高松宮記念 2020 最終予想【馬場の攻略!傾向に合う馬は?】

お疲れ様です。

この記事では高松宮記念の最終予想を行います。よろしくお願いします。

各馬細かい適性や能力に関する見解は全頭診断の記事で配信しているので、まだの方は下記リンクよりお願いします。

高松宮記念 2020 全頭予想【マイラー組が多数参戦!各馬適性を考察】

 

 

1.コース解説・ラップ分析

下記リンクより詳しく説明しています。

高松宮記念 2020【コース解説・ラップ分析・過去10年の買い&消去データ】

 

2.馬場状態

午前中不良→重馬場へ回復。

傾向としては中~外差し有利の馬場状態です。

 

 

3.展開予想

モズスーパーフレアが外から一気に端に立ち、外枠各馬が続く展開を想定しています。

ペースとしては平均~ハイペース

ちなみに昨年モズスーパーフレアが外から逃げてミドルペースでした。

 

 

4.最終予想

◎ タワーオブロンドン

前走は斤量と仕上がり面でダノンスマッシュの方が有利でしたし、直線壁になって抜け出しに遅れた関係もありました。

状態は完全に上向いていますし、馬場が外差しならこの馬にとってプラスに働きます。

斤量も1キロ減になるので、ダノンスマッシュとの上下関係は逆転可能かと思います。

 

 

〇 シヴァージ

馬場が渋っても終いの脚は確実にあるので、今の馬場傾向はドンピシャです。

格上挑戦となりますが、馬場と展開を味方にどこまで通用するか楽しみな一頭です。

追い切りでも終いまで加速ラップの好時計と状態も問題ないですね。

 

 

▲ モズアスコット

ダートG1で勝ったからと言って芝のスプリントG1で好走できるとは限りませんが、ダートなら能力は証明できましたし、もともと高かった芝での能力が出し切れればと言ったところ。

ただ馬場は非常に味方すると思います。

まず枠は外枠で、外差し傾向の馬場状態はプラス材料。

最近のダート適性からパワーが必要とされる馬場もプラスに働く可能性があります。

 

 

△ ダイアトニック

内枠ですが直線で上手く馬場の真ん中へ出せればチャンスあり。

前走は先行しましたが元々中団~後方からの差し馬なので鞍上次第。

 

 

△ アイラブテーラー

マイナス要素は小柄なサンデー系×サンデー系はこのレースデータ的に悪いというだけで、この枠なら馬場傾向は味方します。

前走では時計の掛かるタフな良馬場は熟せているので、水分の含んだ道悪を熟せるかどうか

データ的マイナス要素で人気がないなら狙いたい。

 

 

 

△ ノームコア

全頭診断で高速決着巧者と言いましたが、それは好走歴から見た適性判断です。

もっと深堀してみたところ、富士Sの内容や血統的にも道悪は熟せそうですし、新馬当時からヴィクトリアマイルまで馬体重が+36キロとかなり成長しているので、適性もシフトしてきている可能性が高いです。

仮に道悪さえ熟してしまえば、外差し傾向の馬場は向きますし、ヴィクトリアマイルの速い流れも経験しているので好走する可能性はあります。

念のため抑えまで。

 

 

△ ダノンスマッシュ

枠や状態面は文句なしですが、唯一馬場は味方してくれそうにありません。

良馬場なら好位から抜け出して馬券内でしたが、外差し傾向の馬場状態なのでラスト交わされる可能性があります。

無理して前に出す必要がないと思われがちですが、ギアチェンに時間が掛かる馬なので下手に揉まれると伸び切れないまま終わってしまい本末転倒です。

ただ能力は高いですし、スムーズな競馬が出来れば当然チャンスのある馬ですが、私は人気するなら嫌いたいので3列目まで。

 

 

△ グランアレグリア

良馬場なら能力で押し切るまで想定しましたが、重の外差し傾向の馬場はマイナスです。

距離適正的にもどこまで能力でカバーできるかと言ったところ。

今回は抑えの評価です。3列目まで。

>馬ノスケの予想理論を格安で販売中!

馬ノスケの予想理論を格安で販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「レース歴とその内容」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しております。
価格も負担になりにくい税抜きワンコイン以内で設定し、中身の詰まった内容をお届けしています。

主に初心者~中級者へ向けた、競馬予想における回収率向上を目的とした内容となっていますので、興味のある方はご検討いただけると幸いです。

CTR IMG