伸びてくるタイプなので、川田騎手の位置取りに懸かってます。

しっかり中団で競馬が出来れば展開は向くと思うのでここは枠と脚質を評価して本命とします。

追い切りでは動きや軸がバラバラですが、これはいつものことなので割り引きません。

むしろ乗り込み量も多く力強い走りで状態は良さそうです。

しがらき帰りも好感持てます。

 

 

〇 カラクレナイ

ここのところ外枠出走ばかりでしたが、ようやく枠に恵まれました。

と思いきや土曜は外差しの傾向に一変し枠順は評価できなくなりました。

その為対抗評価に落としてあります。

気正面を考慮してか早仕掛けが目立っているので、今回も恐らく4角でモズやセイウンコウセイなどの1.2番手を捕まえに早めの仕掛けをしてくると思います。

そうなったときにゴール前で交わされる可能性があるので、頭の期待値としては低いですが直線外に出して前さえ開けば2.3着なら可能性は十分かと思います。

不安材料というか、今回は在厩調整だったことが少し残念ですが、追い切り自体悪くはないです。

 

 

▲ ディアンドル

もう少し内なら本命まで考えましたが7枠なので少し割り引きます。

馬場傾向が一変して外差し馬場になってきたので7枠でも3番手評価とします。

能力と適性は高く評価しているので、池添騎手が上手くポジションを取れればチャンスありだと思います。

 

 

 

△ レッドアンシェル

能力上位で追い切りも良く休み明けを感じさせない内容ですが3番手評価まで下げました。

理由は馬場状態

中団インで追走するのがこの馬の理想かと思いますが、土曜の馬場傾向から考えると直線でラチ沿いが開く可能性が高いです。

ただ土曜の状態はラチが伸びていないので、それと合わさってタフな良馬場も得意なのか個人的にまだ疑問なので今回は評価を下げました。

またフォーリー騎手ですが今年に入って芝ダート合わせてまだ2勝。

その内、芝の勝利はドスロー番手競馬なので完全に展開利。

騎手的にも推せる要素が少ないが、馬の能力を見込んで印は打ちます。

 

 

 

☆ ジョイフル

モズが引っ張る流れで後方に展開が向く可能性があるので、展開向いた時の1発を期待します。

穴で考えてましたが前日で一気に人気しました。

展開向けば追い込める脚は持っているので期待値はかなり高いです

馬場も外差しになったのは非常にプラス要素なので勝ち負けまであると思います。

>馬ノスケの予想理論を格安で販売中!

馬ノスケの予想理論を格安で販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「レース歴とその内容」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しております。
価格も負担になりにくい税抜きワンコイン以内で設定し、中身の詰まった内容をお届けしています。

主に初心者~中級者へ向けた、競馬予想における回収率向上を目的とした内容となっていますので、興味のある方はご検討いただけると幸いです。

CTR IMG