高松宮記念 2020 全頭予想【マイラー組が多数参戦!各馬適性を考察】

お疲れ様です。

この記事では高松宮記念の全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

また本日より能力や適性をわかりやすくお伝えするため、S~C4段階評価も見解に加えて記載しています。

是非ご自身の予想にお役立て下さい。

併せてLINE@の友達募集しています!

こちらでは無料で平場の推奨馬や買目など配信していますので、下記リンクより是非ご登録お願いします。

友だち追加

 

 

 

1.コース解説・ラップ分析

高松宮記念 2020【コース解説・ラップ分析・過去10年の買い&消去データ】

こちらのリンク先で詳しく配信しています。

 

 

2.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

※枠順や追い切り確認前の評価です

 評価の内容総合評価
能力単純な能力評価 
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価 
   
Sメンバー内で抜けていると評価1着まで期待できる
A評価は高いが抜けてはいない馬券内の期待値が高い
B可もなく、不可もなく紐~3列目後補
C低評価消し候補
能力または適性が未知数 

 

アイラブテーラー

京阪杯 2着
12.1 – 11.0 – 11.1 – 11.3 – 11.4 – 11.9
出遅れましたがモズスーパーフレアが引っ張る速い流れで前が潰れ後方に展開が向き2着と好走。京都開催なだけあって前半(特にテンの2F目)で緩みましたが、後半のラップは今回とリンクする面もありプラス材料。内容的にも展開が向いたとはいえ後方13番手上がり最速で差し切り。勝馬のライトオンキューに着差0.3秒離されますが、これは位置取りの差。馬郡を縫って追い込めた点も評価できます。

淀短距離ステークス 1着
12.1 – 11.2 – 11.5 – 11.4 – 11.4 – 12.0
京都開催なだけあって前半緩み過ぎているので、今回のレースとはリンクしないレースですが、出遅れた前走と比べスタート決めて45番手で直線に入れた点やタフな馬場に対応できた点もプラス

基本的に京都で戦績を重ねてきた馬ですが、阪急杯はモズスーパーフレアが引っ張る速い流れに対応でき、ラップも高松宮記念に近いものでした。

今回もモズスーパーフレアがいるので、速い流れへの適性や高松宮記念への適性は阪急杯のレース内容から低くはないと思いますし、タフな馬場も前走で経験済み。

中団から上がりも使えるので、モズの流れだと展開も向きそうです。

不安要素は2つ。

初の中京となるのでラップ適性的には推せますが、初の舞台・初の左回りとなるのでその点を熟せるかどうか。

もうひとつは父、母父ともにサンデー系。サンデー系はこのレースあまり走れていないので血統面では推せない

 

 

能力評価:B

適性評価:B

総合評価:B

 

 

アウィルアウェイ

京阪杯 4着
12.1 – 11.0 – 11.1 – 11.3 – 11.4 – 11.9
出遅れるも後方有利の展開となり、出遅れが響いた4着ではなく切れ負けした4でした。(ただしカラクレナイに対しては位置取りの差)

シルクロードS
12.2 – 10.8 – 10.9 – 11.1 – 11.5 – 12.5
モズスーパーフレアが引っ張る速い流れ。先行勢が壊滅して後方から上がりを使えた3頭で決まったレース。馬場も外差し有利だったので、勝ちはしましたが2走続けて出遅れた点やキレで2.3着馬に劣った点で内容としては評価しずらい

これまでのレースから、トップスピードよりひとつ下のスピードを持続して走れる馬だと思います。なので京都の方が合うと思います。

また直線でのキレに劣る(上がりが使えない)ので、先行競馬でしぶとく粘るような形が理想ですが、出足が鈍く最近出遅れが目立っている点、今回の舞台では厳しいと思います。

タフな馬場は問題ないので内枠確保とスタートダッシュは必須だと思います。

 

適性評価:C

能力評価:B

総合評価:C

 

 

キングハート

ここでは能力不足だと判断しています。

オーシャンSは5着と掲示板に残していますが着差1秒離され、3,4着馬にも着差0.3秒離されました。

OPやリステッドじゃないと通用しないかと思います。

 

適性評価:C

能力評価:C

総合評価:C

 

 

クリノガウディー

東京新聞杯は上手くインを突いての好走で好騎乗と馬場が味方した形。

前走阪急杯で距離短縮競馬でしたが、好位から伸び悩み7着。追走がやっとと言った競馬だったので、スプリントへの距離短縮はプラスに取れません。

 

適性評価:C

能力評価:B

総合評価:C

 

 

グランアレグリア

阪急杯 1着
12.3 – 10.5 – 11.1 – 11.3 – 11.4 – 11.3 – 11.5
ミドルからの持続力勝負。ラップ見るとラスト1Fの減速が少ないのでマイラー寄りと思わせる内容です。ただ前傾の消耗ラップを得意とするフィアーノロマーノに対して着差0.8秒で圧勝した点は評価せざる得ません。

血統的にも父ディープ×母タピッツフライとコテコテのマイラー配合

前走1400mのラップ的にもベストは1400~1600m辺りかと思うので、1200mへの距離短縮に対しどこまで対応できるかが鍵。

また距離の他に不安要素が1つ。それは当日の馬場状態です。

高速馬場の方が得意なので、雨の影響でタフな馬場となったら本来の力は出し切れない可能性が高いです。

 

適性評価:C

能力評価:S

総合評価:B

 

 

グルーヴィット

京成杯 11着
12.3 – 10.6 – 10.4 – 10.9 – 11.2 – 11.4 – 11.5 – 12.0

中京記念 1着
12.4 – 11.3 – 11.6 – 11.4 – 11.3 – 11.4 – 11.9 – 12.3

同じ消耗ラップでしたが京成杯では凡走しています。単純に中山と中京の適性の差とも考えられますし、京成杯では直線で少し進路カットされているので、その辺りの敗因かもしれませんが、実際に映像見ると京成杯では4角で手ごたえがありませんでした。

敗因はラップにあると思います。

同じ消耗戦でも前半3Fは中京記念35.3に比べ京成杯は33.3で-2秒速くなっています

1000m通過タイムは中京記念58.0秒に比べ京成杯は55.4秒で-2.6秒。

もちろん稍重開催の中京記念と高速馬場開催の京成杯では馬場差もあったので、これだけタイムの差が出たことになりますが、グルービットが速い流れに対応できなかったことを考えると、今回の4F短縮は厳しいと予想しています。

 

適性評価:C

能力評価:C

総合評価:C

 

 

シヴァージ

淀短距離ステークス 4着
12.1 – 11.2 – 11.5 – 11.4 – 11.4 – 12.0
かなり緩い流れで前有利の展開。3角で進路カットされ掛かってしまい一気にポジションを下げてしまいます。それでも展開に反して上がり最速で無理やり追い込みハナ差4着まで詰められたのは評価高いです。

北九州短距離S 1着
11.6 – 10.8 – 11.3 – 11.6 – 12.1 – 12.6
前半のペースが速くラスト2Fで大きな減速ラップ。つまり後方差し有利となったレースでした。相手関係や展開利などレース評価としては微妙ですが、終いの脚は確実ですね。

基本的にゲートが悪いわけではなく出足が鈍いタイプ。終いの脚は確実なので、後方過ぎずイン差しできれば可能性はあると思うので、内枠確保は必須ですね。

 

適性評価:B

能力適性:A

総合評価:B

 

 

ステルヴィオ

阪急杯 5着
12.1 – 10.7 – 11.3 – 11.4 – 11.3 – 11.6 – 11.9
ミドルからの持続力勝負。出遅れて前半脚を使った影響と直線窮屈になった分ゴール前で甘くなったと思っています。なので1F短縮自体は対応できたと思っています。

基本的にミドルからの持続力勝負を得意としている馬なので、スプリントは全く向かないとは思いませんが、かなり大トビな走法なので1200mは忙しい気がします

また阪急杯では喉なりの不安も言われていたので、その点も踏まえ状態面には注目したいですね。

ただ距離や状態以上に最近スタートで出遅れるので、そっちの方が致命的になると思います。

 

適性評価:B

能力評価:A

総合評価:B

 

 

セイウンコウセイ

3年前の勝馬にして昨年の2着馬。タフな馬場も熟せるので適性に関しては語ることはないでしょう

昨年もモズスーパーフレアが作る速い流れを先行して2着に残せています。ただ馬場の恩恵もありました。

今年の雨予報込みで、この馬に関しては舞台は整っているので枠と状態面次第ですね。

 

適性評価:S

能力評価:B

総合評価:A

 

 

タワーオブロンドン

オーシャンS 3着
11.8 – 10.5 – 10.8 – 11.4 – 11.2 – 11.7
このレースでダノンに着差0.7秒離されましたが、斤量58キロでダノンより2キロ重く、直線壁になり抜け出すのに遅れてしまった点が着差に影響したと思われます。

また、最終追い切りでは前半から掛かってしまい(78.0-14.0)と全体時計は速いですが評価できない内容。比べてダノンスマッシュの方が仕上がっていたので、これらの差も影響したものと思われます。

スプリンターズS 1着
11.9 – 10.1 – 10.8 – 11.3 – 11.2 – 11.8
高松宮記念の平均ラップと似たラップが刻まれたレースでの好走なので評価は高いです。

ただし今回の高松宮記念とスプリンターズSで大きく異なる点があります。それは後方からの差しが決まりにくい舞台だということ。

この馬は出足鈍く後方からとなりやすいので、届くかどうかという点を踏まえると内枠確保のイン差し競馬が理想となりますね。

鞍上は中京得意の福永さんなので大丈夫かとは思いますが、折り合い重視の騎手なので積極策はまずないと思っています。その点も考えると、勝つにはやはり内枠確保は必須かと思います。

 

適性評価:A

能力評価:S

総合評価:A

 

 

ダイアトニック

阪急杯 3着
12.1 – 10.7 – 11.3 – 11.4 – 11.3 – 11.6 – 11.9
ミドルからの持続力勝負。直線馬郡を割って抜け出しましたが、他馬を妨害してしまい3着に降着しました。ただレース内容自体は後方有利を先行して直線抜け出せる能力を見せたので評価して良い内容だったと思います。

これまでの相手関係やレース内容から能力の裏付けはできますし、前走で先行競馬をできた点も評価して良い内容だったと思います。

外からのマクリ差しでは厳しいので、この馬も内枠が欲しいところです。

距離に関してはラスト1Fであまり減速しないレースで好走してきているので、京都1400mがベストと言ったところ。ただ阪急杯での内容が強いので、中京1200mが向かないとまでは言い切れません。

 

適性評価:B

能力評価:A

総合評価:A

 

 

ダイメイプリンセス

直線平坦のスピード勝負がベストですし、能力的にも厳しいと思うので軽視します。

 

適性評価:C

能力評価:C

総合評価:C

 

 

ダノンスマッシュ

高松宮記念(2019) 3着
12.0 – 10.1 – 11.1 – 11.4 – 11.2 – 11.5
先行しますが終始外を回し直線伸びを欠く内容。坂でも止まってしまい、敗因はポジション・内有利の馬場・坂適性と言ったところでしょうか。

ただオーシャンSでは坂でも止まらず先行抜け出して、しっかり着差離して快勝できたのは成長かと思います。

タワーオブロンドンと違って先行競馬ができるので、昨年の負けだけで適性は判別できないかと思います。

洋芝道悪を熟しているように、タフな馬場も熟せるので昨年と同様外枠を引かなければ十分馬券内かと思います。ちなみにこの馬が15枠の時だと(6-2-2-168枠の時だと(1-0-0-3と外は苦手としています。

不安点はギアチェンができない馬なので、ポジションが取れなかった場合もろい部分もあると思います。

 

適性評価:A

能力評価:S

総合評価:A

 

 

ティーハーフ

高松宮記念(2019) 5着
12.0 – 10.1 – 11.1 – 11.4 – 11.2 – 11.5
内枠から直線も内を伸びての5着。4着のダノンスマッシュの方が強い競馬をしましたが、48番手から着差0.3秒まで詰められているので、十分健闘した5かと思います。

オーシャンSでも前有利で展開不利があり9着と凡走しましたが、終いの脚は使えており、タワーオブロンドンやナックビーナスより速い上がり34.2秒を使えています。

昨年の高松宮記念よりも求められるものが高いので、内枠確保とポジション確保は必須ですが、終いの脚はあるのでインを突ければ面白いと思います。人気薄なら尚更。

 

適性評価:B

能力評価:C

総合評価:B

 

 

ナックビーナス

高松宮記念(2019) 14着
12.0 – 10.1 – 11.1 – 11.4 – 11.2 – 11.5
外目の枠から3角で接触があった不利と終始外を回されたことから直線の失速は頷けます。2年前に3着と好走しているように舞台適性は低くないと思っています。

ラップ的にもラスト1Fで減速が大きいレースで好走出来ていますし、オーシャンSでも番手競馬から抜け出し、タワーオブロンドンと同じ上がりが使えているので能力や適性共に推せる材料があります。

スタートが良く先行力があるので内枠は欲しいですね。できればモズスーパーフレアより内枠を取れれば吉。

 

適性評価:A

能力評価:A

総合評価:A

 

 

ノームコア

今回のレースで一番読みづらいのがこの馬。

1600mからの2F短縮となり未知数な部分が大きいです。

トップスピードの質は高いですが、スプリントで求められるものはトップスピードに近いスピードを持続する能力です。つまり前半のペースに付いていくことができ、そのスピードを後半まで持続できるかが鍵

ヴィクトリアマイルの速い競馬を差し切っているとはいえ、枠・展開・馬場にも恵まれた部分があるので、今回のスプリント戦への評価には直結できません。

唯一言えるのは、高速馬場巧者なので週末雨ならそれなりに割引が必要になるかと思います。

 

適性評価:?

能力評価:A

総合評価:B

 

 

モズアスコット

2018年の安田記念からダート込みで馬券内は5回ありますが、全て前傾ラップのレースで好走しています。

つまり前半速いペースへの対応は可能である可能性があります。

ただしスワンSの内容的には1400~1600mがベストかなと思っています。

スワンS 2着
12.1 – 10.8 – 11.7 – 11.7 – 11.5 – 11.7 – 11.8
ラスト1Fでほぼ減速していない点や終いの脚が衰えていなかった点から、レース内容的には距離延長が効く内容です。

ここ最近ダートで活躍してきただけあって、いきなり芝に戻して吉と出るとは思いませんが、馬場が渋るなら期待値は少し上がるかと思います。

あとはゲート出と枠次第。脚質的に後方からとなるので、しっかりポジションを取れないと厳しいと思います。

 

適性評価:?

能力評価:B

総合評価:B

 

 

モズスーパーフレア

コース解説・ラップ分析で話した通り、京都よりも中山にラップが似ているので適性的には中山巧者を評価すべきですが、この馬は中山(3-2-0-0)京都(0-0-1-4)の中山巧者です。

基本的に逃げてスピードで押切る馬なので、スタートして下り坂が続く中山は好相性ですが、スタートして上り坂に入る京都はスピードに乗れず凡走が続いています。

中京の舞台は上り坂スタートなので中山よりかはスピードに乗りにくいですが、急坂ではないためそこまでマイナス視はしていません。

高松宮記念(2019) 15着
12.0 – 10.1 – 11.1 – 11.4 – 11.2 – 11.5
外枠から横一線のスタートとなり、逃げるために前半かなり飛ばして端に立ちました。その影響で直線で後退し惨敗したと考察します。このレースだけで中京適性は疑わない方が良いかもしれません。

シルクロードS 4着
12.2 – 10.8 – 10.9 – 11.1 – 11.5 – 12.5
苦手な京都開催で明け初戦(高松宮記念の叩き台)+時計の掛かるタフな馬場と苦手条件揃いでしたが、ラスト1Fまでは逃げ切りそうな勢いで粘っていました。4着ですが十分評価できる内容でした。

ただしベストは中山の高速馬場なので、ここは条件としては少し違います。

昨年と比べゆとりあるローテで臨むので、昨年と違って内枠を確保できれば注意は必要かと思います。

 

適性評価:B

能力評価:B

総合評価:B

 

 

ラブカンプー

全盛期は3歳時。ここでは厳しいと思います。

 

適性評価:C

能力評価:C

総合評価:C

>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG