天皇賞・春2021【全頭診断+適性チャート】★★

この度は記事をご購入頂きありがとうございます。
この記事では天皇賞春を適性チャートを使用して全頭診断していきます。
よろしくお願いします。

 

1.コース解説・ラップ分析

天皇賞春
今年は阪神開催の為、過去のラップ分析不可。

阪神3200mは1周目外回り→2週目内回りというコース形態。

スタートしてすぐ緩やかな上り坂で、初角まで400m弱となっている。

長距離戦ということを考えてもペースは落ち着きやすいレイアウトかと思う。

2週目が内回りを使用するため、仕掛けは3.4角辺りから始まる可能性が高く、ロンスパ性能が求められるだろう。

仮に前半がスローでも、結局4~6F辺りで誰かが仕掛け持続質。前半がミドル~ハイペースなら消耗質寄りな長距離的なスタミナや持続力が求められる展開になるだろう。

これらのことから、例年京都で求められる中長距離ばでも対応できる後半スピード質ではなく、阪神大賞典のような後半スタミナが求められるようなステイヤーが活躍する舞台だろう。

 

 

2.想定される展開&馬場の適性予想

逃げ候補はディアスティマ、ジャコマルだが、ディアスティマ濃厚と見ている。

テンの速さならウインマリリン、ジャコマル、ディープボンド、オーソリティも浮上するが、逃げを主張するタイプではなく、各馬折り合いも頭にあるだろうから、隊列がすんなり決まって平均ペースか稍スロー寄りの可能性が高いと見る。

となると馬郡縦長、中間緩んで5~6Fのロンスパ戦が濃厚。

現段階での天気予報では土曜の雨量は少なく、今の路盤の良い阪神なら日曜には良馬場付近まで回復し、時計もそこそこ出る可能性まである。この辺りは前日に再度確認したい。

 

土曜の馬場は時計は出ているが、結構タフなイメージ。

長距離のロンスパ戦を想定するなら、当然後半は上がりが掛かる形になるだろうし、ステイヤー質のスタミナというのは必須だろう。

ディアスティマの鞍上は北村友一だし中間は溜めてくるはず。

平均ペース→中弛み→馬郡縦長で5~6F戦になるとしたら、捲りは難しいかもしれないし、狙いたいのはコーナー外の負荷を抑えられ馬郡縦長も考慮すると、先行~好位のインで立ち回れる馬。

この辺りを狙っていきたい。

今回求められる適性
①持続力
②ステイヤー質のタフさ(スタミナ)
③機動力

 

 

3.全頭診断

※適性チャートは当日朝までに更新します。

1枠1番 ワールドプレミア

ストライドが広くスタミナもある。一瞬のキレではなく、長く脚を使えるステイヤー質の馬だろう。
有馬記念はインでロスをなくした競馬が活きた面もあるが、3.4角でコーナー加速付けたい場面で詰まっており加速不足。
それでも直線だけで追い上げ5着。ストライドが広くズブい馬がコーナー詰まってもこれだけ追い込めた内容は強いと思うし、それでカレンブーケドールと同着は良い内容。
次走日経賞でカレンブーケドールに負けたが、L4から外を捲っての競馬でかなり長く脚を使ったのに対して、カレンブーケドールは先行インの馬郡で溜めていた内容。
使った脚の長さとイン前有利が強いトラックバイアスを踏まえると内容はこちらが上だろう。
ずぶい馬で、菊花賞を勝ったように道中下り坂を使って動かせる京都がベストだろうが、前走の中山内回りで動けたのはここにも繋がる内容。
折り合いも問題なくスローロンスパ系のレースになっても、前走のように対応可能。
不安材料は後方からの競馬となる点。

内枠確保だが、ポジションを取りに行けばトビの大きさと機動力から内を捌く競馬は難しいし不利を受けるリスクも高い。

となると後方で折り合い専念からの外へ出して捲る形が、この馬の能力を発揮するという点でもいいだろう。

ただし、前走はそれで3着と届かなったように、バイアスや展開次第で届かない可能性が出ることは頭に入れておきたい。

適性評価:A
能力評価:S
総合評価:A

 

 

 

1枠2番 アリストテレス

前走はレース前から発汗し道中折り合いを欠いたガス欠。

また、馬郡での揉まれ弱さを見せたレースとなった。

つまりこの馬のハイパフォーマンスは揉まれず外で折り合える状況下でこそ発揮するのだと思う。

折り合い難もありベストは中長距離路線の右回り。

右回りなのは、直線左手前の方が鋭いからだと考察している。

となると今回の延長+内枠多頭数はマイナス要素。

ロンスパ性能などは高いが、馬自身が能力を発揮できる条件かと問われると疑問。

天春にめっぽう強いルメールだけが脅威だが。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

2枠3番 カレンブーケドール

決め手に欠けるので上がり勝負よりもスピードが分散される4F戦など、持続質のレースが合う。

ベストはオークスのような高速馬場+トップスピード持続戦だが、持続質のレースなら高速馬場~道悪まで対応できる万能性も強み。

有馬記念は5着(同着)に粘り、上が世代トップなら仕方ないが、敗因としてあげるなら乗り替わりで外を回した競馬内容だろう。

これまで馬群で集中し脚を溜める競馬に徹してきた馬だが、有馬記念は徐々に外からポジションを上げる形で、普段の競馬とは違う形になったことが影響したし、L5でのポジション上げは致命的となった。

前走はイン先行馬群で脚を溜め抜け出すといった形で、この馬にとってパフォーマンスを発揮できる条件であった。

今回延長となるが、瞬発戦にならない限り大きく崩れるタイプの馬ではなく、内枠確保で先行して馬郡で溜めるような形は取れるだろう。

あとは関西の戸崎をどこまで信用するか。個人的には軸は回避。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

2枠4番 シロニイ

前走は番手で折り合い、スタミナを活かす形で4着に粘り込んだが、当日は向かい風4mでバイアスの後押しもあった。

今回は前走より馬場が良くなり相手強化と狙いにくい。

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:C

 

3枠5番 ディアスティマ

前走は端を主張した馬を交わして端に立ったため、前半が速く3F(35.1-36.1)5F(59.4-59.9)のハイペース戦。

馬場は高速寄りであったが、 持ち前のスタミナを発揮し着差0.5秒の快勝であった。

長所はスタミナと先行力なので、端に立って能力差分埋めるような形を取れれば十分チャンスあり。

先行馬が外目にいるが、端に拘る馬はいないので、内から主張すればすんなり行き切れるはず。

あとはジャコマル次第だが、番手でも競馬が出来る馬なので、主張してきたら行かせて番手でも問題ない。

いきなりのG1挑戦だが、メンバーや枠の並びから面白い存在となるだろう。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

 

3枠6番 マカヒキ

この馬の得意条件は時計の掛かる馬場で上がりの掛かるようなタフな展開や馬場

過去3年で馬券内を確保したレースが京都記念と札幌記念、加えて4着だった大阪杯とジャパンCは、どのレースも上がりの掛かる条件であった。

馬自体も8歳馬だが、馬齢による劣化はスタミナではなくスピードに出るので、ストライドも広く折り合い面からも、後半スタミナが求められる長距離は問題ないかと思う。

後方が届く展開なら警戒したい。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

4枠7番 ユーキャンスマイル

以前まで右回りだと内にモタレる癖があり、昨年はラチ沿いを頼り好走しているが、前走の阪神大賞典では真っ直ぐ走れており、現状右回りでも問題ないだろう。
この馬は中長距離のスタミナを持ち、瞬発力やトップスピードに長けているタイプだが、上がりの掛かる条件でも好走可能なスタミナも持っている。
ただし前走はディープボンドに着差離され、上がり性能でもそこまで差はなかった。
位置取りの差ではあるが、詰められなかったのは少々物足りなさを感じる。
とはいえ、長距離質のスタミナや折り合い性能など、この舞台を熟せるものは揃っているので後ろが捲り届く展開であれば警戒したい一頭である。
適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

4枠8番 ディバインフォース

前走3勝クラス3着。

上位2頭は同じく外を回したが、ラップ的にも馬場的にも外の不利はなく、直線右鞭で外ラチにヨレたことがラストの差だろう。

鞍上強化ではあるが、能力で足りるかと問われると厳しいだろう。

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:C

 

 

5枠9番 ジャコマル

AJCC、ダイヤモンドS,、日経賞と重賞挑戦で結果が残せず、さらにG1の相手強化は厳しいだろう。

機動力のある馬でそれが活かせる舞台ではあるが、これまで結果が出ていないとなると力不足。

ディアスティマの漁夫の利くらいしか可能性は薄い。

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:C

 

5枠10番 ゴースト

前走は心房細動により競争中止。

追い切りを見る限り、まずその影響はないのでその点は問題ない。

万葉Sでは後方から折り合い、ラストまで脚を使い上がり2位を計測。

バイアス的にも届かなかったのは仕方ないが、このレベルで着差詰められなかったのは少々能力的にG1では評価しにくい。
適性評価:B
能力評価:C
総合評価:C

 

6枠11番 メイショウテンゲン

タフで上がりの掛かる条件にめっぽう強いステイヤー。
ただし前走はその条件を先行して残せなかったように、前走段階では状態は復調しきっていない。
復調した前提で、後半上がりが掛かればチャンスはある。
適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

6枠12番 ディープボンド

大トビでスタミナ特化型。

上がりの掛かるタフなレース展開でこそ持ち前の粘り強さが活きる。

先行力もあり折り合えるので、ステイヤー質の馬だろう。

前走はL6(12.1-12.2-12.1-12.2-12.3-12.9)のロンスパ戦を先行し着差0.9秒で圧勝したように、11秒台に入らないロンスパ戦でこそベスト。

これまでは後半スピードが求められてしまい、スピード負けしていたが崩れていないのは粘り強さ故だろう。

今回も後半上がりが掛かれば出番で、その点例年と違って京都開催でないのは救いだろう。

ただしこの並びだとディアスティマがすんなりいってスローで溜めてくるはずなので、仮にも後半ロンスパ戦で11秒台を刻むような形になったら何かにキレ負けする可能性は高くなる。

当日の馬場は渋ったほうが良いので、その辺り考慮して後半上がりが掛かりそうなら重い印を考えている。本命候補。

適性評価:S
能力評価:A
総合評価:A

 

7枠13番 ナムラドノヴァン

持続性能が最大の武器だが、立ち回りが上手くない為、グレイトフルSやムーンライトHのように、物理的に届かない位置から追い込み切れずというリスクはある。
2走前もそのリスクが出た形で、後方から追い込み切れず4着と逃している。
とはえい、ステイヤー質のスタミナ豊富なタイプなので、ダイヤモンドSで後半中長距離的なスピードが求められてしまったことが1番の敗因だろう。
つまり上がりが掛かってスタミナが求められるようなレースでこそかと思う。
特に前走はユーキャンスマイルに負けはしたが、L4辺りから動かし始めL3でコーナー詰まって手綱を引く場面があった。
一方ユーキャンスマイルは加減速の不利なく外で加速を付けていたので、着差分はここの差だろう。
後半時計の掛かる展開であればユーキャンスマイルと同等の評価は与えなくてはならない。
その辺り当日馬場は回復してほしくないので、展開や馬場込みで考えたい。
適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

7枠14番 ウインマリリン

先行力が高く立ち回りが上手い。
これまで強い競馬はしていないが、上手い競馬でしっかり結果を残している。
エリザベス女王杯なんかも、上がラッキーライラック、サラキア、ラヴズオンリーユーに好位から粘っており、特別強くはないが立ち回りの上手さで対等している。
前走のAJCCは、大外枠から先行し上手く立ち回ったが、不良馬場で伸びない内を選択し直線伸びを欠いている。
それでも、着差詰めて粘っており能力の裏付けは取れる。
適性に関しては、トップスピード戦ではTS不足なので、ベストはスローからのロングスプリント競馬だろう。

となると延長の阪神3200mは適性的に見てプラスには働かないが、前半スローであれば立ち回りで誤魔化せるので、完全軽視は難しい。

外枠と並び的にも今回ラチは頼れないが、ラチを頼らないとダメな馬ではない。

その点は良いが、内にジャコマル、ディープボンドがいる並びは少々マイナス。

立ち回りの上手い馬を完全軽視できないが、展開やバイアスが向けばそれだけ好走確立は上がるので、人気がないなら抑えまで。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

8枠15番 オセアグレイト

ピッチ走法でコーナリングやギアチェンジに長けている印象で、ステイヤーズSはL3(11.4-11.4-12.4)に対応し、その長所を活かしての好走だった。
前走の有馬記念は大外から向こう正面での加減速はあったが、結果的にあそこで出していたら後半脚が持たなかったと思うで負荷はそこまで感じず、直線で伸びない内を走らされた分の着順かと思う。

今回内枠なら、ピッチ走法を活かしたコーナリングと小足で面白い存在ではあったが、外枠+この馬よりテンが速い馬が内にウインマリリン、ディープボンド、ジャコマルといった2列目ポジションを取りたい馬がいることによりポジション確保は難しい並びとなった。

中団から外を捲るような形だと、持続性能的にラストまで持たない可能性が高く、中団外からの競馬となりそうな今回の枠的にも軽視の方向で考えている。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

8枠16番 メロディーレーン

小柄な馬体ながらストライドは伸びる方で、まず平坦の方が合うだろう。

斤量+5もあるし、ここでは自力不足で。

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:C

 

8枠17番 オーソリティ

立ち回り性能や機動力、パワーなど持ち合わせており総合力が高い万能寄りな馬。
前走は前半折り合いを欠きかけるも、何とか我慢といった形だった。
直線はヨレながらだったが、後続を離した2着で力は証明している。負けたのは持続性能の差だろう。
また、有馬記念も終始逆手前だが、ホープフルSの最終追切でも終始逆手前から変えられず、ホープフルSでも逆手前のままだった。
つまり右回りでは手前が変えられず、この原因は多々あるだろうが、恐らく右回り、コーナー角、後半消耗質。この辺りだろう。
となると、今回の条件はほとんど合致しており、手前替えが出来ないリスクは付きまとうだろう。
ベストはスローを折り合う形で先行競馬だが、外枠とこの並びは痛恨。
外にジャコマル、ディープボンド、ウインマリリン、オセアグレイトがいるこの並びではポジションは落としそうだし、取りに行こうと出しても折り合いを欠く可能性もある。
また平均ペースだと、スタミナが持ち味な馬ではないので、長距離質のスタミナ戦になれば厳しくなるだろうと想定しているし、手前替えの問題も出てきてしまう。
適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

4.最終予想

◎ 12ディープボンド

〇 5ディアスティマ

▲ 1ワールドプレミア

>適性チャートとは?

適性チャートとは?


適性チャートとは、馬やレースの適性を可視化したものです。
このチャートは約40個以上ものファクターを駆使し、馬ノスケ独自の理論で構築されております。
詳細は下記ボタンから専用記事へアクセスください。

CTR IMG