高松宮記念 2020【コース解説・ラップ分析・過去10年の買い&消去データ】

高松宮記念 2020【コース解説・ラップ分析・過去10年の買い&消去データ】

お疲れ様です。

この記事では高松宮記念のコース解説やラップなどを考察していきます。

全頭診断は3/26(木)までに配信予定ですので、是非そちらもよろしくお願いします。

併せてLINE@の友達募集しています!

こちらでは無料で平場の推奨馬や買目など配信しています。

無料なので下記リンクより是非ご登録お願いします。

友だち追加

 

 

 

1.コース解説

中京競馬場

向正面の緩やかな上り坂からスタートし直線まで下り坂となる。

一見中山のレイアウトと似ていますが、コーナーがきつくスパイラルカーブ、スタートの上り坂など中山よりもスピードは活かしづらいレイアウトとなっています。

脚質的には先行馬の複勝率28.9%、中団19.8%に比べ後方は複勝率2%と低迷している点は要注意

枠順は内枠有利。スパイラルカーブでマクリ差しが決まりづらいので、外枠の馬には厳しいコースレイアウトとなっている。

過去4年の6~8枠(0-0-0-32)

 

 

2.ラップ分析

過去10年のラップ
12.0 – 10.5 – 11.2 – 11.4 – 11.5 – 12.1
直線急坂の影響でラスト1Fが大きく減速するラップ傾向です。中山よりもスピード勝負になりにくいのはコースレイアウトで述べた通りですが、レイアウト的に似てる部分もあるため、ラップ傾向としては似た傾向となります。

オーシャンS(中山)過去10年の平均ラップ
11.8 – 10.5 – 10.9 – 11.5 – 11.4 – 12.0
中山の方がスピード能力が求められるのでラップが早めですが、傾向としてはかなり似ていることがわかります。

シルクロードS(京都)過去10年の平均ラップ
12.1 – 10.9 – 11.1 – 11.1 – 11.2 – 11.6
前半が緩み後半が速いラップ。ラスト1Fの減速も中山や中京と比べて少い

このように、中山・中京と京都がコースレイアウトもラップ傾向も違うことがわかります。なので京都が得意な馬よりも中山が得意な馬の方がラップ的には狙い目となります。

 

 

3.過去10年のデータ

枠順

枠番 着数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0-0-2-18 0.0% 0.0% 10.0%
2枠 3-3-0-14 15.0% 30.0% 30.0%
3枠 3-1-0-16 15.0% 20.0% 20.0%
4枠 0-1-4-15 0.0% 5.0% 25.0%
5枠 2-0-1-17 10.0% 10.0% 15.0%
6枠 1-1-0-18 5.0% 10.0% 10.0%
7枠 1-1-1-26 3.4% 6.9% 10.3%
8枠 0-3-2-25 0.0% 10.0% 16.7%

過去10ではフラットだが、過去4年の6~8枠(0-0-0-32)

 

 

脚質

脚質 着数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
先行 5-4-2-27 13.2% 23.7% 28.9%
中団 4-5-7-65 4.9% 11.1% 19.8%
後方 0-1-0-49 0.0% 2.0% 2.0%

先行~中団からの馬が中心。

後方はほぼ壊滅状態。

 

 

人気

人気 着数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3-1-3-3 30.0% 40.0% 70.0%
2番人気 2-3-0-5 20.0% 50.0% 50.0%
3番人気 3-2-3-2 30.0% 50.0% 80.0%
4番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
5番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
6番人気 0-2-0-8 0.0% 20.0% 20.0%
7番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
8番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
9番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 0-0-2-8 0.0% 0.0% 20.0%
11番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
13番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
16番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
18番人気 0-0-0-9 0.0% 0.0% 0.0%

3番人気までの信頼度は高いが、穴馬の好走もチラホラ。

昨年は3連単配当4,497,470円の大波乱。

 

 

前走距離

前走距離 着数 勝率 連対率 複勝率
同距離 6-5-8-88 5.6% 10.3% 17.8%
今回延長 0-0-0-0 0.0% 0.0% 0.0%
今回短縮 4-5-2-61 5.6% 12.5% 15.3%

距離短縮組の好走も目立ちます。

ただし過去10年で1200m未経験の馬で馬券に絡んだのは昨年のミスターメロディのみ。

基本的にスプリント経験のある馬から好走馬が出ている点注意が必要です。

 

 

4.消去データ&買いデータ

消去データ

・前走単勝5番人気~9番人気(0-1-1-64)

・前走2秒以上の負け(0-0-0-7)

・前走芝単勝5番人気以下で3着以下(0-0-1-71)

・7歳以上で前走3着以下(0-0-0-45)

・牝馬で当日4番人気以下(0-0-1-37)

・関西馬で当日7番人気以下(0-0-1-77)

・前走10着以下(0-0-0-37)※G1馬除く

・前走から関東騎手への乗り替わり(0-0-1-42)

 

 

買いデータ

・単勝オッズ4.9倍以内(4-2-3-1)

・アドマイヤムーン産駒(過去5年で4回連対)