中山記念 2021【全頭診断+適性チャート】

この度は記事をご購入頂きありがとうございます。
この記事では中山記念を適性チャートを使用して全頭診断していきます。
よろしくお願いします。

 

1.コース解説・ラップ分析

中山記念 過去5年の平均ラップ
前後半3F(36.2
-35.4)
12.6 – 11.8 – 11.9 – 11.9 – 11.4 – 11.7 – 12.0 – 11.4 – 12.0

過去のデータから見ても前有利で、開幕Aコースを使用される為、例年内が有利で速い時計の出る馬場状態で行われることや、上り坂スタートで前半のペースが落ち着きやすい為、先行馬有利になりやすくなっている。

中団後方の馬は捲って4角射程圏に入れていないと厳しい舞台。

また、L5からラップが速くなりやすく、ロングスパート戦になりやすく、L3→L2で大きく加速ラップが踏まれるが、L5で速いラップが刻まれると逃げ馬が後退し、このようなラップ構成になる。

その為、問われる適性は瞬発力ではなく、内回りのロングスパート戦に対応する為の持続力と機動力。

求められる適性
①持続力
②機動力

 

2.全頭診断

※枠順や追い切りの評価なしで、馬の適性をフラットに表した物ですので参考程度までに。

チャートや一致率はあくまで目安でお考え下さい。ベースは見解です。

除外対象馬に関しては確定次第追記します。

 

ウインイクシード

中山金杯 3着
12.5 – 11.4 – 13.1 – 12.4 – 12.6 – 12.1 – 11.8 – 11.5 – 11.3 – 12.2
スロー持続戦。ドスローを番手に付けた展開利が大きすぎた結果だろう。ここで中団から差してきた上2頭とは能力差が明確。

タフさや立ち回りは上手いものの前で粘り込むしかない。というのが本質。

展開有利か後半タフなレース質で粘り込むパターンが好走条件で、前走は前者のパターン。

大崩れはないがハマらないと掲示板付近になってしまうのは七夕賞や福島記念の通りだろう。

つまり前で粘り込むしかできないタイプで、展開やトラックバイアスが向いた時or後半極端に上がりが掛かった時に馬券内に粘り込んでくる。

基本的に前有利になりやすい中山記念で、理由はコース解説で話した通り。

なので、今回はトラックバイアスの有利は受けられる可能性は高く、展開不利さえなければ粘り込んで2.3着にいる可能性はある。
適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

クラージュゲリエ

日経新春杯 3着
12.5 – 11.2 – 11.6 – 12.9 – 12.5 – 11.9 – 11.7 – 11.8 – 11.8 – 11.7 – 12.2
スロー持続戦。L6持続戦のような形になり、トップスピードは求められず、とにかく持続力が求められたレース。

3走前のカシオペアSは重賞好走馬多数でメンバーレベル高く、特に不利なく10着と完敗。

ここは相手関係の問題よりトップスピードが求められたことが一番の敗因だろう。(もちろん休み明けなどはあったと思う)

つまり2走前のアンドロメダSのように、脚の遅さ、というかズブさ?を隠すため多少上がりの掛かるレースが向いている。

となると、カシオペアSと同じく上がり最速34秒台前半だった皐月賞やダービーを6着と、着順をまとめている点は好感持てるし、仮に上がりがもう少し掛かっていれば着は上がっていたと思う。

特にダービーはヴェロックスの得意条件だったが、そこに着差0.2秒は評価して良い。

今回中山1800mになるが、ズブい馬なので距離は短く忙しくなる印象。

それとズブさに付属して機動力も少々足りない印象で、コーナー4つはマイナス要素。

中山記念は開幕週馬場+前半スローになりやすいので、基本4角射程圏に入れないと届かない可能性が高くなる。

その射程圏に持っていけるかどうかが最大の課題だろう。

ルメールが何とかするかもしれないが妙味は落ちるし、馬自体の適性はもう少し距離が長く機動力競馬にならないような中距離質のレースだろう。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

ケイデンスコール

前走の京都金杯では競馬質が一変。
これまで後方待機から、ストライド走法からくる持続性能を活かして追い込んでくるタイプだった。
しかし、前走は一変して先行競馬。
これは流石に予想できなかったが、これまで後方待機をしてた馬の突発的な逃げ先行競馬は基本続かない。
走ってみないとわからないが、個人的には先行できない方に賭ける。
また、前走見る限り3角逆手前、直線入り口のギア(逆手前ではあったが)、走法など踏まえても機動力は低いし、距離延長+コーナー4つは課題だろう。
本質的には機動力が求められず、持続性能を活かせる直線長い舞台がやはりベストだろう。
適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

コスモカレンドゥラ

関門橋S 3着
12.0 – 11.1 – 11.7 – 12.5 – 12.1 – 11.9 – 12.1 – 12.2 – 12.0 – 12.8
ハイペース持続戦。道中内の馬場が荒れており、外目の好位を追走できた点は大きい。アメリカズカップとツーエムアロンソとの差はここだろう。マンオブスピリットとは後半同じ脚を使っており、位置取りの差かと思う。そして上位2頭には離された3着。となるとこの3着の評価は高くない。

4走前L2(11.1秒)が問われたレースでキレ負けしたようにトップスピードの質は高くなく、タフな持続力戦がベスト。

勝利した5走前と同舞台だった2走前は、出遅れとバイアス不利で度外視可能。

つまりスローロンスパの展開がベスト。

前走内容はスローロンスパでなかった点が、ラスト上2頭に離された一つの要因だろう。

となると今回の中山1800m戻りは大幅プラスで、中山18.20といった辺りがベスト条件だろう。

自力は足りないが、2走前のように出遅れ後方からの競馬にならなければチャンスはあっておかしくない。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

ゴーフォザサミット

ストライドが結構広く、機動力を武器にするタイプではない。
ベストは大箱+高速馬場+持続力勝負。
開幕週という点はひとつプラスではあるが、上手くイン前を立ち回れる馬ではなく、4角射程圏にいれるのは難しいだろう。軽視。
適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

サンアップルトン

AJCC 10着
12.4 – 12.2 – 13.4 – 12.6 – 12.7 – 12.6 – 12.1 – 12.0 – 12.4 – 12.2 – 13.3
ミドル消耗戦。不良馬場にノメりっぱなしで度外視可能。
とにかくタフな条件を好み、持続性能が高いのが特徴。
2前走のアルゼンチン共和国杯は、本質的には合わない舞台で、11.3-11.2-12.4)に対応し、上がり最速34.1秒で絞められたのは能力の裏付け。
タフな条件がベストだが、上記のような速い上がりが求められても対応できる能力を証明した。
ただし、今回は中山1800mで距離短縮での参戦。
中山記念は開幕週+前半スロー傾向のため後半スピードが問われる舞台で、L5 57秒台中盤~58秒台中盤の決着が近年の傾向。
中距離路線で戦ってきた馬だけあって、後半57秒台中盤~58秒台中盤のレース経験がない。
本質的に上がりの掛かるレースを好むと言うことは、逆に後半スピード質のレースは適性違いで、アルゼンチン共和国杯のラップに対応したとはいえ、このレースは後半60.1秒と中長距離質の後半TS戦。
ここから適性の裏付けは取れない。
また、揉まれ弱い馬で中~外枠が理想。
仮に枠が良くても、4角射程圏に入れるような競馬が距離短縮の1800mでは難しいと思うし、鞍上も積極的に動かしていくタイプではない。
好走するとしたら、とにかく上がりの掛かる展開で、前が崩れるパターンをコーナー外を捲るパターンだが、可能性としては薄いだろう。
適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

ショウナンライズ

※劣化傾向為チャート化不可。
延長したところで流石に足りない。軽視。
適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

トーセンスーリヤ

機動力やタフさが特徴で、スピードタイプの馬ではない。
新潟大賞典は、直線ある程度上がりが掛かった点、機動力がアドバンテージになった点、イン前バイアスだった点、持続力を活かせたなどが好走理由だろう。
次走の宝塚記念はハイペース逃げの中、よく7着に粘ったといえる内容でスタミナも評価できる。
今回中山1800mは舞台としては合うが、開幕週の馬場よりもタフで時計の掛かる馬場がベストな点で少々合わないが、立ち回りの上手さでトラックバイアスを味方に付けられる可能性は高く、そうなった場合、機動力と先行力は大きなアドバンテージ
持続力も高い馬なので、今年の中山金杯のようなドスローTS戦や、ハイペース前崩れの展開でなければ十分勝負になっていい。
適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

ノーブルマーズ

トップスピードが足りない馬で2走前はキレ負け。

3走前の京都大賞典は瞬発力が求められたのと、ノドナリの影響が出ての大敗。

4走前のケフェウスSは加速部の直線進路カットで、再加速能力の低いノーブルマーズにとっては致命的な不利。

5走前の小倉記念はハイペース展開不利の中、3着馬に着差0.1秒の5着と内容は十分。

と、敗因は明確ではあったが、前走3角から手ごたえ怪しくなったのは少々疑問。

仮に劣化しているとすれば、スピードが求められる開幕週+距離短縮は向かない可能性が高い。

ただし前走が馬場で実は劣化しておらず、喉を配慮するなら短縮はプラスなので、良馬場替わり叩き2戦目のパフォ上げの可能性を考慮して抑えまでで考えている。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

バビット

ベストはセントライト記念だろう。
コーナー逆手前ながら、あのパフォーマンスなら十分な内容。
スローで入って、L5付近で速いラップを刻んで持続力勝負に持ち込み粘り込む形がベストかと思う。
となると中山記念の舞台はラップ的にベスト。
菊花賞も有馬記念も長かったので、1800mへの短縮もプラスに働くだろう。
1点不安要素はコーナー4つ。
右回りの手前替えはこの馬の課題であり、コーナー4つはベストではない。
上記の要素に加え、パンサラッサとの兼ね合いもあるので軸向きではないが、タフな馬場が合うにしろ、開幕週の馬場(Aコース)でバイアス的には有利になると思うし、手前変換問題なく休み明けでも動ける状態にあるなら、勝ち負けしておかしくない能力と適性はある。
(後述するがパンサラッサは控えると思っている)
適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

パンサラッサ

関門橋S 2着
12.0 – 11.1 – 11.7 – 12.5 – 12.1 – 11.9 – 12.1 – 12.2 – 12.0 – 12.8
ハイペース持続戦。控え競馬は成功だったが、4角早め先頭に立たずもう少し待っていれば着は逆転していたかもしれない。とはいえ後続は突き放しており、ここでは能力上位だったが相手関係は弱い。
この馬の特徴はタフさで、スタミナを活かすような粘りがベスト。
今回三浦皇成乗り替わりな点、前走控えて結果を残している点、テンの速さがバビットに劣る点を考慮すると、無理に端を奪ってくる可能性は低く、バビットを行かして番手競馬という無難な立ち回りを選択してくる可能性は高い。
となると、バビットの逃げが濃厚だが、バビットは早めに仕掛けて後続に脚を使わせてスタミナで粘り込むような馬なので、パンサラッサが好むような展開ではある。
開幕週で例年通り前有利であれば、そのまま残しても不思議ではない。
ただし、この馬はタフで時計の掛かる馬場の時にパフォーマンスを上げてくるパワー型。
その点だけここの適性と合わない。
ちなみに、スローロンスパで後半スピードが求められやすい中山18は本質的には適性違い。
つまりバビット頼り。
適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

ヒシイグアス

中山金杯 1着
12.5 – 11.4 – 13.1 – 12.4 – 12.6 – 12.1 – 11.8 – 11.5 – 11.3 – 12.2
ドスロー持続戦。例年と傾向が真逆で、後半トップスピード戦となった。もともとトップスピードの質が高い馬なだけに、得意な展開になっただけ。ここで中山適性は求められていない。

中山(3-2-0-1)と外面は良いが、小回りを上手く立ち回る機動力よりも、東京を2連勝、TS戦の金杯を勝利してきたようにトップスピード戦の方が合う。

今回バビットが行くにしろ、パンサラッサが行くにしろ、どちらも後半スタミナを活かすようなタイプなので、前走のように後半スピード勝負にはなりにくいメンバー構成。

現在3連勝と調子は良いが、その3走はすべてトップスピードが求められたレース質。

例年通り後半スピードが求められる展開なら、好走してもおかしくない能力は秘めているが、パンサラッサとバビットがいる中山では後半TS戦は期待しずらい。

後半スピードが求められたらあっさり勝ち切る能力はあるが、後半スピードが活かせない状況になった場合、能力でどこまで通用するか見どころではある。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

フランツ

トップスピードの質は低く決め手に欠けるが、スタミナがあり上がりの掛かるレースでの持続性能でしぶとく粘るのが持ち味。
今回バビットが行くにしろ、パンサラッサが行くにしろ、後半上がりは掛るだろうが、機動力は低く、立ち回りも上手くはないので、この舞台で4角射程圏に入れるような競馬は厳しいかもしれない。
つまり前が潰れて後方有利になる展開であればといったことろ。
プラス要素としては、今回トップスピードが求められない展開になる可能性と、馬格がないので開幕週の軽い馬場。というくらいだろう。
適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

ブラックバゴ

※劣化傾向の為チャート化不可
芝重賞では能力足らずか。軽視。
適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

マイネルハニー

トップスピードが足りないので、機動力で誤魔化せる内回りや小回りで着を上げている。
ただしあくまで誤魔化し。機動力はそこまで高くない。
特に2走前は誤魔化し切れず、コーナリングで離されての大敗。
ここでは能力や適性足らずか。
適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

3.展開と馬場

Aコース初週+高速馬場+直線向かい風でとにかく前が強かった土曜の中山。

イン前というより、前がやたら強い日になった。

日曜は風の影響がなくなるので、その分少しは落ち着くだろうが、トラックバイアス的にも前優勢なので、基本的にポジションを取れる馬を狙いたい。

ちなみに、イン天国ではなく、必ずしもインを立ち回らないといけない馬場ではないので、外枠でもポジションを取れる馬なら積極的に行きたい。

展開はバビットとパンサラッサの端争いだろうが、

①ここ最近パンサラッサが控えて結果を出している点
②三浦皇成乗り替わり
③そもそもテンの速さはバビット>パンサラッサ

という点を踏まえると逃げる確率はバビット優勢。

バビットが逃げるとなると、前半スローからL5付近でペースを上げ、後続に脚を使わして粘り込むいつもの形だろう。

仮にパンサラッサが行ったとしても、後半スタミナ比べに持ち込みたい馬なので、高速馬場にしてはある程度上がりの掛かる持続戦を想定。

上がりの掛かる展開を好み、前で立ち回れるor4角射程圏に入れられる馬を狙っていきたい。

 

 

4.最終予想

◎ 13ウインイクシード

〇 1トーセンスーリヤ

▲ 11クラージュゲリエ

☆ 12パンサラッサ

抑 3.7.8.9

 

本命ウインイクシードの一致率は87.6%と高くはないが、例年より後半が少し上がりの掛かるような展開を想定しているので、脚の遅さは誤魔化せる。

加えて先行力や機動力は、今のトラックバイアスを見方に付けられるし、タフ馬場の方が良いのは、スタミナが活かしやすいからであって、高速馬場でも後半ある程度時計が掛かれば対応できる。

前走ヒシイグアスが得意なTS戦を、斤量2キロ重い状態で着差0.3秒は優秀で、ある程度ギアチェンジも必要になったレースでこの斤量差は響いた。

外からでもポジションを取りに行ける馬だし、ここは本命とする。

>適性チャートとは?

適性チャートとは?


適性チャートとは、馬やレースの適性を可視化したものです。
このチャートは約40個以上ものファクターを駆使し、馬ノスケ独自の理論で構築されております。
詳細は下記ボタンから専用記事へアクセスください。

CTR IMG