七夕賞 2020 最終予想【大混戦!展開+馬場傾向が鍵】

お疲れ様です。

この記事では七夕賞の最終予想を行います。よろしくお願いします。

各馬細かい適性や能力に関する見解は全頭診断の記事で配信しているので、まだの方は下記リンクよりお願いします。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

基本的に前傾ラップからの消耗戦になりやすいレースです。

持続力に加えて、追走力やスタミナが要求されます。

 

 

2.馬場状態

土曜の馬場傾向は内外フラットだと稍内有利ですがほぼフラット。

重要なのは4角で射程圏に入れないと厳しい前有利の馬場状態でした。

土曜夜や日曜の雨量はそこまで多くないので、傾向は変わらない可能性が高いです。

 

 

3.展開予想

逃げ候補はジナンボーやリュヌルージュ辺りだと思いますが、これといって逃げたい馬も見当たらず。

下り坂スタート+前有利の馬場状態で騎手心理は前に働くので、スローは考えずらく、想定としては例年並みの前傾ラップ辺りだと予想します。

極端に速くならなければ、馬場傾向通り前有利になると思うので、前付けできる馬を積極的に狙っていきたいと思います。

 

 

4.最終予想

 ◎  リュヌルージュ

馬場はもっと悪化したほうが良いですが、明日は回復しても稍重でしょうし、土曜の馬場は時計も掛かっている+タフなレースになりやすいということで本命。

展開もそこまで速くならないでしょうし、大外枠ですが極端に内有利ではなくフラット状態なので、馬場傾向と展開は大きく味方しそうです。

間隔は詰まっていますが状態は問題なく仕上がっているので、しっかり前付けできれば残せる可能性は高いと思います。

それと斤量52の恩恵は大きいと思っています。

 

 

 〇  マイネルサーパス

この馬も本命まで考えましたが、やはり脚質的な面で不利を受けそうなので対抗評価まで。

前を取れれば取れただけ好走確率は上がると思いますが、位置取り次第では届かない可能性も考慮して評価を下げました。

クレッシェンドラヴよりも前は取れると思います。

 

 

 ▲ ウインイクシード

前有利で稍重想定とするなら一瞬本命まで考えましたが、休み明けという点で評価を落としています。

この馬は叩き良化型だと思うので、やはり休み明けは少しマイナス評価

追い切りは動いていますが、いつも調教は動く方なので特別評価は上げず。

 

 

 △ クレッシェンドラヴ

総合S評価ですが今回は抑えまで。

評価を落とした理由は展開+馬場です。

展開と馬場を考慮すると前有利の可能性が高く、先行力が低い+内枠奇数番+内田騎手+捲り差しが得意という4つの点から、スタート抜群に出ない限り一回下げて外を回すような競馬になると思います。

となると道中は後方競馬になるでしょうし、ある程度捲っても4角で射程圏に入れられない可能性が高いです。

そうなると今の馬場ではペースが速くならない限り厳しいと思うので、今回は抑えの評価です。

ただ状態は抜群ですし、能力適性ともに高評価している馬なので無視はできないか。

 

 

 ☆ ノーブルマーズ

舞台適性も全頭診断で述べた通り評価しているので穴として期待します。

道悪も苦にしないタイプですし状態面も問題ない。

穴で評価した理由は、馬場傾向と展開が前に向きそうで、メンバー内なら先行力は評価できる方なので狙っていきたいと思います。

 

 

5.買目

15 – 2.3.5.9 ワイド4点
15 – 2.3.5.9 – 2.3.5.6.9.11.12.16 3連複22点
※追記:3列目に6番追加(7/12 10:50)
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG