2020年まとめ・収支など【今年も1年間ありがとうございました!】

皆さま、今年も1年間ありがとうございました。

この記事では、馬ノスケの1年間を振り返っていきます。

 

1.2020年の収支

回収率
123%(投資レース数 135R
総合S評価
11-6-2-5)勝率46% 連対率71% 複勝率79
単勝回収率168
複勝回収率118
単複回収率143

まず、年間100%超えという目標をクリアできてホッとしています。

回収率だけではなく「記事の質で負けたくない」という気持ちがあり、全頭診断では質のある見解や見易さへの配慮など、全力で取り組んできました。

その努力もあってか、総合S評価の馬が上記の成績の通り大活躍してくれて、少なからず皆様のお役に立てたかと思います。

参考にしてくれた皆様、ありがとうございました。

 

 

2.反省

回収率やS馬の成績などがプラスで終えたとはいえ、自身10月以降の成績はパッとしませんでした。

有馬記念で大幅プラスを出し、秋の負け分を一気に取り返したとはいえ、少々不甲斐なかったと思っています。

秋競馬はほぼ重賞のみで、そもそもの投資数が少なかったのも原因とはいえ、ここは反省して来年につなげていきたいと思います。

 

 

3.今後の活動

馬ノスケは今年度をもって無料予想家を引退し、新たに有料予想家として再スタートします。

内容は、これまでの全頭診断+適性チャートを有料で提供していく予定です。

適性チャートは、舞台適性と馬の適性(特徴)を馬ノスケの理論に当てはめ可視化したもので、中長期的に使えるものとなります。

青線が有馬記念で求められる適性。

オレンジ線が馬の適性。

右下が適性に関わる3項目で、一致率はグラフが重なってる範囲のパーセンテージとなります。

実際に有馬記念で好走したクロノジェネシスとサラキアは、一致率が全頭中1位と3位(クロノジェネシスは今後も走り続けるので情報規制の為出してないです)で、馬連100倍オーバーを演出してくれました。

ここまでハマったのは正直びっくりですが、結果が残せてよかったです。

詳しい説明は下記リンクにまとめてありますので、興味のある方はよろしくお願いします。

4.お知らせ

有料移行に伴い、情報規制の為、これまで書いた記事のほとんどを削除します。
ただし証明の為、私の手元には原本が残るので、その点ご了承ください。
※今後有料で出す記事は削除しませんので、購入者の方はいつでも振り返れるようになってます。その点はご安心ください。

5.最後に

2年間の無料活動が終了しました。
正直この2年間ほぼ無償で睡眠時間と生活を削る日々は辛かったです。
ただ、その努力がなければ今の出会いはなかったし、チャートの完成もなかった。
辛かったけど、この努力に悔いはありません。
今まで支えてくれた人の中でも、有料は買わないというポリシーをもった人もいらっしゃると思います。
私から「記事買って下さい」というお願いはしません。
ただ、時々思い出してくれたり、陰で見守ってくれれば、それだけで私は満足です。
有料予想家になっても、今後どんな形であれ、このご縁が続けば幸いに思います。
皆さま、2年間本当にありがとうございました!
>適性チャートを駆使した全頭診断を配信中!

適性チャートを駆使した全頭診断を配信中!


私の予想記事では、回顧や適性チャートを駆使し、適性に重点を置いた全頭診断を行っています。
適性チャートは約40個以上のファクターを使い、私独自の理論を可視化したものです。
まずは適性チャートがどんなものなのか。無料の紹介記事がありますので、興味のある方は是非参照ください!

CTR IMG