天皇賞・秋 2020 全頭診断【アーモンドアイにS評価。人気薄にも注目馬います!】

お疲れ様です。

この記事では天皇賞秋の全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

求められる適性
①トップスピードの質

②持続力
③追走力
※追記
キセキが逃げた場合、例年に近い傾向となり上記の適性が問われます。
イメージ昨年の天秋に近いラップ構成になると思います。
昨年はラスト3F目で最速、その後2F減速ラップ。
キセキが逃げて好走した天秋、JC共にラスト3F目で最速ラップ、その後2F減速ラップなのでラップ構成はほぼ同じです。
ただしキセキが逃げない場合、スローロンスパ持続戦orスロー瞬発戦になり、キセキがスロー瞬発戦を嫌がると思うので、捲って後半持続力勝負になる可能性の方が高いです。
つまりキセキが逃げなかった場合、スローロンスパ持続戦となり、中間は溜めの効くレース(例年とは傾向が変る)になる可能性があります。

2.総合S評価成績

 

 

3.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

あくまで枠順や追い切り確認前の私個人の評価ですので参考程度までに。

評価の内容
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価
A評価は高いが抜けてはいない
B可もなく、不可もなく
C低評価
能力または適性が未知数

※除外対象馬に関しては確定次第追記します。

 

アーモンドアイ

ヴィクトリアマイル 1着
12.0 – 10.9 – 11.3 – 11.4 – 11.1 – 11.2 – 11.1 – 11.6
ミドルペースの持続力勝負。昨年の安田記念より前半3Fが速いペースでしたが、しっかり先行して追走できた点は高評価。直線は馬なりで上がり32.9秒と破格。着差も0.7秒の圧勝劇でした。ただしパトロールビデオを見るとゲートで若干暴れていたので、ゲートが上手くなったとは言い切れず不安は残ります。
安田記念 2着
12.1 – 10.9 – 11.2 – 11.5 – 11.6 – 11.4 – 11.0 – 11.9
ミドルペースの持続力勝負。ヴィクトリアマイルの不安が当たり出遅れ後方からの競馬。直線は大外を回すロスで追い込むも着差0.4秒離された2着。出遅れなければ僅差だったと思いますが、1400質の適性が求められたので、アーモンドアイからしたら適性外。この舞台では適性込みだと単純にグランアレグリアと同等かそれ以下かと思います。ただあそこから2着に持ってこれるのは単純に能力が抜けてます。

近2走(東京高速マイル)は適性外の舞台での好走。

適性外とは言え能力差+先行できたのでヴィクトリアマイルは圧勝。安田記念は出遅れながらも2着好走。

これはアーモンドアイの能力値が抜けている証拠だと思います。

安田記念のグランアレグリアと仮に能力が同等だとしたら、適性で上回れた結果なので悲観する内容ではないですし、使い詰めが苦手なのでローテも大変だったと思います。

個人的には近走の内容から能力落ちは判断できないので、その点は問題ないと思います。

今回距離延長の東京2000mはアーモンドアイにとって適性条件となるので、大きな不利さえなければ問題ないと思います。

ちなみに、馬場に関して不安視されている人もいますが、個人的には問題ないと思います。

先週の東京は土曜稍重→良。日曜良馬場で時計も掛かっていましたが、平均~稍掛かる程度でした。

今週からBコース替わり+週中~当日雨が降らない為、先週よりも時計が出ると思います。

高速使用まで戻らないとしても、アーモンドアイが経験した秋華賞や桜花賞並みの馬場まで回復すると思います。(桜花賞前日雨、秋華賞は時期的に高速馬場以下の状態だった)

これらの理由から、馬場は問題ないという結論です。(最終決断は土曜の馬場を見てからですが)

※キセキが逃げて後半消耗戦になったとしても、JCの例があるので対応可能だと思います。

適性評価:S
能力評価;S
総合評価:S

 

 

ウインブライト

中山記念 7着
12.4 – 11.8 – 11.8 – 11.8 – 11.5 – 11.7 – 11.9 – 11.3 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。中団追走も4角辺りから全く動かず置いて行かれる形に。ガス欠や不利などはなかったので、敗因としては鞍上が松岡騎手じゃないと走らないのか、休み明けが弱いのか。

過去の成績を見ても休み明けは走ってないですし、昨年もQE2世Cを1着した後のオールカマーで人気を背負って大敗しています。

その点今回松岡騎手に戻りますが、休み明けという点では不安材料。

中山記念が調教動いての凡走だったので、調教は良く見せるタイプでそこだけでは判断しずらいです。

この馬の適性は皆さん知っての通り中山の特に内回り。

スピードの求められない、タフな小回りでの適性(持続力+機動力+タフさ)を高く示しており、機動力を活かせないトップスピードが求められる東京では適性違いだと思います。

適性評価:C
能力評価;B
総合評価:B

 

 

カデナ

大阪杯 4着
12.9 – 11.7 – 12.3 – 11.9 – 11.6 – 12.1 – 11.7 – 11.3 – 11.2 – 11.7
スローからの持続力勝負。大阪杯らしいスローロンスパの流れで前有利の展開を、後方12番手から上がり最速33.5秒で差し切り好メンバー相手に4着と健闘しました。後方インを立ち回って直線インを突いたので、ロス自体は少なかったものの、この展開でもしっかり追い込めたことはトップスピードの質と持続力を評価できる内容です。
毎日王冠 4着
12.5 – 10.7 – 11.3 – 11.7 – 11.8 – 12.1 – 11.8 – 11.9 – 11.7
ハイペースの持続力勝負。前2頭が飛ばしたので後続はミドルくらいで流れてると思います。上がり34.2秒(上がり2位でサリオスと0.1秒差)で追い込めた辺り、トップスピードの質はやはり高いと思います。ただしラスト1F甘くなってサンレイポケットに差し返されたのはマイナス点

大阪杯4着時も機動力不足が浮き彫りになり足りず、小倉大賞典も機動力不足で直線競馬でした。

トップスピードの質が問われた大阪杯や新潟記念(昨年3着、今年6着は位置取りが後ろ過ぎただけで上がりは好時計を計測)で高いパフォーマンスを発揮していることから、機動力のいらないトップスピードの質が求められる東京の舞台は合うと思います。

ただし、新潟記念と毎日王冠でラスト1F甘くなっている点が少々気になります。

毎日王冠はペースが流れたので、溜められない分甘くなったのかな?と思いますが、新潟記念は中間13秒台まで緩みました。

本来持続力勝負は得意条件で、大阪杯や新潟記念のように緩んだ中のトップスピード戦は得意です。

その得意条件を2回続けてラスト甘くなったのは、劣化か状態が悪いのどちらかです。

ただ状態が悪いにしては上がり時計は出ているので、劣化してきていると仮説を立てます。

劣化状態でG1トップレベルの相手とは流石に厳しいと思うので、低めの評価とします。

適性評価:A
能力評価;B
総合評価:B

 

 

キセキ

宝塚記念 2着
12.3 – 10.9 – 11.4 – 12.7 – 12.7 – 12.4 – 12.4 – 12.4 – 11.9 – 12.1 – 12.3
ハイペースの持続力勝負。先行勢は展開不利で壊滅。後方勢に展開が向き、その中でも3.4角でポジションを上げた2頭でのワンツー。この2頭は機動力+持続力+タフさが求められており、キセキが3着モズベッロを着差0.8秒離したことも踏まえ高評価できる内容
京都大賞典 2着
12.8 – 10.9 – 11.8 – 12.3 – 12.6 – 12.5 – 12.7 – 12.8 – 12.2 – 11.6 – 11.6 – 11.8
ミドルの瞬発力勝負。1000m通過後に最後方から一気にポジションを上げそのままゴール。好位から抜け出した勝馬グローリーヴェイズに着差0.1秒負けでしたが、キセキだけ5Fロンスパ戦をやっていますし、スロー瞬発力戦が得意なグローリーヴェイズを差し切れなかったのは仕方ないです。ただ持続力という点で高く評価していい内容です。

キセキの得意条件は、宝塚記念のような機動力+持続力+タフさが求められる舞台で、トップスピード戦は不向きです。

なので、最近よくやる後方から捲るような競馬はこの舞台では合わないと思います。

キセキが好走するとしたら、2年前の天秋やジャパンCで見せた逃げの競馬。

ラップで言うとラスト4~3F区間で最速ラップを刻み、ラスト2~3Fを消耗戦に持ち込み、持ち前のタフさ+持続力で粘るような競馬。(2年前の天秋・JCがどちらもL3最速→L2消耗ラップ)

最近で言うとバビットのようなタイプです。

ただ、その逃げる競馬が出来るかどうかがまず問題です。

メンバー内で逃げ馬は不在ですが、テンの速さならダノンプレミアム、ジナンボー、スタート出ればアーモンドアイ、ダノンキングリー、ダイワギャグニーが上回ります。

ただ先ほど言ったように、逃げ馬不在で主張する馬は見当たらないので、出遅れず豊さんが強引に出せば逃げられるとは思います。

そして、逃げれば得意な展開に持ち込み馬券内に粘れると思いますが、出遅れ後方でいつも通り捲りだと後半交わされると思います。

適性評価:B
能力評価;A
総合評価:A

 

 

クロノジェネシス

宝塚記念 1着
12.3 – 10.9 – 11.4 – 12.7 – 12.7 – 12.4 – 12.4 – 12.4 – 11.9 – 12.1 – 12.3
ハイペースの持続力勝負。4角出口で既に先頭でそのまま押し切り、2着馬と着差1.0秒という破格の内容。持続力+機動力+タフさという面で相当な能力を持っていると思います。

この馬の得意条件は上記の通りですが、トップスピード戦だと1枚劣ると思ってます。

昨年のエリ女5着、今年の大阪杯2着と、トップスピード戦になったレースではキレ負けしており適性条件とは外れます。

天皇賞秋で求められるのはトップスピードの質。(キセキが逃げなかった場合)

なので、キセキが逃げず例年通りスロー~ミドルのトップスピード戦になった場合、キレ負けする可能性はあります。

ただし、キセキが逃げて後半消耗戦にしてきた場合、タフさは活きるので好走のチャンスはあると思いますが、機動力が活かせない舞台ですし、タフになるとはいえスピードは求められるので、適性的には推しが足りない。

良くも悪くも展開次第。個人的には有馬記念(外枠以外)で狙いたいと思ってます。

それと馬場は渋った方が確実に良いので、今週天気が崩れないのは後押しにならず。

適性評価:B
能力評価;S
総合評価:A

 

ジナンボー

新潟記念 2着
12.8 – 11.5 – 12.5 – 12.4 – 12.7 – 13.0 – 11.9 – 10.8 – 10.7 – 11.6
スローからの瞬発力勝負。スタート不利を受け中団からの競馬になりますが、1000m通過辺りで端を奪いそのまま押し切り2着といった形。中間緩んでいたので、途中から端を奪ったジナンボーはそこまで厳しい競馬ではなかったと思います。

大阪杯でトップスピード戦を経験し、逃げたダノンキングリーに着差0.4秒差(ジナンボーは番手)で展開も向いた中離されすぎで能力差が出た印象。

全体的に能力が劣るので厳しいと思いますし、キセキもいるのでジナンボー的には厳しくなると思います。

今回は軽視します。

適性評価:B
能力評価;C
総合評価:C

 

スカーレットカラー

クイーンS(2019) 2着
12.2 – 11.9 – 12.1 – 12.2 – 12.2 – 11.9 – 11.5 – 11.1 – 11.9
スローからの持続力勝負。前半落ち着いた関係である程度前にいたカリビアンゴールドとミッキーチャームが1.3着と好走した中、4角10番手から上がり最速で追い込んだのがスカーレットカラー。インでロスを削れた影響もありますが、それにしても後方からぶち抜いたのは強い内容でした。持続力やトップスピードの質という点で適性面高く評価して良いです。
阪神牝馬S 2着
12.3 – 10.8 – 11.4 – 12.0 – 11.9 – 11.2 – 11.7 – 11.6
ミドルペースの瞬発力勝負。中間も流れ前有利の展開を後方15番手から馬郡を割って上がり最速でぶち抜きました。クイーンSと同じくトップスピードの質が求められたレースで前有利を馬郡を割っての2着は非常に強い内容ですし、ヴィクトリアMの2着馬サウンドキアラより斤量1キロ重い状態で、着差0.2秒まで詰められている点も評価できます。

この馬の得意条件はトップスピードの質が問われるレースです。

タイプ的には瞬発力タイプですが、トップスピードの質+持続力が問われるクイーンSを2年連続好走しているので、トップスピード戦になれば瞬発持続戦はどちらも問題なく好走してきます。

不安点としては先行力が欠ける点。出すと掛かるタイプなので、それをわかっている岩田騎手ならスタート後いつも通り控えるはずです。

後方からとなった場合、届かない不安もありますが、今の東京は高速使用ではないので、前有利という展開はあまり考えずらく、キセキがいるので後方勢には展開が向く可能性もあります。

トップスピードの質は昨年の府中牝馬Sで証明済みでラッキーライラックに完勝。

このレースの1週前に同コースで毎日王冠が開催されていましたが、この時のダノンキングリーの上がり3Fのタイムは33.4秒。府中牝馬Sがその1週間後で稍重開催だったことを踏まえると、スカーレットカラーの上がり33.2秒はかなり高い数値です。

そして、その1年前の府中牝馬Sは良馬場開催で1着ディアドラ、2着リスグラシューの好メンバー。勝ちタイム1分44秒7でしたが、今年スカーレットカラーが出した勝ちタイムは稍重で1分44秒5となっており、昨年を上回っている点も高評価できます。

先行力さえ身につけば、G1タイトル1つや2つ取れると思ってますが、それでもポテンシャルの高さはG1級だと思っています。

距離に関して不安視する声もありますが、例年通りの展開なら中間11秒台後半、スローになるなら12秒台前半だと思っています。

2年前のクイーンSでは中間12.2秒で折り合えましたし、エリ女はスタート出して掛かる癖が出ただけです。

基本マイラー質が問われるこの舞台なら距離適性は大丈夫ですし、仮にスロー競馬になっても乗り慣れてる岩田騎手なら控えて折り合いに徹すると思うので、個人的に距離不安はありません。

理想は先週並みの時計が稍掛かるような馬場で、内枠引いてロスなく溜めたい。(先週以上に時計が出る想定なので総合S回避。残念。)

適性評価:A
能力評価;S
総合評価:A

 

 

ダイワキャグニー

毎日王冠 2着
12.5 – 10.7 – 11.3 – 11.7 – 11.8 – 12.1 – 11.8 – 11.9 – 11.7
ハイペースの持続力勝負。前2頭が飛ばしたので後続はミドルくらいで流れてると思います。3番手で運び仮想逃げ状態の絶好のポジションから粘って2着に残した内容であまり高い評価はできず。

去勢の効果はあったと思いますが、前走評価は難しく相手関係強くなるこの舞台ではどうか。

左回りは合うますが、ここ最近の好走内容では能力の裏付けは取れず。

毎日王冠は上記の通り、エプソムカップは不良馬場のイン前決着、金鯱賞&オクトーバーSはドスロー瞬発力勝負の前有利で展開利

得意の東京とは言え、イン前有利の展開とトラックバイアスは欲しい。自力では上位入選は厳しいか。

適性評価:B
能力評価;C
総合評価:B

 

 

ダノンキングリー

安田記念 7着
12.1 – 10.9 – 11.2 – 11.5 – 11.6 – 11.4 – 11.0 – 11.9
ミドルペースの持続力勝負。高速マイルで1400質のスピードが問われたレース。追走スピード的に1600~2000mがベストなので、安田記念は適性外で度外視可能です。
毎日王冠 1着
12.9 – 11.3 – 11.3 – 11.5 – 11.5 – 11.6 – 11.2 – 11.3 – 11.8
ミドルペースの持続力勝負。アエロリットのペースで中間も速い流れとなり後半は持続力勝負。特にダノンキングリーは出遅れ後方からの競馬となりロングスパートの持続力が求められましたが、脚色衰えず前有利の展開を後方から差し切り、アエロリットに着差0.2秒。2.3着はインディチャンプとペルシアンナイトといった強者を完封しました。

トップスピードの質と持続力に関しては毎日王冠で証明済み。

他にもダービーや中山記念でも、ラッキーライラックやサートゥルナーリアを負かしており、持続力勝負における能力面の裏付けは十分。

前走距離が短く大敗なので、今回の距離延長は大きくプラス材料

舞台適性的には文句なしと言ったところです。

1つ不安が馬場状態です。

アーモンドアイの見解で述べたように、高速馬場までは行かずとも時計は平均以上に出ると思うので大丈夫だと思いますが、高速馬場ベストなので土曜日の馬場状態には注目です。(馬場状態が鍵なので総合S回避。残念)

適性評価:S
能力評価;A
総合評価:A

 

 

ダノンプレミアム

マイルCS 2着
12.5 – 11.2 – 11.6 – 11.9 – 11.6 – 11.5 – 11.0 – 11.7
稍スローからの瞬発力勝負。直線抜け出すも終始マークされていたインディチャンプにラスト捉えられ2着。ただし天皇賞からの間隔と輸送を考慮すると十分能力の高さは十分証明したと思います。
天皇賞秋 2着
12.8 – 11.4 – 11.5 – 11.6 – 11.7 – 11.6 – 11.3 – 11.1 – 11.3 – 11.9
スローからの持続力勝負。イン前有利のバイアスを外を回しての2着は素直に評価して良いと思います。ラスト脚が上がってますが、3~4角で(11.6‐11.3)のハイラップを外回した消耗もありますし、絶好のポジションで競馬したサートゥルナーリアが垂れたので、持続力がないと2着には残せません。追走力や持続力という点で高い評価ができるレース内容です。

ベストはマイルCSや金鯱賞、マイラーズCでハイパフォーマンスを見せた溜め効く瞬発力戦。

中間緩んでこその馬だと思いますが、天皇賞秋では中間流れた展開から持続力という点で評価できる内容でしたので、ポテンシャルは相当高いです。

安田記念を2年連続凡走していますが、どちらも1400質マイルのスピードが問われたので適性外。特に溜めてキレるこの馬にとっては厳しいレースだったと思います。(今年は3.4角でのめってたので道悪的な敗因もあるかと思います)

その為今回の距離延長はプラスですし、昨年好走しているように溜めが効かない持続力勝負にも対応可能です。

ちなみに、今年はアエロリットのような逃げ馬がいないので(キセキが逃げなければ)中間緩んだら、よりダノンプレミアムの得意条件になると思います。

昨年と同じ安田記念からのローテで、状態面問題なければ当然上位の存在かと思います。

適性評価:A
能力評価;A
総合評価:A

 

 

フィエールマン

天皇賞春(2019) 1着
12.9 – 11.5 – 11.6 – 11.6 – 12.2 – 12.2 – 12.5 – 13.8 – 13.3 – 12.4 – 12.5 – 12.3 – 11.7 – 11.6 – 11.0 – 11.9
スローからの瞬発力勝負。ラスト4F目で(12.3-11.7)と加速し、ラスト2F目でも-0.6秒の加速ラップを踏んで、2着のグローリーヴェイズと共に後続を突き放す強い内容
有馬記念 4着
6.9 – 11.1 – 11.4 – 11.4 – 11.5 – 12.2 – 12.3 – 12.1 – 11.7 – 12.3 – 13.4 – 12.2 – 12.0
ハイペースの持続力勝負。アーモンドアイをマークする形でポジションを上げていったので、後方に展開が向いたこのレースでは展開不利を受けています。それでも4角で位置を上げて言った馬や先行勢が壊滅するなか4着に残したのは能力の表れかと思います。キセキと着差なしですが、展開有利を受けたキセキと展開不利を受けたフィエールマンでは、後者の方が確実に強い競馬をしています。

これまで溜めの効かない持続力勝負では劣る馬でしたが、有馬記念の内容は評価すべきなので、この舞台も対応可能かと思います。

前走の天春でスティッフィリオにハナ差だった点で、能力面など不安になるとは思いますが、キセキが途中からペースを流したので、ラスト4Fは2019年ほどのトップスピード戦にはならず、稍タフな展開でフィエールマンの得意なスローのトップスピード戦にならなかった関係で突き抜けられなかったのかと思います。

ただ上記の内容から、溜めの効く瞬発力トップスピード戦において抜群の切れ味を発揮するので、対応可能ですが適性は少しずれると思います。

適性評価:B
能力評価;A
総合評価:A

 

 

ブラストワンピース

大阪杯 7着
12.9 – 11.7 – 12.3 – 11.9 – 11.6 – 12.1 – 11.7 – 11.3 – 11.2 – 11.7
スローの持続力勝負。スタートで後手を踏み結局後方大外回しの競馬。イン前有利の状態でこの競馬では厳しかったですし、昨年の大阪杯でも同じ負け方をしています。この時は速い時計の出る馬場+上がり最速も33.5秒と速い時計が出ていたので、ブラストワンピースの得意条件ではありませんでした。
宝塚記念 16着
12.3 – 10.9 – 11.4 – 12.7 – 12.7 – 12.4 – 12.4 – 12.4 – 11.9 – 12.1 – 12.3
ハイペースの持続力勝負。前半大外枠から出していってしまい展開不利で4角でガス欠後退。ここは度外視可能です。

近2走は適性外と展開不利で度外視可能ですが、舞台適性的にここは合わない印象です。

ブラストワンピースの得意条件はタフな馬場やタフな展開で、直線で上がりの掛かるレースが条件です。

これに該当しないと非常にもろく、通算成績が(7-0-0-6)と表しているように、ハマれば強くハマらないともろい。

つまり、持続力やパワー・スタミナが非常に優れている馬で、トップスピード戦になるとキレ負けします。

今回仮にキセキが逃げて、後半タフになっても上がりが極端に掛かるレース質にはならず、ある程度トップスピードも求められます。

ここは適性違いだと思うので軽視します。

適性評価:C
能力評価;A
総合評価:B
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG