皐月賞 2020 全頭予想【3強からS評価1頭!求められるのはスピード+持続力】

お疲れ様です。

この記事では皐月賞の全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

併せてLINE@の友達募集しています!

こちらでは無料で平場の推奨馬や買目など配信していますので、下記リンクより是非ご登録お願いします。

友だち追加

 

 

1.コース解説・ラップ分析

こちらのリンク先で詳しく配信しています。

皐月賞はスピード+持続力勝負の舞台となりやすいので、その辺りの適性を全頭診断で解説していきます。

 

 

 

2.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

※枠順や追い切り確認前の評価です

評価の内容総合評価
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価1着まで期待できる
A評価は高いが抜けてはいない馬券内の期待値が高い
B可もなく、不可もなく紐~3列目後補
C低評価消し候補
能力または適性が未知数

 

アメリカンシード

前走はアドマイヤビルゴに着差0.5秒と離されましたが、この馬は能力が抜けているのでその点は度返し。

しかし2着のキメラヴェリテは初芝だったりと、それ以外のメンバーレベルは低く着順が良くてもは評価できない。

ここは能力的に厳しい可能性。

 

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ウインカーネリアン

1勝クラス 1着
12.7 – 12.9 – 13.1 – 12.6 – 11.8 – 11.8 – 11.7 – 11.3 – 12.1
ドスローからの持続力勝負。前半はかなり掛かっていたのでペースは流れたほうが良さそう。2着のサクラトゥジュールはひいらぎ賞でスマイルカナと着差なしの接戦を演じた馬ですが、この馬に着差0.4秒離した内容。先行競馬で前半掛かったことを加味すると突き抜けたのは強い。

この馬は弥生賞8着、新潟2歳S7着と重賞では通用していませんが、どちらも時計の掛かる馬場状態でした。高速馬場が得意なので、馬場的な不利と前走の内容を考えると、そこまで能力が低いとは断言できない。

ただしこれまで好走したレースは中間が緩んできたレースだけなので、今回求められる持続力はクリアできてもスピードという点で通用するかと問われると難しい。

 

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:C

 

 

ガロアクリーク

スプリングS 1着
12.8 – 12.1 – 12.6 – 13.0 – 12.7 – 12.3 – 11.8 – 11.1 – 11.4
ドスロー瞬発力勝負。ホープフルSの2着馬ヴェルトライゼンデに着差0.2秒離して勝ちました。ヴェルトライゼンデは出遅れからポジションを取りに脚を使い、道中も他の馬よりもペースを上げて常にポジションを上げていたので、その分伸びを欠いたと思います。

それでもホープフルSの2着馬を負かした点は評価できますが、このレースはドスロー瞬発力勝負。今回求められるのは持続力+スピードでスプリングSとは逆になります。

G1の速い流れになったホープフルSでは4角で手ごたえが悪くなり惨敗。持続力勝負となった水仙賞でも、直線でキレ負けして4着に敗れているように、持続力+スピードの適性は低いと思います。

 

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:C

 

 

キメラヴェリテ

前走2着ですが内有利の馬場+単騎大逃げがハマっての2着。

芝2戦目で適性的にはまだ読み取れませんが、アドマイヤビルゴにあっさり交わされたところを見ると、今の能力でG1はそう簡単にいかないと思います。

 

適性評価:?
能力評価:C
総合評価:C

 

 

 

クリスタルブラック

京成杯 1着
12.6 – 11.4 – 13.0 – 12.0 – 12.5 – 12.2 – 12.2 – 11.8 – 11.8 – 12.6
スローの持続力勝負。前半緩みましたが道中~直線まで長い区間の加速ラップだった為持続力が求められ、且つタフな馬場での好走となりました。馬場が外差しだったのでその点恵まれましが、前有利の展開を後方から上がり最速で差した内容なので道悪適性を評価できる内容でした。

ただし先行力がないのと、スピード勝負は向いてなさそうなのでその点はマイナス材料。

上がりの掛かる馬場になれば抑えて損はないタイプですが、良馬場で時計の出る馬場なら買い材料は少ないと思います。

 

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

コルテジア

瞬発力勝負になったきさらぎ賞とシンザン記念を好走。

持続力勝負となったデイリー杯を凡走。

そして好走歴のあったレースは何れも道中のラップが緩んでいるので、持続力勝負+スピード勝負には適性が低いと思います。

それと、きさらぎ賞組とシンザン記念組の好走馬の次走成績がアルジャンナ以外凡走しているので、レースレベルは疑いたい。

 

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

コントレイル

東京スポーツ杯2歳S 1着
12.9 – 11.0 – 11.4 – 11.8 – 11.7 – 11.8 – 11.7 – 10.8 – 11.4
ハイペースの持続力勝負。圧勝したコントレイルの走破タイムは1分44秒5のレコード。展開が向いたとはいえ同じく後方で脚を溜めた2着のアルジャンナと0.8秒差、3着馬とは1.5秒と突き放した強い内容でした。

そして成績以上に時計が破格。同コースで開催された今年の毎日王冠と比べます。
※あくまで時計面からのみ能力を比較しています。レースが違うので馬場差や展開差がある前提の解説です。

毎日王冠 走破タイム1分44秒4
前後半3F(35.5-34.3) 1000m通過58.5秒
ダノンキングリー 上がり最速33.4秒 斤量54

東スポ杯 走破タイム1分44秒5
前後半3F(35.3-33.9) 1000m通過58.8秒
コントレイル 上がり最速33.1秒 斤量55

ポイント
①ほぼ同じ展開で走破タイム0.1秒差
②コントレイルの方が斤量が1キロ重い

あくまで時計面だけの話ですが、コントレイルの強さはダノンキングリー並みです。ダノンキングリーはこのレースで天皇賞秋3着のアエロリット、マイルCSと安田記念を制したインディチャンプに勝っている能力の高い馬なので、コントレイルの評価もかなり高いです。

 

ホープフルS 1着
12.6 – 11.5 – 12.4 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 12.5
内枠からロスなく追走し直線楽な手ごたえで突き抜けました。ムチはゴール前に一発だけです。今回求められるスピード+持続力が求められたレースだったので、ここでの楽勝は今回の適性評価に繋がります。

能力面や適性面は文句なしですが、ひとつケチを付けるなら斤量面。

今回ホープフルSからの直行ローテとなりますが、ローテ自体は近代競馬を考えると問題ないです。ただし直行ローテということは前走から斤量が2キロプラスとなり、前走馬体重462キロのコントレイルからしたら不安材料です。

ちなみに昨年サートゥルナーリアが同じローテで勝ちましたが、当時の馬体重が496キロと馬格はある方だったので対応できたものだと思います。またこの時サートゥルナーリアが突き抜けられなかったのは斤量が影響していたとも思います。

能力や適性は文句なしですが、勝ち切れるかと問われると個人的には斤量の壁と仕上がり次第かと思います。仕上がり面は追い切り見てからですが、目標はダービーだと思うのでその点は頭に入れておいた方が良いでしょう。

それと極端な内枠を引いた場合、福永さんなのでその点も注意。

 

適性評価:S
能力評価:S
総合評価:A

 

 

サトノフラッグ

1勝クラス 1着
12.7 – 11.5 – 12.7 – 12.0 – 12.8 – 12.0 – 12.1 – 12.1 – 11.6 – 11.9
スローからの持続力勝負。この時の勝ちタイムが2:01:4秒ですが、このレースの1週間前に開催されたホープフルSでコントレイルが出したタイムと同じです。しかもコントレイルより1キロ重い斤量を背負っての成績なので評価はかなり高いです。
弥生賞 1着
12.7 – 11.4 – 12.1 – 12.3 – 12.6 – 12.6 – 12.6 – 12.5 – 11.8 – 12.3
このレース持続力勝負という意見もありますが、個人的には4角~直線入り口で(12.5 – 11.8)0.7秒の加速ラップが刻まれているので、瞬発力も求められたレースだと考えています。ただし重馬場にしては道中流れたので持続力勝負も問われたレース内容だったと思います。

弥生賞でスローの瞬発力勝負を見せられてたら適性に疑問でしたが、重馬場ながら流れたペースで瞬発持続共に要求された内容だったのでこのレースの評価は個人的に高いです。

適性面の持続力は問題ないですし、能力面もコントレイルより1キロ重い斤量を背負って同じタイムを出しているので裏付けが取れます。

唯一ケチを付けるとしたら、スピードに対応できるかという点。

皐月賞はG1ということもありペースはかなり流れます。その為マイルのようなスピード能力が求められますが、サトノフラッグは2000mしか経験をしていないので速い流れの前傾ラップは初となります。

馬場が渋り弥生賞のような展開になれば話は別ですが、良馬場でスピード能力が問われたときに対応できるかが鍵となりそうですね。

 

適性評価:A
能力評価:S
総合評価:A

 

 

サリオス

朝日杯 1着
12.2 – 10.5 – 11.1 – 11.6 – 11.8 – 11.8 – 11.6 – 12.4
ハイペースの持続力勝負。相手関係的には平凡な評価ですが内容が破格でした。展開がハイペースの後方有利となり6着以内はサリオス以外後方の差し馬で決着したレースを、先行したサリオスは着差0.4秒と突き抜け快勝。内容はかなり強いですし持続力やスピード能力も評価できる内容です。

皆さんが不安視している皐月賞のハーツクライ産駒ですが、恐らく原因は「晩成傾向でトモの発達が遅い為テンのポジション取りで遅れをとり、先行馬有利のこの舞台で先行できず凡走が続いている」といった血統背景があると私は思います。

ただしサリオスは筋肉質な馬体でトモも発達傾向。そして先行力があります。

なので今まで凡走してきたハーツクライ産駒のつくりではない可能性があります。

ここまでの成績は阪神外回りと東京なので、直線の短い小回りに対応できるか成績的には未知数ですが、先行力やピッチ走法なことを踏まえると中山内回りは合うと思います。

また距離適性に関してですが、皐月賞はスピード能力が問われ中距離適性よりもマイル適性が問われやすい舞台です。サリオスのスピードを活かせる点で舞台適性は高いと思っているので、距離適性の不安は個人的には少ないです。

ただ終始外を回されると距離適性がモロに出る可能性もあるので、枠順は終始外を回される可能性が出る7.8枠は避けたいところです。

胴長の馬体+持続力あり+ハイペース先行して押し切れるスタミナ+スタミナではなくスピードが求められる舞台。この4点から距離は問題ないと思います。

それと斤量が朝日杯から+2キロとなりますが、コントレイルと違って前走馬体重538キロと馬格があるので対応できると思います。

直行ローテ、血統、距離の面で人気落ちしてくれるなら個人的に好都合です。

 

適性評価:A
能力評価:S
総合評価:S

 

 

ダーリントンホール

共同通信杯 1着
13.2 – 11.9 – 12.5 – 12.9 – 12.7 – 12.1 – 11.2 – 11.4 – 11.7
ドスローの瞬発力勝負。タフな馬場や道悪適性は高く評価できる内容。内容的には緩んでからの瞬発力勝負なので今回の適性とは結び付かない。

持続力勝負となった葉牡丹賞と札幌2歳Sを3着で内容的にも共同通信杯より劣るので、持続力よりも瞬発力タイプかと思います。

スピード能力は葉牡丹賞で対応していますが、大外回し上がり最速とは言え、このメンバーならもう一段階上の上がりを使って欲しかったです。

今回求められる持続力+スピードでは劣る印象なので、馬場が渋ってタフな展開になれば浮上してくる馬かと思います。

 

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

テンピン

新馬戦はドスローの番手競馬だったので内容は評価できません。

馬券内に入った他の2頭はその後馬券になっていないので、相手関係的にも低いレース。

今回は厳しいかと思います。

 

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ディープボンド

絶対的能力値とスピード能力が足りていないので厳しいかと思います。

 

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ビターエンダー

共同通信杯 2着
13.2 – 11.9 – 12.5 – 12.9 – 12.7 – 12.1 – 11.2 – 11.4 – 11.7
ドスローの瞬発力勝負。道中から仕掛けてきたダーリントンホールとは違って、この馬はドスローで楽逃げ状態だったので、勝馬よりも楽な競馬をしていました。内容としてもドスロー瞬発力勝負の逃げなので今回のレースには直結する内容ではないですね。

また持続力が問われた京成杯を凡走しており、持続力という点で適性は低いと思いますし、スピード能力の裏付けも出来ないので今回は厳しい評価です。

 

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

ブラックホール

ホープフルS 9着
12.6 – 11.5 – 12.4 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。中団インで追走し直線垂れて9着。今まで函館と札幌の1800mを経験してきた馬なので、中山のタフさ坂、距離などが敗因だと思います。

次走の弥生賞で4着と着順を上げましたが、求められる適性で言ったらホープフルSの内容ですし、ポジションも取りに行けない馬なので今回は適性的に厳しい評価です。

急坂が好きだったゴールドシップですが、その子供は平坦巧者が多いのでこれまでの走りからして平坦で見直したいと思っています。

 

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

マイラプソディ

共同通信杯 4着
13.2 – 11.9 – 12.5 – 12.9 – 12.7 – 12.1 – 11.2 – 11.4 – 11.7
ドスローの瞬発力勝負。前有利の展開を後方から大外回し+内有利の馬場+道悪で末脚不発。恐らく敗因はこの3点だと思いますが、クラシックで活躍できる馬ならもうワンパンチあったはず。

クイーンCの勝馬で桜花賞5着のミヤマザクラを京都2歳Sで下し着差0.3秒で快勝しているので能力面は高く評価したいが、共同通信杯の内容的に3強に割って入れる能力があるか難しいところです。

適性的には持続力+スピードは京都2歳Sで証明できているのでここは問題ないですね。

不安点は皐月賞で不振のハーツクライ産駒という点。

原因はサリオスのところで話した通りですが、マイラプソディはサリオス程の先行力はないので、現段階で中山小回りは少し厳しいと思っています。

走法的にも大トビなので小回りよりも広い方が合いそうで馬場も高速馬場向きの可能性。

良馬場開催前提で、ハーツクライ産駒と前走内容を度返しするなら可能性としてはありますが、ダービーの方が合っているかと思います。

 

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

ラインベック

勝った新馬戦と中京2歳Sはその後の成績見て分かるように相手関係的に評価できず、東スポ杯やホープフルSでは着順こそまとめていますが、着差が東スポ杯1.5秒。ホープフルSは0.8秒と離されているので、適性云々の前に能力的に厳しいと思います。

 

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:C

 

 

レクセランス

すみれSでスピード+持続力の競馬を経験して勝ち切れた点で適性は評価できますが、ここまでの相手関係と着差を考えると能力が足りない印象。

また積極的にポジション取りに行ける馬ではないので、自力不足かと思います。

 

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:C

 

ヴェルトライゼンデ

ホープフルS 2着
12.6 – 11.5 – 12.4 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。道中インを追走しロスを省いたスムーズな競馬だったとはいえスピード+持続力の舞台でコントレイルと着差0.2秒詰め、3着のワーケアとは0.3秒離した内容は十分評価できます。
スプリングS 2着
12.8 – 12.1 – 12.6 – 13.0 – 12.7 – 12.3 – 11.8 – 11.1 – 11.4
ドスロー瞬発力勝負。出遅れからポジションを取りに脚を使い、道中も他の馬よりもペースを上げて常にポジションを上げて4角で大外を回していたので、このロスだらけの競馬が直線伸びを欠いた原因だと思います。あと時計の出る馬場よりも時計の掛かる馬場の方が合う。

前走の敗因は明確ですし、ホープフルSでの好走から適性の高さも伺えます。

ただテンは速いタイプではないので、どれだけポジションを取りに行けるかが鍵となります。前走のようにロスだらけの競馬だとこのメンバーでは厳しいです。

馬場に関しては時計が掛かった方が良いので、その点週末の天気にも注目です。

 

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

3.最終予想

追い切り・枠順・馬場傾向を踏まえた最終予想は下記リンクから!

>馬ノスケの予想理論を格安で販売中!

馬ノスケの予想理論を格安で販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「レース歴とその内容」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しております。
価格も負担になりにくい税抜きワンコイン以内で設定し、中身の詰まった内容をお届けしています。

主に初心者~中級者へ向けた、競馬予想における回収率向上を目的とした内容となっていますので、興味のある方はご検討いただけると幸いです。

CTR IMG