ヴィクトリアマイル 2020 全頭予想【求められる適性は持続力+スピード】

お疲れ様です。

この記事ではヴィクトリアマイルの全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

併せてLINE@の友達募集しています!

こちらでは無料で平場の推奨馬や買目など配信していますので、下記リンクより是非ご登録お願いします。

ちなみに平場は1日2~4R程に絞り、現在8週連続的中しています。

友だち追加

 

 

1.コース解説・ラップ分析

コース解説・ラップ分析は上記の記事で詳しく解説しています。

速い流れから持続力が問われ、近年の超高速化により展開が速くなれば1400mなどの短距離適性が問われることもあります。

つまりスピード能力ですね。この辺りもポイントとしています。

また週末雨の可能性もあるので、その点にも触れて予想していきます。

 

 

2.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

※あくまで枠順や追い切り確認前の私個人の評価ですので参考程度までに。

評価の内容
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価
A評価は高いが抜けてはいない
B可もなく、不可もなく
C低評価
能力または適性が未知数

 

アーモンドアイ

安田記念 3着
12.2 – 10.9 – 11.4 – 11.3 – 11.2 – 11.1 – 11.2 – 11.6
ミドルペースの持続力勝負。スタート直後不利を受け後方11番手からの競馬になり、直線外を回し首差3着の結果。この時の内容が破格で、内先行有利の馬場状態で後方の馬は全く競馬に参加できなかったレースですが、この馬は能力だけで追い込んできました。この着差と直線の伸び方から、不利を受けず理想のポジションで走れていれば差し切れていたと思います。枠+馬場+不利が重なった3着で度返し可能。むしろスピード決着に対応できた点で高評価。
有馬記念 9着
6.9 – 11.1 – 11.4 – 11.4 – 11.5 – 12.2 – 12.3 – 12.1 – 11.7 – 12.3 – 13.4 – 12.2 – 12.0
ハイペースの持続力勝負。直線失速し大敗しました。敗因はポジションと展開だと思います。このレース7着以内の馬は全て道中で二桁ポジションで競馬をした馬で、それだけ後方に展開が向いたレースです。アーモンドアイはスタート後フィエールマンの後ろに付けていましたが、正面スタンド前で前にいたフィエールマンを抜いてポジションを上げています。普通あの場面はペースを読んで後方で溜め折り合いに徹する場面です。加えて内にも潜れず外を回し続けたので、流石のアーモンドアイでも直線の急坂で脚が止まってしまいました。

まず有馬記念の惨敗については上記の理由で度外視可能。

今回問われる適性は良馬場の超高速馬場なら1400mのような短距離寄りのスピード能力が問われますが、ヴィクトリアマイルの平均ラップよりも中間速く流れた安田記念で力を発揮できているので、スピード勝負は対応できるでしょう。

また週末雨予報が出ていますが、今の超高速馬場に多少の雨では極端に時計の掛かる馬場への変動はないと思っています。

極端に時計が掛かればマイナス材料となりますが、稍重程度ならむしろ軽く時計が掛かるくらいで展開的には走りやすくなると思います。

枠と追い切りが極端にひどくなければ復活すると思います。

適性評価:S
能力評価:S
総合評価:S

 

 

アルーシャ

信越ステークス 1着
12.2 – 10.5 – 10.9 – 11.7 – 12.1 – 11.9 – 12.0
ハイペースの持続力勝負。展開がハマっての勝利ですが、デアレガーロやプールヴィルを抑えての勝利。プールヴィルは今回人気しているサウンドキアラに京都牝馬Sで着差0.2秒の2着と健闘しており、相手関係的には申し分ない。

今回良の高速馬場なら1400m質の適性が問われますが、この馬の得意条件がまさに左回りの1400mで適性は決して低くないと思います。

ただし能力面は確実に足りていないので、ハイペース前提で展開が噛み合い内目の枠からロスなく中団待機して直線スムーズに追い出せれば大穴チャンスかろうじてあり。といった評価です。

適性評価:A
能力評価:C
総合評価:B

 

 

コントラチェック

中山牝馬S 14着
12.7 – 12.0 – 12.3 – 12.0 – 11.8 – 11.6 – 12.2 – 12.3 – 13.3
ミドルペースの消耗戦。逃げてこその馬が逃げられず馬場も最悪。レース後ルメールのコメントで「雪を食べて走っていて集中できていなかった」とありましたがそれは置いておくとして、道悪でしかも逃げられなかったことが敗因かと思います。度外視可能です。
ターコイズS 1着
12.4 – 10.5 – 11.0 – 11.5 – 11.9 – 11.8 – 11.1 – 12.0
ミドルペースの持続力勝負。(逃げたコントラチェックは瞬発力ラップ)楽な単騎逃げでラスト3~4Fで溜めも効き、そのまま加速して圧勝でした。フラワーCもそうでしたが、この馬は自分のペースで逃げてこそ力を発揮するタイプです。なのでビーチサンバと端争いで激突した秋華賞は、ビーチサンバ5着に対し15着と大惨敗しています。

楽に逃げられるかが鍵となりますが、今回逃げ馬候補にセラピアやトロワゼトラルなど、速いペースで逃げる馬がいますし、特にセラピアはテンのスピードが速いので、枠次第では簡単に行かせてくれない可能性が高いです。

そうなった場合この馬にとって斤量も大きく影響し、単騎逃げで勝ってきたレースは全て54キロ。55キロは(0-0-0-3)と凡走が続いています。

敗因の全てが斤量ではないですが、楽に行けなかった場合この斤量が重くのしかかってくると思うので、枠順には注目の1頭です。

ただ適性的にはいまひとつで、直線の短い中山での押し切り競馬が目立つので、同じことが東京でも出来るのか。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

サウンドキアラ

京都牝馬S 1着
12.5 – 11.8 – 11.7 – 12.4 – 11.5 – 11.4 – 11.9
スロー持続力勝負。道悪で中~外が伸びたとは言え、大外枠から終始大外を回し直線あれだけ伸びてこれたのは能力の高さだと思いますし、中も伸びていたので極端にトラックバイアスが味方したとは思いません。強かったです。
阪神牝馬S 1着
12.3 – 10.8 – 11.4 – 12.0 – 11.9 – 11.2 – 11.7 – 11.6
ミドルペースの瞬発力勝負。内枠からインを追走し直線でも詰まらず前が開いたので楽に抜けだし着差0.2秒で勝利。ただし2着のスカーレットカラーは直線で挟まれてしまい、加速がかなり遅れたのでそれがなければ着差なしの勝ち負けだったレースかと思います。内容で言ったらそこまで強くはない。

この馬の特徴は何といっても安定感。

先行できて直線で上がりも使える為、成績が非常に安定するものかと思います。

加えて道悪も熟すので、その点で言ったら週末の天気に左右されない点もプラス。

ただし能力面ではまだ裏付けがなく、ここまで重賞3連勝ですが相手関係はG3G2レベルの相手です。

適性的にもスピード決着には向かないと思ってます。

どちらかというと京都金杯や阪神牝馬Sの時のような、道中で息が入るレースの方が合う印象です。

脚質が脚質なので当たり前ではありますが、淀みない流れで道中息の入らない東京で実績がないので、この馬の適性と少し違う印象です。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

サトノガーネット

東京マイルでは厳しいと思います。

2000m前後の距離で見直したいですね。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

シゲルピンクダイヤ

どちらかというと溜めてキレるタイプ。

道中息の入らない東京マイルでは適性的に厳しいと思います。

また最近気性難が目立つので輸送はまずプラスに働かないと思います。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

シャドウディーヴァ

東京新聞杯 2着
12.4 – 10.9 – 11.4 – 11.6 – 11.8 – 11.5 – 11.6 – 11.8
ミドルペースの持続力勝負。後方インを追走しインを突いたとはいえ、先行中団有利の展開を後方11番手から上がり2位の脚で差し切った点は評価できます。勝馬のプリモも道中インを追走し直線真ん中に出した競馬だったので、G1好走するような馬と似たような競馬をしてこれだけ差が詰められているなら、能力面で評価して良いと思います。またこの時斤量がプリモより2キロ軽かったですが、先行中団有利のレースでプリモは4角6番手だったので位置取りで勝馬が有利だったと考えると、そこまで斤量について減点しなくていいと私は思います。

非常に東京適性の高い馬で成績は(1-4-1-1)と距離が長かったダービー以外馬券内です。

特に前走の東京新聞杯では速い流れのマイルで好走しているので、マイルの速い流れでも対応できると思います。

今回斤量が一定なのでその点能力不足ですが、展開は流れそうで中団差しは決まりやすいと思います。

ロスなく中団で競馬できれば飛んでくる可能性もあるので、穴として警戒すべきかと思います。

道悪に関しては極端に時計が掛かると末脚が削がれそうですが、稍重程度なら問題ないと思います。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

スカーレットカラー

府中牝馬S 1着
12.4 – 10.9 – 11.6 – 11.8 – 11.6 – 11.9 – 11.3 – 11.2 – 11.8
スローからの瞬発力勝負。上がり3F1位の脚(33.2秒)を使って4角14番手から追い込みました。前有利の展開を能力で差し切った強い内容で、相手関係的にもラッキーライラックやクロコスミアと好メンバー。また、このレースの1週前に同コースで行われた毎日王冠でダノンキングリーの上がり3Fのタイムは33.4秒。府中牝馬Sがその1週間後で稍重開催だったことを踏まえると、ダノンキングリー以上の上がりを使っています。そして昨年の府中牝馬Sは良馬場開催で1着ディアドラ、2着リスグラシューの好メンバー。勝ちタイム1分44秒7でしたが、今年スカーレットカラーが出した勝ちタイムは稍重で1分44秒5となっており、昨年を上回っている点も評価できます。
阪神牝馬S 2着
12.3 – 10.8 – 11.4 – 12.0 – 11.9 – 11.2 – 11.7 – 11.6
ミドルペースの瞬発力勝負。前有利の展開を後方から追い込み2着。しかも直線で挟まれる不利を受けたにも関わらず馬郡を割って追い込み、着差0.2秒まで詰めた内容は非常に強いです。直線不利を受けてなければ着差なしで勝ち負けだったでしょう。勝馬のサウンドキアラよりも重い斤量で強い内容でした。

近走大敗したエリ女は距離と枠。有馬記念は距離で度返し可能。

東京の舞台は府中牝馬Sで強いパフォーマンスを見せていますし、マイルも守備範囲なので対応可能かと思いますが、速い流れの競馬に対応できるかが若干不安です。

得意距離は1800~2000mだと思いますし、マイルなら中間息の入る京都や阪神外回りが合うと思います。

なので馬場が少し渋って時計が掛かるようになればかなり期待値が上がります。

ただし能力の高さや距離適性が守備範囲なことから対応してくる可能性も考えられます。

適性評価:A
能力評価:S
総合評価:A

 

 

 

セラピア

能力は足りませんが、先週の内先行有利の馬場傾向で今週Bコース替わりでさらに前有利が強くなればその分有利になります。

コントラチェックやトロワゼトラルがいるので、楽に行ければ大穴ワンチャンですが、コントラチェックは行きたいはずなので今回は厳しいと思ってます。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:C

 

 

 

ダノンファンタジー

阪神牝馬S 5着
12.3 – 10.8 – 11.4 – 12.0 – 11.9 – 11.2 – 11.7 – 11.6
ミドルペースの瞬発力勝負。外枠でしたがいつもより折り合って好位追走。完璧なポジションから直線に入りましたが弾けず5着と敗れました。休み明け+22キロ増と先着されたスカーレットカラー以外より斤量が1キロ重かった点が敗因かと思いますが、3歳時のパフォーマンスを考えると弱い内容。追い切りは悪くなかったですし、中間もしっかり乗り込まれていたので、直線弾けなかったのが状態面だと決めつけるのも難しく、得意舞台+得意条件で展開も向きあの位置取りで折り合って弾けないとなると状態面よりも能力面を疑いたくなります私は。

3歳時の能力は申し分なかったですが、前走の内容から若干疑問なのと、適性的に今の東京マイルはどうかと思います。

この馬は道中息の入る瞬発力勝負で好走している馬なので、速い流れからの持続力勝負が合う印象は個人的にないです。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

ディメンシオン

良馬場の高速馬場+速い競馬への適性は高いと思います。

東京1400mや速い流れとなった京成杯や阪神牝馬Sで好走しています。

雨が降らず楽にポジションの取れる枠を取れれば大穴チャンスありかと思います。

ただ明らかに能力が足りていません。

適性評価:A
能力評価:C
総合評価:B

 

 

 

トーセンブレス

得意条件はスロー瞬発力勝負。

ここでは適性や能力的に厳しいと思います。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

トロワゼトワル

東京適性は低いと思います。

能力も足りてないのでここでは軽視します。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ノームコア

ヴィクトリアマイル(2019) 1着
12.3 – 10.6 – 10.8 – 11.1 – 11.3 – 11.2 – 11.5 – 11.7
ハイペースの持続力勝負。枠と展開を味方にしたとはいえ、前が開いてからの加速力と脚色衰えなかった持続力は評価すべきです。

昨年アエロリットが作った速いペースの競馬を勝っているだけあって適性も高く、今年もペースは速くなりそうなので、その点も昨年と同様プラスに捉えて問題ないです。

前走の高松宮記念は海外からの休み明けで、そもそも距離適性外でしたし直線入ってムチ1発だけと全く追ってないので度外視可能です。

ただし今年は典さんなので、馬の出方次第では後方競馬もあり得ます。

昨年は枠やレーンのポジション取りも大きかったので、スタートが下手な馬ではないですがテンが速いわけではないので、出負けしたら差し損ねる可能性は高いです。

能力や適性は十分高いので、あとは枠や追い切り次第でしょうか。

道悪は稍重程度なら十分対応可能ですが、良の高速馬場がベストです。

適性評価:S
能力評価:A
総合評価:A

 

 

ビーチサンバ

秋華賞 5着
12.3 – 10.7 – 11.6 – 11.8 – 11.9 – 12.7 – 12.5 – 12.0 – 12.3 – 12.1
ハイペースの持続力勝負。端争いでコントラチェックと激しくやってしまいましたが、ハイペースの逃げ競馬を5着に残す好内容。能力が高くないと残せてないので、評価の高いレースでした。
阪神牝馬S 4着
12.3 – 10.8 – 11.4 – 12.0 – 11.9 – 11.2 – 11.7 – 11.6
ミドルペースの瞬発力勝負。内枠から中団インで追走するも馬郡に閉じ込められてしまい、直線でも前が壁となり4着。阪神外回りで内枠いっくんならやりかねないと思いましたが案の定でした。脚を余す形で4着だったので、直線スムーズに加速していれば十分馬券内です。

ここまで成績は奮いませんが、敗因は明確なので着順に関しては度外視可能。

また距離も中距離よりもマイルがベストで、秋華賞でハイペースを5着に残すなど速い流れは対応可能です。

ただ秋華賞で見せたのはトップスピードの持続力ではなく基礎能力やスタミナだと思っているので、持続力の裏付けは足りません。

瞬発力勝負で好走している馬なので、持続力勝負は課題ですが、着順で人気を落とすなら積極的に狙いたいですね。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

プリモシーン

ダービー卿 5着
12.2 – 11.1 – 11.0 – 11.1 – 11.7 – 11.6 – 12.0 – 12.1
ハイペースの消耗戦。プリモシーンの大得意な前傾ラップの消耗戦の展開でしたが直線伸びずに5着。申し訳ないですが敗因は明確には分かりません。前日の雨が残った馬場が敗因だったと言うなら、昨年の中京記念の方が馬場は重かったのに伸びていましたし、舞台適性的にも2年前のダービー卿で2着に好走し、この時も同じように外を捲って直線入りしてたので、舞台適性や捲る競馬で直線伸びなくなるということはこの馬にはないです。斤量56キロも前走の東京新聞杯で勝っていますし。

昨年勝っている舞台ですし、得意条件は前傾ラップの持続力勝負or消耗戦なので条件的にはハマりますが、どうしても前走の敗因が分かりません。

この場合私は能力落ちと判断しているので、今回鞍上大幅強化とはいえ紐の評価とします。

そして今回は本当に疑問な点が多く、鞍上大幅強化で勝負気配かと思えば、追い切り時計は1週間前と最終しかなく本数少なめ。外厩へ出した情報もないので、急仕上げ感が漂っています。

前走を評価できないとなると状態次第となってくるので、その点で本数減らした理由など最終予想までに情報収集していきたいと思います。

現時点では適性は高いですが、能力面で疑問なので評価落としています。

馬場は良の高速馬場がベストなので、馬場が悪化するにつれて評価を落とします。

適性評価:S
能力評価:B
総合評価:A

 

 

 

メジェールスー

東京マイル向きではないですし能力も足りないので軽視します。

 

 

ラヴズオンリーユー

オークス 1着
12.5 – 10.9 – 11.7 – 11.9 – 12.1 – 12.2 – 12.3 – 12.2 – 11.7 – 11.4 – 11.6 – 12.3
ミドルペースの持続力勝負。内先行有利を追い込んだ力強い内容。持続力という点でも評価できますし、直線長い舞台は合うと思います。
エリザベス女王杯 3着
12.7 – 11.6 – 13.3 – 12.7 – 12.5 – 12.8 – 12.3 – 11.6 – 11.5 – 11.4 – 11.7
ドスローからの持続力勝負。直行ローテですが先行策で粘り込み3着。完全に展開が向いたレースで強い内容ではありませんが、ゲート出たのでその点はプラスに捉えて良いかと思います。

実績からわかるようにこの馬は中距離適性が高いと思います。

持続力はありますが、短距離適性が求められるようになった今の東京マイルでスピード勝負は分が悪いと思います。

加えて今回はドバイ中止で路線変更しての参戦。ドバイ遠征でかなり馬体重を落としたとのことなので、ここは状態をしっかり見極めることが重要かと思います。

状態次第ですが、適性としては高くないと思うので高い印を打つ予定はありません。

それと多分宝塚の叩きじゃないかなと思ってます。適性的には宝塚の方が確実に高いと思ってます。

適性評価:B
能力評価:S
総合評価:B
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG