天皇賞・秋 2020 最終予想【本命は妙味十分な穴馬から!】

お疲れ様です。

この記事では天皇賞秋の最終予想を行います。よろしくお願いします。

各馬細かい適性や能力に関する見解は全頭診断の記事で配信しているので、まだの方は下記リンクよりお願いします。

 

1.コース解説・ラップ分析

求めれられる適性
①持続力
②トップスピードの質。キセキが逃げればタフさ>トップスピード戦
③キセキが逃げれば追走力、逃げなければスロー濃厚で追走力は求められず
※後述する展開予想で詳しく触れますが、キセキ次第で展開が変り、求められる適性も変わります。

 

2.馬場傾向

土曜の馬場は先週と比べて高速化が進み、高速馬場とまでは行きませんが速い時計が出始めています。

バイアスは中~外有利で、展開次第では外差しも警戒。

 

 

3.展開予想

逃げ候補はダイワキャグニー、ダノンプレミアム、キセキ、ジナンボー。

枠とテンの速さを考慮するとダイワギャグニー辺りが有力ですが、とりあえずキセキ以外の逃げは前半スローになると思います。

キセキですが、出たなりだと思うので、すんなり出たら端を切る可能性もありますし、出遅れたらそのまま控えると思います。

仮にキセキが逃げたとするならミドルペースからの4~5F持続戦。

ラップで言うとL3目最速ラップからの消耗戦が想定されます。(2年前の秋天・JC参照)

いつも通り出遅れ後方となった場合、スローのトップスピード戦は避けたいでしょうから、早めに動いて後半タフな展開にしてくると思います。

この場合、ペースが流れやすい東京で捲りは厳しいように思えますが、今回のメンバーなら中間12秒台前半~中盤で比較的緩むと思うので、捲ってくる可能性はあると思います。

キセキ次第で展開は変わりそうですが、後半持続力質になる可能性が高いので、持続力という条件はマスト

馬場と展開を合わせて考えると、中団~後方からの差しに警戒したい。

 

 

 

4.最終予想

 ◎ ⑩スカーレットカラー

ポテンシャルはG1取れるだけのものはあると思いますが、全頭診断で述べたように、スタート出すと掛かる癖がネック

ポジションを取れない馬なだけに、差し損ねが起きるタイプですが、今回展開や馬場は後方外差しに向く可能性大。

気性難でピッチ走法なので、内でロスなく+前壁を作れる内枠がベストでしたが7枠10番。

内枠が欲しかったのは正直なところですが、バイアスが外に向いている点はプラス。

また先週のような馬場状態がベストなのは否めませんが、昨日の状態からして阪神牝馬と同じくらいの稍速い馬場だと思ってます。

ヴィクトリアマイルのような超高速馬場~高速馬場だと評価は落ちますが、高速馬場までいってない今の馬場なら力は出し切れる。

追い切り内容も良く、中間自己ベストからの最終追い切り抜群。

狙うなら人気がなく適性舞台のここしかない。

 

 

 〇 ⑨アーモンドアイ

安田が短かったように、この舞台はベスト条件。

馬場も高速寄りなのは、この馬にとって追い風なので、逆らう必要はないかと思います。

追い切り見ても抜群ですし、能力落ちはないと見ています。

 

 

 

 ▲ ④ダノンキングリー

休み明けで東京マイルからの距離延長は大きくプラスに捉えています。

実際に東京2000mはマイラー質が出るので、その点で適性的にもここは範囲内。

今回内目の枠は絶好で、安田で行くそぶりを見せていたので、前に壁が作れる内枠はベスト

印を落とした理由は、気性面と追い切り。

安田の行きたがった気正面が少々気がかりなのと、追い切り内容が上位印2頭には劣る。

高速馬場~超高速馬場なら印は上げていましたが、今の馬場と上記の理由から3番手まで。

 

 

5.買目

10 – 4.9 ワイド2点
10 – 9 馬連1点
あくまで私自身の予想・買目になるので参考程度にお願いします。
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG