安田記念 2020 全頭予想【激熱!S評価2頭!】

お疲れ様です。

この記事では安田記念の全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

併せてLINE@の友達募集しています!

こちらでは無料で平場の推奨馬や買目など配信していますので、下記リンクより是非ご登録お願いします。

友だち追加

 

 

1.コース解説・ラップ分析

スピードの持続力が問われやすく、中距離適性よりも1400mの適性が問われやすい今の東京マイルです。

 

 

 

2.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

※あくまで枠順や追い切り確認前の私個人の評価ですので参考程度までに。

評価の内容
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価
A評価は高いが抜けてはいない
B可もなく、不可もなく
C低評価
能力または適性が未知数

※除外対象馬に関しては確定次第追記します。

アーモンドアイ

安田記念 3着
12.2 – 10.9 – 11.4 – 11.3 – 11.2 – 11.1 – 11.2 – 11.6
ミドルペースの持続力勝負。スタート直後不利を受け後方11番手からの競馬になり、直線外を回し首差3着の結果。この時の内容が破格で、内先行有利の馬場状態で後方の馬は全く競馬に参加できなかったレースですが、この馬は能力だけで追い込んできました。この着差と直線の伸び方から、不利を受けず理想のポジションで走れていれば差し切れていたと思います。枠+馬場+不利が重なった3着で度返し可能。むしろスピード決着に対応できた点で高評価。
ヴィクトリアマイル 1着
12.0 – 10.9 – 11.3 – 11.4 – 11.1 – 11.2 – 11.1 – 11.6
ミドルペースの持続力勝負。昨年の安田記念より前半3Fが速いペースでしたが、しっかり先行して追走できた点は高評価。直線は馬なりで上がり32.9秒と破格。着差も0.7秒の圧勝劇でした。ただしパトロールビデオを見るとゲートで若干暴れていたので、ゲートが上手くなったとは言い切れず不安は残ります。

能力も抜けていますし東京マイルへの適性は前走の通り問題なく、高速決着にも対応できるスピードを持っています。

唯一の不安点はスタート。

前走ゲートで少し暴れていたので、ゲート難が完全に解消されたという訳ではありません。

Cコース替わり2週目で先週も内先行有利の馬場状態だったことを踏まえると、外枠+出遅れが起きたら昨年と同様の結果になりかねません。

その為枠は真ん中辺りで偶数番が欲しいところです。

それとヴィクトリアマイルのダメージはないと思いますが、追い切りや馬体面は念のためチェックしたほうが良さそうです。

適性評価:S
能力評価:S
総合評価:S

 

 

 

アドマイヤマーズ

NHKマイル 1着
12.0 – 10.4 – 11.5 – 11.9 – 12.0 – 11.3 – 11.3 – 12.0
ミドルペースの瞬発力勝負。前半3F33.9秒と速く中間緩んだ影響で後方差しが圧倒的有利な展開になったレース。外々を回したアドマイヤマーズは強い内容でしたが、その外から2着まで追い込んだ14人気のケイデンスコールが差せた点から馬場的な不利もなかったです。つまり展開の恩恵が強く高い評価は難しいです。

同じ舞台のNHKマイルを好走していますが、安田記念とは問われる適性が少し違うので、ここでの勝利は今回の評価には直結しません。(上記のNHKマイルと比較すると安田記念の方がスピード+持続力が問われる

また持ちタイム不足という点でも、この舞台の高速決着に対応できるか課題です。

そして休み明けの富士Sで全く走れていなかったことを踏まえると、香港から6か月休養明けな点も不安材料なので追い切りは要チェックです。

香港で力を証明しましたが、スローからの瞬発力が問われやすい舞台での好走のため、同じマイルでも今回の安田記念とは対照的なレースです。

個人的にはスピードの適性は高くないと思うので、高い評価はできません。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

 

インディチャンプ

安田記念 1着
12.2 – 10.9 – 11.4 – 11.3 – 11.2 – 11.1 – 11.2 – 11.6
ミドルペースの持続力勝負。抜群のスタートからインの5番手をロスなく追走し、直線外へ出して抜け出し勝利と無駄のない完璧な騎乗でした。ここで重要なのが、各馬追い出しているタイミングで追い出していないということ。各馬残り400mくらいで追い出していますが、インディチャンプは残り200m手前で追い出しています。つまり、ラスト1F前後でゴーサインが出てからのギアチェンが非常に優秀でした。

以前まで持続ラップのレース(安田記念・マイルCSなど)で好走していた馬なので持続力タイプと思っていましたが見解が変わりました。

恐らく「そもそものスピードが速い+先行力」が優秀なので、各馬持続的なスピードが要求される中、インディチャンプ自体には持続力は要求されていなかったのだと思います。

つまり、各馬持続的なスピードが要求され脚が溜められない場面でも、インディチャンプにとったら普通に脚を溜められている場面だったということ。

これがインディチャンプの本質なのかと私は予想します。

ざっくり簡単に言うと持続力ラップでこの馬だけ瞬発力勝負をしているようなものです。

これを前提とすると、昨年のマイラーズカップの瞬発力勝負でキレ負けした事や、高速ピッチ走法なのに持続力ラップでばかり好走している事とも辻褄が合います。

ちなみに昨年のマイラーズカップでは追い出しが速くラスト脚がなくなりキレ負けしたものだと思ってます。抜け出す脚はものすごく速かったのですが、トップスピードの持続力は案外乏しいということです。

では安田記念の適性は実際どうなのか。

個人的にはそこまで高くないと思います。

安田記念で求められるものはスピード+持続力ですので、持続力不足のインディチャンプには合わないと思います。

ただし、先ほど触れたように「そもそものスピードが速い+先行力」が優秀なので、枠順+ポジション+追い出しのタイミングが噛み合えば好走してくると思います。(昨年の安田記念が良い例)

ちなみに超高速ピッチ走法なので枠は外に行けば行くだけ不利になると思っています。

逆に内で詰まることは考えずらいので、鞍上が鞍上と言えど大丈夫だと思います。

適性評価:B
能力評価:S
総合評価:A

 

 

 

クルーガー

ダービー卿 1着
12.2 – 11.1 – 11.0 – 11.1 – 11.7 – 11.6 – 12.0 – 12.1
ハイペースの消耗戦。内枠からロスなく中団を追走し楽に抜けだしての勝利。道中のペースが速い点スピードへの対応はできましたが、中山開催の前傾ラップの消耗戦なので、ここで求められたのはスピードの持続力ではなくスタミナやパワーといったものが要求されています。

前走の好走はここへは結びつきにくいですし、2走前の東京新聞杯では同じ東京マイルの舞台で5着に粘りましたがラストは失速気味でした。

この時のペースより遥かに速いペースになるのが安田記念なので適性は高く評価できず、能力も足りないので今回は厳しい評価です。

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:C

 

 

 

グランアレグリア

阪神C 1着
12.3 – 10.5 – 11.1 – 11.3 – 11.4 – 11.3 – 11.5
ミドルペースの持続力勝負。内枠からインをロスなく回ってインを突くロスのない競馬内容。立ち回りが完璧だったとはいえ適性条件のフィアーノロマーノに着差0.8秒突き放し、上がり3Fも最速の33.5秒で以降を突き放した強い内容です。特に1400mのスピード+持続力に対応できた点は安田記念の適性という点で非常プラス。
高松宮記念 2着
12.1 – 10.8 – 11.3 – 11.4 – 11.2 – 11.9
重馬場のスプリント戦で適性外だと思われましたが、上がり最速で差し切り2着。しかも内先行勢が圧倒的有利な状況で大外を回してのハナさ2着は非常に強い内容でした。

安田記念の適性は1400mやスプリント質のスピード+持続力が問われるので、この2走を好走出来た点は非常にプラスで適性評価も高いです。

直線でも切れる末脚も持っているので、この舞台でもかなり強いと思います。

スタートが懸念されがちで前走は出遅れとなっていますが、これはスプリントメンバーの中でテンのスピードが速く見劣っただけで、マイルのメンバーなら好位中団を確保できるテンのスピードを持っているので、その点も問題ないでしょう。

ヴィクトリアマイル回避でNHKマイルに来ましたが恐らくアーモンドアイを避けての参戦を予定していただけだと思うので、状態面は問題ないと思いますが、念のため追い切りは要チェックです。

このメンバーで能力面どこまでやれるか分かりませんが、適性で十分カバーできると思いますし、能力面もそこまで劣っていないと思うので、枠が内過ぎなければ上位争い必須な馬かと思います。

適性評価:S
能力評価:A
総合評価:S

 

 

 

ケイアイノーテック

京王杯 6着
12.4 – 11.5 – 11.3 – 11.5 – 10.9 – 10.9 – 11.3
ドスローの瞬発力勝負。馬場は稍重ですが良馬場並みの時計が出ている馬場状態です。1400m前半がかなり緩んだため前が圧倒的有利になりこの馬にとっては厳しいレースでした。

テンのスピードが遅いのでいつも後方競馬になってしまいます。

なので終いの脚が確実でも物理的に足りない競馬が続いています。

こういう馬は展開がハマったときに爆発しますが、その展開が最もハマる舞台は1400mだと思います。

1400mの速い流れからバテ差しを狙うのがこの馬にとって最もハマる展開だと私は思います。

安田記念はスピード+持続力が問われ、中距離適性よりも1400mの適性が問われやすいので適性はあると思います。

ただし、適性があるだけでは後方競馬のロスは埋められないので、高速馬場でも差しの効く馬場状態で前がバテて差しと届く条件でないと厳しいと思います。

なので大穴で考える人は展開と馬場読みを行ったうえで評価したほうが良いです。

個人的には今回逃げそうなのがセイウンコウセイくらいで、道中溜めたい馬が多いので展開は向きそうにないと思ってます。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:C

 

 

 

セイウンコウセイ

前走はドスローを番手に付けて展開的には向いたレースですが5着に敗れています。

3着のグルーヴィットに首差でしたが、今回は相手関係が格段に上がるので能力値的に厳しいと思います。

確かにスプリントを走っていた馬なので適性が全くない訳ではないですが、得意条件はパワーのいるスプリント戦なので能力面も考えたら厳しいかともいます。

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:C

 

 

 

ダノンキングリー

大阪杯 3着
12.9 – 11.7 – 12.3 – 11.9 – 11.6 – 12.1 – 11.7 – 11.3 – 11.2 – 11.7
スローの持続力勝負。展開が向いたとはいえ普段逃げない馬が逃げて目標にされ、それでも着差0.1秒の3着にまとめたのは能力の高さかと思います。そもそも溜めてキレるタイプだと思うので、自分から逃げる競馬は合わない印象でした。
マイルCS 5着
12.5 – 11.2 – 11.6 – 11.9 – 11.6 – 11.5 – 11.0 – 11.7
稍スローからの持続力勝負。スタートで若干後手を踏みましたが追い上げ中団インを追走。直線もインを突きましたが伸びを欠いて5着。敗因は伸びない内+稍時計の掛かる馬場だったこと+テンで脚を使ったこと。ダノンキングリーはマイルCS以前に時計の掛かるタフな馬場を経験しておらず、好走時は何れも速い時計の出る馬場状態でした。このことから高速馬場巧者だと推測します。

この馬の得意条件は1800~2000mの高速馬場。

そして溜めれば瞬発力勝負と持続力勝負はどちらも熟してくるバランスタイプだと思っています。

なので今回の安田記念の舞台も適性範囲内かと思われがちですが、この舞台で問われるスピード適性に関して裏付けがありません。

これまでマイルCSも毎日王冠も大阪杯もスロー戦で、ラスト3~4Fのトップスピードが問われたレースでしたが、安田記念は道中のスピードも問われます。

この馬の本質は1800~2000mの溜めの効く舞台だと思っているので、道中溜めの効かないスピードへの対応がひとつ鍵となります。

ただし東京の高速馬場は合うので、展開が落ち着きそうなら当然上位争い必須の一頭なので無視はできません。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:A

 

 

 

ダノンスマッシュ

京王杯 1着
12.4 – 11.5 – 11.3 – 11.5 – 10.9 – 10.9 – 11.3
ドスロー瞬発力勝負。最近ではスタートに難があるタイプと言われていましたが、まさかの逃げ手を打ちそのまま逃げ切り勝ち。あのメンバー相手にドスローで逃げたら当然の結果かと思います。

この馬の特徴はギアチェンが苦手なところです。

ダノンスマッシュは内枠に好走が集まり、外枠に凡走歴が集まっているので、内枠が得意と言われていますが私は違うと思います。

単純に得意条件の平坦コース出走時に内枠を確保し、スムーズに抜け出せたから内枠に良績が集まっただけで、先ほど述べたようにギアチェンが苦手なので、馬郡で競馬するのは本質的に苦手だと思います。(一度詰まって加速できないとそのまま加速できずに終わるタイプ

なのでこの馬は如何にスムーズに直線追い出せるかがポイントですが、このメンバーならテンのスピードは上位の方なので、内枠でも出遅れない限り問題ないと思います。

次にこの馬の適性に関してですが、これまでのスプリント実績からスピード+持続力の能力はあるので、その適性はあると思います。

ただし前走の京王杯はドスローの1400m戦だったので、マイルの距離が持つかという点ではひとつ課題になると思います。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

ダノンプレミアム

マイルCS 2着
12.5 – 11.2 – 11.6 – 11.9 – 11.6 – 11.5 – 11.0 – 11.7
稍スローからの持続力勝負。直線抜け出すも終始マークされていたインディチャンプにラスト捉えられ2着。ただし天皇賞からの間隔と輸送を考慮すると十分能力の高さを証明したレース。天皇賞秋がメイチだったことも踏まえるとインディチャンプとの力関係はまだハッキリしていないと思います。
安田記念 15着
12.2 – 10.9 – 11.4 – 11.3 – 11.2 – 11.1 – 11.2 – 11.6
スタート後に不利を受け後方競馬。直線は全く追わず度外視でいいレースです。

この馬の能力に関しては天皇賞やマイルCSで証明済みなので特に言うことはありません。

問題は適性面で、金鯱賞やマイラーズCの内容や勝ち方を見ても得意条件はスローからの瞬発力勝負

これまで能力の高さで持続力はカバーできていましたが、それは道中溜めの効く展開もあったからこそかと思います。

つまり道中流れた展開からスピードを持続できるかが鍵となります。

この点において道中流れたレースは昨年の安田記念のみで、その安田記念は不利を受けて競馬をしていないので適性判断が付きません。

ここに対応してくれば当然上位争いですが、溜めの効かない競馬じゃないと厳しい場合あっさり飛ぶことも考えられます。

適性評価:B
能力評価:S
総合評価:A

 

 

 

ノームコア

ヴィクトリアマイル 3着
12.0 – 10.9 – 11.3 – 11.4 – 11.1 – 11.2 – 11.1 – 11.6
ミドルペースの持続力勝負。大外枠から出負けしましたが向こう正面で脚を使ってコーナーでは7番手で内に潜り込む形。アーモンドアイを見ながら競馬できる絶好のポジションでした。ですがアーモンドアイとの能力差は歴然でしたが。相手関係が強くなる今回はどこまで通用するでしょうか。

道中速い流れから持続力が求められたレースでの好走は適性面で大きくプラスに捉えて良いでしょう。

ただしこのメンバーでは能力面で見劣りしますし、前走メイチだったことを踏まえると今回評価するのは難しいです。

またテンのスピードも速くない方なので、楽にポジションを取れないとこの能力差は埋められないと思います。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

 

ペルシアンナイト

マイルCS 3着
12.5 – 11.2 – 11.6 – 11.9 – 11.6 – 11.5 – 11.0 – 11.7
稍スローからの持続力勝負。スタート出遅れ脚を使い中団馬郡へ、直線は伸びるも出遅れが響き3着と内容的には強かったです。しっかり位置取りが出来れいればダノンプレミアムとの2着争いはできていたと思います。

関西圏(2-2-0-1)関東圏(0-2-0-8)と成績がハッキリ割れ、そのうち中山は2回走り皐月賞2着と出遅れた中山記念5着だけなのでそこまで負けていない。基本的には左回りの東京(0-1-0-6)と成績を落とします。(馬券内になったのはキャリア2戦目のアイビーSのみ)

またこの馬が好走したマイルCSや大阪杯は道中溜めの効くラスト4Fの持続力勝負。

そして凡走した安田記念では全く脚が使えなかったことを加味すると、道中速い流れになり溜めが効かなくなると厳しい馬かと思います。

まとめると、もともと苦手な関東且つ東京で、道中のペースも厳しくなるので適性は低いと思います。

能力が抜けているわけでもないので、今回は厳しめの評価です。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

 

ミスターメロディ

阪神C 2着
12.4 – 11.1 – 11.3 – 11.4 – 11.3 – 11.5 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。内枠からロスなくインを逃げるダイアナヘイローをマークしながら追走。直線で結局捕まえられず2着の内容。

その後高松宮記念を勝ち、スプリンターズSで4着の内容を考慮するとこの馬はスプリントが一番合うかと思います。

何より、長期休養明けで適性外のマイル戦+強敵相手なので流石にここは厳しいかと思います。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

 

ヴァンドギャルド

マイラーズC 3着
12.3 – 11.3 – 11.7 – 11.9 – 11.4 – 11.3 – 10.9 – 11.6
スローからの持続力勝負。直線脚を余していたのを見ると出遅れが全てといった内容。ただそれでも3着まで追い込めたのは能力の高さだと思います。

この馬は基本的に緩んだ流れを中団好位から差し切るような競馬をしてきた馬で、速い流れになるレースを経験したことがないので、その点で対応は鍵になると思います。

適性も不安要素ですが、一番はスタート。

ここ2走連続して出遅れていて、出遅れなかったとしてもテンのスピードはこのメンバーだと劣るので、恐らく後方競馬となるでしょう。

そうなった場合この馬の能力や東京の馬場を考慮するとまず届かないと私は思います。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:C
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG