マーメイドS 2021【全頭診断+適性チャート】★

NO IMAGE
この度は記事をご購入頂きありがとうございます。
この記事ではマーメイドSを適性チャートを使用して全頭診断していきます。
よろしくお願いします。

 

1.コース解説・ラップ分析

マーメイドS 過去5年の平均ラップ
前後半3F(35.6-35.6)
12.4 10.9 12.3 12.4 12.1 12.3 11.8 11.5 11.6 12.5

スタートして上り坂→初角へと入る為、前半はスローで流れやすいが、このレースは前半少し流れやすい。

その後は中間緩み、残り800mの下り坂でペースアップしロングスパート持続戦になりやすい。

ミドルペースから中間緩みが発生する関係で、前には若干苦しく、道中脚を溜められる後方のマクリ差しが効きやすい。

梅雨時の馬場も関係してバイアスが外に向きやすい関係もあり、7枠(2-2-2-14)、8枠( 2-2-1-15)と好成績。

内枠からの好走も出ていますが、多少ロスがあっても外を捲ってスピードに乗れる差し馬が優勢になっているのが過去の傾向。

今年は阪神の路盤が良い関係で、雨の影響や展開が落ち着くのであればイン前有利になる可能性もあるので、馬場や展開には目を向けたい。

また時期的にも有力馬が重賞戦に向かうため、メンバー手薄になることが多く、前走条件戦の馬が斤量減で活躍しやすい舞台でもあり荒れる重賞と言われている。

適性的には、ロングスパート戦orロングスプリント戦に対応する持続力と機動力はマスト。

 

 

2.想定される展開&馬場の適性予想

テンの速さと枠を踏まえると端で有力なのはシャムロックヒルだろう。

他、サンクテュエール、アンドラステ、カセドラルベルこの辺りの先行争いとなるだろうか。

外枠に気性前向きな先行馬が入ったので、主張するならばミドルペース。

シャムロックヒルがすんなりならスロー寄りだろう。

想定稍後傾気味のスロー~平均程度を想定。

土曜の馬場は道悪ではあるもののイン前有利なバイアス。

イン前~好位のポジションを取れる馬を狙っていきたい。

今回求められる適性
①機動力
②持続力
③先行力

 

 

3.全頭診断

適性チャートは当日朝までに更新します。

 

1枠1番 シャムロックヒル

前走の寿Sは前傾中弛みで先行馬が壊滅したので度外視で良いだろう。
基本的にスロー前有利で結果を残してきた馬で、強い内容は見せていないが、先行力はひとつ武器。
2走前には斤量や展開の恩恵があったとはいえ、連勝して目黒記念で人気を集めたアドマイヤポラリスを破って昇級しているだけあるので、イン前有利なバイアスで阪神2000mになれば斤量50を活かしてあわやがあってもおかしくない。
条件戦組が低斤量を活かして好走する毎年波乱が起こるレースでもあるので、この先行力は軽視禁物か。
適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

1枠2番 アブレイズ

この馬のベストパフォーマンスは何といってもフラワーCだろう。

持ち味のスタミナを活かして前傾1.1秒を前から抜け出したレース。

その後オークスではトップスピード比べで負けており、タフさを活かせるレースに適性がある。

愛知杯でもハイペースで後半上がりの掛かるタフな展開を後方から追い込みハナ差3着なら優秀だし、やはり上がりの掛かる展開を好むのだろう。

中山牝馬Sは初角進路カットでポジションを下げ、道中も折り合い欠きながら控えに徹したが、そんな形でいきなり4角で鞭打ちだしても、この馬のストライドの広さではまず動けない。

福島牝馬Sは新潟開催となり、L3(11.2-10.9-12.1)のトップスピード戦でキレ負けと理由は付く。

メイSは勝ち切れたが、隊列縦長を好位で折り合いギリギリになりながらも良いポジションで溜められたのは良かったが、少々展開とポジションがハマったし、相手関係的にも楽ではあった。

機動力に関しては見直すので内回りは問題ないものの、折り合い難のあるタイプで、今回延長+相手強化+トップハンデという条件は少々酷ではある。
適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

2枠3番 ホウオウエミーズ

タフな条件を得意とするタイプで、上がりが掛かれば掛かるだけいいだろう。
ただし、今回は土曜昼には雨が止む予定で、日曜日は1日晴れで気温は30度近くまで上がるので、馬場は乾くだろう。
今年の阪神の路盤もかなり良いので、時計がコテコテに掛かるタフな馬場状態はこのままの予報では見込めない。
適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

2枠4番 カセドラルベル

持ち味はストライド走法からくる持続性能だが、トップスピードが問われない展開が望ましい。

これに関しては、先行馬が崩れたアンドロメダSで3着馬に着差0.2秒と残したことからも頷ける。

2勝クラス、3勝クラスと連勝したときも、ワンペースラップで後半上がりの掛かった持続合戦での先行粘り込み。

この舞台でその持続性能は活かせるが、トップスピードが問われたときに厳しくなる。

そうなったのが前走の都大路Sで、前3頭がそのまま残りL3(11.4-11.2-11.9)のラップでは、スピード不足のカセドラルベルが差し切れないのも頷ける。

そのため日曜日の馬場回復は鍵。

馬場がタフで、平均ペースを好位から後半スピードが問われない展開になれば、粘り込んでチャンスがあっていい。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

3枠5番 シャドウディーヴァ

右回りだと内にモタれる面があり、ベストが左回りなのは有名な話だが、クイーンSでは真っ直ぐ走れており成長を感じる。

成長した今なら右回りに関しては深く考えなくていいだろう。

クイーンSはワンペース持続ラップの中、L4から動かし始め長く脚を使っての着差なし4着と距離ロスを考えたら十分な内容だし、持続性能を高く評価できる内容。

東京新聞杯はL3で最速が踏まれ、以降は持続力比べとなり、道中折り合いを少し欠きながらもラストまで長い脚を使えたことからも、ベストは18~2000mのパワー馬場で持続力勝負。

パワー馬場に関しては、府中牝馬Sのパフォーマンスを評価したい。

このレースのラスト3F内のどこかで、加速ラップ(個別)を踏めたのはサラキアとシャドウディーヴァだけ。

そのサラキアには完敗だったが、後のエリ女2着、有馬記念2着馬なら相手が悪かったし、L2をサラキア以外で唯一加速ラップを踏んで食らいついた内容は評価しなくてはならない。

不良馬場の中山牝馬Sでも、スタート後接触で後方となり折り合い欠きながら5着と、評価通りでやはり道悪やパワー馬場に適性は感じる。
ただしこのレベル相手であれば、後半スピード質でも足りるだろう。
内回りに関しても、エリ女では3.4角内で詰まりポジションを大きく下げながらも直線巻き返して、日経賞勝馬のウインマリリンに着差0.3秒なら、そこまで評価を下げる必要はないだろう。
東京ベストは百も承知だが、それでいて人気が下がるのであれば自力だけでも十分買えるレベルの馬なのでオッズと相談。
適性評価:B
能力評価:A
総合評価:A

3枠6番 フィリアプーラ

ピッチ走法だが8割程度のスピードを持続させる能力はあり、速い流れでも最後まで追い込める脚は持っている。

ただし先行力がなく前崩れの展開待ちとなるので展開次第な面があり、高速馬場の方がパフォーマンスを上げるので、当日の馬場状態は鍵になるだろう。

福島牝馬Sは先行することができ、前が超有利な展開を粘り込み4着とハマった感があり評価は難しく、今回もハマればといったイメージ。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

4枠7番 レッドベルディエス

ヴィクトリアマイルは終いの脚は使えているものの、基礎スピードで置いて行かれる形になり度外視できる内容。
上がり自体は、ランブリングアレーやデゼル、リアアメリアと同タイムで評価していいだろう。

これまで福島で行われた1勝クラス以外、好走歴は全て後傾ラップのトップスピード戦。

ヴィクトリアマイルで末脚を使えたのも頷ける内容。
今回の距離延長はプラスで、忙しい競馬は強いられないだろう。
内回りに関しても、ピッチ寄りの走法で機動力に関してそこまで不安視する必要はないだろう。
外回りだと手前をちょこちょこ替えてしまう癖もあるので、なんなら内回りの方が良いかもしれない感もある。
今回はしっかりと好位で溜められる状況にはなると思うので、巻き返しには期待したい。
適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

4枠8番 ソフトフルート

決め手に欠ける馬で、これまでインの好位で立ち回って結果を残してきた馬。
自力を立ち回りの上手さで誤魔化していたようなイメージだろう。
前走は外枠から差しに回って結果をのこしたが、5Fの持続力戦になり、前崩れの展開を差し込めた展開利もあったし、向こう正面で馬郡に入れて脚を溜められたことも重なっての勝ちだろう。
決め手に欠けるタイプなだけ合って、このような展開有利が勝ちにつながったと思う。
ただし、その分持続力や立ち回り性能があり、阪神内回りをインの好位で溜められれば、この馬の立ち回り性能と持続力はフルに活かせる舞台でもある。
前走でしっかり馬体重も戻してきたし、今回枠も丁度いい中枠偶数番。
また、京橋Sは休み明けの大幅馬体減で度外視。
グレイトフルSでは前残りタフ馬場で、高速馬場を得意とするソフトフルートっては色々向かなかった。
今回馬場が回復し、時計の出る軽い馬場になれば好条件。
適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

5枠9番 イズジョーノキセキ

ストライド寄りの走法で揉まれ弱いエピファネイア産駒ということからも、本質的には直線長い大箱の舞台がベストだろうが、この馬自体そこまで馬郡を苦手にするタイプでもなく、ギアチェンジも問題ない。
馬場の得意不得意もなく、これといって欠点の見当たらない万能型。
格上挑戦とはなるが、斤量52と万能さを活かせればチャンスはあっていい。
馬は万能で答えてくれるので、あとは鞍上が上手くエスコトート出来れば。
適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

5枠10番 キングスタイル

上がりの掛かるタフな条件で持続力を活かしてしぶとく追い込むようなタイプ。
前走も向こう正面でポジションを上げてから、コーナー外を追走して差し切るような持続力を活かした内容。
直線で速い脚を求められると厳しいが、上がりが掛かって前が崩れる展開なら斤量を活かして見せ場は作れるだろう。
そのため馬場状態には注目で、上がりの掛かるタフな条件の方が良いだろう。
適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

6枠11番 パッシングスルー

トビが大きく瞬発系のキレる脚よりも、持続力に長けている走法。

揉まれず先行して、持続力で押し切るようなタイプ。

ディセンバーSは後方からとなり終始折り合いも欠いた形となったように、折り合い難のあるタイプでもある。

今回枠は外目で及第点。

テンの速さでは端を切れるレベルだが、出負けもあるので、そうなると隣の気性前向きなアンドラステ、鞍上川田でポジションを取りに来るサンクテュエールに被される可能性は考慮したい。

自力はあるのでスムーズに行って折り合い、力を出し切れるのであれば通用していいが、距離延長と枠の並びは課題。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

6枠12番 アンドラステ

基礎スピード的には18~2000m辺りがベスト条件だが、気性的には中山マイル辺りが良く、少々気難しい馬。
パワーのあるタイプで、高速系のスピード比べより、馬場が渋ってパワーを活かすような条件がベストだろう。
そのため、当日の馬場回復は鍵ではある。
馬郡がダメな馬だが、それでもターコイズSは内枠から馬郡競馬でスマイルカナを追い詰めたのは成長を感じるし、今回外枠でこの並びであれば、馬郡で運ばずに済む可能性は高い。
内回り自体はピッチ寄りの走法から機動力に関しては問題ないので、あとは折り合いとの戦いとなるだろう。
休み明けでも高いパフォーマンスを発揮できるタイプなので、折り合ってスムーズに運べるのであれば面白い。
適性評価:A
能力評価:A
総合評価:B

7枠13番 クラヴェル

前走は前半スローだったが、アップダウンのある後半5F戦で前崩れ差し展開となったレースで、直線詰まりながらも前でしぶとく粘って差してきたソフトフルートに着差0.2秒で粘ったのなら十分な内容。
前走は同斤量だったが、今回は斤量51でソフトフルートとは3キロ差に広がる点も魅力。
2走前の湾岸Sも3勝クラスではハイレベルなメンバーで、ポジション差の4着と堅実さは見せている。
鞍上は最近乗れていないが、斤量51で揉まれない先行競馬が出来ればチャンスはあっていいだろう。
あとは折り合いは鍵。
※追記 恐らくだが平坦巧者。粘り強さがありそこまで苦にしないが平坦の方が良さはでそう。
適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

7枠14番 サンクテュエール

福島牝馬Sではドスロー前有利の瞬発力勝負となり、イン前で運んだ有利は大きかった。
好走はしたが、決め手に欠けるフィリアプーラと上がり同タイムは少々物取りなさを感じる内容で、これまでの好走歴もスロー前付けからの瞬発力勝負だったので、展開利でハマった感が強い。
ただテンのスピードはあるし、鞍上も川田乗り替わりであればポジションは取りにくるはず。
稍ピッチ走法でギアチェンジは出来るので、スロー前付けからのギアチェンジで抜け出すような理想の競馬が出来る条件にはある。
ただし今回の外枠は少々課題。
スタート後に急坂を迎える阪神2000mで楽にポジションが取れればいいが、取れなければ前半のロスと終始外を回される可能性は考慮したいし、斤量55も課題か。
適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

8枠15番 ミスニューヨーク

稍ストライド走法で持続性能が高い。

前走は上がりの掛かる展開で、直線追い風の影響は大きかったので、中山で差し切れた点においては評価したい。

これまで内回りで結果が出ているのは、機動力性能が高いというよりか、トップスピードが足りない鈍足タイプで、内回りでスピードを誤魔化していた感じだろう。

本質的にはロングスパート戦がベストで、今回も上がりが掛かれば頭まで十分考えられる能力は秋華賞で示している。

その秋華賞だが、好走馬が外差しだった展開を3.4角荒れた内で詰まりっぱなしで、直線だけで追い込んできた内容だったが、それで5着まで追い込めた内容は強い。

これらを考慮するとベストは中山22あたりの外回りロンスパ戦になる舞台。

土曜は雨が降るとはいえ、今年の阪神の路盤はかなり良く、スピードが問われると少々厳しくはなると思うので、馬場状態には注目したい。

斤量53の有利もあり、上がりの掛かる展開なら勝ち負けだろう。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

8枠16番 アッシェンプッテル

芝1800m以上で成績が残せていないバトルプラン産駒。

この馬自体は脚抜きの良いスピードダートを得意としており、距離は1800mで好走歴が多い。

芝延長の外枠で斤量54というのは少々重荷だろうか。
ここは静観。
適性評価:?
能力評価:B
総合評価:B

 

4.最終予想

◎ 8ソフトフルート

〇 1シャムロックヒル

▲ 5シャドウディーヴァ

☆ 4カセドラルベル

>適性チャートとは?

適性チャートとは?


適性チャートとは、馬やレースの適性を可視化したものです。
このチャートは約40個以上ものファクターを駆使し、馬ノスケ独自の理論で構築されております。
詳細は下記ボタンから専用記事へアクセスください。

CTR IMG