七夕賞 2020 全頭予想【究極にタフな重賞。S評価1頭!】

お疲れ様です。

この記事では七夕賞の全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

前傾ラップから中間流れる速い展開。

ラストは持続力やスタミナが要求されるタフなレースです。

 

 

2.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

※あくまで枠順や追い切り確認前の私個人の評価ですので参考程度までに。

評価の内容
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価
A評価は高いが抜けてはいない
B可もなく、不可もなく
C低評価
能力または適性が未知数

※除外対象馬に関しては確定次第追記します。

 

アウトライアーズ

七夕賞 5着
12.2 – 11.0 – 11.1 – 11.9 – 11.8 – 12.1 – 12.0 – 12.2 – 12.3 – 13.0
ハイペースの消耗戦。最後方から3,4角で動いて大外を捲る競馬での5着。距離ロスはあったものの、その外を回したゴールドサーベラスに着差0.2秒差し切られたのはマイナス点。ゴールドサーベラスもその後活躍しておらず、強い馬に差し切られたならわかるが。
福島民報杯 4着
12.3 – 10.4 – 10.6 – 11.9 – 12.2 – 12.3 – 12.3 – 12.5 – 12.0 – 12.1
ハイペースの持続力勝負。七夕賞同様、後方から動いて大外回し。その外を回したカデナに差し切られたりと能力不足感は否めず。このレースで3着以内は混戦で離れた4着。評価としては難しい。

そもそも前で立ち回れないので、後方から捲る競馬しかできません。

なので捲りの効くこの舞台は合います。むしろ前傾ラップでラスト消耗するこの舞台がベストかと思います。

ただし適性舞台で結果を残せず着差も詰められていないことからワンパンチ足りない印象。

適性評価:A
能力評価:C
総合評価:C

 

 

 

ウインイクシード

日経賞 8着
6.9 – 11.2 – 11.7 – 12.9 – 12.6 – 13.2 – 12.7 – 12.0 – 11.3 – 11.8 – 12.4 – 11.7 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。前半は流れましたが中間が極端に緩んだことにより後方に展開が向いたレース。その展開で3番手の先行競馬は致命的だったので度外視可能です。
福島記念 4着
12.3 – 11.3 – 11.5 – 12.1 – 12.0 – 12.3 – 12.1 – 12.1 – 11.7 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。後方待機組が掲示板を独占した中唯一先行して残していますし、先着されたのはクレッシェンドラヴ、ステイフーリッシュ、ミッキースワローと強者揃いなので相手関係的にも評価できます。そこまでタフなレースではなかったものの、同じ福島2000mの舞台での好内容も評価できます。
福島民報杯 3着
12.2 – 10.9 – 11.2 – 13.1 – 12.5 – 12.2 – 12.0 – 12.2 – 12.3 – 13.2
ハイペースの消耗戦。馬場の悪化もあり中間緩みましたが、前傾ラップの消耗戦でタフなレース内容。2着馬と着差なしのレースをしていますし、タフな展開・タフな馬場での好走は評価して良いです。

福島コースやタフなレースへの適性は高く評価して良いでしょう。

日経賞も展開不利が影響しているので度外視可能です。

週中雨が降り続いており、当時も馬場は重たくなる可能性がありますが、福島民報杯でタフな馬場も経験済みなので問題ないかと思います。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

 

エアウィンザー

大阪杯 5着
12.6 – 11.1 – 12.7 – 12.7 – 12.2 – 12.4 – 11.8 – 11.4 – 11.6 – 12.5
スローからの持続力勝負。内を追走し上手くロスをなくしましたがラスト交わされて5着。3着馬と着差0.1秒ですし格上挑戦だったことを考慮すると十分な内容ですが、ラスト交わされた原因は使える脚が短く甘くなったことかと思います。
鳴尾記念 10着
12.2 – 11.0 – 12.8 – 12.2 – 11.8 – 12.2 – 11.6 – 11.7 – 12.1 – 12.5
ミドルペースの消耗戦。これまで阪神内回り(4-1-0-1)の得意舞台での惨敗。大外枠から内に潜り込んだ後方競馬で、直線で詰まり加速できずそのままといった内容。ただし本来のエアウィンザーならラスト伸び返すことも十分可能だったと思いますが、それも出来ませんでした。

エアウィンザーはピッチ走法で使える脚が短い瞬発力タイプですが、追走力や基礎スピードが速い為、内回りの持続力勝負はポジションさえ取ればむしろ高い適性でした。

その為阪神内回りは通算(4-1-0-2)と好相性です。

ただし前走伸び返せなかった敗因は、後半非常にタフな展開になり、本質的に瞬発力タイプのエアウィンザーに合わなかったからだと思います。

今回福島2000mという点で小回りは合いますが、後半タフになる消耗ラップが想定されるので、適性は若干違うと思います。

具体的に、前半が流れなくても3.4角辺りから中団~後方の馬がマクリを仕掛けてくるレースなので、使える脚が短いエアウィンザーにとってラスト残せる脚がなくなる可能性。

仮に先行して基礎スピードで対応できたとしても、ラストのタフな展開に脚が持たないと思います。

それと枠は外に行っただけマイナスだと思って枠見ます。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

 

オセアグレイト

目黒記念 6着
7.4 – 11.1 – 11.4 – 12.3 – 12.0 – 11.7 – 11.8 – 12.0 – 12.0 – 12.0 – 12.0 – 11.8 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。中間も流れてゴールまで1ペースの競馬でした。直線で抜け出し先頭に立つもラスト甘くなり3着馬と着差0.4秒と離される結果になりました。
メトロポリタンS 5着
12.9 – 11.5 – 12.7 – 13.0 – 12.4 – 12.2 – 12.9 – 12.6 – 12.0 – 11.0 – 11.0 – 11.6
ドスローの瞬発力勝負。5着と負けたものの上がり最速33.3秒で追い込み位置取りの差で負けたレース。内容は悪くない。

勝った迎春Sも中間緩みましたが、メトロポリタンSの内容も考慮すると中間溜めの効くレースに適性が高いと思います。

その為中間流れた目黒記念でラスト甘くなったと推測します。

ちなみにダイヤモンドSは長距離戦にしては流れた方ですが、最内枠からインベタ競馬をして3着に残しているので、4着のレノヴァールがロスなく競馬していたら逆転されていた内容で強くはありません。

七夕賞は中間流れて追走力が問われるため、適性面は低いと思います。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:B

クレッシェンドラヴ

七夕賞(2019) 2着
12.2 – 11.0 – 11.1 – 11.9 – 11.8 – 12.1 – 12.0 – 12.2 – 12.3 – 13.0
ハイペースの消耗戦。勝ったミッキスワローと斤量差2.5キロ(57.5キロ)あったので、着差0.1秒でも力負けでした。そもそもG1の3着馬(天春)なのでこの能力差は仕方ないです。3着馬には着差0.5秒と離し上位2頭は能力が抜けていたと判断して良いでしょう。
福島記念 1着
12.3 – 11.3 – 11.5 – 12.1 – 12.0 – 12.3 – 12.1 – 12.1 – 11.7 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。七夕賞で負けたミッキースワローを下しての勝利ですが、この時ミッキースワローは斤量58.5キロ、2着のステイフーリッシュは57.5キロ、クレッシェンドラヴは斤量55キロだったので、斤量的な有利はありました。ただそれでも着差0.2秒離しているので、上位3頭は能力が抜けていた印象です。

上記の2走を好走しており、相手関係的にも評価できる内容なので適性面は言うことなしでしょう。

今回斤量57キロでも、このメンバーなら能力上位だと思います。

前走中山金杯7着と凡走していますが、この時は出遅れ最後方で直線競馬をして脚を余す形に終わったので度外視可能

出遅れても捲ってラストまで甘くならない持続力とスタミナを持っているので、この舞台なら出遅れてもある程度カバーできるかと思います。

ちなみに昨年2着の七夕賞も出遅れていました。

また今回休み明けになりますが、中間しっかり攻めていて初戦からでも問題ないかと思います。

適性評価:S
能力評価:A
総合評価:S

 

 

 

ジナンボー

小倉大賞典 3着
12.2 – 11.6 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 12.1 – 12.0 – 11.9 – 12.0
ミドルからの持続力勝負。外枠ですが楽にポジション確保し好位からの競馬。4角で先頭に立つも直線2頭に交わされ、カデナとは着差0.3秒離される内容でしたが、後方有利の展開を先行勢で唯一粘り残しており、休み明け+20キロの前哨戦仕上げ。内容としては一番強い競馬だったと思います。
大阪杯 6着
12.9 – 11.7 – 12.3 – 11.9 – 11.6 – 12.1 – 11.7 – 11.3 – 11.2 – 11.7
スローからの持続力勝負。ラストキレ負けしましたが、5着のワグネリアンに着差0.1秒粘り込む内容。相手関係が強かっただけに最低限評価できる内容だったと思います。

ジナンボーに関しては、小回りで中間流れた小倉大賞典で後方有利の展開を3着に残した内容は評価して良い内容かと思います。

ただし後半スタミナのいるタフなレースでの好走歴がない為、ラストでバテる可能性はあります。

ラスト1Fタフなレースという点だったら新潟記念で好走していますが、この時は斤量にも恵まれましたし、七夕賞と比べるとタフではないので参考外とします。

若干適性がズレるので、抑えは必要だと思いますが、人気するなら嫌いたいタイプです。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

ソールインパクト

七夕賞(2019) 8着
12.2 – 11.0 – 11.1 – 11.9 – 11.8 – 12.1 – 12.0 – 12.2 – 12.3 – 13.0
ハイペースの消耗戦。道中12番手のポジションから16番手まで下がるも直線で追い上げ8着となりました。ポジションが落ちた理由は、3.4角で各馬捲りを仕掛けペースが上がったところで順位を落としています。つまり機動力が足りず直線競馬となりました。

昨年の七夕賞で機動力不足が見立ち、機動力が問われない持続力とスタミナが求められる目黒記念で好走しています。

つまり、この馬の得意条件は機動力が問われず持続力やスタミナが問われる広いコース

機動力不足なので、昨年の結果同様、この舞台への適性は低いと思います。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

ノーブルマーズ

小倉記念 3着
12.0 – 11.5 – 12.0 – 12.9 – 12.0 – 11.5 – 11.5 – 11.6 – 11.6 – 12.2
ミドルペースの消耗戦。先着されたメールドグラースとカデナは共に重賞勝馬で、その二頭に着差0.1秒の3着は評価できそうですが、先行有利の舞台で交わされたので、能力差は出たレース内容です。
京都記念 4着
13.0 – 11.4 – 12.4 – 12.3 – 12.0 – 12.6 – 13.1 – 12.7 – 12.4 – 12.2 – 12.3
ミドルペースの持続力勝負。道悪で結構時計のかかる馬場でした。勝馬のクロノジェネシスに着差0.8秒、2着のカレンブーケドールに着差0.4秒つけられますが、どちらもG1実績のある馬で斤量2.3キロもあれば着差仕方ないです。評価すべきは、道悪でタフな馬場+持続力勝負をG2.3では馬券内常連のステイフーリッシュに着差0.1秒に迫れた点です。

小回りで持続力が求められる舞台で適性を示し、小倉記念のような消耗戦でも結果が出ています。

加えて道悪でのレース内容も評価できるので、初の福島ですが、この舞台への適性は高いと思います。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

バレリオ

メトロポリタンS 2着
12.9 – 11.5 – 12.7 – 13.0 – 12.4 – 12.2 – 12.9 – 12.6 – 12.0 – 11.0 – 11.0 – 11.6
ドスロー瞬発力勝負。逃げたウラヌスチャームを捉えられなかったが、好位から上がり33.4秒を使っての好走。

その前のオリオンS 1着時も同じでしたが、この馬はスローの瞬発力勝負でこそ力を発揮するので、この舞台は適性外です。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

 

パッシングスルー

紫苑 1着
12.2 – 11.1 – 12.2 – 12.3 – 12.7 – 11.8 – 12.0 – 11.5 – 11.0 – 11.5
スローの瞬発力勝負。勝馬のフェアリーポルカはその後重賞連勝でその馬と着差なしの接戦。3着はカレンブーケドールと相手関係的に評価したくなるが、フェアリーポルカもカレンブーケドールも得意条件は持続力勝負。なので特別高い評価はできません。
愛知杯 7着
12.3 – 11.1 – 11.9 – 12.6 – 12.2 – 12.0 – 12.0 – 12.2 – 12.4 – 12.4
ハイペースの消耗戦。スタートで挟まれますが展開が後方に向いたので結果的に損にはならなかった不利なので無視。4角で外を捲って仕掛けていきましたが、直線伸びを欠いての凡走。確かに仕掛けは早かったですが、同じく早仕掛けのレイホーロマンスは伸びて3着。タフな流れのレース適性を疑う内容でした。

1勝クラスで福島のタフな流れを制してますが、斤量52キロで相手関係的にも現在1.2勝クラス止まりの馬ばかりなので、評価ができる内容ではありません。

愛知杯で全く伸びていないように、本質的には瞬発力寄りの流れが合う印象です。

愛知杯や秋華賞の敗因が馬場という意見もありますが、1勝クラスは稍重開催で時計の掛かる福島でパフォーマンスを落としていないので馬場ではなく、どちらもレースが流れて後半タフになったことが原因かと私は予想します。

消耗戦でタフな流れになるここでは適性違いだと判断します。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:B

 

 

ヒンドゥタイムズ

下鴨S 1着
12.4 – 11.7 – 12.8 – 12.9 – 12.8 – 12.2 – 11.6 – 11.3 – 11.0 – 11.3
スローからの持続力勝負。この時の3着馬はマーメイドSの勝馬サマーセントですが、サマーセントが内先行する絶好の展開を終始中団外を回して着差0.2秒で快勝した内容は強いです。そのサマーセントとは斤量差5キロ重く、ちなみに2着のサンレイポケットはその後3勝クラスを勝ち上がりますが、この馬よりも2キロ重い斤量でした。

前走の下鴨Sの内容や相手関係は非常に評価できる内容なので、能力面は高く評価します。

ただし、これまで消耗戦を経験していないので、そこへの対応は鍵となります。

追走力に関しては、中間速めに流れた小倉で好走し経験済み

持続力はあるので、消耗戦にある程度対応できれば能力面で上位争い可能だと思います。

適性評価:?
能力評価:A
総合評価:A

 

 

ブラヴァス

但馬S 1着
12.6 – 11.4 – 12.5 – 12.7 – 12.4 – 12.4 – 11.9 – 11.2 – 11.4 – 11.6
ドスローの瞬発力勝負。ヒンドゥタイムズに首差先着しての勝利。ヒンドゥタイムズはその後マーメイドSの勝馬サマーセントに快勝した馬で、この相手を負かせた瞬発力は高く評価できます。
新潟大賞典 4着
12.4 – 11.0 – 11.7 – 12.1 – 12.5 – 12.0 – 11.5 – 11.2 – 11.4 – 12.8
ミドルの持続力勝負。好位のインでロスをなくす完璧な競馬でしたが前の2頭を捉えられず、ゴール前でプレシャスブルーに交わされての4着。
近江特別 2着
12.8 – 11.5 – 11.4 – 11.9 – 12.1 – 11.8 – 11.4 – 11.5 – 12.2
ミドルの持続力勝負。2着と好走していますが、勝馬のグロオルロージュはその後3勝クラスで馬券外。2勝クラス3勝クラスと連勝する馬がここでこの相手に負けたのは評価できない。

上記のレースを見て分かる通り、ブラヴァスは瞬発力タイプの馬です。

以前札幌の1勝クラスでタフな馬場の消耗戦を制していますが、相手が弱すぎたのでここは評価に含まず。

本質的に瞬発力タイプ。そして好走時は中間緩んだラップで近江特別など甘くなるレースは中間流れたレースです。

能力面はある程度評価できますが、適性面では評価できないタイプです。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

 

マイネルサーパス

福島民報杯 1着
12.2 – 10.9 – 11.2 – 13.1 – 12.5 – 12.2 – 12.0 – 12.2 – 12.3 – 13.2
ハイペースの消耗戦。馬場の悪化もあり中間緩みましたが、後半は消耗ラップでラスト1F掛かるタフなレース。2.3着馬より外を回すロスがありながらも結果着差0.2秒と快勝。タフな馬場やタフな展開への適性を証明できたレース内容でした。

このレースの他にもアンドロメダSは消耗戦でしたが1着。

福島の舞台は(2-1-0-0)と好相性で、適性は非常に高いです。

福島で負かしてきた相手も、ダノンチェイサーやウインイクシードといった重賞で好走してきた馬なので、相手関係的にも評価できます。

道悪も苦にしないタイプなので、ここでも十分可能性はあると思います。

適性評価:S
能力評価:A
総合評価:A

 

 

リュヌルージュ

中山牝馬S 2着
12.7 – 12.0 – 12.3 – 12.0 – 11.8 – 11.6 – 12.2 – 12.3 – 13.3
ミドルペースの消耗戦。雪の影響で馬場が重くなり、展開的にも消耗ラップで前も後ろもバテバテといったレースでした。番手追走で残しましたが、この馬以外の先行集団は沈み前が有利だった訳ではなく、タフなレースに適性を示したレースだったかと思います。
マーメイドS 3着
12.4 – 11.2 – 12.7 – 12.5 – 12.0 – 12.1 – 11.7 – 11.4 – 12.2 – 12.9
ミドルペースの消耗戦。インコースが圧倒的有利の馬場状態で最内枠からインをロスなく回っての3着。トラックバイアスを考慮すると少し物足りない内容でしたが、好走条件にハマれば穴でも好走出来ます。恐らくタフになればなるだけこの馬にとってはプラスかもしれません。
福島牝馬S 8着
12.4 – 10.7 – 11.7 – 12.6 – 12.2 – 11.8 – 11.9 – 11.7 – 11.8
ミドルペースの持続力勝負。ラスト4Fでタフさは求められていないレースです。単純にスピードという面で劣った印象です。

福島は1戦して8着と惨敗しているので、福島適性が低いと思われがちですが、その惨敗した福島牝馬Sはタフさが求められなかった持続力勝負

この馬はタフになればなっただけ得意条件なので、福島牝馬Sは適性外として捉えます。

もともとタフになりやすい七夕賞で、週中雨が降り続き土日も80%なので、馬場が悪化すれば絶好の条件だと思います。

適性評価:S
能力評価:B
総合評価:A

 

 

 

レッドローゼス

福島民報杯(2019) 1着
12.3 – 10.4 – 10.6 – 11.9 – 12.2 – 12.3 – 12.3 – 12.5 – 12.0 – 12.1
ハイペースの持続力勝負。後半消耗ラップにはならなかったものの前傾3.3秒の超ハイペースをマクリ差しでの勝利。下した相手はクレッシェンドラヴやカデナといった強敵を負かしており、相手関係的にも評価できます。
福島民報杯(2020) 4着
12.2 – 10.9 – 11.2 – 13.1 – 12.5 – 12.2 – 12.0 – 12.2 – 12.3 – 13.2
ハイペースの消耗戦。昨年同様前傾3.4秒の超ハイペース。昨年勝った舞台で4着と負けますが、昨年は道中10番手前後から4角3番手まで捲っての勝利。今年は道中16番手から捲って4角10番手から上がり最速での4着。ちなみに着差0.3秒でしたが、3着馬とは0.1秒差とかなり詰めています。完全に位置取りの差での負けなので、十分評価できる内容かと思います。

このように前傾ラップのタフなレースでこそ実力を発揮できるスタミナ型

七夕賞は平均で前傾1.5秒速くなり、後半タフな消耗戦になるのが特徴です。

今年のメンバーや展開次第ですが、タフなレースに高い適性があるので大穴ですが軽視禁物かと思います。

前半が速くなればなるほど期待値が上がると思っていいです。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

 

ヴァンケドミンゴ

いわき特別 1着
12.6 – 11.3 – 11.6 – 12.6 – 12.1 – 12.0 – 12.1 – 12.3 – 12.5
ハイペースの消耗戦。負かしたジョブックコメンは3勝クラスまで勝ち上がりましたが、強い相手関係で勝ってきた馬ではないので、このレースの評価は難しいところ。

福島は4戦4勝と高い適性がありそうですが、上記のいわき特別以外はタフさが求められない持続力勝負での勝利。

タフさという点では評価が少し低いので、福島成績抜群でも適性評価は少々低めにします。

人気はないので3連系なら抑えてもいいとは思いますが、個人的には積極的にいきたくない馬です。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG