弥生賞ディープインパクト記念 2020 全頭予想【今年は道悪の可能性。適性の高い馬は!?】

お疲れ様です。

この記事では中山記念の全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

併せてLINE@の友達募集しています!

こちらでは無料で平場の推奨馬や買目など配信していますので、下記リンクより是非ご登録お願いします。

友だち追加

 

 

1.コース解説・ラップ分析

下記リンクの記事で詳しく解説しています。

弥生賞ディープインパクト記念 2020【コース解説・ラップ分析・過去10年のデータ】

良馬場なら瞬発力勝負。道悪なら持続力+道悪適性が求められやすい。詳しくは上記の記事で説明してあります。

 

 

2.最終予想

アラタ

未勝利戦 1着(稍重)
12.7 – 11.5 – 13.0 – 12.4 – 13.0 – 12.3 – 12.5 – 12.4 – 12.5 – 13.2
ハイペースの持続力勝負。相手関係が弱く後方に展開が向いた形。道悪で結果が出たのは収穫。

未勝利戦 5着
12.8 – 11.2 – 12.8 – 12.8 – 12.5 – 12.1 – 12.2 – 11.9 – 11.7 – 12.2
スローの持続力勝負。馬券内の馬は未勝利を勝ち負けしてきた馬なので相手関係はそこまで弱くない。4角で接触?があったのか映像では確認できませんが、馬郡の中で交代し4番手→8番手へ後退。それが響いて結果5着となりましたが、脚を余していたのでスムーズな競馬が出来ていれば馬券内争いだったと思います。

新馬戦 8着(重馬場)
13.0 – 12.4 – 12.1 – 12.1 – 12.6 – 12.6 – 12.2 – 11.4 – 11.4 – 11.9
ドスロー瞬発力勝負。重馬場開催ですが時計は出ていました。

これまでの成績を見返しましたが持続力勝負で着順をまとめており、瞬発力勝負で惨敗しているのでこの馬は持続力型。そして稍重ながら結構時計の掛かった未勝利戦を展開利や相手関係もありましたが、4角11番手から上がり最速で勝ち切っています。(上がりが使えていないというより稍重ながら馬場がかなり重かった)

なので道悪になって持続力勝負の展開になればチャンスはありそう

ただし能力面は人気馬より劣るので、好走条件にハマってスムーズに運べれば掲示板。あるいは?といったところ。

 

 

ウインカーネリアン

芙蓉ステークス 2着
12.5 – 11.8 – 13.8 – 12.9 – 13.3 – 12.4 – 12.1 – 11.4 – 11.2 – 11.5
ドスロー瞬発力勝負。ドスローを楽逃げしたので評価はできない。勝ったオーソリティはホープフルの5着馬ですが、着差0.6と離されており、展開が向いた割に離されすぎているので能力差は歴然

福島と中山での実績からタフで小回りなコースは問題ない。そして瞬発力勝負となった芙蓉ステークスでの着差、セントポーリア賞5着、新潟2歳を踏まえるとベストは小回りの持続力勝負

血統背景からもスクリーンヒーロー産駒は中山2000mを得意としてるので、前有利の道悪で持続力勝負ならチャンスはあると思うので、馬場傾向はしっかりチェックしたいですね。

ただしミナリクさん。

 

 

エンデュミオン

前走着差1.0秒以上(0-0-0-15)

前走10着以下(0-0-0-7)

の二つに該当しておりデータ的には決したい馬。

勝った未勝利戦や新馬戦は共にミドルペースからの瞬発力勝負で好走したが相手関係が弱い。

持続力勝負となった昇級初戦では12頭立て11着と惨敗しており、ベストは瞬発力勝負だと思うが能力差が出すぎている。

重賞では厳しい可能性は高い。

 

オーソリティ

ホープフルS 5着
12.6 – 11.5 – 12.4 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。スタートで挟まれ掛かり後方から。終始外を回され4角を捲って5着と、終いの脚は止まっていないので内容としては悪くないですし、持続力は評価して良いと思います。ただ同じく後方から捲ってオーソリティを外から交わしたワーケアの方が上だったのでここは能力に差が出た印象

芙蓉ステークス 1着
12.5 – 11.8 – 13.8 – 12.9 – 13.3 – 12.4 – 12.1 – 11.4 – 11.2 – 11.5
ドスローからの瞬発力勝負。相手関係が弱く中間ラップは(13.8 – 12.9 – 13.3)と極端に緩んでいるので、着差以上に評価はできないレース内容。

新馬戦でブラックホールに着差なしで勝ちましたが、ブラックホールが出遅れなければ逆転されていた可能性が高く、最後の伸びもブラックホールに劣っていた点で能力面の裏付けはあまり取れない。

だが良績が瞬発力勝負に寄っており、ホープフルSの直線の伸びも考え持続力タイプではなく瞬発力タイプの可能性が高い

道悪はオルフェーヴル産駒なので合わなくもないが、これまで平均~時計の出る馬場しか経験していないので、道悪が問題ないとは言い切れない。

瞬発力勝負となりやすい良馬場なら評価できるが、道悪なら紐の評価まで

 

 

オーロアドーネ

新馬戦 1着
12.8 – 11.5 – 11.9 – 12.2 – 12.2 – 11.8 – 11.3 – 11.6
スローの持続力勝負。余力残しで快勝ですが前有利の展開に恵まれた形。この時2着のイルミナルは4角14番手で上がり最速34.0秒で追い込み、上り2位のオーロアドーネとは上がりで0.4秒離したので、こちらの方が評価したい内容。

エピファネイア産駒らしく新馬戦を見る限り持続力型で、中山2000mも血統背景から考えて合うと思いますが、道悪に関しては疑問です。

新馬戦も時計の出る馬場での好走だったので、できれば良馬場で買いたい馬ですが瞬発力勝負では厳しい可能性。

 

 

サトノフラッグ

弥生賞ディープインパクト記念に名前が変わり、今年の出走馬で唯一のディープインパクト産駒で鞍上武豊。これだけで単勝売れそうですね。

実際に能力や適性どうなのか見ていきます。

1勝クラス 1着
12.7 – 11.5 – 12.7 – 12.0 – 12.8 – 12.0 – 12.1 – 12.1 – 11.6 – 11.9
スローからの持続力勝負。この時の勝ちタイムが2:01:4秒ですが、これはこのレースの1週間前に開催されたホープフルSでコントレイルが出したタイムと同じです。相手関係はこのクラスで勝ち負けしている馬が馬券内に入っているのでそこまで弱くないです。相手関係やタイムから高評価です。

新馬戦 6着
13.0 – 12.4 – 12.1 – 12.1 – 12.6 – 12.6 – 12.2 – 11.4 – 11.4 – 11.9
スローからの瞬発力勝負。出遅れ後方から前に展開が向いたとはいえ、その後連勝した時のパフォーマンスを考えると明らかに伸びていない。重馬場開催が響いた可能性あり

どちらかと言うと成績や血統背景、走法から高速馬場向きの可能性が非常に高く、良馬場開催なら高い評価でしたが道悪はどうか

持続力に関しては1勝クラス。瞬発力に関しては未勝利戦で能力の裏付けが取れるので、現時点ではバランスタイプと取るのが妥当なので、良馬場なら本命まで考えてます。

 

 

ディヴィナシオン

ここまで強い相手と戦っておらず、未勝利戦を勝ち上がるまで4戦していますから、ここでは能力的に通用しなさそう。

頭が高い点もどうか。まずはそこの改善が追い切りなどから改善されないと重賞どころか1勝クラスでも厳しいと思います。

 

パンサラッサ

この馬に関して語ることはひとつだけ。それは道悪適性です。

道悪適性が抜群で相手関係が弱かったとはいえ、不良馬場で行われた未勝利戦を着差2.5秒で圧勝。当日雨が降れば降るだけ有利になると思うので、道悪ならまず買わなきゃ損だと思います。

この道悪適性がどこから来ているのかと言うと、個人的には欧州型の母父血統が大きく関わっていると思います。

パンサラッサの母父モンジューは凱旋門賞を勝ち、それ以外にも海外G1を計6勝した怪物ですが、母系血統寄りの馬になり道悪適性抜群のパワー型になったことが要因だと思います。

当日は雨が降った分だけ印を上げようと思いますが、良馬場なら厳しいと思います。

 

ブラックホール

ホープフルS 9着
12.6 – 11.5 – 12.4 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。中団インで追走し直線垂れて9着。今まで函館と札幌の1800mを経験してきた馬なので、中山のタフさや距離が厳しかったことが敗因だと予想します。

今回は同じ中山でもホープフルSと弥生賞では求められる適性が若干異なり、弥生賞では前哨戦ということもあり前半スロー気味に流れることが多く、ホープフルSや皐月賞よりも瞬発力が求められやすい為、1600~1800mで良績を積んだ馬の好走が目立つのがこの弥生賞です。

つまりホープフルSの時より距離適性は求められず、まだ見直すチャンスは残っていると思います。この馬の瞬発力に関しても、新馬戦の瞬発力勝負でオーソリティに着差なしの2着で出遅れが響いた着順なので、瞬発力勝負にも対応できると思います。

道悪に関して馬格はないですが稍重開催で時計の掛かった札幌2歳Sで、同じ道悪開催だった共同通信杯の勝馬ダーリントンホールに着差0.5秒付けていますし、ゴールドシップ産駒ということで問題ないと思います。

能力面もダーリントンホールとの着差や新馬戦でオーソリティ相手に着差なしの2着と裏付けも取れるので問題ないでしょう。

条件が若干替わる中山+2000mなので見直し可能だと思います。

負け方にもよりますが、ここで厳しければ能力ではなく中山適性を疑った方が良いです。

 

メイショウボサツ

未勝利戦 1着
12.9 – 11.2 – 12.4 – 12.7 – 12.8 – 12.7 – 12.3 – 11.4 – 11.6 – 11.7
スローの瞬発力勝負。4角8番手から上がり最速で差し切りレコード勝ち。2着馬もその後すんなり勝ち上がったので、タイムも合わせて評価して良いと思います。

エピファネイア産駒らしく中京2000mと好相性。この産駒は中山2000mでも買えるので舞台替わりは問題ないでしょう。

右回りが苦手と言うよりか、持続力が求められやすい京都への適性が低かったと見るのが妥当かと思います。

道悪に関しては(0-1-0-1)で一度馬券外になっていますが、苦手な京都で上がり3位の脚を使えているので苦手ではないと思います。

前走レコード勝ちと問題のない舞台替わりなので、穴を開ける可能性はあると思います。

 

 

ワーケア

アイビーステークス 1着
13.2 – 11.6 – 11.5 – 12.5 – 12.5 – 12.8 – 11.7 – 11.1 – 11.2
ドスローからの瞬発力勝負。上がり最速33.3秒の脚を使って着差0.5秒と快勝。重馬場にしては時計は出たが道悪での好走歴は収穫

ホープフルS 3着
12.6 – 11.5 – 12.4 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。スタートで挟まれポジションが取れず後方からとなったのが敗因。ただスムーズに競馬をしてもコントレイルには及ばなかったと思いますが、後方から捲って最後まで脚が止まらず伸びた点、能力の高さは評価できます

ホープフルSのレース後コメントで「エンジンのかかりが遅い」とルメール騎手が言っていたように、直線の短い中山への適性は疑った方が良いと思いますし、明らかに東京向きの馬だと思います。

好走歴や血統から道悪は問題ないですし、3着だったホープフルSと比べ相手関係は落ちるので中山が高くなくても馬券内は堅いとは思いますが、次の皐月賞が良馬場だったら評価は下げたいですね。

あとは仕上がり次第。

>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG