秋華賞 2020 全頭診断【持続力+追走力+機動力】

お疲れ様です。

この記事では秋華賞の全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

求められる適性(例年通り流れたら)
①持続力
②追走力
③機動力
求められる適性(今回逃げ馬不在なのでスロー寄りになったら)
①持続力
②機動力
③トップスピード
※スローロンスパ戦を想定しています。

2.総合S評価成績

 

 

3.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

あくまで枠順や追い切り確認前の私個人の評価ですので参考程度までに。

評価の内容
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価
A評価は高いが抜けてはいない
B可もなく、不可もなく
C低評価
能力または適性が未知数

※除外対象馬に関しては確定次第追記します。

 

アブレイズ

フラワーカップ 2着
12.6 – 11.5 – 11.7 – 11.8 – 11.6 – 12.1 – 12.5 – 11.8 – 12.6
ハイペースの持続力勝負。かなりタフな展開で消耗戦に近いレースで、ハイペースを番手から抜け出しての勝利は強い内容でした。タフさと持続力という点で評価できる内容です。

次走オークス→ローズSと大敗していますが、どちらもドスロー瞬発力勝負。

この馬の持ち味はトップスピードではなくスタミナなので、この2走に関しては度外視可能です。

秋華賞の適性ですが、前傾ラップのワンペース戦になりやすい舞台なので、近2走よりも条件は好転します。

ただしベストは中山1600mなど前半速く後半タフになり、とにかくスタミナが要求される舞台だと思います。

昨年のようなハイペース戦になれば条件はかなり良くなるので、展開次第では推せる馬ですが、距離はもう少し短い方が良さそうです。

適性評価:B
能力評価:B
適性評価:B

 

 

ウインマイティー

オークス 3着
12.3 – 11.1 – 12.0 – 12.3 – 12.1 – 12.7 – 13.0 – 12.6 – 12.1 – 11.2 – 11.2 – 11.8
スロー瞬発力勝負。中間も緩み3F瞬発力勝負となりました。インの好位で立ち回った分強い内容と言い切れませんが、瞬発力勝負に対応できた内容は評価して良いと思います。
紫苑S 6着
12.4 – 11.4 – 12.5 – 12.8 – 12.7 – 12.4 – 12.0 – 11.8 – 12.0 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。外枠から出負けして後方から終始外を回される競馬。4角も大外回して追い込みましたが、2.3着に着差0.1秒届かずといった内容です。バイアスも内に向いていたので、枠や追走経路による負けだったと思います。ポジションが後方だったので早仕掛けでしたが、最後まで脚は止まっていませんし、着順以上に評価できる内容でした。

オークスで瞬発力勝負に対応できた点、ギアチェンの質もそれなりに評価していいと思いますが、最大の武器は持続性能だと思います。

トップスピードの質は平均値くらいだと思っていて、どちらかと言うとタフ寄りの持続力勝負が合う印象。馬場が少し渋るのは問題ない。

秋華賞は前傾ラップからのワンペースラップが基本。後半もロンスパ戦になりトップスピードの質以上に持続性能が問われます。

なので、展開がスローになってトップスピードの質が問われるような展開にならなければ適性は高いと思います。

適性評価:A
能力評価:A
適性評価:A

 

 

ウインマリリン

オークス 2着
12.3 – 11.1 – 12.0 – 12.3 – 12.1 – 12.7 – 13.0 – 12.6 – 12.1 – 11.2 – 11.2 – 11.8
スロー瞬発力勝負。大外枠からでしたが先行力を活かして番手をとり、インの番手で立ち回ってイン付いて2着に残した内容。展開やトラックバイアスが向いた内容ですが、瞬発力と先行力に関して評価できる内容でした。
フローラS 1着
12.5 – 11.3 – 11.3 – 11.6 – 11.9 – 11.9 – 12.5 – 11.8 – 11.8 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。内先行で立ち回り直線抜け出しての勝利。トラックバイアスもそうですが直線強い向かい風で先行有利になった点もあったので特別高い評価はできず。ただし前傾質の持続戦で好走できたのは、例年の秋華賞と繋がるので適性面は評価できます。

この馬は瞬発持続を兼ね備えた万能型+先行力による立ち回り型です

ギアチェンジに関しては3走前のミモザ賞で、各馬追い出した3~4角で追い出しを待って、騎手が出した瞬間一気に加速したので、オークスの内容も踏まえギアチェンジ能力は高いと思います。

つまり先行力を武器に立ち回れる万能型で馬場も不問です。出来ればトップスピード戦よりタフ寄りの方がベスト。

ただし、ここまで強い勝ち方をしておらず、オークスもフローラSもイン前で立ち回っての内容でした。

秋華賞の適性は高いと思いますが、上手く立ち回れなかった場合は中団から差し切れる脚はないと思うので、枠や並びには注目したいです。

また、関西は初なのでその点輸送などにも注意したい。

適性評価:A
能力評価:B
適性評価:A

 

 

オーマイダーリン

ローズS 3着
12.6 – 10.8 – 12.3 – 12.7 – 12.5 – 12.4 – 12.1 – 11.6 – 11.3 – 11.6
スローからの瞬発力勝負。後方からになりましたがインベタ追走でロスを失くし、直線もインをそのまま突く内容。距離ロスを抑えたトラックバイアス通りの内容で高い評価はできず。評価ポイントとしては、3角からポジションを上げつつ走り切ったので機動力と持続力が評価できます。

2走前のレースも前走同様インベタイン突きの競馬でした。

強い競馬で勝ってきていない馬ですが、持続力と機動力は評価できます。

ただし京都内回りだと、これまでのようなインベタ後方だと詰まる可能性が高く、先週のトラックバイアスも外に向いていました。

持続力+機動力はあるので適性面は推せますが、能力面で裏付けがとれないのと、叩き3戦目で前走仕上がっていたので上積みは見込めなさそう。

適性評価:A
能力評価:B
適性評価:B

 

 

クラヴァシュドール

ローズS 5着
12.6 – 10.8 – 12.3 – 12.7 – 12.5 – 12.4 – 12.1 – 11.6 – 11.3 – 11.6
スローの瞬発力勝負。内有利のバイアスで外を回したことと、瞬発力でキレ負けといった内容だったと思います。不得意な展開でトラックバイアスが向かなかったという点で、見直せる内容だと思いますが、高速開催のレースで勝時計1:59.9は少々レースレベルに疑問

瞬発力勝負になったチューリップ賞を勝ちましたが、この時は桜花賞の関係で負けられない状況でのメイチ仕上げ+内有利のバイアスでインベタ先行競馬+相手が持続力タイプ。

という点で好走できたので、ここを好走したからとはいえ瞬発力に関しては評価は難しい。

また、春シーズンはレースごとに馬体重を落としており、体質が弱い馬なので状態面は気にしたほうが良いです。

今回は叩き2戦目で前走馬体重+18キロだったので、少し絞れて追い切りでも動けていれば問題ないと判断します。

トップスピードの質は平凡なので、中団後方から差す競馬よりも前で粘り込む方が合うと思いますが、先行力が特別高くないのでその点は注意。

前走は度外視できるので、理想は良馬場の先行持続で粘り込み。

適性評価:A
能力評価:B
適性評価:B

 

 

サンクテュエール

オークスは大外枠から出遅れ、後方大外回しでキレ負けといった形。

枠の差やトラックバイアス云々ありますが、そもそも瞬発力勝負で後方から交わすトップスピードは持ち合わせていないと思います。

タフな条件で前で粘り込む様な競馬で能力を誤魔化せるレースでないと厳しいと思います。

ここは能力的に足りないので軽視します。

適性評価:B
能力評価:C
適性評価:C

 

ソフトフルート

夕月特別 1着
12.9 – 11.9 – 12.5 – 12.4 – 12.1 – 11.8 – 11.6 – 11.5 – 11.6 – 11.7
ドスロー持続力勝負。インベタ追走からのイン突き、加えてトラックバイアスは内だったので高い評価はできず。持続力と機動力タイプかと思います。

瞬発力勝負になった2走前や君子蘭賞ではキレ負けしているように、瞬発力+トップスピードはG1では足りない印象。

持続力タイプかと思いますが、前走も前々走もインベタ競馬で能力値の裏付けは取れず。

斤量3キロ増で相手関係強くなるここでは足りない印象です。

適性評価:B
能力評価:B
適性評価:C

 

 

ダンツエリーゼ

芝未経験。

ダートでは2勝クラスまで突破しているが、能力値が足りているかどうか疑問。

適性はノーコメ。

とりあえず追い切り等見て判断していきます。

適性評価:?
能力評価:B
適性評価:C

 

 

デアリングタクト

オークス 1着
12.3 – 11.1 – 12.0 – 12.3 – 12.1 – 12.7 – 13.0 – 12.6 – 12.1 – 11.2 – 11.2 – 11.8
スロー瞬発力勝負。後方から直線外に出すも前が壁で抜け出しが遅れています、しかし前が開いた残り400m弱から一気にトップスピードに入り快勝。ここで評価できるのはギアチェンジの質とトップスピードの質。これらは世代で抜けていると思います。

しかし、今回求められる持続力に関して証明できたレースがなく、新馬戦もエルフィンSもオークスも直線のギアチェンとトップスピードだけで勝った内容

桜花賞はスピードよりも道悪適性とスタミナが必要だったレースで参考外。

仮にも京都内回りで内枠を引いた場合、この馬の先行力、追走力、機動力では馬郡で揉まれる可能性が高く、前が開いた時には物理的に届かない可能性まで考えられます。(前が壁だったオークスでは届きましたが、今回は京都内回りなので同じ状況で同じ内容だと難しい)

なので、多少ロスしてでも大外回して直線のトップスピード勝負をした方が良いと思います。

また先行力や追走力が不足しているので、ロンスパ戦になった時に後方から捲ってスピードを持続することができるのか疑問です。

インディチャンプのように先行力と追走力が高ければ、追い出しを待って直線少し脚を使うだけでいいのですが、デアリングタクトの能力値では同じことは多分できないです。

なのでスローロンスパ戦か、ワンペース持続戦が想定されるここでは現段階で適性面は推せません。

ただし道悪適性は高いので、馬場には左右されず。

あとは騎手の腕とデアリングタクトの桁違いの能力面次第でしょう。

適性評価:B
能力評価:S
適性評価:A

 

 

パラスアテナ

紫苑S 2着
12.4 – 11.4 – 12.5 – 12.8 – 12.7 – 12.4 – 12.0 – 11.8 – 12.0 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。内有利のバイアスで終始外を回し、中団から早めに仕掛けたので、イン前にいた勝馬マルターズディオサとの着差はその分だったと思います。機動力や持続力に関しては評価できるレース内容です。

ラジオNIKKEI賞の時も、イン前有利のバイアスを機動力+持続力で外を回して4着という結果でした。

先週の外差し有利のバイアスが続けば、この馬向きのバイアスになるので馬場は要チェック。

また、ラジオNIKKEI賞と紫苑Sは同じく内バイアスの外差しでしたが、前者の方が伸び劣った点から追走力はそこまで高くないと思います。

上記の理由から中間は溜めたほうが良いタイプだと思うので、スローロンスパ持続戦が一番合うと思います。

例年通りワンペース持続戦で、中間も速く流れる場合適性違いとなりますが、今年はメンバー見ても逃げ不在なので、スローロンスパ戦になる可能性も。

展開次第では適性は高くなると思うのでA評価としますが、展開次第なので総合はB止まりとします。

馬場は稍重程度なら問題ないと思います。

適性評価:A
能力評価:A
適性評価:B

 

 

フィオリキアリ

西海賞 1着
13.1 – 11.6 – 12.3 – 12.2 – 12.2 – 11.7 – 11.6 – 11.6 – 11.9 – 12.1
スローの5Fロンスパ戦。ラスト3Fで逃げ馬が後退しているので、番手のフィオリキアリはレースラップ以上で走っています。前半スローでしたが、後半の持続戦と機動力は高評価です。

次走ローズSでは8着に凡走していますが、瞬発力勝負で直線壁になりブレーキが入ったことが大きな敗因。

再加速能力が低く、瞬発力勝負では分が悪い。

西海賞のような持続戦勝負がこの馬にとってベストかと思います。

またタフさもあり、桜花賞は7着ですが後方16番手から荒れた内を突いて着を上げてきていますし、ゴール後にデアリングタクトと並んでいます。

当日は雨の影響は残りそうですし、前半はどうあれ後半は持続質、加えてタフ寄りになる可能性もあるので条件は好転します。

西海賞は馬体重+20キロで成長分。前走ー4キロで叩き3戦目の今回は状態面も気になりますが、この人気なら面白い。

適性評価:A
能力評価:B
適性評価:A

 

 

ホウオウピースフル

紫苑S 13着
12.4 – 11.4 – 12.5 – 12.8 – 12.7 – 12.4 – 12.0 – 11.8 – 12.0 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。前半折り合いギリギリで、ラスト5F辺りで仕掛け始めたロンスパ競馬で直線ガス欠。前半の消耗と仕掛けによるガス欠だと思います。

オークスでも折り合いを欠いていたように、折り合い難がある以上その点はマイナス材料

フローラSでは終始11秒台ラップだったので、短距離質のレースが合います。

今回2000mですが、例年通りなら中間は12秒台前後で1800~1600m質の適性の方が強く出やすい点プラス。

持続力はあるので、ペースが例年並みに流れ中団で折り合えるのがベスト

枠は内寄りの方がこの馬にとっては良いかもしれません。

あと平坦>急坂だと思うので、平坦京都は合う印象です。

適性評価:B
能力評価:B
適性評価:B

 

 

マジックキャッスル

紫苑S 13着
12.4 – 11.4 – 12.5 – 12.8 – 12.7 – 12.4 – 12.0 – 11.8 – 12.0 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。機動力不足でスピードに乗り始めたのがコーナー出口。直線で他馬との接触もあり、最後のハナ差には影響が出たと思います。ゴール後脚が止まっていたので、恐らく瞬発力>持続力タイプだと思います。

前走の内容から機動力不足の瞬発力型。

ただし追走力は高いので、コーナー角緩いコースなら良いポジションで追い出し待って瞬発力で押し切れる競馬が出来ると思います。

なので適性的には距離短縮したコーナー角の緩いところでの瞬発力勝負。(出来れば急坂なし)

今回は京都内回りで機動力が仇になる可能性が高く、持続力勝負は不向きだと思います。

ただし瞬発力とトップスピードの質はかなり高いと思うので、舞台次第では今後十分狙えると思います。

適性評価:B
能力評価:A
適性評価:B

 

 

マルターズディオサ

紫苑S 1着
12.4 – 11.4 – 12.5 – 12.8 – 12.7 – 12.4 – 12.0 – 11.8 – 12.0 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。イン前有利で展開+トラックバイアス通りの競馬でしたが、機動力と持続力に関しては評価できる内容です。

オークスは折り合い欠いての敗戦なので、機動力+持続力が活かせる内回り2000mに距離短縮はベスト。

追走力も阪神JFで証明してますし、例年通りの流れなら適性面は問題ないと思います。

不安材料は中4週での関西輸送です。

間隔の詰まった桜花賞の時に、体調はあまり良くなかったみたいで状態不安だったとのこと。

チューリップ賞や阪神JFは間隔のあいた遠征だったので、問題ありませんでしたが、今回は紫苑Sを使った中4週での遠征競馬です。

状態面は一つ鍵になるかと思っているので、能力評価はBまでとします。

適性評価:A
能力評価:B
適性評価:B

 

 

ミスニューヨーク

紫苑Sを5着して直線壁になってはいましたが、ブレーキが掛かるほどの不利ではなかったと思います。

展開+トラックバイアスの有利を受け、早仕掛けだったパラスアテナやウインマイティ―よりも内容は下だと思います。

機動力はあると思いますが、実力不足と見て軽視します。

適性評価:C
能力評価:C
適性評価:C

 

 

ミヤマザクラ

オークス 7着
12.3 – 11.1 – 12.0 – 12.3 – 12.1 – 12.7 – 13.0 – 12.6 – 12.1 – 11.2 – 11.2 – 11.8
スロー瞬発力勝負。折り合いを欠く消耗+苦手な瞬発力勝負でのキレ負け。適性違いで度外視可能です。

桜花賞はのめりっぱなしで不完全燃焼も、後退しての着順を上げてきたパフォーマンスは評価できますし、近2走は度外視できます。

ハイパフォーマンスだったデイリー杯は、前傾質のレースで持続力を活かした内容。

このことから持続力勝負がベストで、ワンペースラップにも対応可能かと思います。

あとはオークスから直行となるので、状態面は一つ鍵となりそうです。(その点も踏まえて能力評価Bまで)

適性評価:A
能力評価:B
適性評価:A

 

ムジカ

ローズS 3着
12.6 – 10.8 – 12.3 – 12.7 – 12.5 – 12.4 – 12.1 – 11.6 – 11.3 – 11.6
スローの瞬発力勝負。ここで評価できたのはトップスピードと瞬発力。秋華賞には結びつかない内容ですし、時計面的にも勝時計1:59.9のレースレベルには少々疑問です。

これまでのレースレベル的に、G1では通用する裏付けはなく、ローズSもレースレベルに疑問。

使い詰めは問題ないですが、前走メイチ感で上積みはどうか。

折り合いは問題ないですし、追走力などの観点から延長の方が向きそうなイメージです。

適性評価:B
能力評価:B
適性評価:B

 

リアアメリア

ローズS 1着
12.6 – 10.8 – 12.3 – 12.7 – 12.5 – 12.4 – 12.1 – 11.6 – 11.3 – 11.6
スローの瞬発力勝負。出していって折り合えたのは成長分。ただしイン前有利のバイアスでスローの先行競馬は全てが味方しました。(成長あってこその好走ですが)

オークスもそうですが、この馬は溜めて弾けるタイプ。

溜められなかった桜花賞や阪神JFでは、普段の爆発力は見られませんでした。

となると前走はあまり評価できる内容ではなく、折り合って溜められたのが全てだったと思います。

出していっても掛からない点で成長はありますが、今回は溜めが効きにくい秋華賞の舞台。

馬場も渋りそうなので、得意条件とは異なります。

追走力と機動力にも欠けるので、この舞台なら道中スローで後半4Fロンスパ戦がベストでしょうが、馬場でトップスピード削がれる点もあるので、ここではあまり強気には推せない馬です。

適性評価:B
能力評価:A
適性評価:B
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG